モーハワイ☆コム

♡ウルフ・ギャングではなに食べよう♡


あてにしていた「ウルフ・ギャング」のハッピーアワーは利用できない事を知り、プリ父の決断でディナーの時間に行くことができました。

店内に案内されるとお客さんは8割方日本人。
ほぼドレスコードも無い装いです。
ビーチウェアは浮きそうですが、ソフトカジュアルで充分。

テーブル同士の距離が近く、見ないようにしていてもそれぞれで何を召し上がっているのかが分かってしまう。
メニューと実際のお料理との比較ができてしまいます。

今晩のメンバー7人の中で肉好きは4人。
結局、子供たちだけ(笑)
プリ夫婦とマメちゃんは食べないに等しい。

そこで、お肉は三人前をチョイス
+シーフードをお願いしました
近くのテーブルに運ばれるアメリカンな量を目の当たりにしている(残されているテーブルも多く)のでメインは四人前で充分でしょうと目論んで。
サイドには二種類。
あとはサラダで決まり!

始めに運ばれてきたサラダとパンで何だか満腹感が・・・嫌な予感。
IMG_1259
これからどんどんきちゃうね、取り分けてくれたプリ姉の顔を見たら彼女も不安そう。
食べきれなかったら・・・
もっと減らしても良かったかな。
サラダとパンを食べ終わって、もう帰ってしまっても充分な腹具合でした♡

またまた画像無しで
昨夜、玄関のポーチに出たら目に飛び込んできたのがこの子
ヤモリですね。
家を守ってくれる縁起物
IMG_1255

尻尾が無い。。。
急いでプリンセスをよんで撮影会。
プリ姉に画像を送ったら、少し色がネぇ気持ち悪くない?って。
ハワイのGeckoは色鮮やかで嫌がられないのに、見かけは同じでも色合いで受け入れがたく可哀相。

♡落とし穴が!本当にウルフ・ギャングに行かれるのか?♡


プリ下兄の誕生日ご飯を「ウルフ・ギャング」で食べようと決めました。

一人100ドル位の予算を覚悟と聞いていたので、これはハッピーアワーを利用したい!
そこでいろいろ調べると、「ウルフ・ギャング」のハッピーアワーは11時から夕方の6時半まで、随分長い時間で有り難い。
予約のできない先着順だそうだから、夕方早めに並びますか。。。

メニューを調べたりしていると、わが家にとってはの落とし穴を発見!
ハッピーアワーはランチタイム、ディナータイムのどちらにも重なった時間です。
店頭で、「ディナーかハッピーアワーかどっち?」と、訊かれるそうです。
ハッピーアワーと言うと、バーカウンターに案内されるんですって。
まれに時々、場所が良くないテーブル席になることもあるけれど、基本はカウンター席なんだそうです。
これはマメちゃんが座れないわ~
ところが、そんな心配も必要が無いようです。
ハッピーアワーに子供はお断りされてしまうんですって。

これで「ウルフ・ギャング」も夢に終わるのか!
そんな可哀想な事、親としてできませんね。
一緒にハワイに来られることなんてこの先あるかしら?
ここはひとつプリ父に頑張ってもらいましょう。
引っ張りますが次に♡


またまた画像が無いので、handmadeのご紹介で失礼します。

IMG_1226 今時のハワイアンファブリックはポップなプリントも超人気!
このプリントはもう数年来、探すのに大変。
あっという間に売り切れます。

♡TV番組の影響って 凄い♡


5月のハワイ滞在時のちょうど数日前がプリ下兄の誕生日でした。

5年前の【家族大移動】の時はプリ上兄の誕生日。
お祝いを兼ねてお夕飯を食べようと前々から考えていましたが、思い付くのはプリ父御用達の「リリハベーカリー」
でも、リリハは滞在中に普通に行くよね、どこか特別感のあるところがいい。
プリ父に相談しても、何せ好き嫌いの王さま(プリ父)ですからに聞くだけ野暮。
本人に聞いてしまえって事でリクエストしてもらうと。
何年か前のテレビ番組「有吉の夏休み」で観た「ウルフギャング」に行ってみたいと。
何しろお肉を食べなくても不自由しないプリ夫婦なので、ステーキ屋さんに縁がない。
やっぱり若者はお肉だよね~

了解!と言うことで、事前に日本から予約をしようと調べてみました。
高額との情報から少しでもリーズナブルにいただきたいものです。
それにはハッピーアワーがお得♡
そこで夕方早めのハッピーアワーならば予約できるかな?と、よくネットを読むと。
ハッピーアワーの予約は受け付けていないそう。
だからかいつも入り口に人が溢れてるのね。
来た順、並んだ順というわけです。
ところがこのハッピーアワーに落とし穴が…わが家にとってはですので♡



「ウルフギャング」の店頭の画像もなければ、ハッピーアワーに並んでいる人の画像も無いので悪しからず。

何年か前まで、ハワイアンファブリックと言えば、フラ(ダンス)のパウ(スカート)に使われるプリントが主流でしたが、生地屋さんも様変わりしてきました。
近頃はリアルなフラワープリントが人気!
DSC_6649ククイナッツをファスナーチャームにして、ショルダーバッグが出来上がりました

♡日本のコストコにも太鼓判♡


5月の旅行記、今日はお休み。
太鼓判繋がりで日本のコストコの話題です。

我が家は三、四ヶ月おきにコストコへ出掛けます。
行くバロメーターは冷凍のエビと
DSC_6675
コーヒーのペーパーフィルターの残りの量。
DSC_6676ご近所のスーパーの開発商品のペーパーフィルターは使えない。
やっぱり「メリタ」じゃなくちゃ!

今回お初に出会った異色なトリオをご紹介。
DSC_6668
二本セットのスプレーホイップ。
一本500円也は安い!
ホンモノ風味、フレンチトーストに最高です!
ハワイでよく買ってくるホイップバターと同じ【インディアンお姉さん印】鹿さんだのインディアンお姉さんだのと言って正式な名称が分からない。

2番目はカマンベールチーズ。
ひと口サイズのポーションタイプ、これは便利♪何と言っても新鮮で美味しい!
DSC_6669ひと口で食べられるけどチョビチョビ食べてます。

そして、三番目はスルメ。
DSC_6670噛めば噛むほど味がある。
さきイカよりダンゼン美味しい!

この三点に太鼓判♡

♡コンドに太鼓判おしまくりその④♡


いい加減に太鼓判も最後にしておかなくてはね。
本命と言って書きながら、いやいややっぱりこれじゃないかと言うのが最初と最後にあったのです。

最初は太鼓判をおしてなかったマメちゃんが頂いた水鉄砲に始まり、
室内をチェックしていて発見した冷蔵庫の中。
ミネラルウォーターが入ってる事はよくあるけど、ソーダとは!
あの、「ワイアルアソーダ」ですよ!
「ココナッツウォーター」は、実はイマイチ好きになれないけど、ありがとう♡
IMG_0145初めて飲んだ記憶は「ワイキキ・ビーチ・ホテル」の、「ティキズ」でした。
何だかシンプルで新鮮だった~
ここでまた出会えるとは…

そして最後の太鼓判はまた二度目のお掃除の後。
これは本当に驚きました。

刺繍のネームが入ったバスタオルが二枚。
IMG_1164

真っ白なホテル仕様のタオル。
手紙が添えられたプレゼント!
使う度にこの楽しかったハワイの旅が蘇りそうです。
この二枚、どうしようって、考えました。
私達夫婦で使おうか?
いやいや、あの子達にあげよう。
一枚ずつ、プリ上兄とプリ下兄にあげることにしました。
こうして青いリボンでプレゼントされたタオルは目にしっかり焼き付いています。
使う都度、未来に向けて今度は家族を連れてハワイに来ようと、彼らの励みになるように♡

♡コンドに太鼓判おしまくり~その③♡


「ワイキキ・ビーチ・タワー」に太鼓判おしまくり~まだあったのかって、今までのは太鼓判程じゃないでしょうか?

本日が本命!かもしれない…

洗面所が広くてボールが二つあるので大人数て宿泊の時はとても助かりました。
その、洗面所のアメニティですが、アストン系のホテルに泊まった時と同じものでした。
IMG_0144こちらは可もなく不可もなく。
ボディソープが大きくて使いやすかったです。
掌に隠れちゃうくらい可愛いサイズの石鹸が、申し訳程度に置いてあるホテルもある中で、アストンさん、太っ腹!
ここはおまけの太鼓判ですね。

こちらのコンドのお掃除は日に2回ありました。
昼間ちょっとの間いなくても、そのいない間に済ませてくれちゃいます。
何だか出掛けるのが分かっちゃうの?

お部屋に帰ってみると、ベッドにプルメリアとゴディバのチョコが!
IMG_0164画像は一緒くたになっていますが、皆 で分けようと集めたところ。
ところがいつのまにかプリ上兄が自分の荷物にしまっちゃったとさ。
チョコのプレゼントがあったことを知ってるのはプリママとプリ上兄の二人きり。
他の人はあっという間の出来事で全く知らなそうでした。
知ってたら、ゴディバですもの、文句が出ます。

お掃除の後にプレゼントがあるんだと知ったプリ上兄とプリママは次の日が楽しみでした。

そして次の日は
クッキーが置かれていました。
IMG_0298カウアイクッキー、美味しいね!

その翌日、実質最終日は…これにはビックリ♡

♡コンドに太鼓判おしまくり~その②♡


「ワイキキ・ビーチ・タワー」
パイプリママのお部屋は2ベッドルーム・パーシャルオーシャンビューでした。
この立面図でいったら、同じカテゴリーは12階まであるのね。
IMG_1029(HPからお借りしました)
7階って言われて、ハイそうですかでOKしちゃったけど、もっと上は空いてないの?って訊いてみるべきでしたね。
その前に、ウォシュレットの話しをしちゃっていたからよくなかったか。

口コミでは知ってたけど、本当に目の前にサークルホテル。
知ってる人が泊まっていたら話ができちゃうくらい。
ところが、このホテルのお部屋は面白かった。
何がって、ホテルの客室らしきお部屋は一つおき、間にストレージルームがある。
それが一ヶ所じゃなくていくつもいくつも。
お隣さんが手が届くところに居ても、気にすることはあまりなくカーテンは開けるが勝ちね!位に考えて気が楽でした。
IMG_0305カーテン全開、見えるでしょ?ストレージルーム。

パーシャルオーシャンビュー、は全く期待しなかったので
IMG_0307
この程度でも…こんなに見えてありがたいと思ったくらい。
IMG_0263ビーチの様子も垣間見られ、
ラナイで物思いにふけるのはワタシ一人。
IMG_0261結局、一度もラナイに出なかった人もいたんじゃないかな。
ああもったいない。
なので、このお部屋やっぱり太鼓判♡

♡コンドに太鼓判おしまくり~その①♡


「ワイキキ・ビーチ・タワー」のお部屋はかなり広い。
平面で約100㎡。

我が家に居るときよりも、横の動線が長~い。

洗濯機まで歩き
IMG_0140(あるとやっぱり便利!大活躍でした!洗剤は毎日補充してくれます)

キッチンに行くのも遠い
IMG_0139(他のホテルやコンドと比べてですが)

キッチンをご紹介したから、ついでに

カトラリーや食器の類いはほぼ揃っていました。
IMG_1025

キッチンタオルも毎日交換していただけて、気持ちがいいです。
キッチンのスポンジも、「付いてました!」って、他のコンドの口コミにあっても、宿泊者が好意で置いていったカラカラに乾いたスポンジ?ちょっとプリママは使えません。
今回もどの程度信頼できる設備かネットで調べても分からなかったので、布巾もスポンジもスポンジもナイフも持ってきちゃいました。
でも、こちらは大丈夫!太鼓判おしちゃいます!!!

ざっと見回して無いのはラップとスケール位かな?

旅先で料理はしたくないので、果物を切ったりお茶を入れたりと何もフルキッチンじゃなくたって充分ですが、プリ上兄は気に入ってたみたい。
使っても使わなくても、こんな滞在もできるんだって子供たちに見てもらいたかった。

キッチンには外に向かう窓と、もうひとつ日本の一般家庭の住宅ではみられない窓がありました。
残念だけど、ここを使うこともなかった。
IMG_0268ラナイで夜風を感じながら寛ぐ…なぁんて事も、全く無し。
いつもの様に、ともかくコンドでゆっくりのんびり滞在とは無縁のハワイ。
やっぱり7階のユニット4で正解でした♡

♡ワイキキ・ビーチ・タワーのお部屋♡


「ワイキキ・ビーチ・タワー」何度も書きますが、泊まってみたかったコンドNo.1でした。
なので、ネットで散々お部屋を見ていたので案内される前からどんな配置かほぼわかっておりました。

それでも実際のお部屋に入ったら、どこがどこだかまごつきます。
慣れるまで、一人を探すのにアチコチ探し回る事が度々。

ベッドの数は四つ、誰がどこで寝るかまた小さな家族会議をしました。

キングサイズのベッドにはプリママとプリンセス
IMG_0138

ツインのお部屋はプリ下兄とプリ父が。
IMG_0137
リビングの大きなソファーベッドにはマメちゃんとプリ上兄が寝ることに決まり!

キングサイズのお部屋のバスルームはバスと洗面所が独立していました。
IMG_1008
ツインのお部屋のバスルームは廊下にありこちらはバスも洗面所も一緒くた。
IMG_0141

IMG_0142

人数分のバスローブとスリッパも、リゾートフィーに含まれているのだとか♡

♡マメちゃんの笑いの正体と泊まってみたかったコンドNo.1♡


前回の記事の中で、マメちゃんがコンドからプレゼントされて笑いが止まらなかったモノの正体は? IMG_0995(日本のネットでも似たような水鉄砲を発見!)
スポンジでできた水鉄砲でした。
おもちゃは何種類用意があるのか興味がわきますね。
子供の年齢に似合ったオモチャをプレゼントして下さるようでした。
他の日にチェックインされていた小さな子がお砂遊びセットを頂いているところをちょうど目撃!

前にも書きましたが、今回のお泊まりはパイプリママの中で、一度は泊まってみたいコンドミニアム「ワイキキ・ビーチ・タワー」でした。
家族誰もが、ワイキキビーチ前の「エッグスン」のおとなりにエントランスがあったことに気がつかなかった!
こじんまりしてるエントランスです。
IMG_0157
このコンドは1フロアーに部屋が4部屋しかありません。
全てビーチが臨めます。

ダイヤモンドヘッド側の角部屋はユニット1、正面にビーチの二部屋はユニット2と3。
そしてプリママ達が泊まったユニット4はビーチとカラカウア通りが見えるハズ…でしたが。。。
安価な設定のお部屋は7階だったので、お隣りの「エッグスン」のある「サークルホテル」が立ちはだかってカラカウア通りはチラッとしか見えませんでした。

チェックインの際に我が家の宿泊ポイント、洗浄便座のある部屋も空いていればリクエストが可能でした。
宿泊料金の差額は120数ドル/泊ですって!
勿論アップグレードはしませんでした。
部屋の向きも階数も設備も最安値の7階の部屋で十分だって結論が出て一件落着。
最安値と言ったって、マメちゃんを人数に入れて一人一万円のお部屋でした♡