モーハワイ☆コム

カテゴリー:夜の街のオハナシ

夜の街



名古屋栄の繁華街
錦3丁目のど真ん中です。

筆談ホステスという本を知ってますか?
えらい売れたそうで。
美人さんだもんねぇ〜。

アタシも読みましたけど。

ホステスじゃないヒトが読むのにはイイかも?
アタシはダメでした。
いいコトバはいっぱいあります。

良くも悪くもいろいろ考えさせられました。

この街で働くオンナノコ。

空車のタクシーが並んでこのメイン通り?はいつも渋滞。
この場所はアタシのココロに苦しい種を植えた場所。
あんまり止まりたくないんだけどな。
あえて写真撮ってみたりして。
車から。非常に怪しい…
ファインダー越しに見るビルはとってもキレイでした。

オンナノコの黄色い声
腕を組んで歩く不釣合いなカップル

みんな何考えてんのかな?
想像してみたりします。

みんな頑張れよ。

オマエもな。

はい…

全然カンケーないけど、オンナノコの友達がPerfume好きって言ってて。
22歳の若人にえええええぇぇぇぇーって言われてたんですけど。
激しく共感したアタシがいました。
オバチャン好みなんかしら?
Perfume(パフューム)って。

ワーイ!?
バランスボールにのるアタシみたいだわ。

飲んだ時のクセ



お酒は・・・
時として、ヒトを色んな人種に変えますね。
裸族とか・・・
そこまで行かなくても、いつもと違って、
ちょっぴり楽しい気持ちになったりとかね。
ま、いろんなヒトがいます。

コレ、分かりますか?ボケボケ写真ですけど。
お菓子の包み紙で出来た、カップです・・・。
とある大学のお先生でしたけど、特にはじけるでもなく・・・
お話しながら、黙々とこんなモンをお作りになりました。
うまい事出来てましたケドね・・・。
コレで、祝杯でもあげようってのかいぃ〜!!!
と、突っ込みたいところでしたけど。

お酒を飲んだ時の奇行・・・
皆さん、大丈夫ですか?

手当り次第目の前のオンナノコを口説いちゃうとかね。

お気を付けあそばせぇ〜

FAKE



あぁぁ・・・とうとう、sakich写真館、
こんなとこまで来てしまいました・・・・
許される?ギリかしらん?
さて、この中にsakichがいます。
どれでしょ〜?(大うそ!)
いいじゃぁ〜ん、みんな男よぉ〜!!!
先週金曜日、ニューハーフのお店に連れて行ってもらいました。
しかし・・・
なんじゃ、このクビレは!!!
脂肪の付き方なんかも、まるで女の子。
すばらしいのぉ・・・(おっさん)
席に着いた、ニューハーフの姉さま。
アタシのおっぱいわしづかみにして、
**なにぃ〜これ、メロンん〜?**
(以下、音声は、よりニューハーフっぽくご想像ください。)
**あぁ〜、コレ、すいかぁ〜!!**
腹じゃ、ボケェ!!!!!!!
(ザ・幼児体型・・・)

女優



そのお店は、昭和のにおいのするお店でした。
あんまり、おっきな声で話す人もいない。
で、やたら広い店内。
ホステスさんは、美空ひばり似のおばあちゃんな、ママさん、
それから、ピンクの電話の、みやこちゃんにそっくりな、
ちょいデブのお姉さん。(しゃべり方もそっくり!)
それから、多分ココで一番若いと思われる、歳のころは、20代後半から、
30代前半、カワイイんだけど、昭和のアイドル顔の女の子。
何しろ、変な空気が漂って、お客さんと、お店の人との会話も、
かみ合っているのか、いないのか、変わったお店でございました。
その日、アタシと同席したホステスさんは、松坂慶子似(超昭和!!)の
美人さんでした。
年齢は・・・40代後半か、そこらかな〜。
やたら、笑顔なんだけど、ハイハイハイハイとかいって、
受け答えが、ちょっと、多目のおばちゃんみたいで、
どうも、絡み辛い。。。
なんで、呼ばれたんだ?アタシ・・・とか思いながら
そこで、仕事をしていると、お客さんのリクエストで、
慶子似が、河内おとこ節(だったっけな・・・たしか。)を
歌いました。
こ、コレが!!!ザッツエンターテイメント!
歌がうまいと言うわけではないけど、歌い舞い、
お客をのせる。
聞いたら、このお方、かつて東映の女優さんだったそうです。
映画や、刑事モノのドラマとか、出てらっしゃったそうで、
結構有名な映画なんかで、いい役やってらっしゃったそうです。
お若い頃の写真も見たけど、結構期待されてたんじゃなかろうか・・・
アタシでも知ってる、俳優さんなんかと、撮影してらっしゃいました。
確かに、ホステスは、お客に夢を売る仕事。
アタシたちは、女優よ、などとおっしゃるママさんも
いらっしゃるくらいで・・・・
そんな、かつての女優さんが、名古屋のクラブで
ホステスをしてらっしゃる・・・・。
いろんな、人生模様がありまさぁね。
そっちのが、気になるっちゅーの。

ついでに、10年前!



えぇ〜い!一気に大放出じゃ!
一覧の画像、占領してるかしら〜?
そのアルバムの他に、お水時代、お店で撮った
写真もございました。
コレは、ちょうど10年前、自動車の販売会社のOLを辞めて、
お水のアルバイトを始めた頃の写真です。
ちょっとは、初々しかったりするかしら?
10年かぁ〜。
メイクやなんやらに、時代を感じますな。
お肌のハリもあったわねぇ〜。
今ほど、写真写りも気にせんで良かった時代だわね。
トホホ・・・

男運ってなんだ?



そのお店は、アタシの5年間のお水生活で、一番多くの時を過ごしたお店。
アタシは、ココで多くの人と出会い、色んな価値観を生み、
色んな事を学んだ。
で、ホントにハラかかえて、よく笑った。
アタシにとって、specialな場所だ。
今でも、ちょくちょく顔を出す。
先日、ママが、こう言った。
最近面接に来る女の子ってさあ、みんな
**アタシ、男運が悪いんですぅ〜**
って言うんだよね。
**男運って何?**
アタシに言わせりゃ、アンタの見る目がないんでしょって思うんだけど・・・。
だから、男運が悪いんじゃなくて、見る目がないって言えって思うよ。
ごもっとも!
いやぁ〜ん、胸に突き刺さるわぁ〜。
一回や、二回ありまさぁね、やっちまったって、大失態。
それしか、チョイス出来なかった自分がいた事をお忘れなく。
ホント、皆さん、過去を、今を嘆くなかれ。
全て、己が選んだ道じゃ!
やめるもよし、進むもよし、
ハラ決めて、進むのだ。

夏の夜明けは、早いね。
本日、明け方5時。
寝苦しくて目が覚めると、まだ、お月様が・・・

ボク、ドラえもん!



その日、アタシが派遣された先は、ボックス席が数個と、
カウンターのこじんまりとしたお店でした。
アタシは、15分の遅刻・・・
おはようございます。と、店内に入ると、きれいなお姉さん一人と、
男のチーフがいた。
やべっ!チーフのいる店は、苦手なんだよねぇ〜。
だいたい、チーフは、コンパニオンに意地悪な人が多い。
しかも、遅刻してるし・・・
あ、sakich(仮名)ちゃんね、よろしく。15分の遅刻だから、
○時まででいいよね。
まさか、源氏名がsakichなわけはないですけどね。
若いチーフだったけど、意外と、イイヒトでした。
この日、ここのママさんは、およそこんなお店が不似合いな感じの
ひょろ〜っとした、神経質そうな、年の頃と言えば、30代後半の
お兄さんと同伴してきていた。
世間の人が見たら、いったいどんなカップルに見えたんでしょうね〜。
こういうお店は、お客さまの灰皿に、タバコが二本たまったら、
新しい灰皿に交換する事が多い。(お店によって違うかも?)
が、この兄さん、4本になるまで、かえないでくれ、と言った。
理由は、お店にきて、何本吸ったか分からなくなるから、だと言う。
いいじゃん、別にかぞえなくてもさ。
っつーか、二本ずつ、数えたらいいんじゃないの?
2本以上たまると、非常に気になる・・・・
残りを数えればいいんじゃないのかしらん?
すると、兄さん、
そうすると、最初何本あったか、確認しなきゃいけないでしょ。
・・・ま、そーなんだけど。へぇ、へぇ、お客さまは神様ですよ。
あっさり、3本目にママに交換されてましたけどね。
ママは、自分の事を名前で呼び、歳は、42歳と言ってた。
・・・・歳は、言ったもん勝ちだと、この時知った。
若い頃は、超美人だったに違いない、目鼻立ちのハッキリした、お顔。
迫力ある、ヘアースタイルに、迫力ある、黒のお着物。
でもね、ちっこくてさ、なんかに似てる・・・
ドラえもん・・・
ぼく、ドラえもん!(大山のぶよでね。)
こう、言わせたい衝動に何度もかられたよ。
この日、外は大雨、週末だと言うのに、かなりヒマだったが、
ママのトークは、その一人のお客さまでも、手を抜かない、
すばらしいものだった。
その時の話題は、勘違いな、ココロまでブサイクな女について。
そう言う話題が、ただのオンナノコ同士の陰口だったら、
いっさい面白くないんだけど、ママの口から出てくる登場人物は、
どの子も、面白く、愛さえ感じた。
おもしろくて、アタシは、目が離せなかったよ。
何年もたった、今でも、印象的ですもん。
お客さまを飽きさせない、頭の回転の速さ、
見た目だけじゃない、人を惹きつける魅力。
プロ根性見せていただきました。
きっと、お客さんに要求されたら、ボク、ドラえもん!とか、
言っちゃうんだろうな〜。