モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年2月

これが、いいもの☆


Post-30今日は、雪の降る中フラのお稽古に出かけました。
先日、防水のバッグを作っておいて良かったって、思いました。

その、バッグに収めるフラの洋品の中に
忘れちゃいけない いいものがこれ。


フレグランス パフ」なんです。

好きな香りは「ピカケ」
こんな風に、フラの時に髪に付ける造花をしまっています。


ケースから出して、髪に飾るとスタジオの中が微かに香り、
フラを踊る気持ちが高まります。

ケースの中のデンファレ、髪に付けていると本物と間違われます。

アロハスタジアムの一店舗以外では見かけた事が無く、
こうして本物と並べてみると、かなり違うのですが・・・


この本物のデンファレは3週間ほど前にデザートに付いていて、
大事に持って帰ったもの。
お稽古の時に付けようと思って冷蔵庫の野菜室にしまっておいたのに、
3週間も持っていくのを忘れて、いまだに野菜室に。

デザートをいただいた先は、
銀座のマロニエ ゲートのシンガポールレストランです。

お目が高い、ワイメアさん☆


Post-29昨日ご紹介したこの生地、
日暮里のTOMATOで、昨年購入しました。

家にある何年か前のスタイルブックに掲載されていたのを思い出し、
            ↓


10メートルも買ってしまいました。

買った当初は何も作るあてが無く、生地を持て余していましたが、
作り始めたら止まりません。

ワンピース~着丈が短すぎたので、年甲斐も無く裾にフリルを付けみました。


スカート~八枚はぎのマーメイド。


バッグ~こちらは普通のトートバッグ。


あげくのはては、冬でもハワイアンプリントを着ていたくて、割烹着


他にも姪っ子の子供達のアロハシャツ、車のシートカバーなどなど。

ブログを見て下さったワイメアさん、
ただ者ではない布地」だということを
すぐわかって下さったようです。

残念ながら TOMATOさん早いものだと1週間もしないで品物がなくなるそうです。
マメに通うより他になさそうですね。

雨の日には☆


Post-28オーダーを受けているワンピースがみんな仮縫い待ちなので、昨日は久々のオフでした。
毎日ぐずついた空模様、金曜日のフラのお稽古の日もまだ雨は続きそうですよね。

先日のTOMATOで綺麗なサーモンピンクの防水生地を買っていたのを思い出し、
さっそくフラ洋品を入れるバッグを新調しようと、とりかかりました。



ファブリックマートで購入しておいた、ハワイアンファブリックとリバーシブル仕立てで。
ギャザリンバッグのように、肩にかけても斜めがけしても良いような肩紐の長さと、
肩に当たる部分にクッション材を入れ込んでみました。

この形のもう少し大きいサイズで一重仕立ての物は持っているのですが、
大きいだけに、たくさん入れてしまって、
肩紐が肩に食い込むのが悩みの種でした



こちらの画像は、
お気に入りのお店、タヒチインポートのファブリックで作ったパウスカート。
これを着るとスマートに見えるよ!と言われる、ストロングカレントのVネックのTシャツ。
小さなケースは、なくてはならない「いいもの
そして、このセットを包む、アロハエクスプレス20周年記念でいただいた風呂敷です。


縫い上げたところで、お嬢さんにビクトリア シークレット風なパンツを、
画像はこちら。


とオーダーされていたYさんから、お嬢さんのEちゃんの描かれた絵が、ご贔屓にしているショップのマスコットになり記念にいただいたというハンカチを私に下さっていたのも思い出しました。


ハンカチで使用する事は、まずないでしょうと、
裏地にこんなハワイアンな生地を張って、


白の綿ローンなので、微かに下のプリントが透けるようにしてみました。

そして、この可愛いワンちゃんの落ち着く先は。
ダイニングでなくてはならないラジカセの上にしました。

ウールワースといえば☆


Post-27ワイキキのウールワースは本当に便利なお店でした。

子供達のおみやげはもちろん、化粧品、衣料品まで何でもあったような。
なくなってみると有難さが増します。

カラカウア通りから中に入ると、
一番先に目に入るのが天井近くまでピューっと飛ぶ 紙飛行機(厳密には発泡スチロール製ですが)
天井に紐がついていてまわっているのかと思いきや、
黒人のお兄さんがブーメランのように飛ばしていたんですね。
彼の手元から放れても必ず手元に戻ってくる。
そんな不思議な飛行機を子供が欲しがらないわけがありません。

プリ上兄が小学校低学年の時でした。
この飛行機に出会い、どうしても欲しいとねばられました。
今思うと、何十ドルもするわけではないので一つ買ってあげれば気がすんだでしょうに、
「ここで飛ばしているものと買うものは違うものかも」とあきらめさせました。

ところが、彼の中ではドンドン欲しい気持ちが膨らみ、
旅行の度にウールワースに寄り、お兄さんとも仲良くなり
更にその気持ちを募らせていきました。

何年もかけてやっと手に入れ、また次の年もと楽しみにしていたある年にウールワースはなくなり、
お兄さんの姿も見えなくなってしまいました。

しばらくして、何気なく寄ったインターナショナルマーケットプレイスで、見覚えのある飛行機に遭遇したのです。
元を辿れば彼がいて、天井より高く木々の間に飛行機を飛ばしていました。

それからはハワイに来るたび彼に会い、紙飛行機を手にする事ができていましたが、今は姿がどこにも見当たりません。

はじめはプリ上兄一人の楽しみでしたが、年を重ねる毎に下のきょうだい達も欲しがるようになり、とうとう4人が飛行機を手にするためのハワイ旅行となったのは言うまでもありません☆

おすすめ、TOMATO☆


Post-26と言っても、トマトの下に敷いてある布地を扱っている
生地屋さんです。


場所は日暮里、先日も新聞に、このような記事が出ていました。


そう TOMATOと言う、お店。

プリ姉が、春先に着るチュニックが欲しいというので、
二人で久し振りにやってきたのですが。
またしても、嬉しい収穫がありました。
今回、お買い上げした生地はこのようなプリント地。


制作意欲が湧いてきます。
ここのお店、なぜおすすめかって、値段が超格安
なこと。
1m100円ですよ☆

キャストファミリーナイト☆


Post-25東京ディズニーランドの誕生25周年を記念して、キャストの家族をパークにご招待してくださるというイベントがありました。
イベントは、キャストファミリーナイト
ひと家族4人という制限があり、家族の誰が行くか選考するのに難航しました(家族のもめ事)が、めでたく私はメンバーに当選し、無事インパして参りました。
インパ先は、ディズニーシーでした。
八年ぶりのシーはなんだか懐かしかった。

当日、一般のゲストの皆さんが帰られた後に、パークは解放されたわけですが、
家族だけと、高をくくっていたのは間違いでした。
二万人のキャストの対して、家族が4人で8万人。
それはそれは大変な混み具合というもの。

オーップンするや否や、お目当てはタワーオブテラー



お初でした。
はじめは何がどうなるのかワクワク、ドキドキ。
楽しさは、こんな感じでした。


次のアトラクションは ストームライダー
閉演時間まではあっという間で、最後の〆は インディージョーンズ

ショーも観られたし、短時間でしたがなかなか充実した一晩でした。

出口付近に、キャスト全員の顔写真が、大きなジグソーパズルになっているものがあり、
さあ、どこにいるかな?莫大な人数の中から探し出し、ワーワーキャーキャー言ってるうちにあっけなく閉演と相成りました。
その、顔写真がこちら。


大きなジグソーパズルは、こちらです。


トップの画像は、記念の光るバッジ
と、特別なプログラムです。

いつでも一緒~コレなんでしょう☆


Post-24実は、携帯の裏側なんです。
フレーバーコーヒー大好きな私は、
いつも肌身離さず持ち歩いている携帯電話にも、コーヒーのラベルを貼っちゃいました。



この携帯韓国製です。
海外でも使えて、ラベルが貼れて、小型が良くて。
さがし続けて、やっと手に入れて、二年半使っています。



次のこだわりは、ストラップ。
こちらも大好物な、グアバクッキー



みなさんの携帯見てみたい~ちょっと子供じみたパイプリママです☆

まだよ☆


Post-23先日、マヌヘアリィ風ドレスをご依頼のYさん、次はお嬢さんのEちゃんの部屋着をご注文でした。
布地を一緒に見に出かけたときは、Eちゃんがハワイで着る「タンクトップ」のつもりでしたが、
気が変わって「ビクトリア シークレット」で売っている風の部屋着のパンツに。


お二人での海外旅行は今回で二回目だそうです。
初めての海外は、ディズニーワールドへ。
そして、今年の春休みは念願のハワイへ。
東海岸に旅行した時、Eちゃんはまだ、小学校の低学年位だったかな?
ママ曰く「私が見たいお店、一つも見せてもらえなかったのよ。唯一、ビクトリアだけはお店がピンクで可愛いって許可されたけど!」
Eちゃんが、「今度は自分も少し大人になったから、ママの見たいお店につきあってあげられそう。」と言ったとか。


春休みの宿題持参でのハワイ旅行のEちゃんに、宿題入れバッグをプレゼント。

Yさん、ハワイに「ビクトリア シークレット」が上陸していたと大きな勘違い(私の情報が正しければ、今年の冬くらいにアラモアナ?)をしていました。
とても楽しみにしていたので、大きく落胆されていました。
本当は、開店してますか?

冒頭の画像は、プリンセスが愛用しているビクトリアのコスメ。
ランジェリーは、ちょっとのせられないので☆

ウールワース☆


Post-22小春日和だった陽気も平年に戻ったそうな。
外は寒くても日差しがあると、お部屋の中は26度になってました。
いつもならば、フレーバーコーヒーでコーヒータイムなのだけれど、暖かさに喉がカラカラ。
今年お初のアイスコーヒーを淹れました。


フェナンシェをのせているペーパーナプキンは、プリンセスが幼稚園時代に買ったハワイのお土産。
幼稚園児でも買えるくらいのお値段でした。
確か、$1しなっかたような。
50枚入りで、この外にプルメリア、極楽鳥花、ハイビスカスと何種類かあって、ちゃんとメイドインハワイ



今残っているのは、このアンスリュームとカトレア、あと二枚で終わりです。
いかにもお土産のナプキンでサイズも程よく気に入ってました。
たしか、ワイキキにあったウールワースの二階のお土産売り場で買っていた記憶が・・・
ハワイに行く都度似たもの探しをしていますが、なかなか見つからないんです。


ブルーのナプキンは最近買ったもの。
こちらもハワイ製。
お土産らしいおみやげは、外国製が多いですよね。
金色の小さなシールにフィリピン製とか中国製とかプリントされていて。
なかには、気をつけないと日本製もあったりして。
そのシールを見つけると子供心にもはがしてお友達にお土産を渡してましたっけ。

それにしても、ウールワースなつかしい☆

そっぽむいちゃって☆


Post-21春のブラウスの依頼主、Ⅰちゃんママが、「久し振りに出かけたのよ」と、お雛様のお菓子を下さった。

「ありがとう、おやつに!!!」と言ったら、「だめだめ、お雛様用!」と念をおされてしまった。
Ⅰちゃん宅は、男の子さん二人。
お雛様には、もう縁がないけど“お菓子だけ”は用意するそう。

箱を開けたら淡い色合いの可愛いお菓子がたくさん入っていて嬉しくなっちゃった。
これは、お雛様まで待てないでしょ!ひとつ、ふたつならば良いかなと口に入れてしまった。

Ⅰちゃんママがいつ我が家にいらしても良いように、ちょっと早いけどお雛様を出してきましたよ。
我が家の本物のお雛様は私の両親が、私が生まれた年から七年がかりで買い揃えてくれたもの。
大掛かりな段飾りの出し入れが億劫になった私は、ダメ娘

そのお雛様と交代で、石膏粘土で、手軽に飾れるお雛様を作ってみました。

ところが、毎年出す度に女雛が、ちょっとそっぽを向いているのが気になるところなんです。
ボンドで貼り付ける時に真っ直ぐに付けたつもりが乾いてみたらあらぬ方向を見ていて、悲しいかな直しがきかなかった・・・

そんな、うさぎのお雛様、作り変える気も無く十数年。
飾る瞬間、わかっていても苦笑いしてしまいます☆