Liliha bakery」で帰国時にココパフを買ったパイプリママ一家です。
P1020198
ホノルル空港に着いて保冷バッグに移し替え、機内持ち込みの準備をしていました。
P1020206
その時、ふと不安がよぎる :emojibulb:
ココパフのカスタードクリームはクリームでしょう :emoji!?: クリームって・・・たとえば化粧品だったら持ち込み制限100ml(g)まで。オーバーしちゃう :emojiface_sad: どうしよう・・・

そこでプリ姉が空港職員の方に確認してくれました。
:emojigoood: 大丈夫 クッキーだね」ですって。
どう見てもクッキーじゃないんですけど・・・それでも良いっておっしゃいます。
それなら、堂々と行こうじゃないの :emojidash:
その方の言われた通り難なく荷物検査も通過して、美味しいココパフは留守番家族のお腹に入りました。

後日、液体制限を調べていたら、日本ではこのような決まりがあるけれど海外ではそれぞれの基準に従うと表記されていました。
ココパフのクリームもハワイではOKだったんだねってことなのでしょうか :emoji!?:
いえいえ違うんですね。
日本でも・・・
以下に掲載するものは、今回の液体物制限にあたり、対象外となるものの例です。全てではありませんが、対象となるか判断する場合の参考として掲載しております。
これらのものは、持ち込む量にかかわらず、客室内への持ち込みが可能です。客室内への持ち込みについて、特に申し出ていただく必要はありませんので、手荷物内に入れたままで問題ありません。
キャンディ・キャラメル、チョコレート、チューインガム、ビスケット・クッキー、米菓、スナック(ポテトチップ、ポップコーン、えびせん)、豆菓子、生菓子(団子、柏餅、草餅、大福、おはぎ、水羊羹、葛桜、生ケーキ、シュークリーム、パイ)、半生菓子(どら焼、蒸しケーキ、饅頭、最中、カステラ、甘納豆、バームクーヘン、スイスロール、マドレーヌ、パウンドケーキ、ドーナツ)焼き菓子、油菓子、綿菓子、乾パン、盆供え菓子)
参考資料(改正されていたらゴメンナサイ) コチラ コチラ

容器に入ったこしあんや粒あんやカスタードクリームはダメなのにお菓子として完成されたものは大丈夫だなんて :emojiface_glad:
複雑な規定があるという勉強をいたしました☆