モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2019年4月

子どもと走るホノルルマラソン!遂に遂に本音が出た⁈




どうにもこうにも、苦しくて辛くて仕方ないほのま。私は、ただひたすら、ほのまにポジティブに話しかける事と、マッサージとストレッチをしてあげる事しか出来ない、無能な母。

お互いに限界が見え隠れしていました。残り数キロ。長いフルマラソンの行程を考えたら、本当にあとちょっとなんです。でも、でもゴールは遠いのです。

ハイウェイを降りて、カハラの住宅街に入った時、「この道真っ直ぐ行って、右に曲がって左に曲がって坂を降りたらゴールだよ!」と言った私。非常に大雑把だけど、決っして嘘では無いのですが………真っ直ぐ進み右に曲がった時、ほのまが怒りだしました(焦)。

「右に曲がったのに、左に曲がれない」と。そして、「右に曲がって、ずっと行くって言って無い、マミィの嘘つき」と怒りのお言葉が続きます。

この場におよんで、何て冴えていらっしゃるのでしょう。日本語の理解力、上がってるのね、私の大雑把な説明の揚げ足取りするなんて、お主も成長しなぁ…………。感心している場合ではなく、母、気絶する女、あせあせタジタジ(焦)。

あーでも無い、こーでも無いなんてやり取りが続く最中、ほのまの口から突然出た言葉は………………

『もう、こんな家族嫌‼︎(怒)』


爆弾投下(汗)。

嘘紛れもなく、この瞬間のほのまの本音だったのでしょう。あまりにストレート過ぎるわが子の言葉に、私も後ろから見守っていた泳げない男も、開いた口が塞がらなかったです。そして、何て言っていいか………一瞬言葉を失うと言うか何と言うか、はい。

だよね……本当、そうかも知れない。反論はございません。と内心では同情したりして。

でも、気絶する女、ここで負ける訳にはいきません!

『仕方ないよ、この家族の家に生まれちゃったんだから。運命、運命。この家族、嫌かも知れないけど、やめられないからさ!』と、慰めにならない慰めの言葉をかけてみる(苦笑)。

と言うわけで、まだまだ気絶親子の迷走は続きます。

子どもと走るホノルルマラソン!again‼︎




2018年のホノルルマラソンから早くも4か月。まだ、しぶとくホノルルマラソンを綴り続けている気絶する女です(焦)。

ブログ上では、2018年のホノルルマラソンは、まだゴールを迎えてはおりませんが、早くも2019年ホノルルマラソンは、スタートです!

先日、会社では、連続休暇の申請を済ませました。誰とも被る事のない日程。こればっかりは、気兼ねなく休めて良いね!今年は、早いなぁ…………と言う事は、帰国後のお正月休みまでが長いって事ね(涙)。ほのまの年間行事計画みると、ごめん、また音読発表会はお休みね(焦)。

着々と外堀を埋めつつ、本題のホノルルマラソンのアーリーエントリーも無事完了!あっ、ほのまの同意書の郵送も、帰宅途中にポストに投函済み。やり忘れはなし。

そんな訳で、今年も、子どもと走るホノルルマラソン!again‼︎

懲りないバカ親でごめんなさい(笑)。今年は、辛さが分かっているだけあって、未知の世界の2018年とは違って、ハードル高いかも。どうやって、やる気にさせるか、どうやって走らせるか…………悩ましいところです。

もう少し、走れる様にトレーニングしましょう。ホノルルマラソンまであと230日。今年は、本番までの間に、もう少しマラソン大会に参加しようかなとも考えています。やっぱり、2人で走るのと周りに人がいるレースとでは雰囲気も違いますし、レースを走る事で完走証もらって頑張った!って達成感を積み重ねて、フルマラソンに臨んでもらおうと思います。あくまでも、理想的なお話です(笑)。

今年は、ダディとハイウェイでハイタッチ‼︎←泣かずにハーフを頑張りましょう‼︎‼︎が、目標です。目標が小さいんだか、大きいんだか分からないですね(笑)。

子どもと走るホノルルマラソン!優しさにまたまた救われた‼︎




写真は、数年前のホノルルマラソン。2018年は、カハラのゴルフ場脇のこの道を歩いている時は、こんなに人が居なくて、寂しかったです。

完全に心がポッキリと折れてしまった娘を前に、ここでリタイアするのかどうかを悩んでいた私。相変わらずほのまは、泣きっぱなし。

そんな私たちを見かねたのか、その場でずっと応援していたこれぞハワイな風態のおじさんが、『good job!』と言って、ジュースとサンドイッチをそっとほのまに差し出してくれました。

泣きじゃくっていたほのまの泣きが一瞬怯みました!人見知りのほのまは、自ら手に取る事は出来なかったけど、かわりに私が受取りお礼を言いました。

おじさんのこの優しさで、確実に空気が変わりました!

おじさんがくれたHawaiian sunの缶ジュースは、クーラーボックスでキンキンに冷やされていました。火照った顔や首に付けるととっても気持ちよかったです。そして、ちょっと生き返る気がしました。ほのまは、少し落ち着きを取り戻し、立ち上がりました。

おじさんにお礼を言い、再びゴールを目指して歩き出しました。

歩きながら、冷たいジュースを飲ませて頂きました。ここまでくると、ほぼ給水ポイントも終了していて、満足に給水も出来ていなかったので、甘くて冷たいジュースは、何ものにも変えがたい美味しさでした。私の背中に背負ったお水しか口にしなくなっていたほのまも、もちろんいただきました!初めて飲んだHawaiian sunのジュース。どんな風に記憶に刻まれたかな?

そして、ジップロックに入ったおじさんお手製のサンドイッチは、ハワイのよくあるボソボソパンに、ストロベリージャムとたっぷりピーナッツバター!超アメリカンなお味。予想以上に時間を費やしていたので、疲れが甘さに癒される感じでした(笑)。でも、これ本当に甘かった!かなりのハイカロリーだよね(爆)。

優しいおじさんに、ただ、ただ「thank you!」としか言えなかった私。今思うと、もっと気の利いたお礼が言えたらよかったのに…………と、残念で仕方ありません。Alohaな優しさに感謝。やっぱりハワイって、素晴らしい!!だから、やめられないのです、ホノルルマラソン。

子どもと走るホノルルマラソン!心が折れた




ダディと合流して、ダディを伴ってゴールに向かってます。長〜い長いハイウェイからやっとおさらばです。私の感覚では、ここまで来れれば!って感じだったのですが…………やっぱり思い通りにはいかない、子どもと走るホノルルマラソン(涙)。

ハイウェイを降りながら、『もう少しだね!いいよ、いいよ!凄いね!』と、相変わらずポジティブに声かけをしていた母気絶する女。かわりばえのしないハイウェイをサヨナラしたら、後はカハラの高級住宅街を通りダイアモンドヘッドの麓を走るだけ!←なんとも大雑把(笑)。

22mile大体36km弱。もちろんここからまだまだ大変なのは百も承知。でも、まだまだ長いと言ってしまったら、気持ちが折れちゃうじゃないですか。だから、相変わらずのポジティブシンキング!

そんな時、後ろから、日本人のお姉様が私達を追い抜きざまに『まだまだ先は長いですよ、8kmくらいはありますから』と、『もう少し』と言った私の言葉をご親切にキッチリ訂正してしてくれました。

ホノルルマラソンを知ってる先輩ランナーとして、知らないであろうビギナーランナーに見える私達に親切心で言ってくれた言葉だったのでしょう。でも、この時ばかりは、正直『知ってるよ、余分な事言うな(怒)』って心の中で叫んでしまいました。一瞬、アロハな気持ちが吹っ飛んでしまいました……反省。

今の言葉、ほのまさん、聞こえちゃったよね、やっぱ……り…………。そして、ほのまは、『足が痛い、もう歩けない』と泣き出しました(涙)。

ちょうどハイウェイを降りたところのスタンドの前に日陰になった芝生の場所がありました。そこに、ほのまを座らせて、しばしストレッチとマッサージ。

もう、限界まで来ているのだろう。当たり前だよね、大人だって大変だもの。泣き方や愚図り方が今までの比ではなくなりました。頼りの綱の心が遂に折れちゃったかな…………(涙)。

正直、やっぱりダメかな。リタイアすべきか…………泣く娘をギュッと抱きしめながら、私の心の中は、激しく葛藤していました。

早くも4月も中旬。学校も始まって、2年生になったほのまは、ランドセルの黄色いカバーを外して、ご機嫌。クラス替えも無く(←過疎な田舎街、生徒数が少ないから仕方ない)、先生も持ち上がりで、特に抵抗なく新生活に入ってはいるものの、勉強は、進級した途端に、急に勉強勉強な雰囲に…………ついて行けるのか⁇相変わらず、幼稚園の延長なんだよね(涙)。

悩むことなく、今年も12月のホノルルマラソンに参加するつもりです。担任の先生が変わらなかったから、どう伝えるか⁈って悩む必要なくて良かった。去年、正直にお話しておいて良かった!問題は、お勉強。一週間の空白、大丈夫かな?と…………子どもの成長とともに悩み事が変わるのを感じている今日この頃です。

子どもと走るホノルルマラソン!ダディのお迎え⁈




斜めなご機嫌も何とかごまかしながら、お迎えの泳げない男と、無事に合流する事が出来ました。

42.195kmをガチで走り、休む間も無く、約束どおりにほのまのお迎えにきた泳げない男。何だかんだと、私たちは、時間を要していましたから、予想以上にコースを戻ってくる羽目になっていました。

そして、ちょっとぬるくなっていたけど、お水を持っていてくれて、助かりました!私、気絶する女、久々の水分補給です。生き返ったぁ‼︎

そして、ほのまも、嬉しそう!ここまでの武勇伝⁈を尽かさず報告(笑)。良い意味で気分転換になったでしょう。そう、ほのまだから経験できた事もあるしね!そりゃ、偉そ〜に話してました(爆)。

そんな報告会で一瞬は元気になったけど、やっぱり身体のダメージは拭い去れる訳もなく、段々と………………(涙)。

泳げない男と合流する事で、ほのまの甘えが出ないかが、心配でした。普段の生活の中で、小学校に上がってもなお、「抱っこ」と直ぐ甘えているのですから。重い重いと言いながらも、それに応えてしまう泳げない男。甘えたい、甘えられたい、そんな2人の気持ちの表れなのですから、仕方ないのですが(汗)。

合流前に、マラソン中だから、抱っことかオンブはダメなんだよ!って言い聞かせて、事前に予防線を張っておいたので、直ぐに甘える事は無くて良かったです。

さあ、もう少しで長〜いハイウェイも終わります。レースも終盤戦。このまま、平穏無事にゴールに向かえるかな?

21.5mile 35km PM1時過ぎ

ハワイカイを周回してからの復路、写真がない(焦)。一瞬は、奇跡の復活を遂げたほのまだったけど、身体は正直で、誤魔化すのも難しくて…………そして、私も、少しずつ身体の疲労感が否めない状況で。冷静に振り返ってみると、本当にギリギリの精神状態だったのかな⁈と。なので、リアリティのない関係ない画像をくっ付けております。そして、少しの間、そんなブログアップになりそうです(涙)。

さて、今日から、ほのまも2年生!ランドセルを背負う姿もすっかりサマになったような(笑)。クラス替えは無いので、担任の先生がどうなるか⁈出来れば持ち上がりだと、12月の事説明しなくて楽なんだけど…………。違う意味でドキドキな母、気絶する女です。

子どもと走るホノルルマラソン!やっぱり試練は続く




楽しく「しりとり」と「九九」をやりながら進む復路のハイウェイ。気持ちは、紛らわす事が出来ても、30km以上も自力で走歩してきた身体の疲労は隠せません。

ゲームと平行しながら、ストレッチとマッサージ&スプレーでごまかしながら、前に進みます。が、この間隔が短くなって来ていました。そう、子どもじゃなくても、辛いよね…………仕方ありません。悪夢のような往路に比べたら、屁のカッパ!どうしたらいいの⁉︎って気の迷いも無く、対応出来る自分が居ました。単に、この状況になれたのか(笑)?

ハワイカイ辺りで、無事にゴールした泳げない男から連絡が入っていました。コースを戻りながら、ほのまのお迎えに向かうよ!って事でした。

「ダディがお迎えに向かっているから、早くダディの所に行こう!」と、ほのまを励まします。が、そう簡単には巡り会えるはずも無く、段々と機嫌が斜め方向に…………ピンチ(涙)。

そして、私にもピンチが…………給水ポイントが無い(涙)。だいたい、3km毎に給水ポイントが設置されているホノルルマラソン。体力ギリギリに走っている訳でもないし、ポイント毎に給水出来れば用が足りると思って、あえて自分用の水分を携帯していませんでした。復路のハイウェイ、進めど進めど、給水ポイントは無く…………28km辺りの給水を最後に、水分が取れませんでした。←完全に誤算。参ったなぁ(涙)。

4月になり、新年度が始まりました!そう、出ました出ました、5日連続休暇取得命令‼︎

そして、ちらっとホノマラ公式HP見たら、今年のアーリーエントリーは4月16日からでエントリーフィーは、23,000円と出ておりました。ん?ちょっと寝上がった?

と言う訳で、逃亡したいほど追い詰められてる仕事なんですが、ハワイがちらつきモチベーションが一瞬上がった今日この頃。幸いに、マラソン走るならハワイ行かない!とまで言ってたほのまの気持ちも、最近は、今年も普通にマラソン走る話にもなっていて…………今年も、家族みんなでホノルルマラソン完走!を目標でいいのかな(笑)。

すっかり春です!




花粉症が楽になったような、ならないような…………一進一退が続いています。公私ともにバダバタしています。花粉症で体調が思わしくない上に、落ち着かない毎日で、ずっと疲れが取れない感じです。こんな時は、ハワイでのんびり過ごしたい‼︎何にもしない、のんびりハワイ、憧れます!

が、残念ながら、ハワイに逃避行は出来ないので、お弁当を持ってお花見してきました。花は、7分咲きくらい。ポカポカ陽気ではなかったので、1時間くらいで退散でしたが、満足満足です。ちょっと、癒されました!

さっ、リフレッシュしたので、また日常生活も頑張らなくちゃ!

バダバタしているうちに、新年度が始まりました。今朝は、見るからにフレッシュな新社会人をチラチラ目にしました。うん、希望に満ち溢れてキラキラしているように見えるのは、自分がすっかり歳をとったってことかな?なんて、思ってしまいます(涙)。

新年度が始まると、そろそろ、12月の方向性も少し定まります!って、どうであろと、行く!走る‼︎って気持ちには変わりないのだけれど(笑)。行けるかな⁈