廃墟はお好きですか?

僕は結構好きだったりします。
とはいえ、見に行ったりはしませんが廃墟の持つ「秘密」っぽいイメージ、そしてそこにかつて人々が息づいていた面影、そういうものをノスタルジックに感じることができて、とても興味があります。

そして、今回TSUTAYAを検索してると、見つけました。
廃墟「摩耶観光ホテル」

摩耶観光ホテルは「軍艦島」などと並ぶ、廃墟マニア(僕はマニアではないです)に
とって、ベスト3に入るような物件です。

兵庫県にある「摩耶山」に建つホテル。
その概観から「山の軍艦ホテル」と呼ばれ、神戸港を一望できる
立地にありながら、ケーブルカーでの登山のみが唯一の交通機関
であったため、寂れたホテル。

それでも、一時は多くの人が訪れ、その概観や景色に心を
打たれ、帰っていったはずです。

廃墟をじっと見ていると、そこにかつて訪れた人々の
楽しそうな笑顔、声、そういったものがフラッシュバックする
ような感覚に陥ります。

遠くに聞こえる蝉時雨。
静寂にたたずむ、もう人が訪れないホテル・・・・・

その、かつての役割を果たし、朽ち果ててゆくだけの姿は
新しいものには無い、無常の美しさを感じさせてくれます。