モーハワイ☆コム

カテゴリー:ほのま

9月前半戦色々ありました(焦)




バタバタと9月も中旬になってしまいました。本当にホントにバタバタな半月でした。ニュースでも色々報道されていますが、台風15号の被害は、凄まじいものがありました。いや、まだ進行形。そう、同じ千葉県でも、地域によって雲泥の差なのです。まだまだたくさんの方が大変な生活をしていらっしゃいます。早期の復旧を願うばかりです。電気なし、水なし、通信なしの生活を経験しましたが、だった4日でも大変でした。電気の付くありがたみを痛感いたしました。

前置きが長くなりましたが、9月はイベント月間。今更ですが、記録を残しておきます。

去る6日、ほのま8歳の誕生日を迎えて、そして、私たち夫婦は鋼鉄婚式(11年目)を迎えることができました。ほのまが、8歳かぁ…………あっという間です。まだまだ手のかかるお子様ですが、気がついたら手を離れていってしまうのでしょうね。

そして、今年も、記念日フォトを撮りました。待ち時間に、小さな藤の椅子に座り読書するほのまの姿に成長を感じました。



そして、3連休最後の16日、ホノルルマラソンに向けて、走ってきました!千葉マラソンフェスタ2019!フクダ電子アリーナに行ってきました。

あいにくの雨。ホノルルマラソンも、雨率高いし、これも練習。しかも、ほのまは、初の3kmの親子レース。ビチョビチョになりながら、何とか走り抜けました。記録は、「19分36秒」でした。1km 6分32秒、はい、頑張りました。このまま、12月に向けてエンジンかけていきましょう。そして、泳げない男は、ハーフ。うん、なかなかチャレージャー。こちらは、しっかりと、これからの課題を見つけたようです。

「もーこんな家族イヤ‼︎」発言があったけど、こんな家族を受け入れてくれている娘に感謝。決してスポーツマンじゃないし、足も速くないけどね(←どちらかと言うとオンチ⁈)、マラソン走るのも辛いんだけどね、でも、マラソン大会を走る楽しみ見つけてくれているようでありがたいです。さあ、次は、来月6日です。

ホノルルマラソンに向けて、走り始めました!




手元の天気アプリによると、34度、しかもピーカンだった土曜日。ちょうど、ホノルルマラソンまで120日。ほのまだけ、一足早くシーズンインしました。

全国子どもマラソンに参加してきました。今までは、全て親子マラソンに参加していましたので、学校以外のマラソンでは、初めて一人で走る大会でした。少々アップダウンのある2km、彼女なりのペースで、走り抜けました。記録的には、至って普通。でも、途中歩きそうになっていたけど、気持ちに負けそうになったけど負けないで、完走できた事が一番!暑い中、よく頑張りました‼︎

私と一緒だと、絶対歩かせないようにペースをコントロールしますが、一人だと、ハイペースで飛ばして歩いてしまうなんて事もあるかな?なんて思っていたけど、最初から、自分のペースを守っていました。まあ、速い子には到底かなわないと感じているのかも知れませんが(焦)。決っして速くはないけれど、長い距離を走るための走り方をしてくれているのは、ホノルルマラソンに向けて頼もしい限りです(笑)。そして、初めて一人で走ってみて、親子マラソンの方が好き!と感じたようで、12月までのマラソン大会参加が楽しみな母、気絶する女です。

次は、1ヶ月後。初めての3kmの大会です。 とりあえずは、歩かずに笑顔で完走!を目指して、頑張ろうと思います。暑いけど、ちょこちょこトレーニングをしないとね。

さて、世の中、お盆休みに突入ですね。いつもの列車は、ガラガラ…………いつもの事ながら、虚しい通勤です。

本当は、13日から一泊2日のキャンプに参加予定だったほのまさん。台風の影響で、先週の木曜日に早々に中止が決定してしまいました。思ったより台風が来るのが遅かったので行けた?なんて思いますが、安全第一なので仕方ありません。とは言え、12月にハワイを控えているので、夏休みの家族旅行は、今からじゃ無理(涙)。夏休み残り3週間、何か思い出を作ってあげなくては…………(焦)。

予想外のディナー




本当は、フードパントリーの「HI Steaks」を目指していた筈なのに……その途中で寄り道した結果、思っていたモノとは全く違う夕飯の買い出しをした、私と気絶母(笑)。一期一会、またいつ出会えるかわからないですから、この縁を大切にしましょう!

とりあえず、色々なお店があったので、ひととおりブラブラとみて回り、それぞれ違うところで色々調達!

大きなパエリア鍋で作られて売られていたパエリア!大きな鍋に心惹かれてチョイスしました。もう残りモノ状態で、ちょっと具が少な目……その分お米がたっぷり入っています(笑)。これは、可もなく不可もなくな感じでしたが、思っていたよりスパイシーで、わが家のお子様には無理な味でした。

そして、フィリピン系のプレートランチ。よくわからないけど、モクモクと煙を出していて、食欲そそられました!しかも、試食で出された豚の焼いたやつが、めちゃくちゃ美味しかったです。それとやっぱりモクモクの原因のフィリピン風焼き鳥⁈も追加して、ご飯と焼きそばちっくなモノがついた見た目イマイチたけどなプレート。これ、泳げない男大絶賛でした。

で、やっぱり私的に「HI Steaks」を食べる気満々だったから、ブルーウォーターシュリンプのステーキプレート。ガーリックシュリンプではなくてステーキ!だって、頭の中ステーキだったんだもん(笑)。これ、無難に美味しかったです。

いつもなら、ホノルルマラソン当日の夕飯は、近くのレストランに出向いてちょっとリッチな夕飯ですが、全ての体力を使い果たし、魂が抜けた状態で眠る7歳児がいたので、こんな夕飯になりました。結果、目新しいもの食べれて良かったのかな⁉︎

早くも、夏休みに突入したわが家の姫さま。昨日は、ピアノの発表会でした。本人以上に親はドキドキ(涙)。ハワイで調達してきたドレスを身にまとい、本人お姫様気分。意気揚々と本場一発勝負に挑みました。リピートを飛ばしなんの気なしにノーミスで弾き抜いた度胸に脱帽(笑)。立派立派!

ピアノを職業になんて思ってないから、気楽なもんで、ひとりで一曲両手を使って弾けただけなんだけど、この1年間の上達に拍手です。

子どもと走るホノルルマラソン!終わりに




長々と、数ヶ月もホノルルマラソンネタで引っ張りました(笑)。

鮮明な記憶があるうちに、その時の気持ちを書き留めておきたいと思っていましたが、あんなに苦しかった記憶も、段々と薄れていくもののようです。

まだ、結婚したてで、ほのまが影も形もなかった頃、ホノルルマラソンとモーハつながりで沢山の方に出会う事が出来ました。そんな出会いの中で、思春期を迎える息子さんと向き合うためにマラソンにチャレンジしたママさん、パパさんと同じチャレンジをした娘さん、家族みんなでマラソンにチャレンジしていたご一家…………まだ、親になるって事の実感がなかった私は、みなさんキラキラ輝くステキな家族だと、憧れたものでした。そして、いつかは、私も親子で参加出来たらいいなぁと、思ったものです。

郷ひろみに会う(古)!と、ミーハー気分で参加したのがきっかけのホノルルマラソン。どっぷりはまり、ハワイ中毒にかかり、ハワイ馬鹿になりました(笑)。気がつけば、ホノルルマラソンは、いつの間にか、私のライフワークになっていました。が、結婚したら、子どもが出来たら、きっと止める時が来るのだろうと思っていました。でも、結婚しても、妊娠しても、親になっても続けてこれたのは、縁なんだろうなぁ(笑)。

私のホノルルマラソン参加20回記念大会(エントリーはしたけど走れなかった2017年はマウイオーシャンフロントマラソンで代替しましたが……)を、親子で走れたことは、本当に記念になりました。一生忘れられない思い出です。7歳3ヶ月の小さなランナーさん、一緒に走ってくれて、ありがとう!

過去20回を鮮明に覚えている訳ではないですが、4時間代で走っていたガチな頃より、ずっとずっと疲れたマラソンでした。そう、身体的というよりは、精神的に…………(涙)。わかってはいたけど、覚悟もしていたけれど、想像以上にダメージは大きかったです。泣き続けるわが子に無理を強いていることを、ずっとずっと「これでいいのかな?」って自問自答の繰り返し。7歳の子どもを参加させる事の賛否はあると思います。結果論から言えば、私は、チャレンジして良かったと思います。私もほのまも、成長したと思ってます。←自己満足ですが(焦)。

単純に考えれば、これから年齢が上がり体力も運動能力も向上するであろうほのま。多分、2018年大会が一番辛い大会。まあ、それだけじゃないのが、フルマラソンの辛さであり楽しさでもあるのですが、これからは、ちょっとでも記録更新(←低レベルなお話ですが…)をしていけたらいいなと思っています!それがまた、本人の自信とやる気に繋がっていってくれる事でしょう。

もう既に、宣言をしていますが、今年も2人で走ります‼︎

そう、子どもと走るホノルルマラソン!again‼︎(笑)

いつもの時間にいつもの場所で、また、みなさんにお会い出来るのを楽しみにしています。そして、また、新しい出会いや優しさ、そして沢山のドラマに巡り会えるのを楽しみにしています。

子どもと走るホノルルマラソンを悩んでいらっしゃる方、いらっしゃいますか?普通は、悩まないかな(焦)。子どもの今は、今しかありません。もし、悩んでいるなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか⁉︎私は、極端な性格だから、走るならフルマラソン!と決めてましたが、10kmのカテゴリーもあって、ファミリーにも参加しやすいのがホノルルマラソンの良いところ。普段、なかなか忙しくて、家族団欒な時間に乏しいわが家。マラソンで共通の思い出作りができました。ちょっと変わったハワイ旅、みなさんもいかがですか⁇

長くなりましたが、とりあえずは、2018年ホノルルマラソン記、これにて終了!ブログ初めて何年か経ちますが、初めて時系列でUPしました(笑)。基本、気の向くままに適当にがモットーなもので…………後半になればなるほど記憶も写真も薄く、辛かった(涙)。今年は、記録をしっかり残せるように余裕を持って臨みたいと思います!

このまま、次なるハワイネタ!といきたたい所ですが、まだまだ先の半年後(涙)。と言うことで、あと半年は、残り少ないハワイネタで繋いでいく事になります。2018年ハワイは、8泊10日で行ったのです。マラソンは、たった1日なんだから、まだたくさんネタがありそうなんですが、私、マラソン完全燃焼だったみたいです(爆)。半年分のネタがあるのかしら?不安な気絶する女です。

子どもと走るホノルルマラソン!喉元過ぎれば熱さを忘れる




最後の方は、お水を飲むだけになってしまったほのま。お水だって、無理矢理促してやっと飲む状態。正直、あの状態で熱中症とか脱水とかにならなかったのは、本当に幸いでした(汗)。

ゴール地点のカピオラニ公園からアコモに戻る途中、いつものABCストアーに立ち寄り、直ぐ食べられるスパムスビを調達。

あれ、さっきまで「歩けない!抱っこ」って言って、甘えていたたほのま。スパムスビ食べたさに、自ら歩きながら、かぶりつく(笑)。喉元過ぎれば熱さを忘れるってこと?どんなに辛くても苦しくても、終わってしまえば忘れちゃうのかな⁇

アコモを出発して12時間以上、ほぼほぼ動いていた訳で、お腹が空かないはずがない!食欲が痛さに優ったのでしょう。パラパラ降ってきた雨に濡れないように、スパムスビを隠しながら大事に大事に、本当に美味しそうに食べていた姿が、なんとも愛おしい。

普段、食べ歩きはNGと教えていますが、この時ばかりは、例外!みんなで、雨の中、お行儀悪くスパムスビ頬張りながら、歩きました。高級レストランをも凌ぐ、ハワイの美味しい思い出の食事になりました。

私は、優しい人たちのお心遣いで、色々食べてはいましたが、でもやっぱり、お腹が空いていました(焦)。私も、ペロリとスパムスビを平らげちゃいました…………マラソン走ると、本当お腹が空くんですよね(笑)。いやぁ、温かくてしかもしょっぱい感じに疲れた身体が癒されました!

5月も最終日。なんだか、バタバタしているうちに1ヶ月が過ぎてしまいました。10連休やら運動会やら色々あって、目の前のものをこなすだけの自転車操業のような1ヶ月でした。ちょっと疲れが溜まっています。先日は、もともと低い血圧が、更に低くて自分でも驚きました。病は気から?血圧が超低いと分かってから採血したからか、クラクラしてました(焦)。

仕事も日常も、全部全部忘れて、海の音を聴きながら昼寝がしたい!そしたら、疲れもとれて、生き返るだろうなぁ……なんて、妄想ハワイ。ハワイは、まだまだ見えません(涙)。

子どもと走るホノルルマラソン!シャワーのちレインボー‼︎




激走42.195km、約11時間にもおよぶ死闘から解放。もう歩けない状態のほのまさんは、泳げない男の抱っこで、コンドに向かいます。

ちょうどゴールをしたら、雨が強く降ってきて、フィニッシュエリアのサービスも終わっていて、ゴールすると直ぐにメダルとフィニッシシャーTシャツを受けとれたので………いそいそと、カピオラニ公園を後にしました。

そして、ホノルルZOOの前の駐車場に差し掛かった時、雨が止んだと思ったら、くっきりとレインボーが!なんか、ほのまの完走をハワイが祝福してくれているかのようで、母気絶する女は、嬉しくなってしまいました。思わず、Qちゃん風にメダルと記念写真!

散々泣いたホノルルマラソン、ゴールしたとたんのほのまの笑顔!

No Rain, No Rainbow を思い出しました。

涙あっての、笑顔だね!

ゴールさせてあげられて、良かった…………やっと長い1日が終わりました。

週末、猛暑の中、運動会が終わりました。5月だって言うのに、全国で30℃超え。幸い、教頭先生のアイデアで、入退場門にミストが噴霧されていたり、子供の応援席にテントを設置してくれたり、学校の熱中症対策に頭が下がりました。そんな中、わが娘さんは、屁のカッパ状態で、元気に一日過ごしていました。さすが、フルマラソン完走者は強い(苦笑)。本人も言っていましたが、マラソンは暑いし座れないし、本当に辛かったらしいですから(焦)。親の私は、朝からお弁当作りで、ヘトヘトで…………2日経っても疲れが抜けきれず、月曜日を迎えてしまいました。今週、長いなぁ。

子どもと走るホノルルマラソン!finish‼︎




ついに辿り着きました、夢にみたfinish gate!

何度も挫折しかけて、でも、諦めきれずに…………ズルズルと半分惰性でここまでやってくる事ができました‼︎

16時も過ぎたfinish gateは、静かでした。でも、ランナーを待ち受けるボランティアさんが暖かい笑顔で、待ち受けていてくれていました。本当に、ありがとうございます。十何時間もこうやって私たちランナーを待ち受けてくれている事に、感激してしまいました。こういう所が、ガチなランナーじゃなくても参加しやすい大会の一因なんだと、改めて実感。そう、小さなランナーすら一人前にランナーにさせてくれる、夢のあるマラソン大会…………やっぱり、私、ホノルルマラソンが大好きです。

ほのま、おめでとう!小さな身体で、よくよく頑張ったね、本当に凄い、凄いよ、本当おめでとう‼︎

もっと、洒落た褒め言葉が書けたらいいのですが、正直、どうやって褒めていいのかがわからないのです。大人になってのマラソン経験しかない私には、7歳で経験したほのまの辛さとかが、等身大で理解してあげられなくて…………。私が7歳の時、ほのまと同じように出来たかな?想像がつかない大きなチャレンジだと思います。ほのまに完敗です。

ほのまが完走した事に、もうウルウルの私。逆に、ほのまは、思いのほかあっけらかんとしていました。散々泣いたもんね、出る涙ももうなかったのかな⁈

泣いてわめいて、笑って怒って…………喜怒哀楽、いやいや、本当に忙しくて長い長い1日でした。

遠足は、お家に帰るまで!と言いますが、マラソンも、ここからお家に帰り着いて初めて終わり(汗)。ほのまのご希望通りお家に帰りましょう‼︎

ひょぇ、予想外の展開!




先日参加した、親子マラソン。

今回、思いのほか早く走ってしまったと思っていたので、入賞はない!と変な確信を持って、結果も見ずに会場を後にしました。

私の中では、ほのまが今年のホノルルマラソンに向けて、少し前向きになってくれただけで、参加した甲斐があった!と思っていました。

そしたら、市役所から連絡がありまして…………実は、2位入賞だったみたいなのです(驚)。賞状とメダルをお預かりしていますとの事でした。

こんな事なら、もっと待ってて、滅多にない表彰式と表彰台をほのまに味合わせたかったな(涙)。速さを競うレースでは、到底入賞など無いですから(笑)。もっともっとヤル気に繋げられたチャンスだったのに残念です。

小学校のマラソン大会は、1年生だと900m。これだと、駆けっこの速い子が速い!まだ、短距離も長距離も差が出ないのです。突出して足が速い訳ではないほのまには、勝ち目が無いのです。ましてや、マラソンは、ゆっくりでも良いから一定の速さで長く走る!って教えてますから(笑)。学校で1位の子が賞状をもらっていたのが、凄く羨ましかったようでしたが、でも、到底かなわない!って割り切りも早かった(汗)。だから、今回頂いた賞状とメダルは、喜びひとしお。

市役所に取りに行って、頂いてきた賞状を前にメダルを首にかけて、ほのまはとっても嬉しそうな顔。凄く負けず嫌いなんだけど諦めも早い性格。努力する事の大切さを少しは、学習してくれたかな?

2019年のホノルルマラソンに向けて、良いスタートがきれました。このまま、良いゴールができるように、頑張っていきたいと思います。

そうそう、親子マラソンのあるある、子どもに親が付いて行けない!という風景。

周りのママ友さん曰く、子どもとマラソンなんてあり得ない!と。辛うじて、ホノマラ限定ランナーな私は、今のところ、親子マラソンでは、足手まといになる事はありません。ただし、ほのまの成長と自分の劣化で、いつ付いていけなくなるか分かりません。私もしっかり向上していけるように(?劣化しないようにかな?)鍛錬しなくては!ずっと、親子で楽しめるマラソンが出来たら、とってもステキだなぁ‼︎←気絶する女の妄想です!

子どもと走るホノルルマラソン!泣いて泣いて泣きまくる




泣いて泣いて、怒って、泣いて…………ひたすらその繰り返しだった往路のハイウェイ(涙)。ハーフの記念の写真が無いのは、愚図りが酷くて、それどころじゃなかったから(泣)。

「疲れた」って言葉が、「足が痛い」って言葉に変わり始めました。最初は、サロンパスのスプレーを頑なに拒否。あぁ、サロンパスの練習も必要だったか…………と反省する母。仕方なく、足のストレッチとマッサージを繰り返しながら前へ進んでいました。

でも、「足が痛い」ってが段々と辛くなってきているのが、声色で伝わってきます。足が痛い詳細を知りたいのですが、ただ痛い。詳しく分かってあげられず…………母、無念(涙)。自分の経験から、こうかな?ああかな?なんて予想しながら手探り状態。一番怖かったのが、疲労骨折。物凄く無理をさせているのは百も承知だったので、ビクビクしてました。

「足が痛い」ではなく「靴が痛い」と言い出した時、靴ズレかな?ここまでの行程で初めて座らせて、靴を脱がして確認。

その時、復路を走っていたランナーさんが「大丈夫ですか?」って駆け寄ってきてくれました。必要なものがないか?お手伝い出来る事はないか?色々聞いてくれて…………レース中にも関わらず、親身になってお手伝い頂きました。幸い、靴擦れじゃなかったので、一安心。アキレス腱の辺りが痛かったようでした。ここで、私の説得に折れて、初めてサロンパスのスプレーをさせてくれました!←奇跡‼︎

そして、また靴を履かせて再出発の準備に入ると、先ほどのランナーさんが、「頑張ってね!」って、スポンサー企業さんの機内で頂けるキャンディを沢山ほのまの手に握らせて、爽やかにレースに戻っていかれました。スポンサー企業さんの方で、ボランティア的に、色々困っている人をお手伝いするグッズを背負って、ご自分も走っていらっしゃるようでした。またまた、優しさにウル(涙)。

スプレー、絆創膏、靴擦れパットに消毒液などの救急用品からキャンディなどの食べ物、その方のリュックの中に入っていたもの。実は、ありとあらゆる場合を想定して、私のリュックの中にも同じものが(笑)。考え抜いた携帯品に、自信を頂きました!出番が無いのが一番だけど、何があるか分からない…………フルマラソンって、魔物のようだわ(焦)。

ホノルルマラソンに向けて始動⁉︎




今年のホノルルマラソンまで300日は切ったかな?

とりあえず、12月に向けて、少しずつ始動です。昨年も走りましたが、申告タイム親子マラソンに参加してきました!

昨年は、2人合わせたタイムと勘違いして2倍の時間にしちゃう失敗(笑)。今回は、まあ色々考えて申告したんですが、思いのほか、ほのまが走ってしまいました(焦)。

ホノルルマラソンが終わってから、「マラソン走るならハワイ行かない!」とか「10kmならいいけどマラソンは嫌」とか、とにかくフルマラソンを否定し続けていたほのま。今回の親子マラソンも先月申込みした時は、「走りたくない!」と、とっても否定的でした(涙)。だから、ゆっくりペースを見込んだ申告タイムだったのに…………なぜか、なぜだかやる気スイッチが入ってしまいました。

1.1kmだから、一瞬で終わっちゃうんですけどね、昨年は、ベソかいたけどね(苦笑)。今年は、のんびり走って、また一から立て直すつもりだったのに…………抑えて!って言っても、見事に走り抜いてしまいました。だから、申告タイムから乖離しちゃいました。今年は、狙ってたのに(涙)。

いやはや、親バカ目線もありますが、フルマラソン経験して、ひと皮むけて成長したと思います!そして、走りに無理が無いって言うか、無駄が無いって言うか…………この1年の成長を肌で感じた気絶する女です。

そして、コメダ珈琲店でのお疲れ様モーニング!こちらも、成長したらしく、飲めないモノは頼まなくなりました(笑)。

なかなか、子どもの興味やヤル気は持続しないですが、うま〜く上手くのせて、12月のホノルルマラソンを目指したいと思います。