モーハワイ☆コム

カテゴリー:2010年7月台北

ベジタリアン機内食(成田-台北)


Post-42ハワイモードに戻すぞ!!と言いながら、
台北旅行のときの機内食 :emojiknife: をご紹介し忘れてたのを思いだしました。

今回もベジタリアンミール(乳製品・卵あり)にしてみましたよ。

まずはトップ写真の往路。
ANAのベジミールはおいしいと友達から聞いてたので、ちょっと期待してたんですが、
これははずれ :emojiarrow_curvedown:

ご飯がねー、なんとも。タイ米?なのかな。
これが当然パッサパサでして、ピラフなんでしょうけどなんの味もしない…。
横の付け合わせは普通でした。いんげんとトマト味の何だったか忘れたけど。
前菜やサラダ、パン、ヨーグルトは普通に食べれました。

全体的には不満ですが、台北に着いたらおいしいもの食べるから、
機内食はまあこんなもんでもよいといった感じ。

そして復路。

またパサパサご飯だったらどうしようと思ったけど、パスタだったのでひと安心。

が!!このパスタ、バジル風味かと思いきや、それっぽいけどなんだかよくわからない味付け。
おいしいとは言いがたいですが、往路のご飯よりは食べれました。
パスタの横についてたきのこはおいしかったです。
笑う牛さんのクリームチーズもうまし(しかし、これがあるならクラッカーが欲しいな)。

そしてデザートはクランベリーゼリー。
まあ見た目通りの味なんですが、ふとお隣の普通食の方のデザートを見ると、
なんとマンゴープリンっぽい代物。
あっちのほうがよかったなあと横目でちらちら見ちゃいました。

この前、香港行った時のJALのベジタリアンミールのほうがおいしかったかな…。

今度のハワイ旅行の機内食は、またしても性懲りもなくベジタリアンミールを指定。
往路は今回と同じ「乳製品・卵あり」ですが、復路は「ベジタリアンヒンズーミール」にしてみました。

カレーだったらあのパサパサご飯は許せるかもね。
どんなかなー?

台北最終日~帰国


Post-40とうとう帰国日。
ですが5時起きでヨガに行きましたよ。
この日は日本から先生が来ていてワークショップをされていたので、それに参加しました。

ちょっと飛行機の時間ぎりぎりかも…思ってたけど意外と余裕があり、
トップ写真のような朝食を調達して食べる時間がありました。

2日目に食べて感動したサンドイッチ、この日はありました。
最終日にまた食べれてよかった~。
このサンドイッチ、本当においしいので日本にも欲しいなぁ。
中身は一体何なのか?

マンゴーはスーパーで2個入りを買ったものの片割れ。
これもホントおいしかったなぁ~。台湾に来た甲斐があったというものです。

そして、ホテル近くのコーヒーショップで買った、オレンジレモンティー。
これもおいしい!!
漢字だと、鮮桔茶と書いてあったかな?
レモンの味がして、でもちょっと梅っぽい?ような感じもあって、
ヨガで疲れた体に心地よくさわやかな酸っぱさでしたー。

朝食の後はパッキングしてチェックアウトして、
帰りはリムジンバスではなく、手配していた車で空港へ。
車窓から、台北の街に :emojibye:


あー、とうとう空港に着いちゃいました。
(この写真、何度も撮り直したのに結局ピンボケ…)

飛行機は順調に飛び立ちましたが、結構南寄りを飛んでいたのか、
帰りは日本列島がなかなか見えず…。


やっと見えたどこかの島(あとで調べたら、新島のようです)。
写真を撮ってたら、CAさんが富士山が見えてますよーと教えてくれました。

その時はちょうど私の席からは翼がじゃまになっていたようで見えず、
しばらくしてからこれかなーと。

遠いな~。


そして、房総半島をまわりこんで旋回して、間もなく成田に到着です。

次の旅行は9月、とうとうハワイです :emoji!!:

最後の夜<3日目その3>


Post-39両喜号魷魚羮
台北市廣州街245号


淡水からの帰り道はMRTの中で爆睡 :emojizzz:
ほどよく目が覚めたあたりで台北駅に着き、乗り換えて龍山寺駅へ。

ここは龍山寺という台北最古のお寺(赤い糸で有名な縁結びの神様、月下老人様もいらっしゃいます)が有名ですが、今回の目的は晩ご飯です。


やっぱりここも同じような屋台ですねー。

まずはトップ写真の炒米粉(焼きビーフン)を食べてみました。
注文のシステムがよくわからず、間違えてテイクアウトのところでうろうろしていると、
店員のおばちゃんがジャパニーズ?と聞いてくれて席に案内してくれました。

上にのっているのがたぶんフライドガーリックだと思うのですが、
これがアクセントになっていておいしいです。

焼きビーフンはサイズが大と小があるようなのですが、
おそらく日本人で女ということで、自動的に小になったようでした。
でもおいしかったから大でもよかったなー。

もちろんまだまだ物足りなかったので、
このあたりで有名な胡椒餅のお店に行くことに。

福州元祖胡椒餅
台北市和平西路3段89巷2弄5号


非常にあやしげな、こんな路地の奥にそのお店はありました。
番号の札を持って待っている人もいて、順番待ちのシステムがよくわからなかったのですが、指示されたとおりおとなしく列に並んでいると、私の順番がきて買うことができました。


これまたピンボケ写真でお恥ずかしい…。

これは焼き立てのあつあつを食べるのが一番おいしいに違いないと思い、
駅前の広場みたいなところの片隅でかぶりつくも、中身が尋常じゃない熱さ!!
気をつけないと肉汁も噴き出します。

さらに、まわりの皮がふんわりしているのかと思いきや、
結構カリカリに焼けていて硬く、食べにくいったらありゃしない。

そうこうしているうちに雨が降ってきたり、
近くでおっちゃんが立ち○○(!!!)を始めそうな
あやしい動きを始めたので、食べるの中止ですぐにその場を後にしました。

ちなみに胡椒餅の味は、ピリッとした胡椒の辛さにもかかわらず
不思議な甘い味も付いていて、慣れるとなかなかおいしいです。
冷めてからでも十分おいしく食べれました。
(むしろちょっと冷めたぐらいのほうが、食べやすいのでよいです)

ホテルへの帰り道、何度か前を通りかかって気になっていたドリンク屋さんで
デザート代わりの飲み物を買ってみました。

橘子工坊(林森店)
台北市林森北路302号


看板で強力におすすめされている(?)、「招牌鮮水果茶」を注文。
このお店は甘さの程度と氷の量が選べるようになってます。
私は甘さ50%、氷はなしにしました。

(ホテルの部屋の照明の関係か、あまりうまく撮れませんでした)

写真の黒いつぶつぶはパッションフルーツ、カットしたりんご(?)も入っていて、
シャキシャキして歯ごたえが良く、まさにデザートにぴったりのドリンクでした~。

翌日は帰国日ですが、また早朝にヨガに行くので、この日も早めに就寝。
日本にいるときより、かなり健康的な感じです。

川べりの街へ<3日目その2>


Post-38体とお腹(?)の癒しのあとは、
MRTで30~40分ほどの淡水まで行ってみました。

駅を出るとこんな感じ。
淡水
ほとんど海に近いところですねー。


川沿いの道をちょっと歩いてみます。
この道も、もう一本隣の道も、やっぱり台湾によくある感じのお店がたくさん。
お店だけ見てると、どこに行っても同じ?と思ってしまうかも…。

せっかくなので、船で対岸の八里へ渡ってみました。


やっぱりこんな感じのお店が並んでます。


ガイドブックで見た、こちらのお店でドーナツを買ってみました。

娣妹雙胞胎
台北県八里郷渡船頭街25号


買ったものが、トップの写真です。
左が甜甜圏(ドーナツ)、右が芋頭餅(タロイモあんのクッキーサンド)です。
ドーナツは袋に入れてたら写真のようにいびつになっちゃうくらい
ふかふかやわらかです。味は結構普通ですが…。
クッキーサンドのほうは思ったより甘くなく、素朴な感じの味です。
最初はおいしくない?と思うのですが、食べているうちになんだかくせになる感じです。
これはまた食べたい。

八里
しばしうろうろしたのち、また船で淡水へもどります。
もう戻るの?って感じでしたが、一人だから誰に相談することなく好き勝手に動けて楽ちん。
これだから一人旅はやめられない…。

暑くてのどが渇いたので、前から飲んでみたかった、こちらを買ってみました。

これは愛玉といって、台湾特有の高山植物の実から作るゼリーで、ゼリー自体に味はないので、はちみつレモン味のシロップに入っています。たぶん台湾独特のデザートじゃないかな。

こんなカップに入れてくれます。
カエルの絵が微妙…。よく見ると卵も描かれていて気持ち悪いです。
でもつるんとのどごしが良く、暑いときにはぴったりです。
ちょっと味が薄いけどね(もうちょっとレモンがきいているとうれしい)。

ここは夕陽が有名な街ですが、日没まではまだだいぶ時間があり、
疲れちゃったので、愛玉を飲んだら帰ることにしました。
淡水2

あとでガイドブックをよく読んだら、もっといろいろ見どころはあったようなのですが…。
それはまた次回ということで。

マンゴーかき氷!!<3日目その1>


Post-37冰讃
台北市雙蓮街2号


旅も終盤。3日目は癒しDAY?
ってわけでもないけど、
朝早くから起きだしてヨガに行きました~。

私が練習をしているヨガは、ポーズの順番が決まっていて、
皆が一斉に先生の説明を受けながらポーズをとっていくというクラスもあるけど、
主流なのは決められた時間内の好きな時に行って、それぞれのペースで練習をしていき、
先生がそれぞれの生徒に必要な調整を加えていくというスタイルなので、
基本的に言葉がわからなくてもほとんどノープロブレムなのです。

そんなわけでこのごろは、旅行に行った際に現地のヨガスタジオで練習するのが
楽しみのひとつになっています。

今回は昨年11月にも行ったスタジオにまた行ってみました。

SPACE YOGA
台北市安和路一段27号16F

(写真は昨年11月にとったものです)

こちらのスタジオはビルの16Fにあって、スタジオからの見晴らしが良くて
とても気持ちのいいところです。
ほとんどの日本のヨガスタジオと違って、更衣室やシャワーが充実していてうらやましい。

7時から90分ほど練習をして、いったんホテルに戻ります。
途中で朝ごはんを調達~。

前日のサンドイッチがあまりにもおいしかったので、同じ店に行ってみたけどこの日は売り切れ。
他の店で似たようなものを探して買いました。でも、やっぱり昨日のほうがおいしいな。

マンゴーは前日スーパーで2個80元ほど(1個120円くらい?)で買ったもの。
朝市で買ったものより小ぶりだけど、こちらのほうがよく熟していて
甘くておいしかったなぁ~。

そして、成田空港でスタバに行って以来、コーヒーを飲んでいないことに気づいたので、
スタバでソイラテを買いました。
日本のスタバはソイラテにするとプラス50円だけど、台湾は普通のラテと同じ値段なんですよね。
そして、豆乳が日本のよりも濃い感じがします。

朝食後、ちょっとごろごろしたりまったりして、お昼からは予約していたSPAへ。

Bodhi SPA(身菩提)
台北市敦化北路155巷8号1F


こちらは漢方と現代スパ技術を融合させた施術を行っているとか。
はじめに聴診器のような?電極のようなものでなにやら測定をし、使用するオイルを決めます。
仕組みがよくわからないから半信半疑だけど、気の流れと体のエネルギーバランスを測定できる独自の機器らしい?


こんな感じでプリントアウトしたものをあとでもらえます。

よく見てみると、緑が正常、黄色が注意、赤が警告と書いてあります。
ありゃー赤ばっかじゃん、私。

別紙の中国語で書かれた解説を見ると、

 下腹部張気或疼痛
 頸部至耳後疼痛
 便秘
 頸部浮腫(扁桃腺機能異常)

とか、

 後背寒冷
 頸椎部、後背肌肉張痛
 坐骨神経痛

などなど、結構あてはまるものが多くてあなどれません。
(日本の漢字に置き換えたので、違っているものもあるかもしれません)

マッサージ自体はホットストーンとオイルマッサージで、
若い女性が担当だったからかいまいち物足りない感じでしたが…。

さてさて、体の癒しのあとは、お腹の癒し?です。
それがトップの写真のかき氷です~。
こちらのお店は、数ヶ月前に弾丸トラベラーで紹介されたようです。

かき氷自体がミルクの味なので、マンゴーの甘みとあいまってこれまた美味!!
ただ、やはりどんぶりサイズなので、量が多すぎなのですよね。
半分でも多いくらいなんだよなー。
頭にキーンときて、もだえ苦しみながらももちろん完食。
すっかり癒されました~。

やっぱり小籠包は食べとかないと<2日目その3>


Post-36明月湯包
台北市基隆路二段162-4号


九份半日ツアーから帰ってきたあと、しばしホテルで休み、
次なる目的地は台北のランドマークタワー、台北101です :emoji!!:

MRT(地下鉄)で市政府駅まで移動して、そこからなぜかやたらたくさんある
三越(4つ?くらいある)の連絡通路を通って、10分ほど行くと、101のビルに到着です~。


こうやって下から見上げると、さすが大きいです。
でも高さ509メートルということなので、東京スカイツリーが完成したら、
これよりも高いんですねぇ。

まずは5Fでチケットを買って、高速エレベーターで89Fの屋内展望台までのぼります。
(その日は91Fの屋外展望台は天候のためか閉鎖されていました)

日曜日ということもあって、チケットを買うのにも、エレベーターに乗るのにも行列。
やはりここでも某大陸の人々が…。

やっとのことで89Fに着き、下界を見下ろしますー。

この方角は、先ほどまで行っていた九份のほうでしょうか?
台湾の地理があまりわかってないので、いまひとつ面白みがなく…。

日本語のカセットガイドもあるんだけど、聞いてもなんだか要領を得ない感じ。
360度の景色を見たらもう満足なので、下におりまーす。
しかし、下りのエレベーターにも行列が…。

まあとりあえず行ったぞという感じでしょうか。
もうちょっと天気がよかったら、すばらしい景色だったのかもしれないけど。

101見学のあとは、ちょっと早いけど夕飯行っときますか?ってことで、
またしてもMRTで移動。MRT六張犁駅から徒歩5分ほどの
小籠包屋さんに行きました(トップ写真)。

ここのは小籠包ではなく「湯包」といっているだけあって、スープがたっぷり。
某有名店にはいい思い出がないのですが(冷めてておいしくなかった)、
こちらではあっつあつが出てきておいしかった~。
8個も食べれるかなあと思ったけど、意外とさっぱり味でパクパクいけました。

小籠包だけじゃなんだと思って、空芯菜の炒め物も頼んだのですが、
量が多く、味もなんだか不思議な酒粕のような味がして、食べきれませんでした。

他のお客さんが食べてた、鍋貼(焼き餃子)もおいしそうだったなあ。
パリパリの羽がついてて、お店の人がサーブするときに、食べやすいように
そのパリパリを砕くのです。その音がなんともおいしそうでした。

ご飯の後はデザートってことで、お次は中山駅まで移動。

鮮芋仙(林森北店)
台北市林森北路131号


鮮芋仙は豆花や芋圓などの台湾の伝統的なスイーツが楽しめる人気チェーン店。
台北でもあちこちにお店があるようです。
「鮮芋仙招牌」っていうのを食べましたよ。

これは仙草ゼリーと芋圓(おいものお団子)の下に、写真では見えてないけど、
仙草のシャーベットが入っているのです。
コーヒーフレッシュがついてくるので、自分でかけて食べます。

これもおいしかったな~。
仙草って初めて食べて、香港の亀ゼリーみたいに苦いのを想像してたら
全然違って、黒糖っぽくてほんのり甘いの。
芋圓もQQ(もちもち)でおいしく、満足満足。

どんぶりサイズなので食べきるのが大変でしたが、おいしいので残す気に
なれず完食。
腹ごなしに、MRTひと駅分をホテルまで歩いて帰りましたー。

千と千尋の…<2日目その2>


Post-352日目は、朝からJTB台湾(マイバス)のオプショナルツアーを申し込んでました。
「千と千尋の神隠し」のモデルになったという、九份の半日ツアーです。
石段と赤い提灯が印象的な街ですねー。

といっても、私はジブリ関連には全く興味がないのでよくわかりませんが…。

ガイドブックを見ると、台北からバスや電車で1時間ほどで行けるとのことだったんですが、
暑い中バス待ちとかやだなーと思い、1人参加だけどまあいいかってことで
申し込んでみました。

とその前に、朝食の食べすぎでお腹がやばかったんですが、
ラッパのマーク :emojispeaker: のおかげで集合時間までにはなんとかなったようです。
でも、心配だから買い食いは控えよう…。


台湾ってば、どこもかしこもこんな感じか?っていうぐらい
同じような店ばっかりですねー。おもしろいんだけどね。

この日は日曜だったので人が結構多かったようです(主に某大陸の人々)。

ひと通り、ガイドさんの説明を受けた後、1時間弱の自由時間。
ふらふらしてたら結構あっという間に過ぎてしまった。

買い食いは控えようと思いつつ、唯一食べてしまったのがこちら。

「花生捲+冰淇淋」というらしい…アイス入りピーナツ巻ということなのか?

ピーナツを麦芽糖でれんが状に固めたものをかんなで削って、
米粉のクレープ生地でアイスとともに包んだもののようです。

こんな感じで作ってました(買ったのはこのお店じゃないけど)。

本当はパクチーが入ってるけど、苦手なので入れないでもらいました。
これが、結構うまい。ピーナツがカリッとして香ばしく、アイスと合います!

そしておやつの後はこんな茶芸館でお茶を :emojiteacup:

九份茶坊
台北縣瑞芳鎮基山街142号



お茶の入れ方は店員さんが日本語でていねいに教えてくれました。
ここの店員さんは皆感じがよかったです。
おいしいお茶を飲んで肩の力が抜けて、ほーっとひと息。
脱力して気持ちよかった~。
お値段はちょっと高かったけど…。


九份は山あいの街なので、こんな素敵な景色も見えます。
ここは雨が多い街なんだそうで、こんな風にきれいに景色が見えるのは
ラッキーですよとガイドさんが言ってました。
私が行った日はほどほどに天気がよく、でも暑すぎず、観光日和でした。

朝のお散歩~朝市散策<2日目その1>


2日目の朝は6時に起きて、朝ごはんの調達がてらお散歩です。

宿泊ホテルの近くに朝市が出るとガイドブックに出ていたので、
行ってみることにしました。

こんな感じで、公園沿いにチラホラとお店が出ています。
ハワイの朝市(行ったことないけど)に比べると、ちょっとさびしい感じかな。

観光客は全然見かけず、地元の人が野菜や果物を買いに来る
といった感じです。

エッグタルトも売っていました。


私が道端を歩いていると、
いきなりおばちゃんがわーっと言いながら私のほうへ走ってきたので、
なにごとか?と思っていると、
おばちゃんは排水溝に逃げ込む寸前の
私の足元でぶちっと踏みつぶしたのでした…。
ううっ…白い内容物までしっかり見てしまったよ…朝から。
しかし、おばちゃんに踏みつぶされるとは、台北のGはトロいのでしょうか。

気を取り直して散策再開。

市場の中ほどに、こんなお寺(?)がありました。
真ん中の電光掲示板にびっくり。しかもなにかのURLを告知しています。

結局朝市では、マンゴーとエッグタルトを購入。
マンゴーはかなり大ぶりで立派なもの。値段を聞いたら120元とのこと。
日本円だとだいたい3倍だから360円くらい?
意外と高いと思ったけど、日本だったらきっと1000円以上しそうな感じです。

あとは朝市からの帰り道に、豆漿(甘い豆乳)とサンドイッチを購入。
何気なく買ったサンドイッチですが、これが大ヒット!
真ん中に入っている茶色いのがふりかけみたいな感じで、かりかりしていておいしいのです。
何なんだろうな? 商品名の最後に(素)と書いてあったので、
たぶん素食(ベジタリアン)なんだと思うのですが…。

フタのイラストがかわいい。

マンゴーはおいしかったけど、まだ熟しきってなかったようで、
もう少し甘みが欲しいかなーという感じ。
しかも結構大ぶりだったので、お腹いっぱいになりすぎ、
やばいことにお腹が痛くなってきた。

そんなこともあろうかと持ってきていた正露丸をすぐに服用。
暴れ出しそうなお腹をなんとかなだめるのでした。

宿泊ホテル@台北


Post-33今回の宿泊ホテルは、グロリアプリンスホテル(華泰王子大飯店)でしたー。
名前からわかるとおり、日本のプリンスホテルと提携しているとのことで、
レセプションはもちろん、その他のスタッフも結構日本語が通じます。
しかもみなさんにこやかでいい感じ。

このホテル、普段ならちょっと高いなーと諦める料金なのですが、
今回はたまたまHotels.comで期間限定セールになっていて、
1泊7500円ほどで泊まれたのです(朝食なし)。

室内はこんな感じです。

まずはベッド。
マットレスが適度に硬くて、腰が痛くならず、寝心地がとてもよかったです。



角部屋だったから、窓が2面にあるのがうれしい。
インテリアに新しさはないけれど、清潔さは保たれています。

続いてバスルーム。

トイレはウォシュレット付き(私は外では使わないけど)。

この洗面はちょっと使いづらかったです(蛇口位置が、顔を洗うときじゃまになる)。


無料のミネラルウォーター、ティーバッグ、インスタントコーヒーなど。

さすが日本のホテルと提携してるだけあって、
クローゼットには浴衣も入ってました(使わなかったけど)。

次回もぜひ泊まりたいけど、通常料金だときついかな。
今回の価格なら、かなりお値打ちな感じでした。

台北街歩き<1日目その2>


Post-32ホテルのお部屋にチェックイン後、
荷物整理もそこそこに、さっそく外へ繰り出します。

どこへ行こうかなー :emoji!?:
夜市にはちょっとまだ早い時間ということで、
ホテルの最寄り駅から1駅となりの雙城街の市場へ歩いていくことに。

ここの市場は24時間制とのこと。朝昼の部と夜の部でお店が入れ替わるそうですよ。
私が行ったときはちょうど夜の部への入れ替え時間だったのか、
まだお店は少なかったです。

こんなふうに、屋台を押して移動していくようです。

さっき鶏肉飯たべたから、まだあまりお腹が空いてなくて食指が動かず。
でも、路地をちょっと入ったドーナツ屋さんで、トップ写真のドーナツを購入。

脆皮甜甜圏
台北市雙城街12巷28号


お持ち帰りして、後で食べようと思ったけど、
触ってみたらあたたかかったので、思わずその場で立ち食い。

「脆皮」っていうのは「サクサク」ということらしいのだけど、
その名の通りサクサクで、これは他にはないなあという感じ!
日本にもあったら受けそうなのに。
ただ、まぶしてくれた砂糖が多すぎ…。
食べた後は口のまわりに白いおひげがついてないか要チェックです。

小さい市場なのすぐに見終わり、
次はどうすっかなーと…。

お腹は空いてないが、このまま何も食べないのも物足りなすぎる。
ってことで、MRTで西門駅まで移動。
思いつきの行動なので、動線にかなり無駄があります…。


東一排骨
台北市延平南路61号2F


鶏腿飯セットです~。またしても鶏肉です。
こちらのお店は名前の通り、排骨(豚肉のから揚げ)がいち押しのようですが
(まわりの人、皆食べてた)、私は鶏のほうが好きなので。

これもおいしかったですよ~ :emojigoood:
鶏肉はもちろん、セットでついているご飯がこれまた秀逸。
魯肉飯風のひき肉、野菜がのってて、これだけでも良いくらい。
ご飯は麺に変えることもできますが、ここは絶対ご飯がおすすめ。

あまりお腹空いてないから絶対食べきれないなと思ったけど、
あまりのおいしさに完食(スープは残しちゃったけど)。
お腹いっぱいでホテルに戻ります。

と、その前に、
たくさん歩いて疲れた足を癒すために、
足裏マッサージをして帰りましょう。

ハワイ好きにはもってこい(?)のこんなマッサージ店があります。


夏威夷養生行館
台北市長春路31号


「夏威夷」はハワイのことですよ。
といっても、お店の内装含め、まったくハワイらしさは感じられませんが…。

立派なマッサージだこのできた、この道27年のおじさんに
疲れを癒してもらい、台北1日目、終了です~。