モーハワイ☆コム

カテゴリー:2012年2月台北

ミッション完遂? 台北で素食


Post-3862月の台北旅のミッションは…

B級グルメ、素食(ベジタリアン)料理、スイーツ、
占い、お参り、足つぼマッサージ、スパ、ヨガ

最終日の3日目、果たせていないのは「素食(ベジタリアン)料理」のみ。
台湾は素食天国なので、専門のレストランにぜひ行ってみたかったのです。

このとき体調最悪(頭痛ガンガン)だったんだけど、すでにホテルもチェックアウトしちゃって休む場所もなかったので、スパでのマッサージの後に、勢いで行っちゃいました :emojidash:

寛心園というベジタリアンレストランです。
(お店のHP ※中国語です :emojion:

お店に着いたのは13:30に近いくらいの時間だったのですが、結構なにぎわい。
周辺にお勤めの方々なのでしょうか(この日は平日でした)。
台湾のランチタイムってどうなっているのかな?

お店に入った瞬間、ちょっと苦手な感じのスパイシーなにおいが…。
中華というより、エスニック風な感じです。

お腹空いてない(というより食欲なし)のに、
無謀にもセットメニューを頼む私(すでに判断力低下していたようです)。

大変申し訳ないことに、あんまり食べられなかった…。
お店の人は気を使ってくれて、持ち帰り用に包みましょうか的なことを言ってくれたのだけど、このあとはもう空港へ向かうだけなので…。

とりあえず、ざくっと料理の写真をご紹介。


サラダとスタミナジュースみたいなの。
ジュース、すごいドロドロ。本当にスタミナつきそう。
少食な人なら、これだけでお腹ふくれるかも。


健康によさそうなスープ。かなり薄味です。


メインの、野菜とカボチャの炒飯。
なんてひどい写真 :emojiface_koma: 絶不調でピントも合わせられなくなった模様。


デザートのフルーツとぜんざい。
ぜんざいはやっぱり甘さ控えめ、というか甘さなしなのかも。

味については、まともな判断がつかない状態でしたので、
詳しく書くことは控えさせていただきます。

体調が良いときにリベンジしたら、また書きたいと思います~。

このあとは、ホテルに預けていた荷物を取りに行きました。
薬を飲みたかったんだけど、持参していた常備薬をすべて飲み切ってしまっていたので、苦しまぎれに、ポーターのお兄さんに「具合が悪いんですが、レセプション(4F)に行ったら、
薬をもらえますかね?」とテキトー英語で聞いてみたら、お兄さん、控室みたいなところから薬を持ってきてくれました。
お水は?とか聞いてくれて、めちゃくちゃやさしい :emojispark:

最後に具合が悪くなっちゃったのは残念だったけど、
また来るぜー台湾!! と思ったのでした。

空港に着いてからは、レストランから漂ってくる牛肉麺のにおいにやられそうになりながら、
搭乗まで人があまりいない端っこのイスに倒れるように寝てました。
飛行機の中でも、機内食も食べずに爆睡 :emojizzz:
おかげで、羽田に到着の頃にはほぼ回復(治らなかったら、タクシーで帰らねばなるまいと思っていたので助かった…)。

そんなこんなで、2月の台北旅行記はこれにて終了です~。
今回、終わりよければすべてよしとはならなかったので、
またそのうち行っちゃうかもなぁ。

次はマンゴーの季節がいいかな :emojiface_settledown:

****************************************************************

いやいや、今日はすごい風でしたねー。 :emojinaruto:
首都圏では多くの会社で帰宅命令が出たようですが、
私の会社では、帰ってもいいよー的な(命令ではない)お達しが14:30頃出ました。
でも、私は仕事が終わらなかったのでそのまま居残り。
結局会社を出たのは18:00ちょっと前でした。

私が利用している電車は動いていたので、特に問題なく帰宅しましたが、
途中強風にあおられて、カサがおちょこに :emojiface_gesso:
が、次の瞬間に逆向きの強風が吹き付けて元どおり(笑)。
カサが壊れなくてよかった~。

宿泊ホテル@台北


Post-383先月の台北旅行で泊まったのは、忠孝敦化駅の目の前の神旺大飯店(サンワンホテル)というところ。
ここは初台湾のときにも泊まったので、2回目の宿泊でした。


外観は↑のとおり、まあステキなホテルって感じではないし、新しくもないけど、
設備はまあまあいいし、なにしろ駅の出口からすぐだから便利。
それに、早朝ヨガに行くスタジオにも近くて、歩いて行けたし。
(ただ、台北は日本語が通じるホテルが多いけど、ここはほとんど通じません)

このあたりは、ローカルなお店もありながら、ちょっとおしゃれなお店もある、
なかなかおもしろいエリアで結構好きです。

今回、当初2人での旅を予定してたのでツインを、それもたまたまお得な料金だったので
「デラックス」カテゴリーを予約してたのですが、直前に1人旅に…。
チェックインのときに、同行者が旅行をキャンセルしたので1人になった旨を伝えると、
じゃあ、ワンベッドでもいいですかってことで、デラックスツイン→デラックスダブルに変更。
結果、トップ写真のやけに広々としたお部屋になりました~。


なんか無駄に広いスペースでもてあまし気味 :emojiface_koma:


ソファに座ってみても、目の前ががらーんとしてるから、ちょっと落ち着かない?
普段は、コンパクトな部屋ばかり泊まってるからね…。


ウェルカムフルーツ(ちょっとさびしい内容)とお菓子。
おせんべいはこのホテルを運営している、お菓子メーカーの製品です。
お水のペットボトルも毎日2本もらえました。

バスルームはこんな感じ↓ いたって普通。




ただ、ここは朝食ビュッフェがいまいちだったのよねぇ。
まあ台北は朝ごはん食べるところに困らないからいいんだけど、どうせ食べないなら、朝食はなしでそのぶん少しでも安くなったほうがいいのにな。
(Hotels.comでは朝食なしの選択肢がなかった)

でも全体としては満足。おそらくまたリピートもありかな。

****************************************************************

台北最終日は、ホテルをチェックアウトした後、マッサージに行きましたよ。

HerbalHana retreat というサロンです(旅々台北のページ :emojion: )。

予約しようと思ったのが直前で、情報サイトからの予約は既に締め切りだったので、
ダメもとで直接メール(英語)送ってみたら、速攻返信来てOKでした。
セラピストの人は英語を話さないようでしたが、メールでやり取りをした人(オーナーかな?)がわざわざ出てきてひととおり説明してくれ、とても親切でした。


アロママッサージはわりと弱めな場合が多いけど、ここは私好みの強めにやってもらえ、
いと気持ち良し。
ローカルな足つぼのお店からしたらだいぶ高いんだけど、
使っているオイルもかなり質が良さそうだったので、納得のいく値段かな。
(足つぼのお店は、得体のしれないクリームを使ってるからな…)

そろそろ台北の旅も締めくくり。
が、このあたりでかなーり体調が悪くなっちゃったのでした :emojiface_coldsweat:
マッサージ自体はとてもよかったんだけど、血行がよくなったせいか、それまでかるーく感じていた頭痛がガンガンに。

それなのに、食欲もないのにお昼を食べに行っちゃったんですよねー。
今思えばこれが大失敗。

朝食にフルーツサラダ♪


Post-379一見アサイーボウルに見えちゃったりするかな?
いえいえ、これは台北での朝食、鮮乳酪水果沙拉(ヨーグルトかけフルーツサラダ)ですのよ。


台湾の千疋屋(…は言いすぎか)、百果園さんです(台北ナビのページ :emojion: )。


お店に入るとすぐに、色々な種類のジャムやドライフルーツがずらっと並んでます。
そういえば初台湾のときにこのお店に来て、マンゴージャムを買ったんでした。
ヨーグルトに入れて食べたけど、すごくおいしかったな~。
日本語表記は、日本人が書いてるようでちゃんとしてますね。


カウンターの後ろの黒板にも、メニューの説明などがていねいに日本語で書かれてます。


テーブルがフルーツの形になっててかわいいですね。


ここはジェラートもおいしいと評判のようです。
あと、マンゴーの季節のみですが、マンゴーかき氷が絶品らしい…。


赤いスイカのテーブルでいただきます~。

フルーツがたくさんでうれしいな。
いちご、オレンジ、キウイ、ドラゴンフルーツ、パイナップル、それに…プチトマト?!

プチトマトが入っているのは、日本人的にはえーって思うけど、
台湾人的には「アリ」なんでしょうね。

台北で晩ごはん :emojirice: 何にしようかな?


Post-3762日目の夕食タイムは全くノープランでした。
行天宮で占いの後、なに食べようかなあ?と。
とりあえずMRT :emojitrain: で移動。

で、行きついたのがこちら↓のお店。

魯肉飯がおいしいと評判の黄記というお店。
朝から晩まで屋台料理が楽しめる雙城街の近くです。

店頭にはお持ち帰りの人が並んでいるのですが、構わず中に入って席を確保。
当然相席です。
普通なら、お店の人が伝票(自記入式)を持ってきてくれると思うのですが、
ここは入口のところから自分で持ってくるのですね。
しばし席でじっと待ちぼうけしてたのですが、まわりを見回していて気づきました :emojisweat:

注文したのは魯肉飯と青菜(トップ画像)。
量は少なめだけど、その前に永康街でおやつしたばっかりだったからちょうどよかったかも。
でも通常なら、もう一品おかずを増やしてもいいかな。

味は評判どおり、おいしかったですよ~ :emojigoood:
魯肉飯は初台湾のときに士林夜市で食べて以来でしたが(鶏肉好きなので、鶏肉飯に行ってしまうことが多いので)、それとは全然味が違いました。
全体的に味がしっかりしてる。
青菜もおいしかったなー。


食後はこちらでドリンクをテイクアウト。
台北にたくさんある、50嵐というお店。
「いがらし」じゃないですよー。
読みは「うーしーらん?」かな。


梅果緑というのだったかな。
梅の味がさわやか。

以前も書きましたが、台湾のドリンク屋さんは氷の量と甘さの加減を選ぶことができます。
私は「氷なし」、甘さは少なめで注文することが多いかな。

このとき無謀にも中国語での注文を試みるも、
去冰(チービン)は通じたけど、少糖(サオタン)は通じなかったなぁ… :emojiface_koma:
やはりカタカナ読みでは限界がありますね。
でもメニューに文字が書いてあるので、それを指差しでOK。

そういえば、ここの店員のお兄さん、かわいかったな…。
台北の接客業の人は、かわいい男の子が多い気がする…はい、まったくおばさん的意見です(恥)。

台北で占い…その結果は?


Post-375関東地方、また揺れましたね…。茨城と千葉で震度5強。
私の住んでいるところは、発表では震度2でしたが、立っていても気がついたくらいだから、もっと揺れたような気がするなぁ。
それに結構長い間揺れていたので、またちょっと震災の後の余震の揺れを思い出してしまった。

東海地震やら首都直下型地震やら、この先ずっと、いつ大きな地震が来るのか心配しながら生活しなくちゃいけないんだなあと思うと気が沈みますね…。
いくら防災意識を高めても安心できるってもんでもないし。

そんなこんなで、現実逃避でポチッと…はすんでのところでまだしておりませぬ(笑)。

****************************************************************

さてさて、久々に台北旅行記に戻ってみますか。
永康街をぶらぶらしたあとは、じつは行天宮の近くで占いの予定があったのです。

行天宮っていうのはトップ画像のお寺。
主に商売の神様として有名らしいです。


占いの予約時間までちょっと時間があったので、中にも入ってみました。
旧正月からまだ10日ほどだったからかな、たくさんの人が参拝に訪れていました。
日本の初詣よりも、熱心にお参りしている人が多い印象です。

この行天宮の近くの地下には、占い横町なるところがあって、
小さな占いブースがたくさん並んでいるらしいのですが、
台北在住の友達Mちゃんによると、あやしげな人も多いとのことなので、
出発直前に日本から予約をしていたのです(占い横町ではないところ)。


紫の園命理(台北ナビのページ :emojion: )というところです。
お気軽にとあるけど、入口はお気軽には上れそうにないくらい急な階段でした…。

私はわりと打たれ弱いところがあり、辛口で今までの人生にダメ出しなどされたら立ち直れそうにないので、口コミで「やさしい」と評判の占い師さんにしてみました。

実際とてもおだやかでやさしい先生でしたよ。
日本語もばっちり(予約のメールも日本語で大丈夫です)。
生年月日と生まれ時間で占う紫微斗數という占いを中心に、手相も見ながらという感じでした。

気になる結果は…。
ナイショと言いたいところですが、少しだけ。

2012年は、私にとって色々なことが変わる年。
特に仕事で何か変化があるとのこと。

今年から4年間に結婚もあるかも(えっまじ?)。
相手は年上がおすすめ(15歳上くらいまで)。バツイチもありうる(ふーん)。

健康は胃に注意(確かに胃は弱い)。
台湾から帰ってすぐ受ける予定だった手術に関わる病気については何も言われなかったので、念のため聞いてみたら、問題なく済むとのことで、とりあえず安心。
(好意的にとれば、占いにも表れないくらい問題ないということか?)

そうそう、先生によれば、昨年「出会いがあった」らしいのですが、
そうなんですか?とこっちが聞きたいくらいで…。
どなたか心当たりのある方、申し出てくださーい :emojispeaker:

それから、私は働いて得るお給料の他に、大金が転がり込んでくる相があるらしい。
しかも複数回。
本当だったらこれはうれしいぞ。

そんな訳で、今日、銀行に寄ったら「グリーンジャンボ最終日」って言ってたので、
つい買っちゃった~。
当たればいいな。
ま、はずれても復興支援になるしね。

こんなところにマウイがっ


Post-372台北在住のMちゃんがラブラブのだんなさんのもとに帰って行った後は、
またしてもさびしく(うそ)一人旅の再開です。

MRTと徒歩で移動して、永康街をぶらぶら~。
そしてちょっと横道にそれてみたら、そこにはマウイが(笑)。

しかし、この看板の下にはお店のようなものは特になく、
マウイの正体はつかめぬままなのでした…。

永康街といえば、有名な小籠包のお店やマンゴーかき氷屋さんがありますが、
今回はすでに小籠包を食べてしまっていたし、マンゴーは時季じゃないので素通り。


このあたりも、さりげなくおしゃれなカフェなんかがあるんですよね。
こちら↑は、小自由というカフェ。
「小自由」って名前のセンスもなんかイイ。


いきなりライムの店ってすごいインパクト。
ライムジュースやライムビネガーを売っているお店のようです。


このドリンク屋さん(橘子工房)は、フルーツが具だくさんで結構好き。
今回は飲まなかったけど、以前「招牌鮮水果茶」っていうのを飲んだらすごくおいしかった。


この写真の左から2番目のやつね。

歩き疲れたので、ちょっと休憩~。

こちらも『anan』台湾特集に載ってた、小茶栽堂というお店です。
「ニュータイプ茶芸館」なんて紹介されてたけど、まあ普通にカフェって感じですね。
1階が茶葉(すべてティーバッグタイプで、容器もおしゃれなのでおみやげに最適)やお菓子の売場、2~3階がカフェになってます。




店内かなり狭いけど、おしゃれな内装です。
日本語ができる店員さん(美人)もいました。


『anan』に載ってた、ウーロン茶入りミルフィーユをお茶とともに。
こちらのお店は、お茶と洋菓子を合わせるのが特徴のようですよ。
(1階にはマカロンや色々なケーキ類がありました)

お茶は、店員さんに「何が合う?」と聞いたら、金木犀の香りつきウーロン茶を勧められました。暑かったのでコールドで。

ケーキは特にウーロン茶の風味は感じなかったけど、おいしかった。お茶も :emojigoood:
けど、ミルフィーユは食べにくいってことをつい忘れ…。ボロボロになるから、外で食べるときは注意が必要なのよね。家でなら気にせずかじりつくけど(笑)。

台北で赤い糸をもらう


Post-371よく結婚相手とは赤い糸で結ばれてるなんて言ったりしますが、
この伝説って台湾が発祥みたいですね。知ってました?

月下老人といわれる縁結びの神様にお参りし、赤い糸をもらうと、
恋が成就するとかなんとか。

まあ私の場合、もう手遅れって気もしますが、もしかするとなんてこともあるかもしれないのでお参りに行ってみることに。

でもどうやら、お参りのお作法みたいのがあるらしく、
間違ったやり方をすると効きめがないどころか悲惨な縁組みになるとか… :emojiface_coldsweat2:
心配なので、台北在住のお友達、Mちゃん(日本人)についてきてもらいました。

向かったのは、迪化街にある霞海城隍廟というお寺。
(台北ナビのページ :emojion:
ここは台北の人から「月下老人寺」と言われていて、縁結びの神様としては一番有名らしい。


恋の成就を願う人たちがたくさん来ています。
こういうのに来るのは女子ばっかりかと思いきや、結構メンズもお参りしててびっくり。

最初にお線香とお参りセットを買うんだけど、何が何やらよくわからず…。
Mちゃんが中国語でまわりのお参りに来ている人に聞いてくれてやっとわかった。
私ひとりじゃ絶対無理だったな。

中に入れば日本語ができるスタッフがいて、お参りの仕方(順番)を説明してくれるので、
その後はだいたい決まりどおりにできたかな。

最後にピンクのお守りをもらって終了。
トップ画像は『Hanako』の台湾特集のものなのですが、
これはまた別のお寺の赤い糸のようで、ジップロックみたいな袋に入ってますね。
私が行った霞海城隍廟ではお守りの中に赤い糸が入っているとのこと。
(見てもいいと言われたけど、効きめが薄れそうなので見てません)

さて、お参りの効果やいかに?
ちなみに、Mちゃんは行天宮で赤い糸をもらった後、台湾人のだんなさんに出会ったそうです。

お参りを終えるとちょうどおやつタイム。
なんか甘いものでも食べたいなーってことで向かったのはこちら↓

古早味豆花です(台北ナビのページ :emojion: )。

豆花でも食べようかと思って入ったのに、その日はちょっとあたたかだったので、
急に気が変わってかき氷を注文。


あずきと練乳のかき氷。
ふわふわ氷でおいしかったけど、もうちょっと冒険してみればよかったかな。

今回の小籠包はこれ!


Post-368台湾で食べるものと言ったら、やっぱり小籠包を挙げる人が多いのかな?
私もそんなに好き!というわけではないのですが、台湾に来たら1回は食べたいなあと思いますね。

今回行ったのは、小上海というお店(台北ナビのページ :emojion: )。
ここはクチコミが結構よかったので、以前から行きたかったけど、
MRTの駅からちょっと離れているのでなかなか行けなかったんですよね。

でも今回、パイナップルケーキを買いに行った微熱山丘のお店からわりと近かったので、ついでに寄ってみました。



まだお昼前だからガラガラ。
ここで小籠包を食べるために、朝ヨガ後の朝食はホテルで軽めにしておいたのです :emojiface_settledown:
お店はとてもきれい。日本語は通じませんが、日本語メニューはあります。


小籠包が来ました~! あつあつです。
湯気見えるかな。


ほれほれ、どうですか~?

こちらの小籠包は、ほたて貝柱でとったスープを使っているんだそうですよ。
(だからといって、味の違いはそんなにわかりませんけど…)
全体的な味はちょっと薄めかな?
濃い味好きな私にはちょっと物足りなかった。
しかし、小さいとはいえ、10個をひとりで食べるのはきつい…(でも完食)。


もうひとつ頼んだのが、こちらも評判の良い芝麻包(ゴマまん)です。


中身はこんな感じ~。
おいしいけど、ものすごく強烈なゴマ感を期待してたのですがそれほどでもなく…。
甘さも控えめです。
さすがに2個は食べれず、ひとつはお持ち帰り(でも結局食べれなかった…)。

次回はどこの小籠包屋さんに行こうかな~?

微熱山丘


Post-367台湾のおみやげと言えば、パイナップルケーキが有名だけど、
その中でも、微熱山丘(Sunnyhills)というお店のパイナップルケーキが今話題になってるっぽい。
というわけで、台北2日目にその話題のお店に行ってみました。


目指すお店は、MRT松山空港駅から徒歩15分。
所要時間だけ見ると遠いようですが、街並みをキョロキョロ見ながら歩いていたら
思ったより早く着きました~。


わりとのどかな、住宅街って感じのところに、突然おしゃれなお店が出現。





お店の中では、試食としてパイナップルケーキ1個がウーロン茶とともにいただけます。
太っ腹だね。



パイナップルケーキの断面はこんな感じ。
こちらのパイナップルケーキの餡は台湾産パイナップル100%。
甘さ控えめで、少し酸味があって、パイナップルの繊維が結構感じられます。

パイナップルケーキと言いつつも、実際は冬瓜を混ぜ合わせたものが多いのですが、
このパイナップル100%というのが最近は流行りのようです。
(冬瓜が入っているものも、それはそれでおいしいんですけどね)

全体としては、とてもおいしいんだけど、1個がちょっと大きすぎるかなーという気も。
もう少しだけ小さめにして、もう1個食べたいけどどうしようかなと思えるくらいのほうがいいように思うんですよね。微妙ですが。


お値段は、10個入り350元、15個入り525元、20個入り700元。
1個当たり35元だから、だいたい90円くらい?
結構いいお値段なので、味の違いのわかる人へのおみやげにするのがいいかな。

こちらのお店は、昨年シンガポールに出店、そして近年中に東京にも出店予定があるとか。
手軽に買えるようになるのが、うれしいようなそうでもないような…。

台北のセブンイレブンでこれが気になった~


Post-366台湾は日本に劣らずコンビニ天国。多いのはセブンイレブン、ファミリーマート、
それに台湾資本の萊爾富(Hi-Life)とか。

昨日、セブンイレブンでシートパックを買ったことを書いたけど、
そのとき、もちろんシートパック以外の商品もじっくり偵察 :emojieye:
とくに食べ物関係。

日本でおなじみのものも多いけど、台湾独自のものがやっぱりおもしろい。
その中で気になったのがトップの写真~。

これって、あのコールドストーンクリーマリーのカップアイス?! 日本にはないよね?

フレーバーは4種類。
愛戀巧克、観音似見、香奶巧酥、焦糖美苺。
漢字だけ見て、内容がわかるようなわからないような…。

中国語だけど、COLD STONE CREAMERY TAIWAN (酷聖石冰淇淋) のHPに
説明がありました。

わからないながらも見てみたら、「観音似見」っていうのがとても台湾らしい感じでおもしろい。
「鉄観音アイス、金木犀の花のシロップ煮、レーズン」ですって!!
(イメージで訳したのでほんとに正しいのかは自信ないけど…)

あ~これ食べてみればよかったな。
本当は、ホテルに帰ってお風呂上がりにアイスを食べたかったんだけど、
ホテルの部屋の冷蔵庫には冷凍機能がなかったから諦めたんだよね。

次回行くまでになくなってませんように~。

で、アイスの代わりにお風呂上がりに飲むために買ったのがこちら↓

黒面蔡(旅々台北のページ :emojion: )の鮮桔緑茶です。
(ただし、私が買ったのは旅々台北で紹介されているのとは別支店です)

かんきつ系のさわやかさにちょっと緑茶の渋みが加わっておいしいです。
持ち帰りのドリンク屋さんでは、結構これを買うことが多いかな。


おまけの肉まん祭(笑)。
上記のドリンク屋さんの近くで撮りました :emojicamera:
人が通るところをあわてて撮ったからボケボケ~。