モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年9月

レフェリング



一昨日のガンバVSフロンターレ戦。
主審の高山啓義氏ですが、もうちょっとうまく試合をコントロールしてほしかった。
お互いガチンコ勝負で今季最高とも言える試合内容だっただけに、ちょっと残念でした。
ガンバの1点目。
中澤のゴールですが、中澤の肘が相手キーパーの顔面に入って、見ようによってはキーパーチャージ。
中澤くんにも反省してほしいところですが、高山氏にも良く見てほしいところです。
ガンバ2点目も、その前の高木のイエローでPKでもって思わせるところをコーナーキックと判定で選手自体が浮ついてしまい、隙をつくような形でガンバのカウンターで勝利。
((+_+))う〜ん、勝ったけどなんか後味悪いし…

ってか、日本のレフェリーの質が一向に上がってこないことが非常に気になりますわ。
なんとかならんかな、ほんま。
試合見に行って主審の名前見てがっかりするってことがなくなるように。
あいつが主審やからしょうがないって会話が出ないように。。。




「遠藤保仁の矜持」

  Jリーグ24節が行われ、G大阪は、ここ5年勝つことができない川崎のホーム・等々力スタジアムに乗り込んだ。攻撃的なサッカーを展開する両チームにとって、昼間のゲームで首位名古屋が勝ち点を51に伸ばし、勝ち点40のC大阪が神戸と引分けるなど、優勝戦線に残るためには負けられない一戦となった。
 前半12分、ガンバは、太もも裏とふくらはぎに痛みを抱えた遠藤保仁から、高木和道がヘディング、このボールを最後は中澤聡太が決めて先制。しかし21分には、黒津勝にゴールを許して同点とされてしまった。しかし、ここまで3連勝で波に乗るガンバは、この後も冷静に試合を展開し川崎の猛攻を防ぎ、チャンスを待った。後半22分、二川孝広に代えてFW平井将生を投入し、西野朗監督は、先に交代した中村憲剛の動きに引っ張られ、引き気味になったリズムを変えようとする。ここで、トップ下の遠藤は、足の負傷のためにダッシュができないことから自ら橋本英郎とポジションをチェンジしてボランチに。一列下がってボールを集めることで、ガンバのリズムを変えた。
 41分、9月1日のナビスコ杯から戦列に復帰を果たしたルーカスが、ゴール中央約25㍍から思い切りシュートを放ち、これが決勝ゴールに。ゴールの瞬間、ルーカスがベンチの西野監督に駆け寄って抱きつき、すぐさまそこに選手全員の輪ができるなど、団結したチーム状態の良さもうかがわせるゴールだった。ガンバは、負ければ優勝戦線脱落の大一番で今季2度目の4連勝と、5年ぶりの等々力勝利を収め、今季初めて3位に浮上。5年ぶりのJリーグ優勝に名乗りを上げ、ACL出場権の3位に椅子にまず座った。
 川崎は、ガンバより早く中村の交代のカードを切って積極的に主導権を握り、ガンバを上回る18本(ガンバ13本)のシュートを放ちながら決めきれず、勝ち点38にとどまった。

【西野監督】 等々力で05年以来ずっといいゲームができず久しぶりに勝つことができた。厳しい試合になることは予想していたが、同点にされてからも崩れなかったの勝因のひとつ。きょうは大事なゲームで選手はみなハードワークをしてくれた。6月、リーグ序盤の頃には、この順位に浮上することなど考えられなかったが、少しずつ、少しずつ修正しながらここまで来た感じがする。これで(優勝を狙う)権利がある。本気でグランパスにアプローチする資格を得たと思うので、残り10試合、アグレッシブにモチベーションも高く、自分たちでアクションをするサッカーをしていきたい。

【ルーカス】 位置的に、ここだと思い切って打ったシュートで今季で一番いい感触だった。ACL出場権の3位には確かになったが、まだ何も決まっていない。ケガでチームに迷惑をかけた分、これを機に、私にできるゴールという形でチームに貢献していきたいと思う。ケガ明けからずっと起用してくれている監督にも応えたい。

【遠藤】 (足の不安で)スプリントができるようでもなかったので、ハシ(橋本)とポジションを変わって、ボランチになったことでボールをよく触ることはできたと思うし、ダッシュをのぞけば足にもそんなに不安はなく、川崎というすばらしい相手に楽しんでサッカーができた。(昼間の試合の結果は)特に気にしなかった。優勝のためにはこれ以上離されず、ひとつずつ順位を上げることが大事だと思っていた。この勝利でさらに勢いが出ると思うし、(足も)1週間あくのでいい準備ができるはずだ。

  「The words of this month」遠藤保仁の一言
 西野監督は会見で「(本来の出来からいえばケガのために)まだ7、8割程度」と、遠藤を評した。太もも裏をかばい、今度はふくらはぎを痛める、と筋肉の疲労から確かに苦しい状態にあるとしても、7割、8割の状態で見せるパフォーマンスこそが、プロの仕事であると、遠藤の存在感は語っていた。100%でできる日など、プロフットボーラーにはほとんどないだろう。体調不良、ケガ、メンタルでの疲弊、チーム内のトラブル、様々なマイナスポイントがあっても発揮される現有力にこそ、プロたるゆえんがある。遠藤というMFは、7割なら7割の100%、8割なら8割の100%を出せる選手だろう。
 勝てば山の頂上へ近づき、負ければ谷に落ちるかのようなゲームは、ともに「負けられない」との思いだったはずだ。「そういうときこそ、引き分けでもいい、というくらいの気持ちで臨むほうがいい。まだ残り10試合で、絶対に負けられない、という精神状態ではもたないでしょう」と、右サイド・加地亮は試合後笑って言った。遠藤も同様だった。
 「(相手の結果は)気にしないし、気にもならない。順位はひとつずつ上げればいいのだから」と落ち着き払っていた。南アW杯で得たゆるぎない自信が、遠藤を一回りも二回りも大きくしたようにも思う。
 9月4日のパラグアイ戦前日、まだチーム内でケガの様子を見ていた遠藤に、日産スタジアムの通路で会った。ちょうど帰る所で、こちらはミックスゾーンの取材に向かう際のすれ違いだったが、遠藤は「あっ」と小さく声をあげて右手を差し出し、そして言った。
 「またこうして、ここで会えてうれしいです」
 ここ、はもちろん日本代表の現場。こうして、とは、またメンバーに選ばれてということ。
南ア大会は終り、次のブラジルまでどうなるかは分からないが、たとえ原監督代行であったとしても、もう一度、代表に招集されたことの喜び、感謝、プライド、責任や意義を、ベテランが集約してくれた、何気ないこのコメントは、9月に取材をしたアスリート、関係者の中でも、もっとも胸に沁み渡る「今月の一言」だった。こんなコメントは誰もができるものではない。色々なものがぎゅっと詰め込まれた重い言葉に9月の「月間MVP」を。(The Stadium より抜粋)

CSIマイアミ8



いよいよ10/16からWOWOWでCSIマイアミが新シーズンスタートです。
ホレイショ節が帰ってきますね〜☆
いまから楽しみです

ハワイ行きた〜い☆



旅サラダ見ていて、無性に…

ハワイ、行きたい。。。。

ひっさびさにサーフライダー見たりして。
ハワイ島のヘリでの火山ツアー見たり。。
ハワイ島にも行きたくなっちゃいましたわ。。。

ひ、飛行機だけ押さえちゃいました。
でも機材767でしたぁぁぁw

もう747じゃないんですね。。w

押さえたのは来年2月。。
すぐにでも行きたいのにな〜。。
あ〜、我慢我慢。。

THE LAST MESSAGE 海猿



海猿好きなので見てきちゃいました。
っが、3Dで見る必要はまったくありませんw
目が痛くて、画面暗くて。。
3D用に撮られた作品ではなく、まったく迫力もありません。
2Dで充分です!

アリアラスカ



不思議なこともあるもんです。
連絡取り合わなくても再会できることってあるもんですね…
枚方でよく食べに行っていたイタリアンで彼はソムリエの勉強をしていました。
郊外のお店で食べるのに、ワインをバローロなんて勧めてくる彼☆
あまりのチョイスに馬鹿笑いしてそれからしばらく通いましたっけ。。
そのうち修行に出て行方知らずでしたが、枚方の違うお店でまたバッタリと出会い、また仲良くさせてもらいました。
Seanが転勤して行けなくなったためまた音信不通になり、本町においしいイタリアンがあると聞き、行ってみるとどっかで見たことあるソムリエが…
おお、また彼じゃあないですか。
そんとき食べた生うにのパスタが忘れられず、あの髪の毛のような柔らかい弾力のある縮れたパスタに絡みつくウニ…、それを探していたのですが…。。
奈良に転勤してしばらく大阪には行っていなかったんですけども、中ノ島にけっこうおいしいお店があると聞いて行って参りました、ここアリアラスカ。
そしたら、あの彼がいるじゃないですか!
もうびっくりしましたよ。
彼を探して歩いてわけじゃないんですけど、こんなことってあるんだな〜ってお互い驚きながらサーブしてもらいました。

前菜にバーニャカウダをいただきましたが、ここのソースが他店違い繊細でおいしかったです☆☆☆



前菜二品目は秋刀魚のグリル。
これね、絶品でしたのよ☆☆☆
たまんない一品でした。



三品目はサルシッチャです。
ジューシーなサルシッチャをいただきました。
食感も最高で、付け合せのマスタードも特製で、めっちゃおいしかったです。

パスタはまず生うにのパスタをいただきましたが…
写真撮るのを忘れちゃいました。
ごめんなさい_(_^_)_



パスタ二品目はトリッパのリガトーニです。
いたく人気のないメニューなんですが、チーズとトマトソースの相性が抜群で、何よりトリッパの柔らかさに驚いて、これまた絶品な仕上がりでした



メインは鶉のディアボロです。
塩加減が絶妙で、焼き加減もちょうど良く、量的にもいいチョイスでした~☆



ドルチェはまずチョコレートケーキ。
小麦粉を使わずチョコレート・バター・卵・砂糖のみで作ったイタリアのお店仕込みの中がしっとり、外カリカリのケーキです。
ま、材料だけ聞いても焼き方に工夫があるとかで、実際には作れませんけどね(^^ゞ



フルーツを添えられたティラミスです。
マスカルポーネってやっぱおいしいですな~☆☆☆

途中、シェフがお腹の具合を聞いてくれたり、ほんとに優しいお店でした。
またお邪魔したいと思います。

先述の彼、帰るときはSeanの姿が見えなくなるまでお店の前から見送ってくれました。
恥ずかしかったけど、うれしかったです。

Arialasca marble tre
住所 〒530-6102 大阪府大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2F 
             京阪中之島線渡辺橋駅 2番出口 徒歩1分  
TEL 06-6449-5656

大阪で晩御飯



久々のアリアラスカでディナーどす。
ちょっとめっちゃ美味しいどすけどぉぉぉ

秋空



朝が清々しい季節となり、ようやく自転車通勤が出来るようになりました。
自転車から見上げると空もなんだか秋色です。。。
そう思ってクールビズ自主終了しましたが、今日弁護士との打ち合わせで大阪に出てきてびっくりw
まだまだ暑いです(*_*)
下ろし立てのドレスシャツがびしょびしょです。
お洒落が似合わんSeanでごじゃります(^^ゞ
さて、久々に大阪に出てきたら、驚くことばかり!
思い出のキタナシュランのお店が軒並みお洒落に変身してました!
むむむむむ…

まだまだ暑いっすね〜



昨日も暑かったですね〜
この時期ですが、暑気払いしてきました(^^ゞ
やっぱ焼き肉はテンション上がりますわ(^O^)
見て、この炎!
いっぱいおしゃべりしてストレス発散完了☆
最後はカラオケまで行っちゃいました♪
よう遊ばせていただきました(^_^)/□☆□\(^_^)
さて、これからお買い物で〜す。

パンネンクーケン



ダウンタウンのデュヴァンで食べたムール貝が忘れられず、日々『ムール貝、ムール貝…』ってぶつぶつ言ってたら、大阪で食べれるよって。。
なんと、そうなのか!ってやってきました。
ここ、“アウデ・カーズ”です。
オランダ家庭料理のお店ってことで、何もかもが初体験でした☆
っで、おすすめがTOPの写真のパンネンクーケンです。
もう、パンネンクーケンだけでいっぱい種類があって、選ぶのが大変でしたけど結局オーソドックスなゴーダチーズとベーコンとたまねぎのをオーダーしました。
むふふ、これ、めっちゃおいしかったです。



ビールもたくさんあります。
Seanはヒューガールデン、相方はバナナのビール(Chapeau Banana)をいただきました。
いや~久しぶりの白生、おいしかったです。
そうそう、バナナのビールもおいしかったです☆
付け合せはポテトフライ。
特製ソースとたまねぎがめっちゃ相性よくっておいしかったです。



キター!
ムール貝!
これ食べに来たんだい!!
さていただきま~す☆
『…』 『…』 『…』

これはデュヴァンのほうがおいしかったよww
思い入れ強すぎてでしたが、あっさり&臭みなくおいしかったです。。

このお店、もとは京都の西院にあったそうでそれだけでも親しみわきました

アウデ・カース
〒530-0047
大阪市北区西天満2-5-6(冨田鍼灸院 2F)
TEL&FAX 06-6361-3292
営業時間 11:30~14:00(L.O. 13;45)
        17:30~22:00(L.O. 21:30)