モーハワイ☆コム

カテゴリー:2013年5月台北

今回も食べてきました



台湾は7月に行くことが多くて、5月は今回が初めて。
この時期マンゴーはどうなのかなあと思ったんですが、今年は出が早かったようで、3月終わりごろには出回り始めていたという情報も。

そんなわけで、今回も食べますよーとはりきる私。

まずはトップの写真、昨年7月にも食べた、騒豆花cafeのマンゴースイカ豆花。
見た目Good :emojigoood: 味も昨年食べたときはとてもおいしかったんだけど、
今年はちょっと残念だったかも。

マンゴーがやはりまだ時期的に早いのか、あまり甘くなかったなあ。
少し筋っぽいところもあったし。
それに、タピオカが水で戻しきれてなかったのか、硬い粒状のものが多々。

スイカはおいしかったけどね。
最初マンゴーのみの豆花にしようかと迷ったんだけど、スイカも入っているものにしてよかった。マンゴーだけだったらちょっときつかったかも。

気を取り直して…。


次に行った西門のマンゴーかき氷屋さん。
実は行こうと思ってたのはこのお店の並びの別の店だったんだけど、
ついつい新しいお店が目について、店が新しくなったのかな?と勘違いして入ってしまった。


お味はそこそこ。
でもやっぱりマンゴーが感動する甘さじゃない。
それに食べているうちに、下のほうは氷だけになって飽きてしまい、完食ならず。
(写真だとわからないけど、お皿が意外と深くなってるんです)

なにより5月の台北にしては気温が低い日だったので、
食べた後に凍えた~ :emojipenguin:


そしてお次は、永康街一本となりの麗水街という通りにある、
ちょっと渋い外観のこちら↑のお店、芒果皇帝。なんとも堂々たるネーミング。


ポスターの日本語、やや惜しいっ!


外観はレトロだけど、店内は結構今風かな。
英語名は King Mangoなのね(笑)。


味はなかなかおいしいと思うんだけど、やっぱりこの日も気温低めで、
そのせいかあまりおいしいと感じられず…。

台湾って、なぜかマンゴーとかき氷がセットの場合が多いですね。
トップの写真のように豆花もあるけど、そんなに見かけないです。
香港みたいに、いろいろなマンゴーデザートがあるといいのにな。

寒くてかき氷に懲りた私は、朝ご飯にお気に入りの百果園さんでカットマンゴーだけ買ってみた。

朝食スタンドで買ったサンドイッチ(めちゃうま)とともに、スタバにて。
スタバでソイラテとフルーツカップも買ったから、持ち込みお許しを~(コソコソ)。
(しかし、フルーツカップにプチトマトが入っている違和感…)

そして確信。
まだこの時期マンゴーは早かった。百果園のマンゴーですら甘さが足りない。
マンゴーねらいなら、やっぱり夏に行かなきゃダメなんだな~。
ひとつお勉強になりました :emojipencil:

お出かけしてきました~


Post-563ゴールデンウィーク真ん中に、ちょっくらお出かけしてきました :emojiairplane:
ハワイに行こうか?なんて思ったときもありましたが、お財布事情により近場に…。

手頃に行ける場所&日程で考えたら、やっぱり?いつもの?台北になっちゃいました。
台北は今回で9回目かな?
もはや海外という感覚はあまりなくなってきたかも。

とはいえ、出発1週間前には鳥インフルエンザ1名感染とのニュースあり。
いろいろ情報収集は怠りなくね :emojipencil:


今回も羽田から台北松山空港へ。

出発時の東京も5月にしては肌寒かったのですが、
台北も曇ってて涼しいし、湿気もいつもより少なめ。
過ごしやすいのはよかったけど、何か物足りない…?
(だって、かき氷食べてもあまりおいしくないんですもの)

ところで、4月からANAのインターネットチェックインが少し変わり、
事前に必要な情報を登録しておくと、24時間前に自動的にチェックインされるようになりました。

そして、搭乗券の受け取り方法で、iPhone用アプリのPassbookも利用可能になったとのこと(国内線では昨年から利用できていたようです)。

じつは1ヶ月ほど前にiPhoneに変更したところだったので、さっそく今回試してみた!


このようにPassbook上に搭乗券が登録されます(QRコードは一部加工してあります)。
私は今までインターネットでチェックインした後に、搭乗券をHPからプリントアウトしていましたが、その手間がいらないのは便利です。
また、今回はありませんでしたが、運行状況の変更などもPassbook上で通知してくれるようです。

ただ、Passbookに登録した搭乗券には、出発時間ではなく搭乗開始時間が記載されているのですよね(出発時間は記載なし)。私は勘違いして空港に早く行きすぎてしまった…。

あと、今までは搭乗券に貼られたりしていたバッゲージクレームタグを貼る場所がなくなって扱いに困ったのか(?)、台北松山空港ではパスポートの表紙に貼られました(ヤメテ~)。
パスポートが破損したら大変なことになる(らしい)ので、すぐにそーっとはがしましたけど。
(ちなみに、羽田空港ではそれ用の台紙が用意されてました)。


旅行が終わって搭乗券を削除すると、このようにシュレッダーにかけたような感じになります。ちょっとおもしろい。


そして、今回もうひとつの新しい試み。
羽田空港で、自動化ゲートの申請をしてみましたよ。

これが5分ほどで登録できるのかなと思ったけど、意外と時間がかかって、前に数人いたのでかなり待ちました(係員の方がテキパキって感じじゃないので結構イライラしちゃいました…)
1人7~8分かかってたんじゃないかな。特に私の前の人は外国の方だったためか15分近くかかってました。

私は出国前に、出発ロビーの片隅のブースで手続きしましたが、↑の写真にあるように、出国審査場内にも受付があるようなので、数人並んでいるようならそちらのほうが早いかも?
私は時間に余裕があったので、イライラしながらも待ってしまいましたが(中に入ってみて、そこも混んでいたら嫌だし)。

これでイミグレが混んでる時も、すいすい~(かな?)。
登録後にさっそく利用してみましたが、なかなかよい感じです。