モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年1月

ムービー作ってみました



あ”〜、漸く新作が出来ました〜。
ムービーにしてみたんですけど見れますでしょうかー?

湯けむりの向こうにハワイ?



このお正月に伊香保温泉に行って来ました。
伊香保と言えばこの細長い階段ですね。
上りきった所に伊香保神社があり、皆さん初詣に向かいます。


途中、おまんじゅう屋さん(定番です)や


射的屋さん(これまた定番ですね)や
昔懐かしい駄菓子屋さんなんかも在り楽しめます。


懐かしいっすね。

近くにハワイ公使別邸が在ると聞いて行ってみる事にしました。


和洋折衷を想像してたんですけど、なんと純日本家屋でした。


入るとハワイ公使、ロバート・アルウィン氏が迎えてくれました。


内部は当時の調度品や食器等が展示されていました。


これは、カラカウア王の来日を知らせる当時の新聞です。


内装も当時のまま残されています。


この方が旧ハワイ王国駐日代理公使、ロバート・W・アルウィンさん。
ここで簡単にアルウィンさんのことを説明致しますと(以下、パンフより抜粋)

『明治四年当時、日本とハワイは和親通商条約を結びました。そこでハワイ国は在日外国人の中から最も日本通であり、政財界に友人の多いロバート・ウォーカー・アルウィンを日本総領事に任命、さらに明治十四年カラカウア王の来日にあわせ駐日代理公使に任命、両国の発展を目指した。特にハワイにおける主産業の砂糖生産労働力確保の為、また農家の次男、三男対策として日本・ハワイ移民協約の締結に数年をかけて奔走、ついに明治十八年一月、シチーオブトウキョウ号で第一回移民九百四十三名を送り出すのである。
以後明治二十七年の管約移民終了までに二万九千三百三十九名が渡航し、その子孫は現ハワイ州に大きな影響を与えるまでになっており、ロバート・ウォーカー・アルウィンは移民の父としてその名を永久に残している。』

そんなとっても偉いアルウィンさんが蒸し暑い日本の夏を過ごす為に選んだ避暑地が伊香保だったという訳ですね。大正十四年に亡くなるまで毎夏ここで過ごされたそうです。とても気に入られてたんですねー。

そう言えば伊香保でハワイアンフェスティバルが毎年開かれてますよね。

伊香保とハワイの交流の深さには、こんな背景があった事をこの時初めて知りたいへん勉強になった温泉旅行でしたとさ。
めでたし めでたし。

皆さんも伊香保へ行く機会がありましたら寄ってみて下さいまし〜。

謹賀新年



明けましておめでとうございます。
なんて、もうお正月終わりですね・・・。

いや〜、年末から正月は何かとお酒を頂くことが多くて飲んだくれておりました〜。
パソコンからも遠く離れていたもんで新年の御挨拶が遅れてしまいすみませんでした〜。
昨年はアートエキスポ参加、○ちゃんとのコラボ、モーハのブログに参加出来、皆さんと御知り合いになれたりと実り多い年だったと思います。ブログ更新さぼりぎみですけど・・・。
これからもどうかひとつ、宜しくお願い致します!

写真は1980年茨城の河原子っていうポイントでの1コマ、高校2年生のわたくしでございます。(古っ!)