マウイ島の旅で、どうしても行きたかったお店があります。その名は、『Island Sandals』。オアフにある有名な『Island Slipper』とは似てるけど、全然別物です。スリッパじゃなくてサンダルです!

マウイ島のリサーチをしている時に、ラハイナ のフロントストリートにあるこちらの情報を目にしました。その記事から、気になって色々調べたら、どうやらオーダーメイドの革サンダルを手作りで作ってくれるお店なんだそうです。そのお値段$165-との事。

マウイ島の旅の記念に、絶対オーダーメイドする!って心に誓って旅立ったのでした(笑)。

お店がお休みだったりしたのですが、実質最終日、諦めきれずにもう一度行ったら、やっていました。そして、事前情報通りに、雑然とした狭い店内には、ランニングきたサンタクロースみたいなおじさん。サンダルについての熱い語り(全て英語)を聞いて、当初の誓いどおりオーダーする事にしました。

デザインは1種類。4色から色を選び、足型をとって、それで作ってもらう感じです。作製には3ヶ月くらいかかるので、日本に送ってくれるって事で、サンダル代を先払い。冷やかし半分だった泳げない男も、結局オーダーしてるし(笑)。

そして、その後、衝撃の事実が…………

私の見た情報は、凄く古い情報だったらしく、2018年1月時点での料金は、$250-にプラスTAX。きゃぁ、お高いわ(焦焦焦)。でも、もう遅い(笑)。しかもCASHオンリー。お金をかき集めて支払いました。我ながら、詰めが甘い!でも、忘れがたい、マウイ島のお土産には最高なモノになりました。

このサンダル、後々修理もしてくれるらしいです。修理するくらい履きつぶして、またマウイ島に行って修理してもらえたら素敵だな!なんて、次があるかもわからないマウイ島再訪を妄想したりして(笑)。

そんなハプニングもあったオーダーメイドのサンダルですが、忘れかけてた4月に、着払いで届きました。しかも、しっかり関税も発生して、2足分でプラスの13,000円。いやぁ、超高級サンダルです。だけど、せっかくなので、この夏、結構履きました。最初は痛いのですが、皮が柔らかくなってきて段々と足に馴染んできた頃に、夏が終わりました(涙)。

ハワイに持っていこうか、悩んでます。革だけに、場所によってはNGでやっぱりビーサンも必要になるし…………荷物は少なく行きたいし、明日が出発だって言うのに、持ち物が今だに決められない、優柔不断な気絶する女です。

さて、日本脱出まであと1日。今夜は、これから最終決戦です(汗)。