モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2006年7月

なんじゃこりゃお土産



うひゃひゃ!!
買ってきましたよ!
11日からハワイ入りする予定なのですが、
もちろん、モーハオフィス襲撃予定です。

しかし、ただ襲撃するだけでは面白くありません。
できれば、モーハスタッフの度肝を抜くような
お土産を用意したい!
そう思って、やってきましたビレッヂ・ヴァンガード
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
雑貨も扱ってるとてつもなく
「なんじゃこりゃ」な書店です。

そして、そこで購入したブツが上の写真。
とりあえず、モザイクをかけてみましたが、
どれもこれも凶悪なモノばかり。

税関通るかな?(爆)

一つ一つのブツに関しては、帰国後
説明いたします。

(しかし、これだけに\2000近くかける僕ってアホですか?)

モーハワイ☆コムスタッフのみなさん、
待っててくださいね〜!!(待ってない)

パンケーキ食べ比べ〜第四回 New Diner's Drive-In〜



パンケーキ食べ比べをするようになって、
ハワイでの早起きがすっかり定着しました。

日本では、仕事が夜型なのでお昼前に
起きたりして、TVで

お昼休みはウキウキウォッチング♪

なんて流れているのを見ながら

朝食

食べてたりする時もあるんですけどね。

さてさて、でパンケーキ第四段。
なぜか、ちょっと変化球気味にカリヒにある
New Diner's Drive-Inにしてみました。

ここはべしべしオアフの第二段でも
紹介されていたドライブインで
思い切りオープンエアーなお店です。
というか、お客さんの大半はto goなので
そういうお店なのでしょうね。
店は隣がオカズ屋になっていて、なかなか
面白いです。

で、今回注文したのは当然パンケーキ。

一応タマゴ料理と、ミートが選べるので、
ここは編集長お勧めにしたがって
ポーチョギーソーセージを頼みました。

しかし・・・・・・

なんか、べしべしで写ってるソーセージと
違うんですけど・・・・・・


そうなんです。実は僕もポーチョギーソーセージが
好きなので、あちこちで頼むんですが、最近出てくるのは
すべてこの写真にある細長い奴。
編集長が頼むと出てくる、丸い薄切りのやつは
ここのところ出てきた試しがないのです・・・・・

英語の発音が悪いのでしょうか・・・・・(涙)

さて、気を取り直してレポートします。

パンケーキ:☆☆
       大きさは中ぐらい。二枚入ってます。しかし、この時は
       ちょっと焼きが甘く、一枚は真中がモソっとなって
       ました。それ以外はちゃんとしてて、美味しかったです。

タマゴ焼き:☆☆☆
      なぜか「薄焼きタマゴ」みたいなのが出てきました。
      自分でなんと言って頼んだのか覚えてないんです
      が・・・ひょっとしたらこれに決まってるのかも。
      食べやすくて美味しかったです。

総評:☆☆
      オープンエアでたまたま無茶苦茶日差しが強く、暑い
      中で食事をしたのですが、味は結構良かったです。
      思い切りロコのお店なので、注文が出てくるのを待ってる
      間、本当にロコに混じっている状態で、そう言う雰囲気が
      好きな人にはお勧め。メニューもかなりあって、時間が
      あれば他のものも試したいところでした。

店員のおばちゃんが忙しかったのか、すごく「ムッ!」としてたのが
印象的でした・・・・・・・

ノースショア・グラインズにて



カイムキは静かなロコの住宅地、って
感じで風情があって良いです。
特に、メイン通りだけではなく、
わき道に入って行くといかにも、
といった感じの住宅地が広がり、
住んでみたいなぁ、と思わせてくれます。

ところで、そんなカイムキに不思議な名前の
プレートランチ店があります。
その名も

「ノースショア・グラインズ」

あれ?カイムキでノースショア???
と思われる方もいらっしゃると思うのですが、
なぜか「ノースショア」なのです。
ううむ、なぜだ・・・・・

まぁ、そう思いながらもそのノースショア・グラインズは
ロコにも人気のお店、と聞いてみたので
とりあえず行ってみました。

お昼時、人気の少ないカイムキの住宅地。
でも、お店の周りには車がいっぱい。
お店に入ると食欲をそそる香り・・・・・

すぐに注文をすませた僕は、突如
お店の一角に視線を奪われました・・・・

おおっ、なんじゃこりゃ!?

その視線の先を良く見ると、なんとそこには
パックに入れられた魚が・・・

そう、スーパーなんかで売られている
お魚さんの姿そのものが無造作に
置かれてるのです!!!!



とてつもない衝撃を受けました。
それはまるで、以前経験したような、頭上に金たらいを
落とされた時と同じ、一瞬我を忘れるような経験です。


しかし、なんでこんな無造作に生のお魚さんが・・・

と思って、その魚に近づき、貼られている値札を
目を凝らして見てみますと・・・・・

「PILLOW」・・・・・・・
 _, ._
(;゚ Д゚) …!?

ま、枕っすか・・・・・・orz

いやしかし、生臭そうな枕ですな・・・・
こんな枕、(゚?゚)イラネ!!
と一瞬思ったのですが、やっぱネタに欲しいかも・・・
(どっちやねん・・・)


ちなみに、注文したテリヤキチキンはとても
おいしゅうございました。

ワイキキ・スパム・ジャム



GWにハワイに行った時は、ちょっと
日程が長かったり、編集長と
食事をする機会があったりとなかなか
楽しかったっす。

あとは・・・今まで不思議とハワイ滞在中に
ハワイのイベント(フェスティバルなど)に
当たったことが無く、人から楽しそうな
話を聞いてるだけだったのですが、去年(?)
から4/29日に
「ワイキキ・スパム・ジャム(以後WSJ)」
が催されるようになり、晴れて僕も

ハワイ・フェスティバルデビュー!!

を飾ることが出来ました。
(15回目にして・・・・・orz)

しかし、実は去年のWSJはすっかりボケていて
スルーしており、別所から車でワイキキに帰るときに

「おいおい、カラカウア通りが閉鎖!?混むやないか!!(怒)」

などと激しく怒っていた次第であります。

ちなみに、このWSJは出店あり、ステージでのバンド演奏あり、
ゲーム大会ありの大盛り上がりで、なかなか楽しかったの
ですが、途中でこのイベント(というか、スパムのキャラクター)、

スパミーちゃん

登場。このスパミ−ちゃんが動くと、周りに人だかりが出来、
フラッシュがバシバシ焚かれ、さながら人気タレントの
ようなのです。もちろん僕も、撮影。
なかなかコミカルな動きでみんなを魅了しているのですが、
ちょいと気になることが・・・・

というのも、この写真には写ってないのですが、
スパミーちゃんには必ず、お付きの人がいるのです。
そして、帰ってきて良く見ると、この着ぐるみ

前が全然見えないんじゃないか!?

ということに気づいたのです。
そう、全く前面に外が見える構造が無いのです。

わたくし、着ぐるみ経験が実はあるのですが、
これ、かなり怖いです。
しかも、イベントが盛り上がってくると、スパミーちゃんは
ステージに上げられるのです。

その姿も見ていたのですが、まるで回りに
抱えられるように、一歩一歩恐る恐るステージへの
階段を上がっておりました。

追記:
ちなみに、この着ぐるみ、やっぱり構造に難があるのか、
天辺が破れており、ガムテープで塞がれてました。
写真撮影になると、係りの人がこのテープを
写らないようにスパミーちゃんの体の角度を
変えていたのが涙ぐましかったです。
(ちなみに、その天辺の写真を僕は必死に撮ろうと
 十数分スパミーちゃんを追いまわしました・・・)

読書と僕とスタバとハワイ



いやいや、毎日暑いですね。
こう暑いと、犬体質な僕は辛いです。
「暑いのが好き」
という方がいらっしゃいますが、何が良いのでしょうか・・・
ハワイの暑さは好きなんですけどね。
湿気も少ないし・・・・・・・・・・

とか言っていてもしょうがないですね。

ここのところ、夜遅くの生活が続いてるために
すっかり夜型の生活になってしまっています。

しかし、やりたいことはいっぱい。

特に、本が読みたい。最近本を買っては
読まずに積み上げていまして、これでは
「積みモデラー(わからなかったら読み飛ばしてね)」
ならぬ、「積み読者」じゃないか!
などと、嘆いているのです。

とは言え、自分自身も部屋にいるとついつい
ギターを弾いたり、音楽を聴いたり、
映画を見たり、など等別のことを始めてしまいがち
なので、このまま行くとこの間買った
「イザベラ・バードのハワイ紀行」が読み終わるのは
何年も先、という事になりかねないのですね・・・

しかし、最近車で20分ぐらいのところに
「スターバックスコーヒー」が出来たのです!!

スタバといえば、マッタリできるスペースの代表格!!
日に2〜3杯はコーヒーを飲む僕は、かなりスタバ
好きで、ある店舗に行くと黙ってタンブラーを
おけばキャラメルマキアートのトールサイズが
自動的に出てくる、所謂

「マスター、いつものやつを」

状態でした
(最近は店員さんがごっそり入れ替わって、
この状況はなくなってしまいました・・・寂)


で、最近出来た店舗でも、しょっちゅう行ってるので
店員さんから
「お近くで仕事をされてるのですか?」
と聞かれます。
(ちなみに会社は近くです)

昨晩は一段落ついたところで、本とタンブラーを
持参し、夜中のそのスタバに行ってまいりました。

夜中の12時を回った頃のスタバは、雰囲気はいつものような
感じですが、お客さんは4組ほど。
国道筋で、車じゃないと来にくい事や、店内でタバコが
吸えないのが幸いして、結構静かな感じです。

やっぱり、こういった状況だと読書は進みますね。
店内は適度にクーラーも効いてるし、低くソウル・ミュージック
(多分、マーヴィン・ゲイ)がかかっていて、良いです。

結局約1時間程いて、100ページぐらいまで読み進みました。

そう言えば、初めてスタバに入ったのは、ハワイでした。
ハワイのコーヒーって薄いので、コーヒー好きには
不満だったのですが、やっと「美味しいコーヒーが飲める店」
が出来たと喜んでいました。もちろん、日本にも
上陸していたのですが、地元が田舎なのでそんなことは
露知らず、いい雰囲気のコーヒースタンド、として
日本に出来たら、と望んでましたね。

ちなみに、ハワイで好きなスタバのトップ3は

1位:カハラモール、バーンズ&ノーブル内店
2位:トレードセンター店
3位:オハナ・ウエスト店

です。
3位のオハナ・ウエスト店は宿泊先のサンドヴィラからも近く、
旅行の最終日には閉店ぎりぎりまでここでのんびりしたり
してます。あと、すごく日本語の流暢な店員さんがいて、
カードの裏に書いてある、漢字までスラスラ読んで、ビックリ
したことがあります。

2位のトレードセンター店は、夜ワイキキをうろうろして、休憩に
よく利用しています。ビル風が吹くので涼しく、表で
道行く人を観察しながら、のんびり過ごしてます。

1位のカハラモール、バーンズ&ノーブル店は、書店
の落ち着いた雰囲気と、本を読みながらロコの人たちに
混じってコーヒーを楽しめるのが一位に選んだ理由です。
ここは絶対お勧めですよ。

みなさんのお好きな店舗はどこですか!?

こんばんわ。伊武雅刀です。



最近、忙しくて弾いてないんですが、
やっぱりギターが弾きたい。

ウクレレも可愛くて仕方が無いのですが、
ギターを弾いた後に弾くと、妙に弾きづらい。

そういえば、僕のギターに関わる所有品の
中で「なんじゃこりゃ」なものを一つ。

写真は、何のことは無いヤカンとギターなんですが、
このヤカン、ギターにつなぐと

音が出ます(笑)

ある日、楽器店に行くと、なぜかおいてあるヤカン。
よく見ると、ギターのプラグが差し込めるように
なっていて、しかも、上にはツマミが3つ。

「おお、これはギターアンプでは!?」

そう思ってみてみると、マジで大当たり。
「なんじゃこりゃハンター」としては
これをネタと思わずしてなんとしていられよう、
と思い、即購入に至ったわけです。

え〜、こう見えまして音はしっかりしております。
しかも、ヤカンの注ぎ口を閉じたり開けたりすると音が
「ワウワウ〜♪」
となります。そういうのを狙ったんでしょうね。
(ちなみに、ギターを弾いてると両手がふさがるので、開閉は注ぎ口を
 口にくわえて行います。かなりマヌケです)


ちなみに、考案者はかの日本有数の
ギターコレクターであり、浜崎あゆみなどの
バックでもギターを弾いてる

野村のヨッちゃん

という噂。

ちなみに、お湯を沸かすと、二度と

ギターアンプとしては使えません。

あしからず。

イザベラ・バードのハワイ紀行



キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
何が来たかと言いますと、amazonに注文していた
本が来たんです。

ハワイに行って、ハワイが好きになる人も多いと思います。
僕もここでブログを書いてるだけにハワイ好きです。

そして、最近ではハワイの歴史にすごく興味があります。
だから、ハワイに行くと昔のハワイの風景の写真集とかを
買ったりしてます。

そう言えば、GWには編集長から「ジャカランダへの径(中野次郎著)」を
頂いて、帰りの飛行機の中で読んだりもしました。

ちなみに、編集長に頂いた本の内容は、実際に明治時代に
日本からハワイに移住した、日本人医師の苦労と
活躍を描いた本です。
この本には度々当時のハワイの風景が書かれているのですが、
非常にこれが興味深い。

元々大学で史学を学んだ人間なので、やっぱり歴史に
関わるものが非常に面白く感じられ、そしてその気持ちが
昂ぶると
「研究したい・・・・」
となってしまうんですよ。

で、色々ハワイ関連の歴史の本を探してるのですが、
意外と少ない。そして映像化されてるものはもっと少なく、
がっかりさせられます。

ちなみに、ハワイの昔の写真や、歴史的地域、ハワイアンの聖地
などを取材して、歴史なんかを語る、観光ガイド的ではない
映像作品が出たら欲しいと思いませんか?

僕は欲しいです。
なので、とある人に
「作ってくださいよ」
とメールをしたら、一応興味は示していただけました。
が、まぁ、実際作るとなると大変だろうから、多分
作られることは無いかと・・・・・でも、少しだけ期待
しておこう・・・・

で、話をamazonから購入した話に戻します。

今回購入したハワイの本は
「イザベラ・バードのハワイ紀行」
という本です。
バードは1831年、イギリス生まれの女性旅行家で、ハワイだけでなく
中国や日本、朝鮮などにも旅行し、当時の旅先の
様子を克明に文章化しています。

彼女の強みは、実際に庶民の生活をのぞき、また滞在中は庶民と
一緒に生活を共にしたりしていることです。
つまり、高級なツアーをして
「この国は素晴らしかった」
と言い放つことなく、かなり細部にわたって、ある意味学術的
価値があるほどに、当時の旅先の様子を描いています。

彼女自身の生い立ちは割合裕福だったのですが、当時の
イギリスの世界的な立場から言えば、他の作家に比べて
差別意識も薄く、そういった部分でも色眼鏡無しで
読める事も評価されています。

と、ここまで書いたのですが、まだこの本を読んだわけでは
ないんですよ(笑)
バードの本は、当時の日本や中国、朝鮮などの状況を
客観的に知る材料として、あちこちで引用されてるので、
僕自身、目に触れることが多いのです。

この本は500ページを越える大著なので、これから
じっくり読むつもりです。

たまには真面目なブログを書いてみました(笑)

パンケーキ食べ比べ〜第三回 Flamingo Restaurant〜



自分のホームページでも書いてるんですけど、
ハワイっておばちゃん(おばぁちゃん?)が元気です。

ドライブインとかダイナーに夜中・朝方に行っても、
店員のおばちゃんが店内をニコニコしながら
走り回ってます。しかも、日系のおばちゃんが
多いんですよ。

実はそんなおばちゃんを見ながら食事をするのが好きです。

さて、そんな元気なおばちゃんがいる店の一つが、

フラミンゴ!

です。モーハワイ☆コムの常連さんなら
「ああ、ナンバー4の!?」
と答える結構有名なお店です。

ちなみに初めてこの店の駐車場に入ったのは、道に迷って
地図を見ようと思った時でした。
最初はレストランと思ってなかったんですよね。
でっかいアンテナが店の上にあるので

「ローカルのTV局か?」


などと、激しい勘違いをしておりました(恥)

さてさて、このレストランはべしべしオアフ島の1巻にも
紹介されているように、ロコの集まるお店みたいで、
見た目は地味です。でも、店内にテレビが何台か
吊ってあったり、24時間営業で夜はお酒を出すところ
を見ると、スーパーボウルの時期なんかは
スポーツバーみたいになるんでしょうね。

そんな騒ぎの時にも来てみたいな、と思いながら
いつも行っております。

ちなみにいくつか料理を食べてますが、どれも美味しいです。

おっと、そろそろ本題へ。

当然、ロコスタイルってことで、ナンバー4以外にちゃんと
パンケーキの朝食があります。値段はいつものごとく
メモなぞとらぬ主義なので忘却!(自慢するな)
確か4ドルぐらいかな?

で、出てくるのはポーチョギ−ソーセージと目玉焼き、
パンケーキが二枚。

ではでは、ピーコのファッションチェック!
・・・・・・じゃなかった、パンケーキの評価を。

パンケーキ:☆☆☆
       中ぐらいのパンケーキが三枚。ちょっと他の店より
       分厚い目でホットケーキとの中間、といった感じ。
       日本人には食べやすいかも。僕は個人的に好きな
       味です。

目玉焼き:☆☆
      緩い目に焼かれていて、半熟テイスト。まぁ、普通です。
      パンケーキと別の皿なので良い。ポーチョギーソーセージ
      は香辛料が効いていて美味しいですね。

総評:☆☆
      何よりローカルな店の雰囲気と、愛想のいいおばちゃんが
      より味を引き立ててくれてます(笑)
      というか、日系人がやってるらしく、日本人の味は好みに
      なってる気がします。コーヒーはいかにもハワイのコーヒーです。

僕は実年齢より若く見られるため、どうもこういうところに行くと
おばちゃん関係にえらく声をかけられます。
この時も、なぜかお店のおばちゃんが何度も席にきては
「パンケーキのおかわり食べる?食べないと元気にならないよ」
と、お母さんが息子に声をかけるように対応されました(笑)
(どうやら、パンケーキのおかわりは自由みたいです)

ちなみに、エッグスンでも、同様の経験があります・・・・・