17-06-007

久しぶりに興奮した試合でした
レアルマドリードとユヴェントスという夢の対戦カード
レアルはベスト16で6-2、準々決勝は6-3でバイエルンに勝利
準決勝は4-2と順調に勝ち進んでの決勝進出(失点が気になる=3)

かたやユヴェントスはベスト16は3-0、準々決勝は何とバルセロナに3-0と快勝
準決勝は4-1とこっちも余裕で決勝進出

開催場所はレアルに所属するベイルの出身地でもあるイギリスはカーディフ
先発で出してくるのかなーって思ってたらベンチスタートだった
何とハメス・ロドリゲスにいたってはベンチにも入らなかったよ勿体ないなー

さて試合だけど初っ端からユヴェントス飛ばしてきます
取って取られてハラハラする場面が続くものの得点には結びつかず
いつ動くのかなーなんて見ていたら先制はレアル
あのロナウドへのパスは良かったな

しかーし喜びもつかのま10分も経たないうちにユヴェントスがシュートして同点
あのシュートは凄かった、あの体勢でよく入ったよねーブッフォン吠える吠える(笑)
これで面白くなってきたなーっと思ったんだけどそうはいかなかった

後半はレアルの攻撃が凄身を増します
61分にレアル勝ち越し、64分にも得点
アディショナルタイムにも得点を挙げ、終わってみれば4-1とレアル圧勝

うーんユヴェントス出だしは良かったのにその後は徐々にレアルに押されていったような・・・
劣勢な時にイエロー累積で退場なんてダメだよ、ユーヴェらしくない

モドリッチ~ロナウドの流れは良いね、モドリッチはホント良い
ベイルは後半終了間際の出場でした(ベイルのシュート見たかったな)

終わってみて思ったこと
もっと点を取って取られてーなハラハラ試合が見たかったのだけど
後半はレアルの一方的な試合っぽくなってしまいちょっと気が削がれた気分だった
こんなに点差が開くなんて思わなかったし・・・

まぁレアルが優勝したのは嬉しいけど
ユヴェントスも昔は好きだっただけに複雑な気持ちだったな
(デルピエロやカンナヴァーロ、ダ-ヴィッツとか居た頃ね)
そういえばジダンやインザーギ、イブラヒモビッチも居たんだよね、懐かしいな

レアルおめでとー♪
まぁ今後もユヴェントス頑張れ!←? ではまたー