モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年6月

暑かったので…


Post-216かき氷を食べました。

目白の和菓子やさん、「志むら」の生いちごです。

よくある色だけの氷シロップではなく、ちゃんといちごを煮詰めて作った
シロップを使用してます。


果肉がしっかり残ってるよ~。

でもちょっと量が多すぎた…。

Lounge Invitation


Post-215香港旅行最終日、とうとう空港までやってきてしまいました。

さすがアジアを代表するハブ空港だけあって広い、そして人がたくさんです。
この空港はイギリスのスカイトラックス社による Airport of the year 2011 で顧客満足度世界第1位に選ばれているんですよ(昨年の3位から返り咲き)。

さて、チェックイン。
今回の香港旅行は特典航空券を利用したのですが、
予約したときにすでに復路はエコノミーがなく、キャンセル待ちをするほどの堪え性もなかったので、ちょっともったいないなーと思いつつもビジネスにしちゃったんです。

はい、庶民のわたくし。初ビジネスです :emojiface_poker:
ビジネスってことはラウンジっつーところにも行けるわけね(わくわく)。
(その前に、到着ロビーの許留山でマンゴープリン食べたり寄り道しちゃいましたが)

ANAは香港空港にラウンジを持っていないので、
ユナイテッド航空のレッドカーペットクラブラウンジに案内されました。

チェックインカウンターのお姉さんによると、ラウンジは60番ゲートの近くとのこと。
かなり遠かったので、空港内の地下鉄で移動しました。



まずはお酒類。


ジュースです。左がアップル、右がオレンジ。


紅茶などお茶類のティーバッグ。


カップ麺は…ちょっといただけないかな。


なんだったか忘れたけど、中華料理っぽいのもありました(これだけ)。
でもよく見ると、後ろに粉チーズらしきものがあるので、中華じゃないのか…。

あと、雀巣(ネスレ)のアイスがあったけど、アイスは飛行機の中でも出るかなあと思って
ここでは取るのをやめました。

食べ物類…かなりがっかりだったかなぁ。
ラウンジは空港によって、また航空会社によってあたりはずれがあるみたいですね。
ここははずれかな。


あまりおなかも減ってなかったんで(マンゴープリン食べてたし)、こんな感じで少し取ってみました(このあと、カットフルーツが出てきたのでそれも追加)。
ちなみに、コーヒーのマシンにはスターバックスのロゴがついてましたよ(ユナイテッドなのでね)。


こんな感じの外の風景をながめながら、搭乗開始時間までしばし過ごしました~。

香港おいしいもの~麺包(パン)~


Post-214こちらの写真 :emojifinger_one: は最終日の朝ごはんです。

実は今回の香港旅行は、ヨガのイベントに参加するためでもあったのです。
後半2日だけですが、朝6:30からのヨガクラスに参加したんですよ。


アジア・ヨガ・カンファレンスというイベントです。


湾仔のコンベンション&エキシビションセンターで行われました。

で、最終日。
ヨガクラスが終わった後、サンドイッチでも食べようかなーと、前日にあたりをつけていた店に行ってみたところ、日曜日だったのでお休み :emojiface_coldsweat2:

なので、お気に入りの 檀島珈琲餅店でパンを買うことにしました。

この店では、いつも店内で食べていたので、お持ち帰りは初。
ここのパンは店員さんに言って取ってもらわないといけないので、なかなか難易度が高いのです(私にとってはね)。


この写真は昨年撮ったもので、別支店のものなのですが、こんな感じでショーケースにどれがどのパンかわからない状態で置かれています。なので、指差しもダメ(見た目からは何のパンかわからないので)。

いちおう食べたいものは決まっていたので、広東語読みでパンの名前を言ってみた。
(食べ物の名前だけはわりと覚えれらる…)

「叉焼包(ちゃーしゅーばう)、鶏尾包(がいめいばう)」

何とか通じたようで、おばちゃんがパンを差しながら「ヤッ?ヤッ?(1つ、1つ?)」と
聞いてくれました。よかった…。


これが叉焼包(チャーシューパン)の中身ですよ(トップの写真だと右側の丸いほう)。
甘い味付けのチャーシューが入っていて、とてもおいしかったです。

もうひとつの鶏尾包はチキンが入っているわけではなく、ジャリジャリとしたココナッツフィリングが入ってます。なんでこんな名前なんでしょうね。

叉焼包と前日に買った Marks&Spencerのヨーグルトを食べたらお腹がいっぱいになってしまったので、鶏尾包は日本にお持ち帰り。
せっかくのふわふわパンが荷物でつぶれてぺったんこになってしまいましたが、おいしかったです。

ちなみにパンのお供は、香港発祥のコーヒーショップ、Pacific Coffeeのソイラテです~。

そうそう、このお店は 檀島珈琲餅店という名前ですが、
檀島=Honoluluなんですよね。
お店の感じ、全然ホノルルじゃないんですけど。

でも唯一、ハワイを感じさせるのがこちら↓

なんかかわいい。
このヤシの木のイラスト、店員さんの上っぱりの胸のところにも刺繍があったかな。

Marks & Spencer 再び


Post-213シンガポールで買ってかなり気に入った、Marks & Spencer のシリアル。
香港でも必ず買って帰ろうと思ってました。

Marks & Spencer のお店は、香港にいくつかありますが、
私が泊まったホテルの近く(湾仔)に、Marks & Spencer Food という食品だけを扱っているお店があったので、うれしくて2日続けて通っちゃいました。


左のシリアルは、シンガポールで買ったものと同じシリーズで、味違い。
Strawberry & Almond Crunch というのにしてみましたよ。

帰国してから食べてみましたが、シンガポールで買った Deliciously Nutty Crunch のほうがナッツがざくざくでおいしかったかなあ。
今回のはフリーズドライのいちごが入っていて、酸味がありました(酸味がちょっと苦手なので…)。

右のシリアルバーは、シンガポールで買ってかなり気に入ったのでリピート買い。
アーモンド、アプリコット、マンゴーのヨーグルトコーティングシリアルバーです。

こちらのお店には、シリアル以外にも、ジャムやお菓子などがあり、
特にクッキー類は種類がたくさんありました。

他に気になったのが、ヨーグルト!

日本では見ないようなフレーバーがたくさんあって、つい3つも買ってしまいました。


まずはこちら。
Low fat probioteic Greek style yogurt with mango and passion fruit compote と書いてあるとおり、左側にヨーグルト、右側にマンゴーとパッションフルーツのコンポートが入っています。
ギリシャのヨーグルトって濃いのかな? ローファットと書いてあるけど全然そんな感じがせず、かなり濃厚でおいしかったです。

お次がこちら。

パッケージが、ホールフーズで売っているものみたいにおしゃれでいいですよね。

左が William pear & butterscotch lakemead yogurt
「ペアー&バタースカッチ」って聞いただけで食べたくなっちゃいました。
バタースカッチが結構甘かったけど、おいしくてヨーグルトというよりデザートという感じ。

右は Low fat rhubarb probiotic yogurt
ルバーブってよくジャムにするとかって聞くけど、食べたことなかったのでどんなかなあという興味で買ってみましたよ。
こちらは甘さ控えめで、ちょっと酸味が強かったです(ルバーブの酸味?かヨーグルトの酸味なのか不明)。

Marks & Spencer すごく気に入っているので(食べ物関係だけだけど)、
日本に進出して欲しいな~!!


※シンガポール旅行記の Marks & Spencerの記事はこちら → :emojion:

****************************************************************

今日は日曜だけど休日出勤 :emojiarrow_curvedown: なので、これから支度して行ってきます。
昨日からちょっと風邪気味で、今朝はちょっと熱があるみたい。
ひどくならないといいなぁ。

香港おいしいもの~パイナップルロール~


Post-212この前、赤柱(スタンレー)に行った記事(→ :emojion: )を書きましたが、そこで買ったのが
パイナップルロール(中国語だと鳳梨巻)。

:emojifinger_one: の写真のようにかわいらしいクマちゃんの缶に入ってます。

ジェニー・ベーカリーというお店で買いました。
このお店は赤柱が本店で、尖沙咀や中環などにも支店があります。

ジェニー=珍妮なんだね。曲奇は確かクッキー。

買った時に、店員さんに、「賞味期限は1週間、日本に持ち帰るときは絶対手荷物に!」と繰り返し注意を受けました。

どんなにくずれやすいんだ~?
と思いつつ、たいして慎重に扱うことなく手荷物で持ち帰りましたが、日本に帰って開けてみたら…。


ちょっとくずれてたぁ~。

缶を開けると、バター?のいい香り。
さっそく食べようとつまんでみると、それだけでくずれてしまいそうなもろさです。
店員さんがあれだけ「手荷物に」と繰り返していた意味がわかりました。

食べてみると、まわりのクッキー部分は口の中ですぐにほろほろとくずれ、
でもパサパサではなくしっとり。
中身のパイナップルジャムは、あまり甘くなくて少し酸味があって、パイナップルの繊維が残っている感じ。おいしいです :emojigoood:

私は台湾のパイナップルケーキも大好きなのですが、
これもちょっと変わっていていいなぁと思いました。

しかし、おいしいので大事に食べよう~とちびちび食べてたら、
いつの間にか1週間過ぎてしまった :emojiface_koma:

少しぐらい過ぎても大丈夫…と思って食べていたけど、
しまいには缶ごとさかさまにひっくり返して、粉々に(泣)。

教訓…おいしいものはとっておかずにはやく食べてしまいましょう?!

香港プチ観光~赤柱(スタンレー)~


Post-211なんだか食べてばっかりじゃないよっていう言い訳みたいですが、
ちゃんと観光っぽいこともちょっとはしてますってことで…。
プチ観光、第2弾です。

3日目、バスに乗って香港最南端の海辺の町、赤柱(スタンレー)に行きましたよ。
中環(セントラル)のバスターミナルから、40分ほど。
香港島の北側から南側へ、山を越えて行きます~。


赤柱村(スタンレー・ヴィレッジ)に着きました。
ここでバスを降りまーす。

坂を下りていくと、赤柱市場(スタンレー・マーケット)が見えてきました。

こんな感じで、ごちゃっといろんなお店があります。

まずはマーケットの向こう側の、海のほうに行ってみました。



このあたりには欧米人が多く住む高級住宅地があるそうで、
そのせいか欧米系の人が多く見られます。

海沿いにはオープンテラスのカフェやレストランが並んでいて、
リゾートっぽくて、あまり香港らしくない?
暑かったけど風が気持ちよかったので、しばらく海沿いの道をぷらぷら。


あっ! 雪糕車がいました。
今年の1月、尖沙咀で見かけたソフトクリーム屋さんです。
(ソフトクリームを食べた記事 → :emojion:


他にも、ビーチサンダル屋さん(イパネマ)やリゾート風ウェアのお店などがありましたよ。


こちらは花文字のお店。
これは中国風水による開運アートなんだそうです。
結構人気みたいですね。

海沿いからちょっと路地に入っていくと、中国風の雑貨や衣類などのお店がたくさん。

私は買いたいと思えるものがなかったけど、欧米の人はいかにも好きそうな感じかなぁ。


飲茶もできる書斎という中華レストランがありました。
なかなか雰囲気よさそうですね。

ひととおりお店を見て、香港式フレンチトーストを食べて(→ :emojion: )、
そうこうしているうちに雨が降ってきたので、帰りのバスに乗りました。


バスに乗ってしばらくすると、雨の降りが激しくなってきました :emojinaruto:
窓から見えるビルもかすんでます。

でも、セントラルに帰ってきたらすっかりいいお天気 :emojisun:

ショッピングセンターの「ランドマーク」から :emojicamera:

香港おいしいもの~麺~


Post-210前日の夕飯にご飯もの食べたら、お腹いっぱいになりすぎてデザートが食べられなかったので、その翌日は軽めに麺を食べることにしました。

雲呑(ワンタン)麺といったら、香港では普通エビワンタンのことみたいですが、
そのときはエビの気分じゃなかったので、ぎょうざ入りの水餃麺にしてみましたよ(トップ写真)。

香港の麺って、ちょっと硬め。
つるっという感じではなく、ごわっとします。
それが好きな人にはいいのだろうけど、私はもうちょっとしなやかな麺がいいなあと…。

麺(卵入りのいわゆる中華麺)ではなく、粉(米の粉で作った麺)や河(きしめん風の麺)を試してみたほうがいいのかな。

スープは薄味ですがおいしいです。

麺には、お惣菜やらデザートやらセットでつけられるのですが、私は油菜(やうちょい=ゆで野菜)にしてみました。
さらに油菜にもいくつか種類があるので、菜心(ちょいさむ)を選びました(このへんよくわからないのでなんとなく聞いたことがあるものを選択)。

オイスターソースをつけて食べるのですが、それがおいし~。
麺よりもむしろこちらのおいしさのほうが印象に残りました。

今回行ったお店は、銅鑼湾(コーズウェイ・ベイ)の池記(ちーけい)というお店です。

ここはモダンな感じの店構えで、店内も清潔で入りやすいです。

ブログを書くために調べていてわかったのですが、日本にも支店があるんですね。
渋谷パルコの中にあるようです。

香港プチ観光~香港の街を俯瞰する~


Post-209今回の香港の旅は3泊4日だったけど、1日目は移動だけで終わり、4日目は昼には空港へ向かうので、現地での時間は実質2日半。結構忙しい…。

そんな中、ただ食べてるだけじゃなく、観光らしいこともちょっとしてみましたよ :emojiface_glad:

今年の4月にオープンした、SKY100(天際100)という展望台に行ったんです。
高いところ、大好きなのよね~。

MTR九龍駅から、ショッピングセンターの「エレメンツ」の中を通って、International Commerce Centreというビルへ。
このビルの100階に展望台があります。

チケットを買って、超高速エレベーターで100階まで一気に上がります。

エレベーターの天井はこんな感じになってます。
もちろん青空は本物じゃないですけど。


エレベーター内には、通過している階数と高さが表示されます。

60秒で100階に到着し、展望台へ出ると、すごい景色が待っています。

カラーバランスがおかしなことになってますが…。


セントラルのビル群がミニチュアみたい~。
ビル群の後ろにはヴィクトリアピーク。
ピークからの景色もすごいけど、ここからの景色もかなり圧倒されます。


手前に見えるのは尖沙咀の街とフェリーターミナル。
対岸には湾仔の街が見えていますね。


オープンしたばかりなのであまり知られていないのか、人は多くなかったです。


下をのぞきこんでみると、ものすごい立体感 :emojiface_gesso:
飛びだす絵本 :emojibook: みたいです。


こちらは九龍サイドの旺角とかのほうかな。
このビルのたて込みっぷり…。
まったく香港ってところは尋常じゃないな…と思ってしまう。


なんだか船がゴミみたいに見えます。
香港は本当に小さい島がたくさんあるんですね。


ん? これは、ゆるキャラ?


「SKY100ファミリー」といって、それぞれが香港を象徴している6つのキャラクターで構成されています。キャラクターグッズもたくさん売っていましたよ。


この『SKY100』のあるビルは高さ490mで、現時点で世界で4番目に高いビルだそうです。
(展望台があるところは高さ390m)

ちなみに世界一高いのがドバイの『At the Top』(高さ828m)、2番目が台湾の『Taipei 101』(高さ508m)、3番目が上海の『Sky Walk 100』(高さ492m)。
そのうち1000m超えちゃったりするのかしらね…。

香港おいしいもの~焼味~


Post-208前から行きたいと思っていた、焼味(お肉のロースト)屋さん。
今回は宿泊したホテルが近かったので、やっと行けました :emojidash:


再興燒臘飯店というお店です。
なかなか渋い外観ですな。
店内で食べるよりもお持ち帰りの人が多いようで、お店の外で何人か並んでました。

私が食べたのは、トップの写真 :emojifinger_one: の三寶飯です。
ご飯の上に、チキン、ガチョウ、叉焼、3種の焼味がのってます。
初めて行って、いろいろ試してみたい場合にはちょうどいいですね。

店員のおっちゃんも慣れているようで、観光客はこれ食べるだろってな感じ。
ついでにスープも勧められるままに注文。

味はおいしかったですよー :emojigoood:
特にガチョウが気に入りました。
テーブルの上にたれが置いてあるので、それをかけて食べると、
ご飯にたれがしみて、さらにおいしさアップ :emojiarrow_curveup:

この手の焼味のせご飯、何回か食べましたが、お肉はおいしくてもご飯の炊き加減がいまいちだったり、チキンの骨が多くて食べにくかったり(あまり食べるところがないとか)、どこも一長一短って感じだったのですが、ここのはバランス良し。

スープ(何を注文したのか自分でもわからず…)は薄味で、見た目はくず野菜が入ってんじゃ?って感じでしたが、しばらく食べ続けていると、野菜のやさしい味がしてきました。
器変えれば東京あたりのこじゃれたカフェで出せそうな感じ?
まあ、まわり見回したら、雰囲気が全然違うことは言うまでもありませんが。

お肉がおいしくて順調に食べ進んだのですが、
ご飯が多すぎて最後は超苦しくなり、スープは残してしまいました。
写真だと小さく見えますが、ちょっとしたどんぶりサイズなんですよ。
おかげでこの後デザート食べようとしてたのに、お腹いっぱいすぎて無理でした :emojisweat:

ちなみに、こういうお店に入ると(特に一人だと)、相席はごく当たり前なのですが、
トップの写真、相席したお兄さんがテーブルに置いた骨(こちらの人はテーブルにそのまま置いちゃうんですね)が写ってしまったので、一応モザイクかけました(笑)。


この写真は別のお店ですが、焼味屋さんはたいていこんな感じで、
味付けしたお肉を店頭にぶら下げてます。

香港おいしいもの~西多士~


Post-207今回の香港旅行で、試してみようと思っていたもののひとつ :emojifinger_one:
それが写真の西多士(さいどーしー)。
香港式フレンチトーストですよ。

フレンチトーストと聞いたら、パンに卵液をつけてフライパンでこんがり焼いて、
上にパウダーシュガーかなんかかけちゃったり、フルーツなんか添えちゃったり…
そう、カフェ・カイラで出てくるようなのを思い浮かべませんか?

でも、香港のフレンチトーストは、それとはまったく似ても似つかないシロモノなんです。

今までの香港で、毎回欠かさず行っている、
なぜかお気に入りの檀島珈琲餅店で初挑戦しました :emojispeaker:
(お店の様子は前回の旅行記をご参照ください → :emojion:

見てもおわかりのように、パンを2枚重ねて揚げてあるんです。
中にはピーナツバターがはさまってます。上にはバター。
さらにシロップをとろ~りかけていただきます。
カロリーとか考えたくないですねぇ… :emojiface_gesso:

一口食べると、じわーっと油がしみ出す?!
これ、日本にあってもたぶん食べないけど、なぜか香港で食べるとおいしく感じるような。

フレンチトーストのお供は凍檸茶(どんれんちゃー=アイスレモンティー)。
でも、本当は凍奶茶(どんないちゃー=アイスミルクティー)を頼んだんです。
店員のおっちゃん、復唱してたくせになんで間違えるんだー :emojiangry:

ま、結果的には油っこい西多士には凍檸茶のほうがさっぱりしてよかったんですけどね。
甘みが最初からついてて、めちゃ甘だけど~。

続いて、西多士第2弾。
3日目に行った、香港島南部の海沿いの街、赤柱(スタンレー)で食べましたよ。
泗益というお店です(読み方わからず)。


見てくださいこのお店。
屋根はトタンだし、まるでほったて小屋…ですが、
これでも客足の絶えないなかなかの人気店なんです。


店先はフルーツの屋台になっていて、その奥にテーブルとイスがあって食堂になってます。


咖央西多士です。
名前で気付いたのですが、ここのはカヤジャムがはさまってるんです!!
(たぶん咖央=カヤ)

さっそく食べてみると、やっぱり油っぽいですが、パンがふかふかでおいしい。
角のない丸いパンがなんだかかわいいですね。

このカヤジャムはちょっと独特のくせ(ハーブっぽい)がありますねぇ。
シンガポールで食べたカヤトーストのカヤジャムとはちょっと違うけど、
これはこれで好きです :emojiface_glad:
この時もお供は凍檸茶(この組み合わせにはまった)。

香港式フレンチトースト、しょっちゅうは食べたくないけど、
これから香港に行った時は、滞在中に1回は食べたいなーと思います。
でも、帰国してからしばらく胃の調子が悪かったのは、これの油のせいかなーなんて思ってたりもします…。