富士山の頂上を海抜0メートル田子ノ浦の海岸からスタートして、自らの足で目指した経験のある気絶する女からすると、登山って本当に辛いのです。当時の記憶では、フルマラソンより辛かったのです。半分、罰ゲームのようだった2泊3日…………寝袋に入って駐車場の片隅に野宿したっけな(涙)。 ベタに五合目から登った事もあるけど、こちらもかなりキツイです。

あんなに大変な思いをして頂上を目指したのに、こちらのハレアカラ、富士山よりちょっと低い頂上まで車で来れてしまうなんて!なんて素晴らしい‼︎

というわけで、ほのま6歳、ハレアカラの頂上に立ちました(笑)。なんの苦労も無しに。

この時の日没は、18時06分 。山頂付近に到着したのが17時半前。

幸いにも車を停める事が出来たので、良かったのですが、もし停められない場合は、ちょっと下のビジターセンターの駐車場に駐めて少し歩く事になるので、余裕を持って到着するのをおススメいたします。

本当に良かった良かった!おかげさまで、たっぷりゆっくりサンセットを堪能できました。

6歳児でも、こんなに夢中になります(笑)。真剣に暮れ行く夕日を眺めていました。



視線の先には、雲海の中に入っていく太陽。刻一刻と変わっていく空や雲の色。とても神秘的とも、神々しいとも言える景色に、感動しました。

1月マウイ旅、あまりデジカメの調子が良くなくて…………あまりいい写真が撮れませんでした(涙)。よし、また行くぞ!なんて、勝手に妄想ハワイにひたる気絶する女。次のマウイ島は、いつになることやら(泣)。