モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2019年2月

ひょぇ、予想外の展開!




先日参加した、親子マラソン。

今回、思いのほか早く走ってしまったと思っていたので、入賞はない!と変な確信を持って、結果も見ずに会場を後にしました。

私の中では、ほのまが今年のホノルルマラソンに向けて、少し前向きになってくれただけで、参加した甲斐があった!と思っていました。

そしたら、市役所から連絡がありまして…………実は、2位入賞だったみたいなのです(驚)。賞状とメダルをお預かりしていますとの事でした。

こんな事なら、もっと待ってて、滅多にない表彰式と表彰台をほのまに味合わせたかったな(涙)。速さを競うレースでは、到底入賞など無いですから(笑)。もっともっとヤル気に繋げられたチャンスだったのに残念です。

小学校のマラソン大会は、1年生だと900m。これだと、駆けっこの速い子が速い!まだ、短距離も長距離も差が出ないのです。突出して足が速い訳ではないほのまには、勝ち目が無いのです。ましてや、マラソンは、ゆっくりでも良いから一定の速さで長く走る!って教えてますから(笑)。学校で1位の子が賞状をもらっていたのが、凄く羨ましかったようでしたが、でも、到底かなわない!って割り切りも早かった(汗)。だから、今回頂いた賞状とメダルは、喜びひとしお。

市役所に取りに行って、頂いてきた賞状を前にメダルを首にかけて、ほのまはとっても嬉しそうな顔。凄く負けず嫌いなんだけど諦めも早い性格。努力する事の大切さを少しは、学習してくれたかな?

2019年のホノルルマラソンに向けて、良いスタートがきれました。このまま、良いゴールができるように、頑張っていきたいと思います。

そうそう、親子マラソンのあるある、子どもに親が付いて行けない!という風景。

周りのママ友さん曰く、子どもとマラソンなんてあり得ない!と。辛うじて、ホノマラ限定ランナーな私は、今のところ、親子マラソンでは、足手まといになる事はありません。ただし、ほのまの成長と自分の劣化で、いつ付いていけなくなるか分かりません。私もしっかり向上していけるように(?劣化しないようにかな?)鍛錬しなくては!ずっと、親子で楽しめるマラソンが出来たら、とってもステキだなぁ‼︎←気絶する女の妄想です!

子どもと走るホノルルマラソン!泣いて泣いて泣きまくる




泣いて泣いて、怒って、泣いて…………ひたすらその繰り返しだった往路のハイウェイ(涙)。ハーフの記念の写真が無いのは、愚図りが酷くて、それどころじゃなかったから(泣)。

「疲れた」って言葉が、「足が痛い」って言葉に変わり始めました。最初は、サロンパスのスプレーを頑なに拒否。あぁ、サロンパスの練習も必要だったか…………と反省する母。仕方なく、足のストレッチとマッサージを繰り返しながら前へ進んでいました。

でも、「足が痛い」ってが段々と辛くなってきているのが、声色で伝わってきます。足が痛い詳細を知りたいのですが、ただ痛い。詳しく分かってあげられず…………母、無念(涙)。自分の経験から、こうかな?ああかな?なんて予想しながら手探り状態。一番怖かったのが、疲労骨折。物凄く無理をさせているのは百も承知だったので、ビクビクしてました。

「足が痛い」ではなく「靴が痛い」と言い出した時、靴ズレかな?ここまでの行程で初めて座らせて、靴を脱がして確認。

その時、復路を走っていたランナーさんが「大丈夫ですか?」って駆け寄ってきてくれました。必要なものがないか?お手伝い出来る事はないか?色々聞いてくれて…………レース中にも関わらず、親身になってお手伝い頂きました。幸い、靴擦れじゃなかったので、一安心。アキレス腱の辺りが痛かったようでした。ここで、私の説得に折れて、初めてサロンパスのスプレーをさせてくれました!←奇跡‼︎

そして、また靴を履かせて再出発の準備に入ると、先ほどのランナーさんが、「頑張ってね!」って、スポンサー企業さんの機内で頂けるキャンディを沢山ほのまの手に握らせて、爽やかにレースに戻っていかれました。スポンサー企業さんの方で、ボランティア的に、色々困っている人をお手伝いするグッズを背負って、ご自分も走っていらっしゃるようでした。またまた、優しさにウル(涙)。

スプレー、絆創膏、靴擦れパットに消毒液などの救急用品からキャンディなどの食べ物、その方のリュックの中に入っていたもの。実は、ありとあらゆる場合を想定して、私のリュックの中にも同じものが(笑)。考え抜いた携帯品に、自信を頂きました!出番が無いのが一番だけど、何があるか分からない…………フルマラソンって、魔物のようだわ(焦)。

子どもと走るホノルルマラソン!栄養補給中




泣きながらも、ハイウェイまでやってきました。かわりばえのしないここの道、私個人的には、大嫌いです(苦笑)。唯一の楽しみは、すれ違うランナーの中から知り合いを探す事!

今回は、1人でガチで挑戦した泳げない男。頑張れば、ハイウェイで会えるかな?なんて思っていたので、ハイタッチをしよう!って、ほのまを頑張らせる楽しみにもしていたのですが、予想通りにいかなくて、残念ながら会う事は出来ず(涙)。

そんな訳で、長い長〜い道のりですから、気分転換も必要です。エネルギー切れにならないように栄養補給をしましょう!

超早い朝食?は、思ったより食べてもらえず、エネルギー切れが心配でした。私の背中には、食料をいくつか忍ばせていたのですが、ほのまのお気に入りは、COOの飲むゼリーぶどう味(笑)。

色々なメーカーから栄養満点なゼリーって出てるけど、ほのまのお口には合わず、少しでもお気に召した物って事で選んだ携帯食。歩きながら飲むのも事前に練習しました。ばっちりサマになっていました(笑)。少しは、気分転換になったかな⁇この時は、少し気分も晴れた感じでしたが、飲み終えたら直ぐに、不機嫌ちゃんに戻ってました(涙)。

何年か前、復路のハイウェイを走っている時に、反対側の往路側をお母さんと少年がケンカをしながら歩いている姿を見て、数年後の自分の姿だな!って思った事がありました。

まさしく、ケンカしながら(一方的にほのまが怒っているのですが)歩を進めた私たち親子(笑)。あの親子は、どうなったか?と、沢山のランナーさんに思われていたのでしょうね。

ホノルルマラソンに向けて始動⁉︎




今年のホノルルマラソンまで300日は切ったかな?

とりあえず、12月に向けて、少しずつ始動です。昨年も走りましたが、申告タイム親子マラソンに参加してきました!

昨年は、2人合わせたタイムと勘違いして2倍の時間にしちゃう失敗(笑)。今回は、まあ色々考えて申告したんですが、思いのほか、ほのまが走ってしまいました(焦)。

ホノルルマラソンが終わってから、「マラソン走るならハワイ行かない!」とか「10kmならいいけどマラソンは嫌」とか、とにかくフルマラソンを否定し続けていたほのま。今回の親子マラソンも先月申込みした時は、「走りたくない!」と、とっても否定的でした(涙)。だから、ゆっくりペースを見込んだ申告タイムだったのに…………なぜか、なぜだかやる気スイッチが入ってしまいました。

1.1kmだから、一瞬で終わっちゃうんですけどね、昨年は、ベソかいたけどね(苦笑)。今年は、のんびり走って、また一から立て直すつもりだったのに…………抑えて!って言っても、見事に走り抜いてしまいました。だから、申告タイムから乖離しちゃいました。今年は、狙ってたのに(涙)。

いやはや、親バカ目線もありますが、フルマラソン経験して、ひと皮むけて成長したと思います!そして、走りに無理が無いって言うか、無駄が無いって言うか…………この1年の成長を肌で感じた気絶する女です。

そして、コメダ珈琲店でのお疲れ様モーニング!こちらも、成長したらしく、飲めないモノは頼まなくなりました(笑)。

なかなか、子どもの興味やヤル気は持続しないですが、うま〜く上手くのせて、12月のホノルルマラソンを目指したいと思います。

子どもと走るホノルルマラソン!15km通過‼︎




15kmまで来ました!

本当は、1km毎とか、1mile毎とかに記念撮影をしながら走るつもりだったのですが……最初のガチ発言から、出鼻を挫かれて、所々で私が勝手に記録する、そんな初ホノルルマラソンでした。だから、この15kmのこのショットは、結構レアなんです(笑)。

ホノルルマラソン前半の難所、ダイヤモンドヘッドの登りを終えて、ぐるっと山裾沿いに走ってダイヤモンドヘッドとお別れする辺りです。この辺の下り坂、ダダダァってランナーの背中を見ながら走る場所、私好きなんですよね!マラソン走っている感があって。

もう、疲れも出始め、愚図りが始まってきたほのま。だからと言って、怒る事もせずに、ひたすらポジティブな言葉をかける母、気絶する女。

もう15kmも走っちゃったね!←まだとか、やっととは絶対言わない。

あと16mileだね!←キロよりマイルの方が少ないから、気持ち、もう少し感がある?←気休め(焦)。そしてカウントダウンの方が数が少なくなる分気持ちが楽に感じる⁈←気休め(涙)。

頑張れ!とは言わない。←頑張っているのは事実だから、頑張ってるのに頑張れって言われたら頭にくるよね(汗)。

などなど、気絶する女の半分無駄な努力のような努力(笑)。分かってはいたけど、私には、体力的より精神的にとっても辛いフルマラソン。私の体は、まだまだ余裕ですが、だんだんとリタイアするタイミングも考え出しました。

スタートから約3時間、午前8時頃。

気がついたら、2月も半分終わってしまう(焦)。働き方改革=ノー残業みたいになっている社内(←ちょっと本来の意味と違うと思いますが……)で、残業してでもやって下さい!と普通に言われる所属部署(涙)。有難い事に、やってもやっても、次から次へ仕事が舞い込んで来て、日々自転車操業状態。正直、辛いしキツイけど充実感も感じる今日この頃。うん、私ドMになったか?(笑)

最近、ちょっと思うのが、苦しい過酷な(←ちょっと大袈裟)娘とのホノマラを乗り越えて、凄くポジティブに考えるようになったように感じる自分。子どもに成長させてもらえたのだと感じています。

半年待って、やっと……




JAL工場見学~SKY MUSEUMに行って来ました!

マイブームと言っては何ですが、企業がCSRの一環でやっている工場見学的なものにハマっております(笑)。人気のあるモノって、実は、なかなか競争率が激しくて、思うような日、特に土日なんかは予約が取れないのです(涙)。

今回参加したJALさんの工場見学は、半年前から予約が可能なのですが、予約開始当日にはほぼ予約が埋まってしまう…………半年先の予定なんて(焦)。遠慮してたらいつになっても行けないので、とりあえず予約が取れそうな日に押さえたのが、去年の8月。そして、三連休の中日にようやく実現したのです。

本当、楽しかったし、色々と勉強になりました。半年待ったかいがありました!

飛行機や飛行機に携わる仕事などを紹介する展示を見たり、航空教室では、飛行機にまつわるお話を聞いて、目玉の整備工場の中に入っての見学。いつも飛行機の中から見る格納庫。いつもとは反対に、格納庫からみる滑走路と飛行機。なんとも言えない感覚でした。もちろん、空子さんのほのまさん、も〜ずっとテンション高め。大人も子ども楽しめる内容でした。

いつも旅に出る時に乗る飛行機。非日常を味わう大切な要素ですが、沢山の人たちのお陰で、旅をさせてもらっているんだなぁ………と。今度乗る時は、感謝して乗らないとバチが当たるなぁと思いました。

すでにハワイギレの今日この頃。少しだけ癒されたような気がします!

よし、次はいつ行こう⁉︎

子どもと走るホノルルマラソン!人の優しさにウルッ




10kmを過ぎて、カピオラニ公園を抜けて進んでいきます。

10kmに参加の方々は、ゴールですね。段々と周りを走るランナーが寂しくなってきました。当たり前だけど、フルマラソンを走るランナーだけになったのです。ここからが、大変です。お祭り騒ぎな感じも、ちょっと無くなってきて、己との戦いがひたすら続きます。

そして、10kmを過ぎて、沢山声がかかる様になりました。どっから見ても小さいランナーを気にかけて、何歳?何年生?頑張って!偉いね!etc……。10km過ぎてもゴールできなかったほのまさん、ちょっとブーたれているもので、せっかく優しい声を掛けてもらっても、愛想の無い顔(焦)。もともと、人見知りが激しくて、まともに挨拶も出来ない子ですから、こんな場面では、なおさらのこと。ここで、thank you!の一言でも返せたら、周りに与える印象も違うだろうに(笑)。

カピオラニ公園を抜けて、ダイヤモンドヘッドの登りに差し掛かった頃、警備についていたゴッツイポリスが、駆け寄ってきて、冷たく冷えたペットボトルのお水をくれました。

そして、ロコな日本語が話せるご婦人ランナーさんが、後で食べてね!って、自分用に持っていたであろうオレンジをくれました。

なんてなんて優しさだろう。私、単純なんで、ちょっとウルッとなりました。そんな母を横目に、ほのまは、辛さにウルッとなっていました。

あっという間に、2月に突入!

暦の上では、もう春なんですね。今日は、ちょっと暖かい朝でしたが、まだまだ寒い日が続くのでしょうね。巷では、インフルエンザが猛威をふるっているようです。健康に留意しないといけませんね。

とりあえず、やらなくてはいけない事が目白押し。楽しみは、暫し封印して嫌な事を片付けなくてはいけません。そう、ハワイに行くために、頑張らないと!