モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年5月

&emojionigiri;おむすびに癒されるということ



いやす夢
ここはコア通りにある本店です、

今回、娘はユメキッズ・ラーニングクラブに参加したんですけど、そこで先生がいやす夢でお弁当を買ってくれたことで娘は大のお気に入りになったのでした。
以降、お腹が空くたんびに「おむすび買いに行くー!」と言っておりましたよー。

実はこのお店が定宿にしているコンドのすぐ近くに引っ越していたのをこの時初めて知ったのでした。便利便利〜

店内はこじんまりとしていて何かほっとさせます。お店の人も親しみやすく日本のお母さんって感じです。おむすびの種類もたいへん豊富でどれも美味しそうで迷っちゃいますなー。

そのとてもおいしいおむすびの味にマジで感動です。異国に居る事を一時忘れてしまいます、癒されましたですー
(実はこの日、波乗り中に嫌な事があって気持ちが沈んでたんですが、吹っ飛びました。)

娘が折った折り紙をプレゼントしたらとても喜んでくれて、お新香を1パックサービスしてもらっちゃいましたー。



ごちそうさまでした〜
また来てしまうんでしょうな、きっと。

&emojimark_success;初田植え〜



先週の日曜日、人生初の”田植え”しちゃいました。

【野の文化学習会】というとっても真面目に、食文化を自然体験の
中から理解して、子供達にも伝えていこうという方達主催の会なのです。
すばらしい


素敵な場所でしょ!あいにくの雨と、前日のタヒチアンレッスンで
くたくたになっていたけど、テンション上がってきた〜っ!

そうそう、今回旦那様は、腰痛と、手のしびれで欠席なのでした




さあスタート



素人さんの私達の為に、ロープに赤い印がつけてあるの。
ここに植えてねって





横、一列で、どんどん植えていきます。
しかし、一歩づつさがるのですが、子供が転んだり、
大人が足がはまったり、まあ色々あります。



がんばれ〜

真面目                不真面目     



自分の植えた辺りは、なんとも愛おしい〜 
この感覚が大事なんだな〜 作物を作るって
ひとつの生命をスタートさせた様な〜というか〜




ここは、田んぼの横に水路があり、ジャブジャブ泥を落として
終了 仲良くなった農大生と水遊びみたいだったね
しっかし泥だらけだね


センターに帰って、みんなでご飯
おかずは、この獲れたて野菜のみ、でもごはん進むのよね〜

収穫祭含めて、あと3回、きちんと見守りたいと思います。

やっぱいいね〜

青山にトロリ〜?



妻です。お昼休みに、トロリー発見

ランチ!ランチ!って、インドカレー屋さんへ向う途中
骨董通りと青山通りの交差点に、なぜか?いたのよ〜
あの、ハワイで走っているトロリーが、、、、夢?

何んの為に走っているか? 知ってますか〜? 


紀伊国屋の前を、通り過ぎるトロリー
なんとも不思議〜な感じです。

&emojicrown; お宝ワイン&emojispark; 試飲会



連休の最終日の締めくくりは、お宝ワインの試飲会!
Yちゃんのお家で、またまた、楽しい時間を過ごしました。
ひょえ〜ってワインが、、、、



な、なんと!今日の目玉ワイン
Spinetta社 Gallina Barbaresco
左:1998年ヴィンテージ        右:2001年ヴィンテージ
もう、日本ではお目にかかれないカモ〜



慎重に慎重に、コルクを開けてたのですが、もろもろのコルク
で、ちょい失敗長い事、がんばってきたのね〜コルク君
イザ試飲へ、、、、
とはいかず、先ずはデキャンタヘ移し、少し眠りからさましtimeへ

あわてるな!あわてるな!って感じ

その間に、先ずは泡ものからで、乾杯〜 からスタート


Antipastoから充実!チーズは、5種類かな。どれも、おいち〜
右の白い物はコロナータのラルド、本当にとろける様な甘さが口に広がり、トーストしたパンの上でのトロットがたまりません!


このチーズは、今回始めて食べたもの、pecorino チーズにサフランで色付けをして、粒胡椒を回りにつけて、熟成させた、セミハードチーズ
ピリット胡椒が聞いていて、今回の熟成した赤ワインにもバッチリ会います



本格的に、垂直テイスティングが始まりますが、色々、感想やら言っている
内に、だんだん只の飲み会になってしまいました。まあ、楽しいのが一番




そして、これが、メチャ旨の”スプニョーレのガルガネッリ”
食感がいいのよね〜このパスタ この茸、日本名ではアミガサタケと
いうのかな、このスプニョーレの食感がムニョムニョして最高でした





最後は、お手製のカフェセミフレッド、なんでも、黄身にゆっくりと水飴を
少量づつ加えながらつくるアイスのドルチェ まさに職人技なデザート。
ふわふわして、締めくくりに又また最高


あっと!言う間の楽しい時間でしたよ〜
いつも、ありがと
次回は、私の秘蔵のAMARONEを提供しての、試飲会楽しみだね〜

その前に、Yちゃん中野のお店の会だね

&emojisun;今年のゴールデンウィークは(その2)



さて次の日、
またもや義姉さんの提案でどこかに出掛けようと言う事になり、行きつけ?の神社に散策に行く事に成りました。



ここは初詣参りの時はめちゃくちゃ混雑するのですが当然の事ながら普段はこんなに静か。参拝客も少なくゆっくりのんびり散策できそうです。



爽やかな新緑の中、のんびりお散歩の筈が参拝も早々に済ますといきなり山を登る事に。これも体育会系の性なのでしょうか、、、。平の道を選ばず上り坂を目指してしまうのでありました

ここ金鑚(かなさな)神社は山そのものを御神体とする原始信仰の古社で、本殿とする建物がありません。この日我々はその御神体である御嶽山に初めて登ったのでした。
標高は僅か343メートルしか有りませんので余裕と思われます、多分、、。



途中、鏡岩なる巨岩を見ながら、



更にずんずん登って行き、、、



となりのトトロに出てきた様な草木のトンネルをくぐって出た先に、、、畳み2枚程の岩峰を登ると(決して足場が良いとは言えません!)360度のパノラマが広がり妻も子供達も歓声をあげております、が、私は、その、、、あれですよ (またかよー)
とにかく娘が足を滑らすのではないかと気が気でなかったのであります。
この写真も実は必至で撮っております。


・・・。


妻は先客のおじさんにあそこは何処だの家はあそこでここからでも見えるだのと景色を楽しんでおりました。



これは下山の時の様子ですが、こんな所を登って行くんですよー。


帰り、登山口近くでこんな看板を発見、自然の驚異ですな。

おわり

&emojisun;今年のゴールデンウィークは(その1)



あ〜ぁ、今年も終ってしまいましたねー ゴールデンウィーク。
我が家は何ともハワイアンなイベントから始まりましたが、その後は漁港やら神社の裏山プチ登山と、なんとも日本的

取合えず妻の実家に帰り、其処から茨城へ。
決して妻の実家から近い訳ではないのですが義姉の提案で「ひたち海浜公園」に行くことになりました。
昔このすぐ側の海によく波乗りしに来てたのですが、その時以来実に30〜年振りです。道路が新しくなったりと随分様子が変わっててびっくりでしたが、ビーチの方を見ると海の色も蒼々としていてサーファーの数もまばらで何とものんびりした雰囲気。小さいけど波も結構綺麗にブレイクしてましたよ。
あ〜この雰囲気は昔のままだな〜。
でも昔は無かった沖合の消波ブロックが大変痛々しく見えましたが、、。

そんな風景を車窓から眺めながらやがて海浜公園に到着。


ここにはブルー一色の花で覆われた丘があります。
義姉の目的はこのネモフィラという花を見ることでした。
まるで空と同化してしまう程鮮やかなブルー。
目の覚める様な光景とは正にこのことですね。


で、子ども達の目的はこれです。
実は僕、今の今迄観覧車に乗った事が有りません。お察しの通り高い所が苦手なのであります




当然の事ながら眼下の景色がじわじわと小さくなって行きます




子供達は大はしゃぎです。なので揺れます。怖いです(自分だけ)。


でもだんだんと慣れてきて下の風景を観察出来るように、、、。
結構いろんなアトラクションがあるんですね−。

ひたち海浜公園の入場料は 大人400円、子供80円
でも乗り物は別料金です。因に観覧車は大人、子供に関わらず1人500円でした。







さて、海浜公園を後にして向ったのは那珂湊の漁港に在る「那珂湊おさかな市場」です。
渋滞の中やっとの思いで到着、市場も凄い賑わいです。




牡蠣でかっ!


牡蠣をその場で捌いてくれます。





みりん干しも美味しそう。


店先でおじさんが さんまのぶつ切りを焼いて振る舞っておりました。
焼けたよーぅ!と言う声と美味しそうな香りに大勢の人が群がり、あっという間に無くなっちゃいました


おじさん達も楽しげでまるでお祭りみたいですな〜


ここで昼食を頂く事に、店は市場入り口すぐの所に有ったなんとも懐かしい感じのこじんまりした定食屋さんで、僕はお刺身と生牡蠣と海老フライの「港定食」なるものを。娘は「づけイクラ丼」を頂きました。
が、肝心の写真を撮り忘れましたとさ(涙)。
言わずもがな、ほっぺが落ちる程おいしかったでやんすー

つづく

&emojileaf;クイーンエマ夏の宮殿 『Hanaia Kamalama』(サマーパレス)



またまた、去年の秋の続き。。。。
ホテルに戻って一休みした後、クイーンエマ夏の宮殿に行きました。

ここは、かつてエマ女王・カメハメハ4世・アルバート・エドワード王子が別荘として使用していたところ。

ナアエア・エマ女王は、愛息アルバートを4歳で亡くし、夫であったカメハメハ4世も29歳の若さで逝去。波瀾万丈な生涯を送った「悲劇の女王」と言われる一人である。また、クィーン・エマと言えば、その生涯を通じて慈善活動に情熱を傾けた人。ハワイの人々の健康のために活動し、当時海外から持ち込まれる感染病から守るために尽力をつくし、特に、4世と独自の基金を募り設立した大規模な病院「クィーンズ病院」を設立したことは有名ですね。


建物は1848年ハワイ系白人事業家ジョン・ルイスによって建てられたそうです。
ハワイ諸島では残り少ないギリシャ風リバイバル様式で、当時流行の東部建築様式とハワイ建築様式が融和された独特の建築、と解説にあります。

中にはエマ王妃の所持品、調度品、工芸品、そしてゆかりの品々が展示されています。しかし、4歳で無くなった王子の遺品を見ると、これまた、涙がでちゃうのよね〜

どうしても、見ておきたかった理由は、丁度、そのころKahikoで ”Emalani ”
を習っていたところ、「この素敵な場所で体を休めてください」という意味の言葉がたくさんでてきたので、どんな場所か?知りたくなって。


内部は撮影禁止でしたが、


唯一撮影が許された王妃の小型グランドピアノの前。
なにか弾ければ座って撮影OKとのこと。しっかりと音でましたよ〜



一通り内部の説明を受けてから、裏庭へ。





出て直ぐに植えられていたのがオヒア・レフアの木。
可愛い赤い花をつけていました。





熱心に説明をしていただいた、三宅さん!ありがとう
これはコアウッドです。この時初めてコアの原木を見ました。
木目が綺麗な事で乱獲されて今ではとても貴重な樹木ですよね。






それにしても何て広いバックヤードなんでしょうか、樹木もどれも立派でした。
この木なんの木きになる木でお馴染みのモンキーポッドもこれ又、立派





エントランスにはククイの木も実を沢山つけてました。

こんな場所で、エマ夫人もゆっくりと、疲れを癒した事でしょうね〜


ホッとする、この場所へ皆さんも是非
場所:2913 Pali Highway, Honolulu,Hawaii 96871
   Tel:(808)595-6291

開館時間 am9:00〜pm4:00
入館料 大人$5 11歳以下$1 シニア$4