モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年12月

2007→2008



あっという間に年末ですね。
今年も残すところ、あと二日…。

今年は、ブログの更新もサボリ気味で、ざっと今年撮った写真を
振り返ってみましたが、殆ど撮ってませんでした。

年末になると、あっという間だったなと思う一年でも、
振り返ると色んなことがありました。
あぁ、コレも今年かぁ〜。なんてね。
なんとも、ハジメテのケイケンの多い一年でしたわ。

皆さんは、どんな年末年始を過ごすんでしょうね。

今年のハンセイもほどほどに、来年の目標をたてました。
いまんとこ、公表はしないつもりです。
あ、近しいヒトには言いました。
ウケました。

いや…
別にウケ狙いで言ったわけではありませんことよ。
本人は、大まじめですけど?

ハラを決めなければ、出来ない事もあります。
弱虫じゃ、ムリな事も。
つか、弱虫じゃ、何でもムリだよね〜。

自分らしく。
自分にしかない、自分の道を。
めいっぱい。
はみ出しそうになりながら。

たとえ、歩みののろいカメだとしても。
泳いだら、早いんかな?
そんなたとえに使ったら、ハワイのカメさんに悪いかしら?
ハワイの神様に怒られる?
写真、去年の写真です。すみませぬ。

もしかしたら、もう一回ぐらい更新するかも知れないけども。

とりあえず、皆さま、よいお年を。
来年もよろしくです。

いい眺め



今年11月に新社屋ができた。
ちょっといい雰囲気の場所にあるオフィス。
かっちょいいエントランスには、デッカいツリーもある。
ま、裏はラブホだけどね。
アタシのいる7階は、ビルの最上階。
非常階段の前には、ちょっとした屋上がある。
前から出たいなぁと思いつつ…
明らかにおさぼりさ。
ダレにも見られないようにこっそりね。
気ぃ良く写真を撮っていると、隣の席のオンナノコが血相を変えて飛んできた。
あちゃー、バレたか〜
sakichさん、ここ一回出たら、外からは入れませんよ!

まじッ?

1階まで非常階段…
格好の脂肪消費の機会は失ったが、無事救出されました。

今年いちばん



今年いちばんの長い一日だった…
ほんのちょっとだけ自分の為に泣いた。

我が家でいちばん狭いアタシの部屋は、南向きに前面大きな窓があるせいで、真冬でも日中は比較的暖かいが、さすがにこの時間はひんやりしてる。
早速パジャマに着替える。
おおぉ、さびっ!
GAPのSALEで買った、¥1900のジャージワンピと、
ユニクロのフリース靴下が、最近のお家スタイル。

一日曇り空だった空も、この時間はすっかり雲が切れて、
ちょいと田舎の我が家の天空には、無数の星が見えた。

誰人にもなり得ぬ我が人生。
どこまでも自分自身に生ききることだ。
悲しみは外からやってくるものじゃない。
自身をドコまでも奮い立たせて、
ココロに金星をキラリン☆

思い出の場所



生まれてハジメテ、宮城県の石巻という所に行ってきました。

石ノ森章太郎が、宮城県出身だからなのか、あちこちに仮面ライダーや、
ロボコン、009とかのキャラがいる。


到着した日は、仙台から単線の列車に揺られて、気の遠くなる、
それでもその時間1分1分が貴重だった時間を過ごした。
名古屋を午後2時前に出発し、午後8時に石巻の駅に到着。
遠かった…
飛行機で行こうよ。
そう言ったけど、道中が楽しいじゃん?色々喋ったりして。
それもそうか…
しかし、旅のパートナー選びは、慎重に行かねばならぬ。
到着までの時間が長ければ長いほど…
疲労が重なれば重なるほど…
どんなに普段仲良しでもね。旅は色んな一面が見えるものだ。
今まで、いい経験も、その反対の経験もした。
たとえば、トラブルも笑えたら…。
必死になって、回避策考えて、後で爆笑。
そんなのがいいよね。
思いつきの途中下車も楽しんでさ。
人生に似てる?
我が人生もそうありたいね。
アタシにとって、ハジメテ見る景色も、誰かにとっては、
かけがえのない、深い深い思い出の景色だったりする。
そのかけがえのない思い出があってこそ、今のアナタがいるのなら。
今のアナタを形成する全てに感謝だ。
これからは、アタシにとっても、思い出の場所になったのさ。

仙台で食べた、牛タンと、牡蠣は、後ほど〜。

昨日のデキゴト



昨日、ワタクシsakichは、ありえないことをしでかしました。
御歳、○○歳にて。
それがなんだか絶対に言えないけど。
それは決して褒められた事じゃないけど。
…ま、言っちゃうか。
職場放棄して、逃亡しました。
アホです。
冷静になれば、やっちゃいけない事だって事くらい、
sakichにだって分かります。

フクザツな思いも。
正直な思いも。
何かがプツンと弾けた。
正しくなかったとしても。
どうしても、許せないと思うことがあったから、
一緒んなって突っ走った。
勢いあったなぁ…我ながら。
猛獣使いにでもなった気分も味わった。
ちょっとばかし、恐怖も味わった。
でもって、久々にコドモ泣きもした。
褒められた事じゃなくても。
オトナじゃなくても。
(よい子はまねしないで。)
なんで、そこまでやったのか、自分がいちばんよく分かってる。
後悔したくなかったんだよ。
どうしても、分かって欲しかったんだよな。
来週から、怖いよ。正直。あたいの人生どうなるか。

優先席のお世話になる頃には、もちっとオトナになっていよう。
それじゃ、遅いか…
空いてたら、今でも堂々と座っちゃってるけど。優先席。
誰だって、ココロの中は覗けないんだもん。
怖い時だって、不安になる時だって、誤解する事だってあるよ。
偽ってたら、どんどん自分が苦しくなるから、
アタシはそれをしないでいる。
無防備だ。
それを大人気ないというのかもしれないけど。

てか、こんな事、そう何度もあっちゃいけません。
心配かけた皆さま、ホントにゴメンナサイ。