モーハワイ☆コム

カテゴリー:2011年GWシンガポール

チャンギ空港で


Post-200シンガポール旅行記、これで終わりです。
ハワイブログなのに、長々と失礼しました(いつもだけど)。

さて、チャンギ空港に戻ってきました。
ちょっと早すぎて、ANAのカウンター開いてなかったけど、
この空港はアーリーチェックインカウンターっていうのがあるんですね。
で、そちらへ行って早々にチェックイン。
空港内をうろうろします。


エア・インディアのチェックインカウンターかな。
インド系の方々がたくさん。

ちょうど夕食タイムだったので、フードコートへ行って、
ラクサ(ココナッツミルクとスパイス、チリで仕上げたスープに入った麺、マレー系料理)を食べましたよ。

ココナッツミルクが入っているから、こってり甘い感じがあるんだけど、
あとから辛さが出てきます :emojifire:

今回の旅行ではマレー系の料理は食べなかったけど、
もっといろいろ食べたかったな。

辛さで口のまわりがひりひりになったので、
売店でスムージーを買って飲んだり、さらにうろうろしているうちに、
結構すぐに搭乗時間になりました。

この日はGWの真ん中だったせいか、飛行機ガラガラで、
搭乗が始まっても行列もできず、なんだかさびしい感じでした。

そうそう、ここの空港は、手荷物検査を搭乗ゲートでやるので
出国後に買ったお水を機内に持ち込めないんです。
結構没収されてる人多かったです。
でも、免税店とかで買ったものは大丈夫なんだろうけど…?

****************************************************************

昨日、仕事中におやつを買いに行ったコンビニの店員さんがインド人(たぶん)でした。
中華系の人は今や珍しくないけど、インド人のコンビニ店員って初めて見た。
名札にはひらがなで「むはんまど」と書いてありました。

この店員さん、日本語がすばらしく自然。
ヒンディー語と日本語って、似ているところがあるらしく、
インド人は日本語がすぐにうまくなるって何かで読んだことがあるけど、本当らしい。
(逆に、日本人がヒンディーを習う場合も同様のようです)

ジャガビーを買ったのですが、容器の形からカップめんと思ったらしく、
「お箸かフォーク、どちらにしますか?」って聞かれました。
最初、何言ってんだろ?ってちょっとびっくり。

ラッフルズ・ホテルに行ってみた


Post-198いわずと知れた、シンガポールの最高級ホテル。

わたくしのような庶民にはなかなかかないませんが、
いつか泊まってみたい…。
全室スイートで、宿泊客には担当の執事がつくんだとか。

せめてここでアフタヌーンティーをと思ったけど、当日予約じゃ全然だめですね。
今回はちろりと見学だけ。








さすが、お掃除のあとの「すべるぞ注意」の看板も、格式高く木でてきています。

ちなみに、Agodaで検索してみたら、
6月11日(土)から1泊、スイートが45,208円、コートヤード・スイートが51,760円。
思ったほどではない? 定価はどちらも10万超ですけどね。

アフタヌーンティー


Post-197シンガポール旅行後半は友達と一緒だったので、念願の!アフタヌーンティーに行きましたよ。アフタヌーンティー、1人じゃちょっとさびしいですからね(1人だとNGな場合も)。

JCBプラザで当日に予約をお願いしたのですが、
土曜日ということもあってか、人気のホテルはすでに満席。
絶対行きたいお目当ての場所がある場合、前もっての予約が必須のようです。

何軒か聞いてもらったところで、なんとかマンダリン・オリエンタルの
アクシス・バー・ラウンジを予約することができました。

週末はビュッフェスタイルの「ハイティー」になるところが多いようなのですが、
ここは土日も3段トレイの「アフタヌーンティー」だったので、結果的にはよかったのかもしれません。
まわりの席、日本人ばかりだったけど。

トップの写真、逆光だったからか、あまりうまく撮れてないですね~ :emojiface_koma:

ここのラウンジは4階にあるので、見晴らしはそれほどよくないけど、
マリーナ湾に面しているので、そこそこ開放感はありますね。

お味のほうは、実はあまり覚えてないんですよね~。
可もなく不可もなくというか。
サンドイッチもスイーツも、いろんな種類が載っていて、見た目も楽しいです。
ただ、スイーツは同じ味が2つずつではなかったので、味の好みが同じ人と一緒に行くと取り合いになるかも?

この日は午前中どしゃぶりでその後に晴れてきたこともあって、
外は非常に蒸し暑かったので、涼しい室内でお茶飲んでまったりして、
ホッとできました~。

フードコートでおなかいっぱい


Post-196シンガポールって、本当に外食天国 :emojiknife:
皆さん、おうちでご飯食べてないんじゃ…ってくらいに、
あちこちにフードコートやホーカーズ(屋台村のようなところ)やなんかがあって、
どこもそこそこ混んでいます。

一人旅だと、なかなかレストランには入りづらかったりで(特に夜)、
国によっては食事にちょっと悩むことがあるけれど、
シンガポールはそんな心配なし!!

この日はシンガポールの街を1日中歩きまわって、疲れた足をフットマッサージで癒したあと、フードコートで夕飯を食べましたよ。


MTRサマセット駅に直結しているショッピングセンター、313@サマセットの中に入っている、フードリパブリックです。
ちょっとおしゃれな感じで、清潔感もありますね。

アラモアナセンターのマカイマーケットよりちょっと広いかな。
各ブースの間口が狭いので、お店の数もマカイマーケットより多いです。

中華、インド料理、マレー系料理など、いろいろな国の料理があるので楽しいです。
どれを食べるか選ぶのが大変。
鉄板焼きとか、日系のお店もありましたよ。

まず食べたのは、トップの写真 :emojifinger_one:プロウンミーです。
プロウン=prawn(エビ)でだしをとったスープで炒めたミー=麺なんですけど、
かなりエビの味がしっかりついてました。
ちょっとしょっぱかったかな。

次に食べたのは、イスラム系インド料理のムルタバ。

これはちょっとお好み焼き風。私はチキン入りのものを食べました。
カレーをつけて食べるんです。
おいしかったけど、ちょっとチキンがパサパサしすぎてたかなぁ。

この2品食べたら、かなりお腹いっぱい。
ムルタバはちょっと残してしまいました。

フレッシュジュースやデザート専門のブースもあるので、
同じところで別腹も満たせて便利!

だけどこの日は別腹もなくなるくらいお腹いっぱいになっちゃいました~。


夜の313@サマセットをオーチャード通りから見たところ。
外壁の照明のデザインがなんかいいなーと思って :emojicamera:

アラブストリート


Post-195チャイナタウン、リトルインディアと来て、お次はアラブストリートです。
シンガポールっていろんな街があって、街歩きが本当に楽しいです。


やっぱり基本はこんな感じのショップハウス。
カーペットやテキスタイルのお店が多いみたいです。


きれいな布地ですね~。すてきなドレスになりそうです。
イスラム教徒が多く住むエリアなので、スカーフを巻いた女性が目につきます。


いろいろなカゴをたくさん売っているお店も。


シルクのストールもたくさん売ってましたよ。


これが話に聞いていた、水煙草ですね?
なにやらあやしい~と思ってしまう。


ブッソーラ・ストリートから見たサルタン・モスク。
シンガポール最大の寺院なんですって。
この通りの両側は、エスニック雑貨のお店や料理店が並んでいます。


金色の玉ねぎ…。

カヤトースト♪


Post-194実は、シンガポールでチキンライスよりも気に入っちゃったものがあるのですが、
それがこの :emojifinger_one: カヤトースト!!

今までこれが食べたくて、台北や香港で似たようなものを見つけると食べていたのですが、
どれもいまいちで…。

でも、今回シンガポールで本場のカヤトーストを食べてみたら、
すごくおいしくってメチャクチャ気に入りました~。


あまりにも気に入ったので、次の日にも、またその次の日にも行っちゃいました(計3回)。
カヤトーストのお供は、あま~い練乳入りアイスコーヒーですよ。
(地元の人はコピって言っていたな)


行ったのはこちらのYa Kun Kaya Toast(ヤクン・カヤ・トースト)というお店です。

こちらはシンガポール中あちこちに支店がありますが(台湾や韓国、インドネシアなどにも)、私は泊まったホテル近くの、ブギスジャンクションというショッピングセンターの中のお店に行きました。

デパ地下の一角にあるような感じの店なのですが、地下鉄の駅にも直結しているので、朝は通勤途中の方がテイクアウトをするためにたくさん並んでいましたよ。

「カヤトースト」とは…
 卵・ココナッツミルク・パンダンリーフ(香り付け用の葉)・砂糖で作られた
 「カヤジャム」をカリカリに焼いた薄焼きパンに塗り、薄くスライスしたバターを
 サンドしたもの


なんですが、本当にパンがカリカリ、というかサクサクで、カヤジャムも甘くておいしいし、
バターはちょっと日本じゃありえない感じでたくさん入っていて、体には悪そうなんだけど、
それがまたいいのです。

普通のカヤトーストの他に、ピーナツバター入りやチーズ入り、フレンチトーストなどの
種類もあって、いつか全種類試してみたいなあと思っています。

実はこのヤクン・カヤ・トーストは、東京にもお店があるのです:emojion: )。
豊洲なんですけど、ちょっとワタシ的には行きにくいところなんですよね…。
何かのついでって感じの場所じゃなくて。

でも、会社からはまあまあ近いようなので、今度昼休みにダッシュで行ってみようかな。
豊洲のららぽーとの中らしいんだけど、駅から近いのかな?

ちなみに、こちらのお店で飲み物をテイクアウトすると、こんなふうにしてくれます。

レジ袋の持つところだけみたいな感じ。
ちょっとかわいいね。

シンガポール往復機内食 :emojiknife:


Post-193前エントリーで機内食の話が出たので、今日はシンガポール旅行のときの機内食をご紹介。

↑の写真は、往路(NRT-SIN)の機内食です。
今回も、ベジミールではなく普通食ですよ(ベジミール、ハズレ続きでちょい懲り気味)。

往路は11:05発なので、ランチですね。
メニューは和食(J-Menu TEISHOKU)がチキンカツカレー、
洋食チョイスがシーフードのクリーム煮みたいのだったかな。

私はチキンカツカレーにしましたよ。
“TEISHOKU”だから? みそ汁つきです。
そして、右下のポテトサラダはなぜかいくらのせ。

味はねぇ…。まあ機内食ですからそれなりです。
このとき、お肉食べるの久々ということもあったと思うんだけど、
チキンカツがちょっと油っぽくて、夜まで胸やけしちゃいました。

旅先でおいしいものが待ってるんだから、控えめにしておけばいいのに、
どうも出されると反射的に食べてしまっていつも後悔な私です。

さて、お次は帰路(SIN-HND)の機内食。
そうそう、行きは成田からだったんだけど、帰りは羽田着だったんですよ。

機内食SIN-HND
夜便(21:45発)だったので、離陸後は巾着袋に入ったお水とLay’sのポテトチップと
ジップロップに入ったクッキー2枚が配られて消灯。

日本時間4時に朝食が出てきましたよ。
眠い~。

このときの飛行機、GWの真ん中らへんだったせいかガラガラで、
真ん中3席独占して横になれたから、まあまあ眠れたんだけど、やっぱ4時はきつい…。
でも食べたけど。

朝食はメニューひとつで選択の余地なしです。
ほうれん草のオムレツだったかな。こちらも可もなく不可もなく~かな。

飛行機は6:00着の予定が追い風に乗って早まり、5:30に到着。
この日はいったん家に帰って風呂に入り、9:00に出勤したんでした。
きつかったな~。

リトルインディア


Post-192シンガポール街歩き、お次はリトルインディアです。
当然ながら、駅を降りたらインド系の方の比率がぐんと上がりました。

トップの写真は、リトルインディア・アーケード
衣料品、おみやげ屋、飲食店、ヘナ・アートのお店などがぎっしり並んでるんだそうで…。
またまた下調べ不足で、素通りしてしまいましたわ。
外観からはそんな感じじゃなかったんですよね~。


ショップハウスがカラフル! そしてタミル語なのでしょうか?
見慣れない文字が書かれていて、異国感たっぷり(って、もともと異国ですが)。


インドっぽい衣装。すてきです。
着れないけど…。


スリ・ビーラマカリアマン寺院です。
ゴープラム(高門)の彫刻はインドの神様たちだそうです。


細かいですねー。


インド系スーパー、ムスタファセンターに潜入してみました。
食品関係は2Fなんですけど、ものすごく商品があふれてます。
ちょっとハワイのドンキに行ったときのような興奮を覚えました。


カレーパウダーとか書いてありますね。
やっぱり、スパイスとかがすごくたくさんありましたよ。


こちらは、マンゴーとかのドライフルーツ関係。


これは何だろう?
インスタントラーメンみたいなものかなあと思ったんだけど…。

とにかく商品の数が多いし、同じ商品がいっぱい並んでる。
きっと倉庫とかなくて、あるものはみんな棚に並べちゃってるんだろうな。
あまりの商品の多さに圧倒され、何も買えず…。


おっ! この缶詰はなにか見覚えがある!
インドのスイーツ、「グラブジャムン」じゃありませんか!!

これ、昨年9月のホノルル→成田の機内食(ベジタリアンヒンズーミール)で
出てきたんですよねー(↓の写真左上)。

硬いドーナツをシロップ漬けしたような感じで、ありえない甘さでした :emojiface_gesso:
甘いもの好きの私でも、一口でギブアップ。
こんなふうに缶詰になってるとはねぇ…。

シンガポールのチキンライス


Post-191これもシンガポールで食べたかったもののひとつ。

チャイナタウンをぶらぶらした後、ちょっと早めのお昼 :emojiknife:
マックスウェルフードセンターというホーカー(屋台村みたいな感じ?)に
行ってみましたよ。


外観はこんな感じ。
シンガポールは、こんな感じのホーカーとかフードコートが本当にたくさんあります。
どこも人がたくさんなので、こちらの人はあまり家でご飯を食べないのかな?


中はこんな感じで、小さい間口のお店がたくさん並んでいます。
ここはチャイナタウンの近くなので、中華系が多いのかな。

私は写真左側に写っている、青い看板の天天海南鶏飯でチキンライスを買いました~。

スモールにしたからか、チキンが少なかった :emojiface_sad: (トップ写真)。
けど、味は :emojigoood: です。大きいサイズにすればよかったな。
スープは薄味でいまいち。
そういうものなのか、それとももしかしたら自分で調味するものなのかも?

チキンライスはいくつかのお店で食べ比べをしてみたかったけど、
結局これ1回しか食べれなかったのが残念でした。

他の国でもこれに似たようなものを食べたけど、
やっぱりシンガポールが一番おいしかったです。
店名にもあるように「海南鶏飯」というけど、
実は海南島にはチキンライスはないという話も…。ホントかな?

チキンライスを食べた後は、ジュースの屋台でフルーツジュースを買って飲みながら、
またまた街をぶらつきますよ。


Tanjong Pagar Rd沿いには、かつてプラナカン(中国やインド等からやってきた男性とマレー女性との間に生まれた子孫)が暮らしたショップハウス(1階が店舗で2階が住居になっている建物)が並んでいて、歴史的建築物保存地区に指定されているそうです。




こういう建物を見て歩くのは、結構好きです。

Marks&Spencerのシリアル


Post-190寒い時期は体が冷えるような気がしてあまり食べないのですが、
今くらいあたたかくなってくると、朝食にシリアルをよく食べます。

今はシンガポールで買ってきた、Marks&Spencer のシリアルを食べてます(トップ写真右)。

Marks&Spencer ってイギリスの百貨店(高級スーパー?)で、
世界30ヶ国以上にフランチャイズ店があるらしいけど、日本には未上陸なんですよね。

シンガポールの銀座(?)、オーチャード通りを歩いている時に見かけて、
ちょっとのぞいてみたんですけど、衣料品はちょっといまいち。

でも隣のコーナーにあった、食料品はなかなかよさげ。
パッケージがおしゃれで目をひかれました。

シリアルは何種類かあったのですが、Deliciously Nutty Crunch というのを
買ってみましたよ。

これが本当においしい~!
ナッツざくざくです。
毎日食べ続けて、もうすぐなくなってしまうのが悲しい…。

そして、シリアルの左に写っているのはシリアルバーなんですけど、
こちらもかなりおいしいです。

almond,apricot & mango,cereal bars (with almonds,dried apricots,
dried mango and a yogurt coating)
という名前なのかな?
内容そのままですね。

ヨーグルトコーティングはちょっとホワイトチョコっぽくて、それがまたいいんですが、
やはり甘くておいしいだけあって、カロリーは1本220kcal :emojiface_gesso:
気軽にちょっとおやつとして食べるのはかなり危険 :emojimark_warning:
(って、食べてから気づいたけど)

かなり気に入ったので、来月香港に行くから、そのときに買いだめしてこようとたくらみ中。

ちなみにお値段は、シリアルがS$7.9(540円くらい)、シリアルバーがS$6.9(470円くらい)。



<おまけ>

Marks&Spencer ではないけれど、今回シンガポールで買った食べものたち。

上段:カップラーメン(おみやげ用)
中段:シリアルバー
下段左:シリアルバー、下段右:カヤジャム