かれこれ先々週の週末の出来事。


鎌倉材木座のお友達の家でお寿司の握り大会なる催しが開催されました。
と在るお寿司屋さんで握り方の講習を受けた仲間達が集まって握りすしを振る舞う?
という何とも楽しそうなおいしいイベントに誘われて娘と2人で参加して参りました。


さて当日の朝、友達宅に着くとお留守です。どうやらネタを仕入れにボートで釣りに出ている様子。
仕方ないので目の前のビーチ(材木座海岸)まで波をチェックがてらプラプラして帰りを待ちます。

ようやく釣り師が戻って来て、釣果を訪ねると何やら興奮気味。





クーラーボックスの中にはじゃじゃ〜ん! 
なんとそこにはタコに混じって石鯛さまが居られました。
竿のしなりは相当だったらしいですよ。





それとイワシと小あじがいっぱい。このちっこいのは手で捌いて行きます。




数が有るのでちゃっちゃと皆で捌いていきます。




こんな感じ




小あじも手慣れた手つきでちゃっちゃとさばきます。



次はタコだー!








タコは米ぬかで揉み洗いするとぬめりが取れて良いらしいですよ。



なのでひたすらモミモミします。



で、お茶っ葉を入れて茹でると柔らかくなるそうな。



ざぶーん



茹で上がりました〜



早速さばいて頂きます。            



美味しかった〜



そうこうして居ると握りメンバーが到着しました。




まずは乾杯!








ネタも揃いました〜




ここで徐に板さんの”うっちー”がマイ包丁を取り出します。
彼は、水産大を卒業して魚屋さんに勤めた経験から魚をさばくのはお手の物でございますよ。



まずはイサキからさばいて行きます。



その鮮やかな包丁さばきにギャル達の注目の的






おみごと!



サーモンもさばいて・・・


シャリの準備もOK!              



わさびも本わさびです。



さー、握り開始で〜す!           



うまく握れるかにゃ





一方焼き物班からは「あさりの酒蒸し」なんかも登場。
(因にこの器、僕が作りました)



じゃじゃ〜ん。石鯛の塩焼き〜も登場。






子供達もお腹がぐ〜です。



さっそくぱくつきます。



「いさき」 


「帆立」


「生しらす」                


「いくら」


握ったそばから口に運ばれるので中々お皿に並びませんがやっと形に成って来ましたね。
(因にこの皿も僕の作品です)




本まぐろもさばかれ


へいっ お待ち!



なんとお造りまで、”うっちー”凄過ぎです。


どうですかー、美味しそうでしょ〜

こうして『第1回すし握り大会 in 材木座』は大成功のうちにめでたく幕を下ろしたのでした。
めでたし、めでたし。

※握りの皆さん本当にお疲れさまでした。そして美味しいお寿司ごちそうさまでした〜
ほんと楽しい1日でした。また近いうちに第2回を是非とも開催しましょうね〜