モーハワイ☆コム

カテゴリー:2010年11月ベトナム

ベトナムで食べたもの


Post-109今日はベトナムで食べたもので、まだ紹介してなかったものを
まとめてお出ししていきますよー :emojispeaker:

まずは、2日目に参加したオプショナルツアー、ミトー・メコン川クルーズのときの昼食。

このツアーに参加すると、どの旅行会社でもだいたいこんなメニューみたいです…。

ミトー名物のエレファントフィッシュの揚げ物は、香草やはるさめみたいなのと一緒に、
ライスペーパーで巻いて食べます。

店員さんが最初の1つだけ巻いてくれました。
味は可もなく不可もなく…。

ただ、ライスペーパーがやたら硬かったです。
ライスペーパーって、水でもどしたりするものなのかよく知らないけど、
あきらかにそういうことはしてない感じで、バリバリでした(泣)。
そういうもんなんでしょうか…。


これもお約束の一品。ボール型の揚げもちです。
店員さんがハサミでチョキチョキカットしてくれます。
(2つ上の写真の、左下のものがカットしたもの)
実はこれが一番おいしかったかも。
甘じょっぱくて、砂糖じょうゆみたいな味付け。


ミトーの船着き場に戻る船の中で配られた、ココナツジュース。
これ、飲んでみたいと思っていたけど、実際飲んでみたらあんまりおいしくなかった :emojing:
冷えてたらまた印象が違ったかもしれないけど…。


お次は2日目の夕食。バイン・セオ(ベトナム風お好み焼き)。
野菜にくるんで、甘酸っぱいタレにつけて食べます。

これはまわりがパリッと焼けていておいしかったなぁ。
けど、ひとりで食べていると途中から飽きてきちゃいました。


バイン・セオと一緒に頼んだ、チェー・タップ・カム(ベトナム風ミックスぜんざい)。
写真はぐるぐるかき混ぜてしまってから撮ったので、ちょっと見た目きちゃない感じです :emojiface_gesso:
いろんな種類の豆などが入っていて、ココナツミルクがかかってます。
ピーナツ(たぶん)がカリッとして、いいアクセントになってましたよ。

ちなみに、バイン・セオとチェーを食べたのは、ゴールドフィッシュというお店です。


夕食後はジュースというお店で、シントー(フルーツシェイク)を買って、テイクアウトしてホテルの部屋で飲みました。

種類がたくさんあって迷ったけど、無難なパイナップル&バナナを選択。
やっぱり南国はフルーツものがおいしー :emojigoood:

3日目の街歩きの途中で食べたのが、こちら。

キム・タインのバイン・フラン。

日本では、なめらかプリンが流行り出してからは、こういうプリンは少なくなりましたよねぇ。
なんだか懐かしの味でした。
写真には写ってませんが、カフェ・スア・ダー(練乳入りアイスコーヒー)も一緒に飲みましたよ。

ちなみにお店はこんな感じ。


同じ日のランチ。

上海コムガーのコムガー(鶏肉飯)です。

ご飯はなんか黄色っぽいですが、鶏のダシで炊いてあるからですね。
鶏肉は蒸したものかローストかを選べて、私はローストのほうにしたんですけど、期待したよりだいぶ少なかった…。ジューシーさもなし :emojiface_koma:

ガイドブックの写真とは全然違っていて、がっかりしちゃいました。結構歩いたのになぁ…!
蒸し鶏にしたほうがよかったのかも…。

お店は結構きれいで、店員さんも感じがよかったんですけどね。


今回の旅行、弾丸 :emojibomb: 旅行で食事の回数が少なかったわりには、
思ったよりもいろいろ食べれたかなあと思います。
とはいえ、一人旅だから、やっぱり品数を多く食べれなかったのが残念。

心配していたパクチーには意外にも遭遇せず、お腹を壊すこともありませんでした(観光客向けっぽいところしか行かなかったからかな?)。

さて、ながながと書いてきたベトナム旅行記ですが、あんまり引っ張ってもしょうがないので、そろそろ終わりにしようと思います。
(また何か思いだしたら書くかもしれないけど…)

おつきあいありがとうございましたー。

いいところもあるけど、そうでないところもあるよね


Post-108ベトナム旅行記、すでに時系列ではありませんのであしからず。

さて、2日目。
私はまたしても、マイバスにてオプショナルツアーを申し込んでいました。
ベトナム南部の定番とも言える、ミトー・メコン川クルーズですよ。

バンでホーチミンから1時間ほどのミトーという街の船着き場から、まずは中洲の島のひとつへ。


こんな感じの民家もある、のどかなところなんですが、
なんせみやげもの買え買えモードがすごいです… :emojiface_sad:
あと、下手な歌聞かせられて、チップくれくれとか :emojiarrow_curvedown:

ここに限らず、ホーチミン市内でも、日本人とみるや商売人(特にバイクタクシー)が声かけてきますねぇ。しかも達者な日本語で(営業努力は認めます…)。

韓国人や中国人と、どう区別をつけているのかわからないけど、
ひとりで歩いていても、「オネーサンオネーサン、ドコイクノ? アルクノタイヘンヨ」などと話しかけてきます。
反応するから日本人とばれるんだと思い、無視していても結構しつこく後をつけてくる。

日本人=金づる(ちょろい)とでも思ってるんでしょうね…。
まあ、ある意味あたっているから余計に悲しい。

つぶやき終わり。
話をもどします。


ワンちゃんがこんな感じでのんびりしていて、ほほえましかったのですが…。

島にはたくさん犬がいましたが、食用なんだそうで…。
ついかわいそう…と思っちゃうけど、そういう文化だからしょうがないですよね。

さてさて、メインイベントのメコン川クルーズはこんな感じ。

ニッパヤシの天然のトンネルの中を手漕ぎ船で巡ります。1kmぐらいなので、あっという間に終わっちゃうんですけどね。
でもまあ、それなりにおもしろかったです。

そのあとこぎれいなレストランで昼食をとって、またバンに揺られてホーチミンに戻ったんですけど、その前夜遅くにホーチミンに着いた私にとっては、そこからが街歩きのスタート。

さっそく行ったのがこちらのお店。

ファニーというアイスクリーム屋さんです。お店の情報 → :emojion:

今回利用したツアー(航空券&ホテル&空港送迎)には、このお店のアイスクリームの無料券がついていたのです。


ココナツアイスは絶対食べたかったので、こちらにしてみました。
たしかマリココという名前。

中身はココナツアイスだけでなく、他のアイスも入っていたので、
色々な味が混ざっていて?なところも少しあったけど、まあまあおいしかったです。
ココナツの殻の内側の果肉も食べてみたけど、ナタデココみたいな感じでした。

最後におまけ。

昨日、ベトナムのTutti Fruttiについての記事を書きましたが、
他にも、ハワイでもおなじみなこんなお店がありました。


The Coffee Bean and Tea Leaf ですよ。

このお店、日本にはないけど他のアジアの国では結構展開しているみたいですね。
なんで日本にはないんだろー?

市場をチラ見&マンゴースムージー@ホーチミン


Post-107ホーチミン最大の市場と言えば、有名なベンタイン市場。

スリ、ぼったくりの巣窟だというし、観光客向けの市場だから価格設定は高めなどとよく聞くので、買い物をする気はなかったけど、とりあえずどんなか見てみたいってことで行ってみました。

外観はこんな風。

あんまり市場っぽくないね。

でも正面入口から中に入ってみると…。

人の多さ、雑多な商品の数の多さ…ちょっと迫力があり、おおっとなります。


入ってすぐは、洋服やアクセサリー、サンダルなど、服飾関係のコーナーです。
サンダル、すごい数ですね。


進んでいくと、今度は乾物やお菓子などのコーナー。
写真はドライフルーツかな? 奥に見えるのはコーヒーのようです。


果物屋さんもあります。
中央に果物の王様、ドリアンがどーんと…。
そういえばそこはかとなくそんなようなにおいも漂ってます。


さらに進んでいくと、食べ物屋さんコーナーがあります。
写真のお店はBUNと書いてあるので麺類のお店かなと思います。


こちらはドリンクのお店かな。
観光客なのか地元の人なのかわからないけど、2人の女性がお茶休憩中です。

ひととおりさーっと見たらもう満足なので、近くの出口から外に出ます。

ちょうどのどが渇いたと思ったところに、なにやら見覚えのある看板。

おっ、Tutti Frutti じゃないですか。
ハワイにもあるフローズンヨーグルト屋さんですね。
しかし、電線がじゃまだなあ…。

この日は結構暑かったので、ひと休みするために入ってみましたよ。

まだ午前中の早い時間だったので、他にお客さんはいませんでした。
この写真の左手のほうに、フローズンヨーグルトをうにょ~って出すマシンがありましたよ。

私はのどが渇いていたので、フローズンヨーグルトではなくこちらを注文。

マンゴースムージーです。
ちなみに飾り付けのオレンジの星型はニンジンです…。

味は、マンゴーは旬じゃないからか、ちょっと青っぽい感じがしたかなあ。
他で飲んだパイナップルのシェイクのほうが断然おいしかったです。

でも、冷たいドリンクでひと息入れて、また元気に街歩きを続けられました。

朝ごはんを調達に@ホーチミン


Post-105ホテルの朝食がいまいちだったので、3日目の朝は外に買いに出ました。
ベトナム風サンドイッチ、バイン・ミーが食べたかったので、
ガイドブックにもよく載っているこちらのお店へ。

老舗ベーカリー(らしい)、ニューランです。お店の情報 → :emojion:

話がそれますが、ちょっとお店の横を見ると…。

すごい電線ですねー。

立派なビルの前もこんな感じでぐちゃぐちゃ。
切れて道路に垂れ下っているようなところもよくあるんだけど、大丈夫なんですかね…。

話をニューランに戻します。

ベーカリーと言いつつ、パンだけでなく、食べ物なら何でもアリって感じのお店です。
外側に色々な食べ物のショーケースがあって、内側はテーブルとイスが置いてあって、
食堂になっているようですね。

まずはひととおり観察。

フルーツ、新鮮そうです。たぶんシントー(フルーツシェイク)やジュースを作ってくれるのでしょう。


ガラスが反射して見にくいけど、上の段はパンですね。下の段は?? よくわからず。


ケーキもあります。…がまずそう。


これはちょっと香港っぽいですね。ローストダック?


あったあった、バイン・ミー。
ケースの上に、出来合いのものがビニールにくるまれて置かれています。
下の段にあるハムやなんかがはさまっているのかな?
普通の四角のサンドイッチやハンバーガーもありますね。

でも、私が食べたかったのはこちら。

ケバブみたいなお肉をその場で削ってはさんでくれるようなのですよ。
20000ドンって書いてありますが、これって他の店と比べると結構高いです。
それでも100円しないくらいですけど。

無事バイン・ミーを買ったあとは、近くのカフェでコーヒーを買います。

チュングエンコーヒーです。
この店って、以前日本に進出していたんですね。六本木にお店があったらしい。もうなくなったけど…。
アイスミルクコーヒー買ってホテルに戻ります。


ピンボケ失礼…。

バイン・ミーは思っていたより肉が少なかったんだけど、味はおいし~です。
かかってるタレがうまい!!

今回は弾丸旅行だったから、この日の深夜に帰りの飛行機に乗ったんですが、
もう1日あったら、絶対また同じのを食べただろうなーっていうくらいおいしかったです。

コーヒーも、超甘くてチョコみたいな味がしてうま~です。
でも氷がたくさん入ってたから、量が少なくてすぐ飲み終わっちゃったのが残念でした。

ベトナムの飲み物


Post-104街歩きの途中で見かけた飲み物の自動販売機。
かなり個性的なラインナップで目を引かれました。

まず気になったのが、こちら。

マメ?と思ったらやっぱりそうで、タマリンドっていうマメ科の植物をドリンクにしたものですって。どんな味なんでしょうね~? まずそう…。

ややっ、写真撮ったときは気付かなかったけど、この自販機つめた~いって書いてありますね。もとは日本で使われていたのが、第2の人生として遠くベトナムまでやってきたのかしらね。


こちらは左の赤いのが???
缶に中身を想像させるものが何も描かれてません。

メーカーのホームページで調べてみたところ、‘Than Nong’ Herbal Teaっていう商品名らしい。んで、どうやら Than Nong っていうのが、
缶に描かれている謎の人物。「Than Nongさんのハーブティー」って感じなのでしょうか。
手に持っている葉っぱみたいなのが薬草なのかしら?


左から、Winter Melon Tea、Grass Jelly Drink、Soya Bean Drink、
Zizy Sarsi Drink-Cherry Flavour(チェリー味の炭酸飲料?)だそうで。
あまり飲んでみたくはない感じですねー。

ちなみに6000VNDは、30円弱くらいじゃないかと思います。やすっ。


ペットボトル入りもあります。
一番右のお花は何かな?と思ったら、Chrysanthemumっていうキク科の植物のお茶のようです。
緑色のは「緑茶+レモン」だそうで、レモンティーの緑茶版ってことでしょうかね。たぶん甘いんだろうな。


ん? これは普通。ウーロン茶かな?と思いきや、
なんと Bird’s nest ツバメの巣だそうですよ。どんな味~?
飲みたくないけど、お肌によかったりするのかしら(コラーゲン?)。

おもしろそうなドリンクがあったら1回くらい試してみたかったんだけど、
ちょっと見た目が怖すぎて挑戦できずでした~~。

ベトナム名物…


Post-103バイク軍団の皆さま。

話には聞いていましたが、ものすごいバイクの多さです。
台湾もすごいと思ったけど、あちらは交通ルールを守ってらっしゃいます。

ベトナムは無法地帯…。クラクション鳴らしまくり。


2人乗り、3人乗りは当たり前、家族全員4人乗りなんていうのも珍しくありません。
赤ちゃん抱っことかで後ろに乗ってるの。こわ~。

荷物の積み方、量なんかもハンパじゃありません。
曲芸か?って感じなのもあり。


市民劇場前です。
この日はコンサートみたいなのをやってましたが、皆さんバイクに乗ったまま鑑賞中。

私が街歩きをしたのは土日だったんですけど、
朝早くから夜遅くまで、いったいどこに行くのかってくらいたくさん走ってました。
どうも暑さをしのぐため(?)、行くあてもなくただ走り回っている人も多いようです。


ベンタイン市場前。
マスク女子です。日焼け対策もばっちり。
ここはロータリーみたいになってるのですが、ぐるんぐるんとすごい勢いで走り回ってます。


こんなんで道路は横断できるのかと心配になりましたが、
思ったよりスピードは出ていないので、コツをつかめばすぐ渡れるようになります。
でもやっぱり怖いです。特に夜。

よく事故が起こらないもんだなあと思ったんですが、
やっぱり事故は多いんだそうです。

空港へ帰るバスの中から、たくさん花が置かれている交差点を見たんですけど、
きっと現場…だったんでしょうね。

「フォー」なのか「ファー」なのか


Post-102ベトナム最終日、ホテルに空港へのバスのお迎えが来るまで1時間弱。
私にはひとつのミッションが残されていました。

それは「フォー」を食べること。

ホテルを18:00にチェックアウトして(レイトチェックアウトにしてました)、
その後ホテルスパでマッサージ。
60分で予約したつもりが、なぜか75分にされてて、終わった時に時計見てびっくり。
あわてて着替えて、外に出たのでした。

が、あいにく外はバケツをひっくり返したようなスコール :emojinaruto:

その中を足早に向かったのがホーチミン市内あちこちにある、
フォーのチェーン店、フォー24です。

フォーガー(鶏肉のフォー)を食べましたよ。

別添の香草など、ちょっとずつのせてみました。
香る系では苦手なパクチーは見当たらず、たぶんバジル?があったかな。
調味料はよくわからなったのと、そのまま食べてみて十分おいしかったので、
冒険はしませんでした。
2回、3回と食べる機会があったら色々試してみたと思うんだけど、今回はこれ1回でしたしね。

で、タイトルの「フォー」なのか「ファー」なのか。

ベトナムに行ったら、現地の人の発音をしっかり聞いてこようと思っていたのですが、
なかなかその機会がなく…。

唯一雑貨屋さんの店員さんが口にしたのを聞いたのみでしたが、
私には「フォー」と聞こえました。
ただ、その店員さんは日本語がうまかったので、日本人向けに発音したかもしれません…。

phoの「o」は、ベトナム語の表記では右肩にカンマみたいのと、上に「?」の上だけみたいのがくっついてます。
この文字は、日本語の「ア」の口をして「オ」を長く発音するんだそうで、アとオの中間的な感じみたいですね。

ベトナム語は母音が12あるそうで、母音が5つしかない言葉を話す日本人には
なかなか難しいようです。

日本語ネイティブの私には「フォー」と聞こえましたが、もっとたくさんの母音を持つ英語ネイティブの人にはまた聞こえ方が違うかもしれません。

結論:すでに定着しているということもあり、日本語の表記は「フォー」でいいのでは?

というのが個人的な意見です。


こちらは私が食べたお店ではありませんが、やはりチェーン店の フォー2000

フォー24の写真は土砂降りだったもんで撮れなかったんです…。ちなみにお店の情報はこちら → :emojion:

フォーだけでなく、春巻きやプリン、ベトナムコーヒーなどもあって、
観光客にはいろいろ頼めていいし、地元の人も結構いるようでした。
ファミレスっぽい雰囲気で、店員さんもきびきびしてて感じがよかったです。

クリスマスデコレーション@ホーチミン


Post-101おとといから脚がものすごくむくんでしまってパンパン。
こりゃ非常事態って感じだったんで、昨日急きょ仕事帰りに、
以前よく行ってた銀座のマッサージ屋さんで台湾式足つぼ受けてきました。

施術自体は心地よく、うとうと眠ってしまうほどだったのですが、
(痛いのは苦手なので弱めにしてもらったので)
あまりのむくみように40分ではまったく焼け石に水だったようで、
まだ若干むくんでおります(泣)。

で、銀座はいつも乗り換えるだけなんですけど、久しぶりに地上に出てみたら
すっかりクリスマスって感じになってますねぇ(気づくの遅すぎ?)。

意外だと思ったんですけど、ベトナムでも、結構クリスマスの飾り付けが見られましたよ。

トップ写真は、レロイ通りとパスター通りの交差点にあるサイゴンセンターのクリスマスデコレーション。白とシルバーとブルーで、涼しげです。
日本で見たら寒々しいかもしれないけど、暑い国なのでちょうどいい?


こちらも同じくサイゴンセンター。
なぜか青いサンタさん。Panasonicのデジカメと液晶テレビのプロモーションをしてました。
ベトナムは電化製品ほとんど日本製みたいです。


シルバーのツリー、シンプルでいいですね。
手前のパラソルがなんともミスマッチ。


こちらはグエンフエ通り、たぶんキムドーホテルかな。
国営デパート(サイゴン・タックス・トレードセンター)の近くです。


レロイ通り、サイゴンセンターからベンタイン市場に歩いていく途中で撮りました。
これもホテルかな。かわいらしい飾り付けですね。


こちらはドンコイ通り、シェラトンホテル前です。
ポインセチアに電飾。この電飾がなんと赤なんですよ。
夜になってライトアップされると、なんだか怪しげでおおっと思います。

最後です。

中央郵便局内のツリーです。
ここは19世紀末にフランス人建築家によって建造されたそうで、観光スポットになっているので、たくさんの旅行者が来ています。

ベトナムは確か仏教徒が多いと思ったんだけど、クリスマス好きなのは日本と同じなんですね。

NRT-SGN 機内食 :emojiknife:


Post-100今回は機内食のご紹介。

行きの成田-ホーチミンシティの機内食は↑の写真のとおり。
メニューは、かれい照り焼きとごはん

そうそう、今回はツアーだったので、特別機内食の予約は旅行会社に連絡しなきゃいけないのが面倒で、まーいいかってことで普通食です。

もう1つのメニューが、若鶏のカツレツ コルドンブルー風っていうので、
チキンは好きだから迷ったけど、コルドンブルー風っていうのがなんだか胡散臭かったので、かれいのほうにしてしまいました。

味はまあ普通ですね。

でもなんで、ごはんとパンとおそばが付くんでしょうね。
どれかが苦手は人がいるかもしれないからってことなんでしょうか…。

私はごはんのあとは、ちょっとでも甘いものが食べたくなるので、
このときはデザートがついてなかったから物足りなかったなぁ。

お次は帰りのホーチミンシティ-成田の機内食です。

メニューは、海老だんごと野菜のメコン風ヌードル
この1種類だけで、選択の余地はありません。

帰りの便は深夜発、早朝着だったので、機内食は朝食として出されました。

朝食にメコン風ヌードルってどうよ?っていうか、
そもそもメコン風ヌードルってどんな?って感じですね。

ちょっとごま油を使っているような感じで、セロリが入っていて、
味自体はおいしいんだけど、麺がくっついててほぐれづらいので食べにくい。

それにやっぱり朝食向きって感じじゃないですね。
ごま油臭が3時間ほどしか寝てない身にはきつく、味見程度だけ食べて終わり。
海老だんごはおいしかったけどね。

普通にサンドイッチとかのほうがよかったなあ。
ベトナムからの便なんだから、バイン・ミーだったらいいのに!

フルーツは非常においしかったです。

でもここでもまたおそばが…!
メコン風ヌードルにおそばという組み合わせは、ちょっと理解に苦しみますね。
麺類どうしじゃん。
でも食べたけど。

宿泊ホテル@ホーチミン


Post-99今回のベトナム旅行は個人手配ではなくツアーで、
航空券とホテルと空港~ホテル間送迎だけがついていて、あとはフリーというお手頃価格のものでした。

航空会社とホテルは指定で、ホテルの評判がネットの口コミ情報でまあまあ良かった(「値段のわりには」という但し書きつきですが)のがツアー選択の決め手となりました。

宿泊ホテルは、ホーチミン観光のメインストリートとなるドンコイ通り沿いの BONG SEN HOTELでした~。

ガイドブックなんかではエコノミーホテルに分類されてますので、もちろん期待などはまったくしてませんでしたが、これがまあなかなかいいじゃないのって感じで。


ベッドは小さいので、ここで友達と2人とかだとちょっと気まずいですが、1人なら十分です。
清潔感もあるし。


ベッドサイドのくつろぎスペース。
ミネラルウォーター2本が無料です(ただし、翌日の補充はなかったので1日1本かな)。


バスルームもまあまあ清潔。バスタブは期待してなかったけどついてました。
だけど、おそらくバスタブにお湯を貯めているうちに、お湯が冷たくなっちゃいそう…。
時間帯によっては、お湯がすぐぬるくなる(水に変わる)時があるみたいだったので。
あと停電も1回あったな。


これがエコノミーたる所以? 窓の外はこんな感じで、建物の内部の吹き抜けになっているので外は見えません。
でも口コミによると窓がない部屋もあるそうで、まだ窓があるだけマシなのか。どうせカーテン開けられないから一緒だけどね。


部屋の配置はこんな感じ。私が泊まったのは左下の417号室。
角部屋だったこともあり、まわりの部屋の音とかはほとんど気にならなかったです(時々上の階で物を落としたような音が聞こえたくらい)。
ただ、エアコン室外機の音は結構うるさかったです。


今回は朝食付きのプランだったので、到着日翌朝に食べに行ってみました。
口コミ情報では結構評判よかったんですが、そうでもないかな。
点心とかもあったけど、朝から食べる気にはなれず…。

ベトナムのヨーグルトは濃厚でおいしいと何かで読んだので、食べてみましたよ。
食べてみたら、確かに濃厚&甘い。そして、やたらゆるくて食べにくい。
もしかしてのむヨーグルトか?と思ったけど、ふたにスプーンですくってるイラストがついてるし。

2皿目です。

焼きビーフン風みたいな麺とジャパニーズスタイルパンケーキと書いてあった代物。
ようはお好み焼きでした。
食感がベトナム風お好み焼き(バイン・セオ)みたいに、ちょっとまわりがパリッとしていて、
日本のお好み焼きとはちょっと違うけどこれはこれでおいしかった。

口コミではその場で焼いてくれるオムレツがあるってことだったんだけど、
見当たらなかったなあ。サービス終了したのか。

あと、ガイドブックには日本語を話すスタッフがいるとあったけど、私の滞在中は見かけなかったと思います。でもこれはよくありますよね。集客のために書いてるのかなっていうことが…。

このホテルの良さは、なんといっても立地です。
まわりにはカフェや雑貨屋さん、レストラン、両替屋さんなどひと通りそろっているし、
街の中心地なので、買い物中に時々荷物を置きにもどったり、
ちょっと休憩するために、ホテルに戻ったりもしやすいです。

総合して考えると、なかなか良いホテルだったと思います。
個人で手配したら1泊5000円しないくらいなんじゃないかなあ(調べてないけど)。
もしまたホーチミンに来ることがあったら、泊まってもいいかなと思います。