モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年7月

&emojichoki;ただいまっす!



おとつい無事帰国致しました!
ぽつぽつとブログ更新して参りますね〜



&emojibye; 行って来ま〜す!



暑”い〜 暫しこの暑い日本を脱出します。
向うは日本より涼しい常夏の島

今回は羽田からハワイアン航空なのであります
では皆様、行って来ま〜す



&emojigame; 分解掃除の巻 &emojigame;



長年使ってるデジカメが調子悪いです。


去年のロコモコサンセットでどうやら砂塵が入った様子。その後に行ったハワイでの撮影にも画像に埃が写り込んでしまってたんですなー

何とかせねばと思いつつ何もせぬまま日々が経ち、とうとうハワイ行き直前になって分解掃除と相成りました。

本当はそろそろデジタル一眼レフが欲しいところなんですがねー、、、

さて、近所の百均 で精密ドライバーを買ってきて分解開始です。
老眼鏡を掛けてちょっとドキドキしながらバラバラにしました。途中ポロっと部品が何処からか落っこちて、くっ付いてた場所を見落としかなり焦りましたが気にせず更にバラしていきます。



砂塵が付着しているであろうレンズ部分を綺麗にクリーニングして、ついでに他の部分も綺麗にして、、、



無事に組み戻し完了! ホッ
画像も綺麗に写り込み修理成功です

これでもう暫くは使えるかな〜
でも一眼レフ欲しいな〜



&emojichoki; で ま し た &emojimark_success;



先程、就寝前の排尿時に無事産み落とされました。



大きさはタテ2ミリ×ヨコ3ミリってところでしょうか。
しかし凄んごくトゲトゲした石ですな〜怖〜
でも思った程痛く無く、ん!何だ?ってな感じでポロッと出て来たのであります

これで一安心、いやいやほんと安堵いたしました
今夜はぐっすり眠れそうです





なんですか?この棒



妻です。最近この文頭のくだり、 最近見ない”ひろしです”っぽく思えるのは、何か?私病んでいるのでしょうか?


て、ことで、最近我が家に登場したこの棒、高〜い
位置に取付けてられていて、こんなの





そう、これは、最近めっきり運動量が減った、
旦那の鍛える為の鉄棒なのです。

朝から晩まで、よく下がっているようです。

玄関からは見えない、秘密の特訓エリアにあります。
でも、余り、効果は見れません
ぎゃんばれ〜


カウントダウン&emojipaa;だよ〜 早くでて〜



妻です。まあ、色々ある我が家ですが、今年は何と!
Hawaiian Airで行ってしまうのです〜幸せ
羽田発だけで、何だか他の飛行機会社で行っても、同じHonolulu 空港に着くのに、ダイレクト感があるのはなぜ?

なぜって〜あの、お顔つきの飛行機乗ったら、ねぇ〜もう着いちゃった!感があるからでしょ〜 なるほど〜





そうそう、やっぱり色々悩んだけど、カウアイ島、
今年も行きます。だって、素敵なんだもの


とにかく、早くでてくれるように、応援よろしくお願いします。


&emojihospital;病院への道 その2



さて、漸く救急車に乗り込む事が出来、車内のベッドに横たわると 腕に血圧計を巻かれ、胸に電極?をペタペタ貼られ、脇に体温計を挟まれながら色々と質問されます。救急車のお世話になるのはこれが初めて、中々発車してくれないのですね。
どこか希望の病院は?と聞かれたけど「どこでも構いますぇん(早くしでくれー)」

漸く救急車が出発してくれて10分程で病院に到着。救急治療室に運ばれると
先ず、問診と同時に痛む箇所を確認、そしてエコーで左右の腹部を検査して説明を受けながらモニターを見ていると光る物を発見。「やはり、これは尿管結石ですねぇ」と先生。ここで漸く痛み止めの座薬をブスっと刺されました。この座薬を人様に刺されるってのも初体験なのでありますが、恥ずかしいっていうより痛かったなー、、もうちょっと優しく入れて欲しかったー
腕に点滴を打たれ、他に疾患が無いか検査しますって事でレントゲンとCT検査を受けました。
このCT検査ってのも初体験、自分の腹回りの輪切り写真を初めて拝みました。
先生が色々と尿管結石なるものを説明してくれるんですが、それより腹の廻りをぐるりと覆う白い物体が気になって耳に入らず。「これって脂肪ですか・・・?」と聞く勇気もないまま説明を終え、痛み止めの座薬と飲み薬を出してもらうことにして救急治療室を後にしたのでした。
しかし先程迄の激しい痛みは嘘の様に消えてるんですね、座薬様々ですなー
とはいえ、ずっと痛みに耐えながらここ迄運ばれて来たもんだからいったい何処の病院なのか把握してませんでした。しかも服装も寝ていた時のよれた短パンにタンクトップという有様です。
お会計を待ってる間うろうろと歩き回って眺めるとどこか見覚えが有る待合室。
結局、運ばれた病院は娘が産まれた私立病院なのでした。
さてどうやって帰ろう。歩くには遠過ぎるし我が家方面に行くバスも無し。ま、格好から見てタクシーで帰るしかないんですけどね。時計を見ると2時半を回っていました、長い1日でありましたが完治した訳では無いのであります。
これからが大変なのですね、尿管結石ってのは。とにかく石を出さねば成りません。それがとにかく痛いそうで世界三大痛い病とまで言われてるんだとか。因にその三つとは 胆石、痛風、尿路結石だそうです。

今はそのやがて来る痛みに覚悟を決めて、一刻も早く石を出す為に2リットルの水をぐびぐびやっては運動の繰り返しなのであります

しかしいい経験に成りました、日頃の食生活や生活習慣が如何に重要かを思い知らされた様な気がします。本気で見直し改善せねばいけませんねー

おわり

皆さんも1日2リットルの水を飲みましょうね〜

&emojihospital;病院への道 その1



今日、朝食の後妻と娘を送り出して、燃えないゴミを出し、お勝手の洗い物を片付けて、やれやれとコーヒーを飲んでいたら、右の腰辺りに鈍い痛みを覚えました。
またいつもの腰痛かと思いましたが明らかに味わった事の無い痛み。その痛みが次第に大きくなっていき気分も悪く吐き気もして来て、これはやばいかも、、、と、ベッドに横になりましたが一向に良くならず。汗は出て来るし痛みは激しさを増すばかり、七転八倒とは正にこの事。「どうするどうする」「これは病院へ一刻も早く行かねばー」しかし体の力がまったく入らず立って歩く事が出来ません。「救急車だ」と思うも「それはちょっと大袈裟すぎないか?近所の人が集まって来たらどーしよー、いやだなー、、、」(実際、隣人が救急車で運ばれていった時近所のおばさま達が集まって来ちゃって大変な騒ぎでやんした
しかしこれは尋常な痛みではないのだ!と決心し、119をプッシュ!
(この時わたくしは余りの痛さに頭がモウロウとしてたのかも知れません。救急って何番だっけ 5秒くらい頭が真っ白になっとったですよ(泣))
事情を説明し、受話器の先の「もうそちらに向って間もなく到着しますから安静にして待っていて下さい」の声に従い、玄関の扉の前でとても安静では居られない状態で待っていると、ピーポーピーポーという頼もしいサイレン音が、1人苦しみにもがき耐えている男の家に着実に近づいて参りました。救急車は無事到着し隊員の足音が聞こえ、「早くおいらを病院へ運んで行っておくれ〜」と目を潤ましてると、何故かお隣の家に入っていくではあーりませんか
「いったいなんの騒ぎですかー、うちじゃないわよ!」と、がやがや言いながら出て来た隣のおばさん、この人がちょっとくせ者なんですけどね。寄りに寄ってなぜそのお宅と間違えんねんー!!!
たまらず玄関扉をバンッと開けて、「こっちでしゅぅぅ、、、」と力の無い声で叫んだのでありました。

つづく

2度目&emojipresent;&emojibirthday;



妻です。先週日曜日は、お友達を招いてのBarthday party このケーキ見てみて〜



この原稿を旦那が描いて、それをKAYUちゃんママが作ってくれたの〜
今迄、何度か登場している、ケーキ工房やなぎだ は凄いの
なんでも美味しいクッキーで作って載せてくれるの
もちろん味も最高です。

キャラクターの名前は…忘れた〜


まあ、集まった5家族のママ達は普通の飲み会に
なってたけど、ありがたいね〜 暖かいよ皆は



きょうのメインは、pikipikiちゃん 9歳おめでとう!