モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年9月

3日目 アロハフェスティバル フローラルパレード&アウチッ!



3日目の朝はフローラルパレードを見物する為に早々にホテルから飛び出しモアナホテルの向かい側に陣取りました。なにやらお向かいに陣取ったご夫婦のダンナ様、必死にビーチマットに空気を入れております。


中々膨らまず見ているこっちの方も息苦しくなってしまいました・・・。


ようやく膨らんできましたね。奥さんも一安心。

  
あ、どっこいしょっと。

さて、間もなく鼓笛隊のマーチが聞こえてきましたよ〜。



すげ〜! なんかカッチョエーです。



ロイヤルハワイアンバンドです。これを見たかったんですよねー。


おんやー。今日が本番だったんだー。一昨日の練習の成果が随所に見られましたですよ〜。


「ヒャッホ〜、ピーピー」アメリカ人は大喜びでした。




各島のプリンセス達もお馬さんに跨がって登場。


でもってお馬の○○のお掃除係り?もとってもフローラル。
笑顔が素敵です。




これぞフロ〜ラル〜。


ごくろうさまですっ!




カメハメハハイスクールです。なんとも凛々しい高校生達ですね。


そういえばお向かいさんは?
奥様の頭に傘代わりのビニールが・・・。


帰りにハイアットにスムージーを飲みに立ち寄ると結婚式の記念撮影の
真っ最中。今日はなにかと華やかな1日です。




が、しかーし!!!
午後の波乗りでリーフアタック! アウチッ!!!

いやほんと、今日はなにかと華やかな1日でおざいます・・・。

続く

2日目 ラニカイ



さてさて長い1日を経て、少し寝ぼけ気味に朝一で波乗りに一人お出かけです。
今日も昨日に引き続き良い波が入ってまいります。ひゃっほー!


しかし今日はラニカイツアーに参加する為、早々にホテルに帰ります。
ラニカイは駐車場が無いのでレンタカーで行くと路駐しなければならず
はらはらしちゃうんですよね。なので今回はツアーに申し込みました。


ビーチに続く小道がとってもいいんですよね〜


でもって天国の海が目の前に広がります。

来た事ある方ならご存知かもしれませんがこのビーチには、”しっとるけおじさん”がおられます。
「この家はミッシェル・ファイファー、あっちの家はジェームズ・ボンドの家だよ」
って聞いてもないのに教えてくれます。この日もビーチに居る人達に教えてあげられてましたよ。

左がミッシェルで右の方にチロッと見えてるのがボンドくん家だそう。
(本当かどうかは疑わしいですけどね)
で、私達はミッシェルのお家?の真ん前に陣取りましたです。

いや〜、さすが全米No.1に選ばれただけあって美しいビーチでございました。

う〜ん、水中写真はむずかしいっす。やっぱポイントは光でしょうか。

続く

では1日目



今回もホノルル行き最終便のフライトでした。

本当はここに寄って綺麗さっぱりすっきり爽快の後、機内に乗り込みたいのですが我が家の場合子連れなので搭乗時間迄こちらで時間を過ごします。


中には遊具(滑り台等)が有り、うちの娘はハムスターのごとくキャーキャー走り回り続けます。なので機内では疲れ果てて食事もせずにホノルルに着くまで爆睡です。これで時差ボケ解消!

さてさて、そして無事にホノルル空港に降り立ちました。その日の夜に成田を出発してその日の朝にハワイに居るなんてやっぱり不思議。とにかく長い1日の始まりです。
早々にホテルへ向かい、チェックイン。


ホテルはモーモーのXメンに手配してもらったパシフィックモナーク、オーシャンビュー。


窓の外は1年ぶりの風景が広がります。
波は無さそうに見えますがセットで肩から頭サイズがバンバン入っておりました。
やったー! がしかし、時差ボケも無く元気いっぱいの娘に強請られ屋上にあるプールへ行きました。


屋上に付くと何やら大勢の人達が空を見上げておりました。
ん!なんなんだ???  すると何処からとも無く爆音が。


キーーーーン!!!きたきたきた〜!


グオーーーー!!!


ドカーーーン!!!
「イヤッホ〜!ピーピー!!!」アメリカ人は大喜びでおざいました・・・。
うちの娘はというとプールに夢中で大喜びでした。長い1日は始まったばかり。

続く

ただいまーっ!



昨日、ハワイから帰ってきました。
今回も色々ありましたですよ〜。ぽつりぽつりとUPしていきまっちぇ〜。

行って来ま〜す



本日、宅配サービスが集荷に来るので昨夜バタバタとパッキング致しました。

我が家は家族3人分の荷物を1つのスーツケースに詰め込みます。
リモワの一番デカイタイプなのですがパンパンです。


あ! 娘のブタ いや、うさぎの枕入れ忘れたっ。
しゃーない、手荷物じゃ。
では、行って来ま〜す!

マニア?



僕は趣味でサーフボードを作っています。と、言っても1/8スケールのミニチュアなんですけど。
素材も本物と同じものを使っています。長さや幅、厚みは勿論レール(側面形状)、ロッカー(反り)も同じに作ります。カリフォルニアのカピストラノビーチにマルコム・ウィルソンというミニチュアサーフボードビルダーがいます。彼の作品の多くはサーフショップの壁面に見る事が出来ますが、僕は彼の作品を真似てスケールを1/8にしました。
また、僕の作る板の殆どがクラシックでモーハボードは1966年、BINGのD.N. CLASSIC NOSERIDERがベースになっています。

なんでミニチュアを作り出したかというと、ぶっちゃけ本物が欲しかったんですがその殆どが高額でとても手の届くものではなく、小さな我が家に置く場所もありませんので 1/8なら望みが叶えそうだったからです。子供のときから手先が起用?で物を作るのが大好きだったので今ではとても良い趣味になっています。

でもって、これが前回のブログで紹介したおニューのボードのミニチュアでございます。BING.Egg Bonzer 6'10''

でもって、これが只今製作中の板に付けるフィンでございます。
これを見てどんな板かピン!ときた方いらっしゃるのでは?

前回の続き



無事、空腹を満たし次に向かったのがサーフガレージ。S.KINGにあるサーフショップですね。

ウィローズを出て一度KAPIOLANI BLVD.に出、OLD WAIALAE RD.を左折してS.KINGへ向かったのですが何故かH1に乗ってしまい(ここで乗るのかい)慌てて降りた所がハワイ大学。すぐに引き返し元の道に戻り先程乗ってしまった車線を横目に直進。今度こそS.KINGに出て無事サーフガレージに到着。(ハア、ハア)
ここでお目当てのニューボードをゲットして、無事今回のホテル、バニアンに到着。

部屋は高層階(確か33階)オーシャンビュー。まずは波チェックです。
う〜ん、波 小さいですねー。気持ちは一気に下がりましたが
逸る気持ちを抑えニューボードをケースからそっと出します。


じゃじゃ〜ん!
早速おニューの板にワックスを塗る。・・・あ〜幸せ。

もうすぐ



去年の渡ハは空港からレンタカーでワイキキに向かいました。


天才的な方向音痴と言われるわたくしは、ダラーのパーキングからH1へ向かうはずがあらぬ方向へ。結局H1へは乗れず、下の道を タウンへ向け走ったのでした。
途中、ウィローズでランチ。
写真はその時中庭の噴水に戯れる妻と娘を盗み撮ったものです。
(盗撮かい!)


オールドハワイの佇まいでとっても良い雰囲気でしたよ。
今年ももうすぐハワイへ向かいます。

シェーブアイス



この夏、我が家で大活躍?してくれたのが写真のかき氷機。
このフォルムを見て即決買いしてしまいました。
口からアイスを吐き出します・・・。


余りにも猛暑続きだった今年の夏、無性にかき氷が食べたくなり
子供の頃自分でくるくるハンドル回して作ったかき氷が懐かしみ
「そうだ、我が家にも一台マシンが必要じゃ!」と思い込み購入。
が、しか〜し  このマシーンは電動で、記憶に残る氷の削れる
シャリ!シャリ!という軽快な音とは程遠い ガーーー!!!と
いう張り裂けんばかりの爆音・・・(泣)
妻からは呆れられ、娘からは「くるくるしたかった〜」と叱られ
うなだれるパパを他所にマシンは悲鳴をあげながら口からアイスを
吐き出します。はたして出来上がったシェーブアイスのお味?は何と
も複雑なお味でした・・・。