モーハワイ☆コム

カテゴリー:2012夏 シンガポール

:emojihotel: 人気度でホテル選び&ハワイで着て欲しいな☆


Post-928シンガポールでのホテルはマンダリンオリエンタルを選びました。



小さな国ですがどこもそれぞれの魅力のあるシンガポール。
ホテルの立地選びはとても迷いました。
行きたいところは東西南北に渡っていますから。

こんな時に頼りになるのが口コミです。
中でもエクスペディアはかなり信頼してしまうんですけど。

旅行を決めた夏少し前にマンダリンオリエンタルは順位が一番だったけど・・・
順位の変動は刻々と、なんですね。
ただ今、三位、評価は厳しい!
この評価でホテル選びをする人が多いでしょうね。

と言うことで、当時ナンバー1のマンダリンオリエンタル
タクシーに乗った時に行先はちゃんとマンダリンオリエンタルと最後まで告げないとマンダリンホテルがいっぱいあるからとんでもないところに降ろされちゃうそうです。



さて、お部屋はシティを臨むツインのお部屋。



バスタブとシャワールームが別になっています。


ガラリ越しですが、
バスルームからベッドルームをまたいで絵になるトップの画像の景色が堪能できます。


バスソルトも用意されていて、さすがの・・・・・かな。



中の様子はいつものとおりです。




オリエンタルな香りのバス用品。







マンダリンオリエンタルはこれもさすがのホスピタリティと感心させられたのはこの一通でした。


そっと差し込まれたドアの下の封書です。


中をひらくとそれは日本人スタッフの皆さんからでした。


何とも心強いメッセージ。
滞在中なにかとお世話になりました。


『ハワイでは日本語でどこでも通じる』と、訪れたことのない人まで誰もが言うハワイです。
でもトラブル、相談事など細かな気持ちや様子は伝えにくいです。

今年の家族大移動のハワイでも、はじめてのハワイを楽しみにしているお嫁ちゃんAちゃんやご家族。
最初の印象がだいじですものね。
実はホテルを別々にとっているのでちょっと心配。



そんな楽しみなハワイで一大イベントが待っています。


その日に着て欲しいな。


マメちゃんズに拵えました。

アロハの生地はマメ君にと冬に行ったハワイで。

ブルーのムームーは・・・

プリ上兄夫婦が新婚さんだった頃、アロハシャツとブラウスをお揃いで作ってあげた残りの生地です。
そう言えば、着てるの見たことが無い。

まぁそれは良いとして、娘のマメちゃんにも残っていたお揃いの生地でね。

はたして彼らはそのことを覚えているでしょうか☆

:emojiheel: カップヌードルの他にも忘れちゃいけないモノがあった☆


Post-926シンガポールのお土産は何と言ってもカップヌードルが一番!と前回書いたのですが、こっちが本当は一番かな・・・



それは婦人靴。

格安で、種類も豊富。
そう言えば、ハワイで言えばメイシーズのようなデパートで、ロビンソンと言うデパートがあるのですが、どこの店舗も靴売り場が広かった。



チェーン店ではチャールズ&キースが有名ですが、もっとリーズナブルでカジュアルで普段活躍しそうな靴やサンダルを揃えているのはバタと言うお店。
ショッピングモールに行けば必ず店舗があるくらい人気のお店です。



中でも各店舗を比較しながら買ったのがメリッサの靴。
(トップの画像の下の二足です)

雨の日はもちろん、普段履きにも調子が良い。
特殊プラスチックのメッシュなので足にフィット!
その上良い香り~
履いてる時も、靴を脱いだその足も、メリッサの香り~


靴売り場では、豚がトリュフを探すように匂いを頼りに探すほどでした。


定番のこのタイプ、色が豊富で迷っちゃいます。


ブロンズカラー、気に入りました。


もっと気に入ったことは、クッション性のある中敷きが取れるのです。


これは便利。
左右足の大きさが微妙に違うので長いこと履いていると当たって痛い部分が出てくるのですが、中敷きを取って履いていたらまた快適になっちゃいます。




シンガポールに行ったら、カップヌードル!お忘れなく!!!



ところで、ハワイでメリッサは探したことがないのですが、こうなると気になりますね。

せっかくの円高なので、ハワイに行ったらカップヌードルとメリッサ!探さなくっちゃぁ☆

:emojipresent: 海外みやげ、箱買いしたいランキング&シークレットなファーストシューズ☆


Post-9258月のシンガポール旅行で目覚めてしまったもの。



それはカップヌードル



今まではこの『NIS○IN』のロゴをどっちかと言えば敬遠していた方なので、ご当地ものにも関心が無かったのですが。

ところが、口コミから手軽なお土産とのことで数個買って差し上げた後、残りをお昼ご飯に食べてみました。

シーフード好きが買ったカップヌードルはもちろんシンガポールの名物料理。
左がチリクラブ右がラクサ




チリクラブは本物の蟹は入っていないものの、カニカマ入りのカニ風味。


ピリッとチリ味、おいしい!


一方ラクサは本物のラクサのスープの再現ばっちり。


ココナッツ風味のカレー味、スープを飲み干したい衝動に駆られます。



ところで、食べてみたい世界の「日清カップヌードル」ランキング  :emojion:  をご存知ですか?


こんなに美味なラクサヌードルは何位かな?
見てみたところ、残念ながら30位までの中には入っていませんでした。
これっておかしいんじゃない!って言いたいものもあるのに。
ランク付けした人、ラクサがある事自体を知らないのかしらと思えちゃう。


もちろん香港の蟹やXO醤も食べてみたいけど、中でも気になるものはアメリカの18位のメキシカンBBQと26位のホワイトチェダー


アメリカならば、ハワイもアメリカ。
来月のハワイで手に入るかしら?
でも、アメリカと言えどもハワイには売っていなさそう。
なんだかいつものカップヌードルがポピュラーな気がする。

心残りが無いようにスーパーに行ったらカップめんのチェック!怠りません。



このシンガポールラクサ味今のところ、我が家の箱買いしたいランキング1位かも。



それにしても香港を逃してしまったことも悔やまれます。
数年前にランキングに気が付いていたら…



早くハワイのスーパーに行ってこの目で確かめてみたい!



そのハワイではシークレットな企画があり。
その為にまだ歩けないマメちゃんズにファーストシューズを作ってみました。



マメ君の方はばっちりだったけど。

マメちゃんのお靴はチェレンジ三回。


意外に手ごわい赤ちゃんの足。
寸法通りに作ったはずなのに入らない。


三回目の正直、今度はどうでしょう。

これも早く履かせてみたい☆

:emojitv: 弾丸トラベラーでちょうどだったので☆


Post-9245年間続いたテレビ番組、『弾丸トラベラー』は楽しみにしていた番組の一つでした。
その番組があと二回の放送で終わってしまうなんて、ちょっとさみしい。



番組のMC三人が卒業旅行で訪れたシンガポールちょうど先週末放送していました。
そのちょうどもちょうどアラブ街でのこと。



シンガポールの老舗香水ブランドジャマール・カズラ・アロマティクスと言う香水屋さんを紹介していました。

そのお店は、ぜったいに行きたいところNo1でした。


手作りのガラス細工の香水瓶が、大きなものから小さなものまでたくさん並んでいます。




なるべくはっきりした色合いの香水瓶を選びました。




中に入れる香水もいかが?と勧められたのですが、この時は夕方から予定があり時間が無かったのでまた次回と、楽しみは先延ばしにしておきました。


画像の下の棚に並んでいるのが香水です。
香りは数えきれないくらい。
プルメリアやジンジャーなど南国の花の香りももちろん揃ってます。
一番のおすすめはギャラクシーと言うMIXされてできた香りだそう。


こちらへ行く機会があったらギャラクシーの香りを是非嗅いでみてください。



ジャマール・カズラ・アロマティクスでのお買い上げはこちらの香水瓶二点です。


飾っておくだけでもステキですが、ちゃんと実用的にできています。


オーガンジーの可愛らしい袋に何か入っていました。
何か余分に入っているなと思ったら、あのギャラクシーが一瓶。


先に丸い球が付いた直接肌に塗るタイプ。

とってもいい香り!今までに嗅いだことのないような。
それでいて落ち着く香り。


香りを嗅ぐと金の玉葱の様なサルタン・モスクや


アラブの街並みが今でもよみがえります。




アラブ街は小さなお店がひしめいています。



時間をかけてゆっくりしたいところ。




その中の一軒、シルクスタジオで。
(このお店はモーハブロガーのMYさんが偶然にお店の写真をブログにのせていてびっくり :emojion:


民族衣装のマネキンにまねかれて、パシュミナを購入。


パシュミナはおみやげに。



ちょっと風変わりなマントのような、カーディガンにもなるリバーシブルのストールも購入。


(店内画像の左、ハンガーにかかったピンクのストールがそれです。)

自分用にはこの渋いものを購入。


カシミヤ100%で$39(日本円では約2500円)
本場は超破格値!



シンガポールアラブ街はお土産の宝庫です。

じっくり時間をかけたいアラブ街でした☆

:emojihotel: やっとホテルにチェックイン☆


Post-923この夏のシンガポール旅行の続きです。
と言っても,まだホテルにチェックインもしていない、初日も初日。



早朝の空港到着時にはまだ暗く、湿り気のある空気で今日はどんなお天気なのかしらと心配でした。

観光案内にはスコールのような雨が降るとあったから、傘は手放せないのかなと。



日の出は七時過ぎ、もちろん午後二時のチェックイン時には快晴に近いお天気でした。
赤道直下の暑い国と覚悟をしていましたが、同時期の日本の方がもっと暑かった!

さんざん歩いて来たので初日じゃないような感覚でしたが、待ちに待ったチェックインです。



ホテルのロビーのあちらこちらやエレベータールームなどに飾り付けたデンファレのお花に歓迎されました。


たしか、チェックインの日は赤のデンファレだったような記憶です。
その時の写真は撮り忘れ、気が付いた時には白に代わっていました。



ホテルの真ん中にエレベーターホール。



6基のシースルーエレベーターが吹き抜けを上がり下がりしています。



このエレベータースピードがとっても速かった。


まるで遊園地の乗り物・・・とは言いませんが、それに近かったかな。



パソコンを持ち歩かないので重宝したビジネスセンター。


時間の制限はありますが、パソコンが自由に使えます。



朝食をいただけるレストラン、




お肉好きな方にステーキハウスはこちら




このあと、お楽しみが待っているラウンジバー




アジアンチックなこのホテルにはハワイ本店のある和さびも。


メニューはほとんどハワイと一緒のようでした。
ハワイではカパフルにあった時も、ブレーカーズに移ってからも数回利用していますが、シンガポール滞在中は数少ない食事数なので仕方なくパス。



立地も交通の便もとても良く今回のホテル選びは

:emojiknife: シンガポールの食事情をすこし☆


Post-920シンガポールでは外食が当たり前?らしいんです。



朝ごはんから、そとなんですね。

夕飯はもちろん、おかずをテイクアウトとか???

主婦はご飯を作らないのかな?

疑問だらけですが、意外に外食が普通のところ()って多いですね。

ハワイのドンキの通路にあるテーブルでも朝から夜遅くまで結構お食事してますし。

食べるの大好き、作るのアンマリ・・・なパイプリママはうらやましい。



そんなシンガポールですから、どこに行っても食べるものに困らない。



ホーカーズと言う屋台村のような所もあちこちに。


フードコートはショッピングセンターやちょっとしたビルに必ず入っています。



ホーカーズは他のアジア諸国の比ではないくらい衛生的らしいですが、それでも新参旅行者はひいてしまいます。

まぁ、そのうち制覇しに行きたいですが。


と言うことで、今回はおとなしくフードコートを攻めました。



ラーメリ?も良いけど、やっぱりシンガポールらしいものを食べたいかな。





まず、ホテルに近いミレニアウォークPARUCOにあるKOUFU(口福)に行ってみました。


お昼にはまだまだの時間だったのでガラガラです。



飲み物、食べ物、スイーツなどとコーナーが分かれています。(日本のように各お店ごとが出店しているのだと思ってました
食べ物のところに飲み物は売っていないと言うわけなんです。


実は午後から一大イベントの一つーだったら一大イベントとは言わないけれどーが待っているのでおやつ程度にとどめます。



これこれ、大好きなんです。



フィッシュボール!おでんのボールのような練り物です。


串刺しになって熱々をいただきます。



のんびり甘いコーヒーもいただきながら時間を気にしてみたら、あら~ホテルのチェックインにちょうどいい時間です☆

:emojionsen: リトル・インディアで手に入れたい☆


Post-916到着日はホテルからタクシーでリトル・インディアにあるムスタファセンターに向かいました。

早朝からオープンしているお店はこのムスタファセンターチャイナタウンぐらいだとか。



日本の淡路島ほどの面積のシンガポールですが、ここリトル・インディアアラブス・トリートチャイナタウンと狭いながらも国際色豊かです。

シンガポール旅行では日本では味わえないこうした各国の文化に触れることも楽しみの一つでした。

短期間の旅なので同じ所を二度は訪れまい、と初日からしっかり買い物のメモを握りしめていました。


このムスタファセンターは24時間営業です。

お土産物も含めて、ありとあらゆる物が売っています。
早朝から高価な貴金属品売り場にもお客様がいましたよ。
それも地元の方。


ムスタファセンターでの買い物の目的は石鹸です。



オーチャードの高島屋などにもあるようですが、オーチャードはなんだか銀座のような過去の記憶があったので、今回はパスしてしまうかも。

そうなるとこのどうしても欲しいインド石鹸はここで買わないわけにはいきません。

石鹸と侮るなかれ。
保存料、香料、薬品を含まない、植物性動物性脂肪を一切含まず刺激が無い。

正直言って最初はサンダルウッドの香りが鼻につきましたが、それもしだいに慣れました。
貴重な一品ですから大事にだいじに。
我が家は洗顔オンリーで使っています。


そんな強烈な香りとは知っていたけど、サンダルウッドの香りと成分の入ったインド石鹸は一度使用してみたかった。
ネットなどによると使った人はリピするほど。

種類もたくさんあり、迷って数種類購入しました。




ムスタファセンターでのプラスチックバッグは厳重に封をされます。


ちっとやそっとじゃ開きません。


と、言う事はおいたをする人も多いのかしら。


シンガポールではエコバッグが普及していないと何かで読んだ気がします。
そんな訳もありなのでしょうか。



上から下までざっと見てムスタファセンターを出るとリトル・インディアの繁華街ですが、まだお店は開店していませんでした。



街中をブラブラしてみました。
せっかく来たのに残念でしたが、何となくインドの雰囲気が楽しめました。




歩いていて気が付いたのですが、出会う人は男性ばかり。
女性には全くと言っていいほど会いません。
女性が外に出てはいけない時間帯があるのかしら?

男性が大勢集まっていることもありました。
これはお祈りの時間(場所)らしいです。


そう言えば、チャンギ空港にも『お祈りの部屋』が用意されていたのを思い出しました。



リトル・インディアを歩きまわり、ネットで調べたカフェを探したのですが、あるべき住所になくがっかり。
そこでは、おいしそうなスイーツを購入予定でしたから」、かなりがっくり


買った石鹸も重たいのでいったんホテルに戻り、また買い物したものをホテルに預けて出かけることにしました。

次はシンガポールの名所とでも言うべきフードコートです☆

:emojicar: イヤ~な気分とアロハな気分☆


Post-917ホテルからリトル・インディアまで利用したシンガポール庶民の足となるタクシーですが、アメリカのようにチップが入りません。



表示された金額の通りのお支払いはとても気楽でした。

みなさん平均して愛想が良く乗ってても安心。

それに何色のタクシーは安心だけど、こういう車体は避けた方がいいというような事もありません。


ハワイのようにホテルやショッピングセンターなどからならば乗れるけれど流しは乗せないこともない。

街中には所どころバスストップならぬ、タクシーストップがありました。
そこで待っていたら確実に乗れますが、朝夕のラッシュ時は6車線ほどある大通りもタクシーの渋滞になってしまいます。
時間と距離での料金計算ですからメーターはチャカッチャカあがります。
でも安価ですから心配は無用ですが…



そんな使い勝手の良いタクシーですが、この旅行中何台か乗ったタクシーの中の一人だけ$3ちょっとの支払いに$5札を出したらお釣りをよこさない。
気分が良ければ取っといてください!と、そのまま降りるところですが、お釣りを用意する気配もなく早く降りろと言わんばかり。

これには腹が立ちました。
しつこく居座り、お釣りの催促をしたら、コインをよこしこれでいいだろう!みたいな様子。
失礼ながら、なんだか風貌も乗った時から怪しげでした。
案の定、これですものも。
パッと見て色のあるコインだったので$1かと思って降りましたが、よこしたコインを見たら¢1でした。
ん~~~~もぅ!気分が悪いったらありゃしない!



シンガポールはタクシー移動が便利ですが、それに並んでMRTと言う電車の鉄道網が発達しています。
このMRTについてはまたの機会に。



さて、話しは本日夕方の番組から。

NHKEテレ 午後6時から。

スクールライブショー フラガールズ甲子園③

先週、偶然にもTV欄でトップの画像の番組を見つけました。

昨年スタートしたフラガールズ甲子園。

全国の高校生がフラを競うコンペです。
ちょうど新聞記事でそのことを知り秋葉原の会場に観に行きました  :emojion:

東北の震災の後でしたが、みなさんの元気な姿にこちらまで励まされた事が記憶によみがえります。

先週の番組は日本全国の高校生たちが熱心に練習する様子が放送されました。
そして、今晩の番組がいよいよ本番を流します。

どこのチームが優勝してもおかしくないくらい。
高校生とは思えないフラでした。

十数年生活の一部だったフラを最近はすっかり忘れていましたが、これでまた火が付いちゃうかな☆

:emojimark_doller: 両替でしくじった☆


Post-915深~く深呼吸ができる朝を迎えた東京です。
今朝は爽やか。
湿度が無く風が気持が良い!!!



さて旅行先の通貨の両替ですが、日本円からシンガポールドルへの両替は日本の空港でするよりも現地、シンガポールでする方がお得とネットで情報を得ていました。



シンガポールに到着後、ゲートを出たすぐわきに銀行があったので早速両替をしておきました。

まずは、一万円。

両替のレートは$1=64円でした。


$156になって手元にきました。



一枚のお札が何種類にも何枚にもなるとなんだか嬉しくなっちゃいます。




ジップロックのようなプラスチックケースに入ってます。
さっそく、日本円の入ったお財布の中身をシンガポールのお札に交換です。


用が無くなったこのケースを何となく捨てられずにいたのです。
貧乏性ですからね。


そうだ!!!レシート入れにしちゃおうっと。

めでたく使い道も決まったところで満足したのですが、これがいけなかった。

翌日、翌々日と現金での支払いの際、なんだか残金が少ないような・・・
気のせい?あんなにたくさんお札をもらって広げて写真まで撮ったじゃない。

そうだ!写真を確認すれば納得できる!

写真を見て驚きました。


お金、足りないんじゃない???
ご、50ドルも足りないわ。。。


え~~~、無くしたのか両替時のアクシデントか?

両替時はしっかり数えてネ!!!と、シンガポール旅行の先輩でもある大阪の娘Mちゃんに言われていたのに。。。初日からしくじったパイプリママでした。



$50と言ったら大金ですよ。
泣く泣く損をしたと反省しました。



到着日のホテルは午後二時のチェックインでした。
あわよくば、アーリーチェックインができる可能性の多いホテルだと聞いていたので期待していたのですが、残念。

午後のチェックインまでホテルに荷物を預かっていただき予定通り出かけることにしました。



行先はリトル・インディアです。

名前の通り、インドを小規模にしたような街。
チャイナタウンなどのインド版って言うところでしょうか。

ホテルからタクシーに乗り込み15分くらい、300円ほどの料金で着きました。

シンガポールでの足は地下鉄MRTとタクシーがほとんど。
とっても安くタクシーが利用できるのです。



リトル・インディアの最初の目的地はムスタファセンターと言うドンキのようなショッピングセンターです。
何階建てかしら、広すぎて迷子になっちゃいそうでした。


次回はムスタファセンターでの続きです。

それにしても、50ドル。。。。。☆

チャンギ空港のパネル効果」&今晩のTV番組☆


Post-914シンガポールエアラインの機内では大変快適に過ごせました  :emojion:

6時間と少しの飛行時間でシンガポール、チャンギ空港に到着です。

到着時間は午前6時を少しまわったところでした。


今ではどこの飛行場でも見られる歩く歩道。


早朝だからでしょうか人はまばらです。
なんだか、羽田か成田かチャンギか、画像では区別がつきませんが、まわりはと見渡せば今から出発するゲートも到着ゲートも同じフロアでした。


そのせいか、ショッピングアーケードにはビラボンありパンドラがあり、雑貨屋さんもあり。

こちらは早朝でもしっかり営業していました。

行きも帰りも買い物ができる!!!


では、ショッピングは帰りの楽しみに!なんて予定をしていたら、到着は第二ゲート。
羽田に帰る時は第三ゲートでしたから、こちらでショッピングをしたいならまた訪れるしかないようです。



シンガポールのチャンギ空港は、とってもきれいな空港でした。

まず、トイレがきれい。
これは街のショッピングセンターでも言えました。
大げさですが、寝転んでも。。。大丈夫かな?それは冗談ですが



空港のチェックインカウンターをはじめ、トイレの中や入国審査の各ブースにこんなパネルが目につきました。


私は誰の誰平ですと顔写真付きです。

ニコちゃんマークのようなイラストが笑っているのから困って(怒って?)いるのまで。

たとえばトイレにあったパネル。


トイレを評価してください!とあります。
どのようにしてどこへ評価を伝えるのかはじっくり見ませんでしたが、これは恐ろしいですよね。

手抜きをしたり、無愛想だったりしたらすぐ評価されてしまうと言うことですね。



ところで、入国審査ですが、こちらでもとても愛想が良かったです。

ハワイでご機嫌に歓迎してくださる審査官の上をいくかもしれません。

そちらでいただいたのがこのmentos


どうぞどうぞとすすめられるままにいただいてしまいました。
入国審査でお菓子をいただけたなんて初めての経験です。
これもあのパネル効果でしょうか?



ご存知のようにシンガポールはガム規制があります。
街中で食べてはいけないし、捨てようものなら罰金どころじゃないとも聞きました。
なので、ガムの持ち込みもいけません。
そのせいか、ハワイに負けず劣らずmentosメントスのようなお口スッキリのミントがたくさん売られています。



普段のハワイなら到着日にドンキやウォルマートに行って滞在中のガムを手に入れるところですがシンガポールではそうもいきません。


そこで滞在中にお世話になったのがtictac


日本で買うと226円とか。
ハワイのABCで$2位らしいです。
$1=80円として160円。
シンガポールドルでは$1.30。
$1=64円でしたから83円!かなりお得です。



さて、無事に入国審査も終えて空港内へ。

ここでちょっとトラブル発生!それは次回まで少しお待ちください。


ところで、本日のTV欄で見つけました、HWAII番組

NHKEテレ 午後10時から。

『グレーテルのかまど』 ハワイの味バターモチだそうです。

アンコール放送だそうです。
見逃していましたので再放送が嬉しい☆