「映像がとても綺麗です」
と言われて、「大停電の夜に」を
DVDで借りてみました。


停電と言う特殊な状況の中で、
暗闇で互いに心を開いていく人々。

闇は人の心を開くものなのかなぁ・・・
などと思いながら、興味深く見てました。

この映画、結構今の僕にはガツン!と来るセリフも満載。
なかなかに考えさせられる部分もあって、映像だけ
ではなく、面白い映画でしたよ。

それと、やっぱりキャンドルの灯りって美しいですね。
蛍光灯の光が好きじゃなく、白熱灯やキャンドルの
灯りを好む僕にとっては映像的にももちろん魅力的でした。

しっとりとしたキャンドルライトの映像に興味のある方は
ぜひ見てください。そこで繰り広げられる人間模様も
あいまって、なかなかですよ。

ちなみに、この映画に出ている田畑智子は僕の後輩
だったりします。面識は一切無いですけど(笑)