そのお店は、昭和のにおいのするお店でした。
あんまり、おっきな声で話す人もいない。
で、やたら広い店内。
ホステスさんは、美空ひばり似のおばあちゃんな、ママさん、
それから、ピンクの電話の、みやこちゃんにそっくりな、
ちょいデブのお姉さん。(しゃべり方もそっくり!)
それから、多分ココで一番若いと思われる、歳のころは、20代後半から、
30代前半、カワイイんだけど、昭和のアイドル顔の女の子。
何しろ、変な空気が漂って、お客さんと、お店の人との会話も、
かみ合っているのか、いないのか、変わったお店でございました。
その日、アタシと同席したホステスさんは、松坂慶子似(超昭和!!)の
美人さんでした。
年齢は・・・40代後半か、そこらかな〜。
やたら、笑顔なんだけど、ハイハイハイハイとかいって、
受け答えが、ちょっと、多目のおばちゃんみたいで、
どうも、絡み辛い。。。
なんで、呼ばれたんだ?アタシ・・・とか思いながら
そこで、仕事をしていると、お客さんのリクエストで、
慶子似が、河内おとこ節(だったっけな・・・たしか。)を
歌いました。
こ、コレが!!!ザッツエンターテイメント!
歌がうまいと言うわけではないけど、歌い舞い、
お客をのせる。
聞いたら、このお方、かつて東映の女優さんだったそうです。
映画や、刑事モノのドラマとか、出てらっしゃったそうで、
結構有名な映画なんかで、いい役やってらっしゃったそうです。
お若い頃の写真も見たけど、結構期待されてたんじゃなかろうか・・・
アタシでも知ってる、俳優さんなんかと、撮影してらっしゃいました。
確かに、ホステスは、お客に夢を売る仕事。
アタシたちは、女優よ、などとおっしゃるママさんも
いらっしゃるくらいで・・・・
そんな、かつての女優さんが、名古屋のクラブで
ホステスをしてらっしゃる・・・・。
いろんな、人生模様がありまさぁね。
そっちのが、気になるっちゅーの。