モーハワイ☆コム

カテゴリー:2011年7月台北

パイナップルケーキ


Post-239台湾みやげの定番とも言える、パイナップルケーキ(鳳梨酥)。
私も大好きなので、台湾に行くと必ず買って帰ります。
もちろん、家族や同僚へのだけでなく、自分で食べる用にもね。

今回は、おみやげ用に2種類のパイナップルケーキを買いました。

ひとつめは、トップ写真の佳徳糕餅のもの。
こちらのお店は、パイナップルケーキで色々賞をとっているみたい。

前から食べてみたいと思っていたのですが、お店がちょっと不便なところにあるので、
なかなか行けませんでした。
今回行ってみたら、南京東路駅から延々あるいて30分くらいでやっと着いた…。
暑かったので、かなり疲れました~(帰りはさすがにタクシー利用)。

さて、購入したのは、定番パイナップルケーキとクランベリーケーキ。

この写真はクランベリーケーキのほうです。

台北にいる間に1つ食べてみたのですが、これがかなりおいしい。
パイナップルケーキもそうですが、中身のあんが甘さ控えめで、まわりの生地もサクサクした感じ。
パイナップルケーキは職場用にたくさん、クランベリーは自分用にバラで2個だけ買ったのですが、クランベリーももっとたくさん買ってくればよかったな。
(でも賞味期限がそんなに長くないんですけどね)

もうひとつは、Amo 阿默典蔵蛋糕というお店(チーズケーキ屋さん)のパイナップルケーキ。


こちらのお店には、金レンガのパイナップルケーキと黒レンガのパイナップルケーキの2種類があるのですが、私が買ったのは黒レンガのほう。

パイナップルケーキといっても、通常はパイナップルあんだけでなく、冬瓜のあんも混ぜられていることが多いのですが、黒レンガのほうはパイナップルのみとのこと。
対して金のほうは通常のパイナップル+冬瓜ということらしいです。


金レンガもおまけで1個もらえたので食べたのですが、黒レンガのほうが中身のあんがかなり繊維っぽい。そしてちょっと酸味が強めです。

金レンガのほうはまわりの生地にかなりバターがきいている感じ。
どちらもおいしかったです。

最近、この「パイナップルだけ」のパイナップルケーキが結構流行っているみたい。
なかでも、微熱山丘というお店のが人気のようです。

でも、こちらのお店もかなり不便なところにあるんですよねー。
事前にメールでオーダーして、宿泊ホテルで受け取ることもできるようですが(BIC方式?)、そこまでしなくてもいいかーという感じではあります。

今後、東京にお店を出す予定があるらしいので、ちょっと楽しみなのですが、
でもこちらで食べれるようになっちゃったら、ありがたみが減るかな…。

他にも、過去にいろいろなパイナップルケーキを買いましたが、
リピートしているのは犁記餅店新純香あたり。

特に新純香は、私はかなり気に入ってます(結構甘いけど)。
ただ、こちらはお茶屋さんなので、パイナップルケーキだけでは買いづらいのが難点。
お茶もおいしいからいいんですけどね。

パイナップルケーキ、おいしいのでついたくさん食べたくなりますが、
カロリーが結構高いので要注意 :emojipig:
1個200kcalなんてのもありますからね~。

それにしても、ケーキというよりクッキーに近いと思うんだけど、
なんで「パイナップルケーキ」なんでしょうね?

宿泊ホテル@台北


Post-238結構直前になって決めた今回の台北旅行。
泊まるところは、最初は以前に泊まったことがある、台北駅近くのホテルにしようと思っていたのですが、直前だったので満室 :emojimark_full:

じゃあどうしようかなーと、ホテル予約サイトを検索していると、
泊まってみたいなーでもちょっと高いなと思っていたホテルがキャンペーン中のようで、
2泊すると1泊分無料ってなってた!

その上、ちょっと前にメルマガでクーポンが送られてきていた Hotels.comから予約したので
さらに10%オフ(ちょっとですがANAマイルもつきます)。

1泊分7800円くらいで泊まれたのでかなりお得な感じでした。
(ただし、返金不可、朝食なしのプランです)

しかも、今回松山空港利用で、MRT松山機場駅から乗り換えなしで4駅め、
大安(ダーアン)という駅から徒歩2~3分という近さで移動もラクラク。

我ながら、今回のホテル選択は大正解 :emojibulb: だったなーと。

ホテルの名前は、パーク台北 (台北美侖大飯店)です。



キングサイズベッド、大きいです。
縦にも横にも寝れます。


デスクの下には冷蔵庫があります。
そして、左側には液晶テレビ。


クローゼットの中はこんな感じ。バスローブもあり。
無料のお水は毎日2本。翌日もきちんと補充されてました。




バスルームはシャワーブースと浴槽が分かれているタイプ。
私は普段は必ず浴槽につかるのですが、今回の旅行中は2晩ともあまりにも満腹の状態でホテルに帰っていたので、シャワーだけで済ませてしまったけど、ちょっともったいなかったな。

シャワーはお湯の出も排水も問題なく、使い勝手もよかったです。
シャワーカーテンがないから、気になるにおいもないし。




アメニティはいたって普通ですが、コンディショナーもあるところはポイント高い。
(結構シャンプーだけのところって多くないですか?)


トイレはウォッシュレットつき。

こんな感じで、なかなか居心地のいい部屋でしたが、
なんといってもよかったのは防音がわりとしっかりしていたこと。
そのためか、部屋のドアはずっしりとかなり重かったです。
上階からドンッと聞こえることもありましたが気になるほどではないし、隣室や廊下からの音は全然聞こえませんでしたよ。

あとセキュリティも、カードキーがないとエレベーターの階数のボタンが押せないので、
しっかりしているんじゃないかな。


そして、ベッドサイドにはこんなカードが…。
「この部屋は私が清掃いたしました」と印刷されていて、担当者がサインをしています。

このホテル、かなり気に入ったので、台北に行った時の定宿にしたいくらいなのだけど、
料金が通常だとちょっと高いかなー。

ちなみにこちらのホテル、「台北101ビュー」のお部屋もあります。
私が泊まったのは、安いプランだったので反対側の部屋でしたけどね。
でも街を歩いている時、台北101はしょっちゅう目にしていたので、わざわざホテルの部屋で見なくてもいいかな。

ただ、大みそか→1月1日に台北101で花火があるようなので、そのときはきっと人気なんでしょうね。

食べたいものが多すぎて…その2


Post-237台北では観光らしいことは全くせず、食べて歩いて食べて歩いて……。
あとは朝ヨガとマッサージ。

2時間弱のヨガ×2日とたっくさん歩いたので、食べた分と差し引きゼロでしょうか。
…いや、ちょっとプラスかな?(もちろん食べるほうが)

トップの写真は、こちらもリピートした鶏肉飯。
これは今後も毎回食べに行くだろうなっていうぐらい好きです :emojigoood:


梁家嘉義鶏肉飯というお店です(台北ナビの記事 :emojion:

昨年は忠孝新生駅から20分くらい歩いて、行くのが大変だったけど、
今年は新しいMRTの駅(松江南京駅)が近くにできていて、行くのがラクになったのでよ
かったです。

一見、観光客には入りづらそうな外観ですが、勇気を出して入ってみると、
店員さんはやさしいので大丈夫です。
今回はいなかったけど、昨年はカタコトの日本語が話せるおばさんが一人いました。

入ってすぐのところで、好きなおかずを選んで皿に盛ってもらい、
振り返ったところでご飯をよそってもらいます(魯肉飯か鶏肉飯)。
私は鶏肉が好きだから、いつもつい鶏肉飯にしちゃうけど、魯肉飯もおいしいらしいですよ。

席に着くと、店員さんが「スープはどうですか」と(たぶん)聞いてきます。
私はスープ飲むとすぐおなかいっぱいになっちゃうので(香港で学習)頼みませんでしたが、地元の方々は皆さんスープも食べてました。
もしかすると、ごはんとみそ汁みたいな感じなのかも。

お次は、台湾に行ったらやっぱり?…小籠包ですね。
こちらも昨年に引き続きの、明月湯包です(台北ナビの記事 :emojion: )。


小籠包の店、新規で挑戦したいところもいっぱいあるんだけど(ハワイにもできた京鼎樓とかね)、旅も後半で疲れてきたので(っていっても2泊3日だけど)、ホテルから比較的近めだし、おいしいってわかってるしってことで…。


今回、日本人と相席になっちゃってなんだか気まずく、写真を撮りそびれ :emojiface_koma:
昨年の写真で失礼します。
それにしても、今年は日本人多かったな。

昨年は空心菜の炒め物を一緒に頼みましたが、あまり好きな味じゃなかったので、
今回は乾拌麺っていうのを頼んでみました(どんなものかよくわからなかったけど、麺が食べたかったのであてずっぽうで)。

そしたらこれが正解 :emojibulb:
さっぱりした塩ラーメン?みたいでおいしく、小籠包と一緒に食べるには、味も量的にもちょうどよかったです(写真なくてスミマセン)。

ここも毎回行きたいお店ではあるけど、次回こそは新規開拓もしたいかなー。

最後に、またまた食後のデザート。

鮮芋仙(お店のHP :emojion: )の台湾デザートをお持ち帰り~。

メニューには芋圓4號と書いてありました。メインのもちもち芋圓(イモだんご)に加え、芋頭(タロイモを煮たもの)、あずき、タピオカが入ってます。

たぶん、かき氷が入っていたんだと思うのですが、さんざっぱら持ち歩いて、ホテルに着いてからも冷蔵庫にしばらく放置していたので、ほぼ溶けてました :emojiface_koma:
でも、味(黒糖の味?)がしっかりついていたので、水っぽくはなかったです。

タロイモはゴロッとしていて、見た目はどうなの?って感じですが、食べるとほのかに甘くておいしい~。食べたら健康になりそうです。

こんな感じのなんだか懐かしいようなデザートって、日本だとお年寄りが好んで、若い人はあまり食べないイメージだけど、台湾だと、こういうデザート屋さんには若い子がいっぱい。
男の子も結構多かったです。

そういえば、香港でも甘いもの屋さんで結構男の人を見たな。
男で甘いものが好きなのは恥ずかしいっていうのは、日本人独特なのかしらね。
(日本でも、いまやあまりそういうのないのかもしれないけど…)

食べたいものが多すぎて…


Post-236今回の台北旅行は2泊3日。ほんとあっという間です。
つまり食事の回数も少ない。

まだ行ったことのない気になるお店はたくさんあるし、
前に行ったおいしいお店にもまた行きたいし…。
どこに食べに行くか、大いに悩むのであります。

そして、日数が短いがゆえに、食事で失敗したくないという気持ちが強く働き、
結果、保守的な行動に出てしまいます。
前に行ったことがあって、おいしいってわかっているところなら、とりあえず安心ってことで。

前置きが長くなりましたが、
そういうわけで、今回の旅行で行った食べ物屋さんはほぼリピートです。

トップの写真は、ちょうど1年前にも行った東一排骨總店(お店の情報 :emojion: )ってところの鶏腿飯セット。

メインの鶏腿もおいしいんだけど、実はセットでついてくるご飯がすごくおいしいのです。
もしご飯だけで注文できるならそうするかも。


なんだかちょっとあやしいような店構え。
店内も、昭和というかなんというか、独特な雰囲気です。

まるで場末のカラオケスナック(行ったことないけど)のような内装で、
クールファイブ的な音楽が大音量でかかっています。
お店のそこここにテレビモニターがあって、いろんなテレビ番組が流れてます。

そして店の真ん中には水槽があり、全くおいしそうには見えない白くてぶよぶよした魚がたくさん泳いでます(謎)。

客の人数に対してやけに店員(おばさん、おじさん)が多く、お客さんが入店するのを待ち構えるようにレジのところにずらずら待機してます。

そういうのを観察するのもまた楽し。

昨年は鶏肉飯食べたあとにこの店に来て、同じものを食べて完食したのに、
今回はお腹がいっぱいになりすぎて、食べきれず。無念…。


ぽんぽんのお腹を抱えて店を出ると、近くの公園にはこんなおっちゃんワールドが。
麻雀でもやってるんでしょうか?

さて、腹がいっぱいになりすぎてあまりに苦しいので、
宿泊していたホテルからちょっと離れているけど、歩けない距離でもないかなと
(地図を見て)思った夜市まで、腹ごなしに行ってみた。
そしたら結構遠くて、30分近くかかっちゃったんだけど。


臨江街夜市っていうところです。


いろいろ屋台が出てます。
中にはなんだかよくわからないものも…。


ライチが山盛り~。
マンゴーだけでなく、ライチもこの時期が旬なのですね。


かき氷の屋台も。

しかしここの夜市、結構人気みたいですごい人で、なかなか前に進めない。
それに、腹ごなしのつもりだったけど全然お腹が空いてこないし(当たり前)、
かえって苦しくなってきちゃったので、屋台じゃない普通のお店で飲み物だけ買って、
また30分近くかけてホテルに戻ったのでした。

でも、やっぱり食後のデザートを忘れてはなりません。
この日のデザートは、鶏腿飯を食べた店の近くの于記杏仁豆腐(お店の情報 :emojion: )というお店でお持ち帰りした杏仁豆腐です。


ホテルに帰ってシャワーを浴びたら、すこーしお腹に余裕ができたので、
食べてみました。
カップに入った杏仁豆腐に、別添の杏仁ミルクをかけていただきます。

味は結構甘さ控えめ。
たぶんこれが本場の味なんだろうけど、ちょっと物足りないかなあー。
ワタシ的には、日本のコンビニの杏仁豆腐のほうがおいしいと思ってしまった…。
でも、このお店の杏仁雪花冰(杏仁ミルクかき氷)はそのうち食べたいなあと思ってます。

ちなみにこちらの杏仁豆腐は、松山空港内の食べ物屋さんでも食べられるようです(帰国時に、売っているのを見ました)。

台北永康街を歩く


Post-235今回の台北旅行、それはそれはたくさん歩きました。
台北の街って、まだ地下鉄網がそれほど発達していないので、
行きたいところが駅から結構遠いってことが多い。

永康街もそう。
今回、私は中正紀念堂駅から歩きました。15~20分くらいかなぁ。
(いまMRTの新しい路線を作っていて、永康街の近くにも駅ができるようです)。

暑かったけど、昨年雙連朝市で買った晴雨兼用傘さして歩いてたら、そんなに苦じゃなかったです。たぶん、東京のほうが高いビルが多くて風が通らなかったりするので、不快指数は高いかも。

トップの写真は、永康15という有名なマンゴーかき氷屋さん(お店の情報 :emojion: )。
昨年初めまでは冰館という名前でしたが、急に閉店して(オーナー一族のゴタゴタが原因らしい?)、しばらくしてからリニューアルオープンしました。

私は冰館時代に一度行ったことがあるのですが、冬だったのでフレッシュなマンゴーではなくゼリーだったこともあり、特にどうという感想はなく…。
昨日のブログに書いたように、今回はマンゴーかき氷は別のお店で食べました。

その前にちょこっと食べたのが、こちら↓。

葱抓餅というものです。


天津葱抓餅というお店で買いました(お店の前でおばちゃんが焼いてます)。

これがふわっとしておいしかったなぁー。
お店のおばさんが、これをかけるんだよーと教えてくれた、ソルトペッパー(?)がよく合いました。


こちらは小龍包で有名な鼎泰豊ですね(お店の情報 :emojion: )。
ちょうどお昼どきということもあり、混んでますねー。

永康街のお店は本店で、他の支店の前も通ったけど、いずれも行列ができてました。
やっぱり人気なんですね。
私は以前食べて、あまりいい印象はないんですけどね…。

永康街をぶらついた後は、今度は忠孝新生駅まで歩きました。
こちらも15~20分くらいかかるのかな。
台湾はタクシー安いから、乗っちゃえば楽でいいんだけど、外国でひとりだとちょっと不安だから、なるべく使わないようにと思ってるんですよね。
それに、歩くほうがなんとなく街の全体感がわかるので、好きなのです。


この日差し、ギラギラ感、写真でわかりますかー?
遠くに見えているのは、台北のランドマークタワー、台北101です。

マンゴーふたたび


Post-234先月の香港に引き続き、台北でもマンゴーデザートを満喫してきましたよん :emojiheartsmall:

まず、到着日にホテルにチェックインしてすぐ出かけたのがこちらのお店。

芒果恰恰冰館(Mango Cha Cha)(お店の情報 :emojion: )です。


店内はこんな感じでマンゴーカラー。
たくさん並んでいるビンは、マンゴービールだそうです :emojiface_gesso:

お店に入るとご主人が、「私はマンゴー、家内はチャチャ」と自己紹介してくれます。
ちょっとついていけないノリだけど…。
どうやらお二人の名前が店名の由来のようです。

こちらでは、奥さんお勧めのマンゴー黒糖かき氷を食べましたよ。

マンゴーがごろっごろ。
やはり旬なので、甘くておいしい~です :emojiface_glad:
かき氷にかかっている黒糖シロップはちょっと甘めかな。
それぞれはおいしいけど、マンゴーと黒糖はあえて合わせなくてもいいかもね…。
でも、おいしかったです :emojigoood:

そうそう、こちらのお店は冬(マンゴーの季節以外)でもマンゴーかき氷が食べれるそうです(他のお店は、マンゴーゼリーを使ったり、マンゴー使用のメニュー自体がなくなってしまうところが多いです)。
ただ、冬は冷凍しておいたマンゴーを使うとのことなので、味はどうなのか…?
今度冬に台北に行くことがあったら、試してみたいです。

お次は2日目に行った永康街で食べたマンゴーかき氷。
永康街といえば、ガイドブックにもよく載っている有名店がありますが、
あえてそこではなく、こちらのお店へ…。


思慕昔(Smoothie House)です(お店の情報 :emojion: )。
店名は「スムージー」の音を漢字にあてたものだそうで、店名のとおり、おいしそうなスムージーもありましたよ。


外のカウンターで注文すると、番号が書かれた紙をわたされ、
出来上がると店内の電光掲示板に番号が表示されるので、
受け取り口に取りにいくというシステムです。


「新鮮芒果雪花冰」っていう名前だったかな?
「雪花冰」っていうのは台湾独特の、ふわっふわのかき氷。
日本で食べるシャリシャリのものを想像してはいけません。

マンゴーももちろんおいしいんだけど、このかき氷がまるで綿みたいで、初めての食感でした(トップの写真はこの雪花冰のアップです)。

量が多いから、最後のほうは口の中が冷たくなりすぎて味がわからなくなっちゃうのがちょっと残念だけど、大満足の一品です。
次に台北に行ったときも、絶対行きたいです!

本当は1日1マンゴーのつもりだったんだけど、今回はこの2つで打ち止めです。
食べたいものは限りなくあるけど、胃袋には限りがありますのでね…。

でも本当にこの時期のマンゴーはおいしいので、
これからこの時期の台北行きを毎年恒例にしようかなーとたくらんでいます :emojiface_settledown:

羽田-台北松山 JAL機内食 :emojiknife:


Post-232往路の機内食です。
これが“空弁”ってやつですか。
普段JALにはあまり乗らないので、初めて遭遇しました。
見た目はきれいだけど、ちょっとさびしい感じ…?


華いろ松花堂御膳というシリーズらしいです。
ちなみにメニューは1種のみで、選択の余地はありません。


裏にはこんなふうに品書きが。

味はべつに普通なんだけど、おかずが全て冷たいです :emojiface_koma:
冷蔵庫から出したてみたい…。

トップの写真の左側の茶色い包みには青じそご飯が入っています。

ご飯だけは温められていました。
また、欲しい人には紙コップにおみそ汁を入れてもらえます。

デザートはアップルシャーベット。
これが非常においしくなかった :emojiface_sad:
香料がかなり人工的でやたら甘ったるい。
甘いもの好きな私だけど、ちょっとこれはいただけない…。
全部食べたら気持ち悪くなりそうだったので、珍しく残しました。
どうせ台北着いたらおいしいもの食べるから、無理して食べることないしね。

JALホノルル線に新しく導入された、BABBIとコラボのヨーグルト味ジェラートだったらよかったのになぁ…。

羽田-台北間は飛行時間が短いので、食事も飲み物もデザートも全部いっぺんに配られるんですねー。
ご飯食べてるうちにシャーベットが溶けるんじゃ?と心配しましたが、大丈夫でした。
もとが相当カチコチだったようです(笑)。


復路は普通の機内食でした。
メニューは、豚肉と玉ねぎの炒め物、中華風味、素麺。
こちらも選択の余地なしです。

味は、往路の空弁よりはおいしかったです。まあ、見た目どおりの“ザ・機内食”な味ですけど。
デザートのハーゲンダッツのバニラがポイント高い。

ワタクシ的には、機内食のデザートはアイスであって欲しいいんだよなぁ。
できればバニラ以外がいいかな。

最近ANAでは、ヨーグルト、プリン、ゼリーが多い気がして、ちょっとガッカリなんですよね。
2年前の初ハワイの時は、アイスが出た気がするんだけど…。

帰ってきました


Post-231あっつい台北から帰ってきました。
台北出発時の気温、37℃ :emojiface_gesso: だったそうで、
週末の東京はそんなに気温が高くなかったようで、ちょっと損したような気もします…。
でも楽しかったからいいけど!

写真は、行きの飛行機の中から撮った :emojimountain:
羽田空港を離陸してすぐに、雲の上から頭を出しているのが見えました。

やっぱり日本人にとっては、この景色は特別なものという気がします。
この雄大な富士の姿には、自分が日本人であることを強く意識させられます…。

****************************************************************

さて、今回の台北旅行は初めて羽田-台北松山便を利用しました。
今まで利用していた桃園空港は、台北市内まで車で1時間くらいかかっていたけれど、
松山空港は市内中心地のすぐ近くでとても便利。


空港を出るとすぐに電車(MRT)の駅が目の前です。


私が今回泊まったホテルの最寄り駅は、松山機場駅から4つ目だったので、
空港を出てから20分くらいでホテルに着いていたんじゃないかな。
これだけ近いと、もう成田-桃園便は利用する気が起きない。

ただ、松山空港はついこの間まで国内線専用の空港だったので、
かなりこじんまりしてます。


チェックインカウンターもこんな具合。


中に入っても、店が少なくて、ガラーンとしていてさびしい…。


食べ物屋さんも、小さいのが2つだけ。
スタバ的なカフェがあるかなあと思ったけど、期待がはずれました。
いつも通り2時間前には空港に着いたけど、時間をもてあましてしまいました。

次回利用する時はもっとゆっくりにしようと思ったけど、
やはり国際線なので、あんまりぎりぎりになるのも怖いしね。

もうちょっとなんとかならないもんかなー。

ちょっと行ってきます :emojiairplane:


Post-230明日から、2泊3日のショートトリップ~ :emojiairplane:

先週末に、仕事休めそうだなと思ったので上司に打診→OK出たので
急遽行くことにしました。
航空券買ったの月曜日(出発4日前)。

:emojifinger_one: の写真、搭乗券に赤い鶴丸さま。
そう、ANAマイラーの私には珍しく、今回はJALで飛びます(ANAは高かったの…)。
そして、お初の羽田からの出発(到着はあるけど)。
なんか間違えて成田行っちゃいそう。

行き先は、写真で見えるかな。
台北 ですよ :emojispeaker:

向こうでは、あれ食べて、あれ食べて、そしてまたあれ食べて…。
食べることばっかり考えてます :emojiface_glad:

1年ぶり、4回目の台湾。楽しんできます~ :emojibye: