昨日、友人から『母の日だからという訳ではないけど』とお花をいただきました。
私の好きな素朴な野の花風。




母の日になると、宝箱から出して眺めるものがあります。
10年以上前…幼稚園児だった息子がくれた折り紙で作った指輪。





『ほんとは、こういうのはお父さんが買ってくれるんでしょ?
でも、お母さんには買ってくれるひと居ないから、ぼくがあげる』

小さな手のひらにそっとのせて、はにかみながら渡してくれた指輪。

すごく嬉しくて号泣してしまったのを思い出します。。
今でも見る度に目頭が熱くなります。。





が、現在の息子ときたら…『母の日?へぇ〜』ですって。そんな事より自立の道へまっしぐらな感じ。
ある意味…号泣。