モーハワイ☆コム

カテゴリー:2015秋 お任せヨーロッパ

☆お任せヨーロッパ~ホテルの朝食スペイン♡ハワイでも言われない!☆


スペインの☆☆☆ホテルの朝食は想像していた数倍素晴らしいものでした。

三ツ星を侮るなかれ!な、豊富なメニューに頬が緩みっぱなし。
朝からシックなムード溢れるダイニング
P1030443
早朝、、時間を間違えたのか利用者は私達3人だけでした。
早すぎてしまったかうかがうと「良いのよ~♪」と、快いお返事をいただけました。
暫くするとお客様が次から次に。

チーズにハムにフルーツに
P1030437
フレッシュなジュースに
P1030438
紅茶も種類が豊富です。
P1030441
コーヒーも美味しかった~
P1030436
ヨーグルトにもちろんシリアルも
P1030435
パンは焼き立てが並べられました。
P1030439菓子パンの類も豊富でした。
P1030440
朝から食べきれない!と、言いながらもすべて完食。
P1030446
トースターの近くのテーブルに座っていたら、後からいらした年配の男性が「朝一番に来た時はトースターを温めておいてね」ですって。
日本人だったらそんなこと言わないですねぇ。ハワイでも言われたことないけど。

ローマの四つ星ホテルの朝食もこの分では更に上をいくに間違いない!って、三人は思って楽しみにしていました☆

☆お任せヨーロッパ~ハワイには無い バスルームのアレ☆


スペインのバルセロナで滞在したホテルは☆☆☆ホテル。
DSC_0245ビジネスホテルのような外観でした。

バス停からも地下鉄の駅からも近くてとても交通の便の良いホテルです。
泊まったお部屋はベッドが3台。
P1030429
P1030430
カーテンの向こうの窓の外の景色は、見るまでもないようなもの。
低層のホテルなので、谷底のホテル。
でも、良いんです。
寝に帰るような毎日でしたからね。

バスルームはシャワーのみでした。
P1030431このシャワーが曲者でした。
何がって、洗濯機パンのような浅いお皿のようなところでのシャワーなので、工夫したって回りがビショビショになっちゃいます。

アメニティは極々シンプル。
P1030432
そして、ハワイじゃ見慣れないあるものが。
P1030433

イタリアでの滞在はローマでした。
こちらは☆☆☆☆
DSC_0436テルミニ駅にも近くて、歴史のありそうな建物でした。

なんだかアガサクリスティの舞台になりそうなクラシックな内装です。
チェックインする前に一休み。
DSC_0299朝が早かったのでプリ達はお疲れの様子。

お部屋はこちらもベッドは三台。
DSC_0300どちらのお部屋も清潔でベッドも快眠できました。

そして今日のヒロイン、バスルームです。
DSC_0303こちらも曲者。
ハンドシャワーもあり、浴槽もあるのですが・・・画像じゃわかりにくいのですが、ガラス戸を閉めて座ってしまったら体の向きが変えられないくらい横幅が狭~~~い。

アメニティはそれなりに。
DSC_0304
こちらもありました矢印のアレが。
DSC_0302今じゃビデも生活の一部ですが、同じ用途の本家本元のビデのはずですが、どうも使う気になれませんでした。
昔ヨーロッパを巡った時と感覚的には何の変りもありません。
人様の旅行記の中に、疲れた足を癒すための「足湯」にすると最高に良いと書いてあって笑えたのですが、プリ達にそれを話したら真っ平御免と即言われ、母はやってみたら良いんじゃない?
まさか、しませんでしたが、今となってはしてみれば良かったかなぁ~☆

☆お任せヨーロッパ~お腹に吸い込まれていった☆


クレジットカードの件、まだまだ迷い中です。
個人的にはユナイテッドもマイルがたまっているのですが、プリ父と一緒にとなると共通するところから選ばなくてはならず、迷います・・・

そしてヨーロッパ。
スペインはご飯が美味しかった~
ピンチョス、タパスは量質ともに大満足でした。
バールのランチ時は行列になるので少し時間をずらします。
すると、カウンター席もゆったりと。
DSC_0164
早い時間だったので、お昼に合わせて次々とお料理が登場。
DSC00088あれもこれも食べたくなってしまいますが、

まずはマテ貝
DSC00222歯ごたえ香り抜群!

海老もプリプリ
DSC00223
お肉も美味しかったそうです。
DSC00224
マッシュルーム&アスパラ
DSC00219
鰊も最高!
DSC00229
限りなくお腹に吸い込まれていってします。

人気なお店「セルベセリア カタラーナ
DSC_0166スペインのランチ 大満足なお店でした♡

☆お任せヨーロッパ~ハワイと比べちゃう場所☆


海外のビーチの想い出と言ったら、学生時代に行ったモナコの海。
友人宅を訪ねたマレーシアのペナンの海。
LAのロングビーチ。
そして、何度も訪れるハワイ。
何と言っても大好きな景色はやっぱり!ハワイ
DSC_0275
スペインは地中海に面しています。
ホテルからバスですぐの所に広がるビーチです。
DSC00249ブログ
こちらへ行くまで、大通りのマーケットを覘きながら行ってみました。
DSC00244
マーケットでは飲み物を買ったりプリ達は革のポシェットを買ったり。
移動遊園地も来ていました。
大通りの突き当りが海。
DSC_0175広いビーチですが、後ろ側に建物が迫った少し変わった風景でした。

帰りは裏通りを通ってみたのですが、スペインの庶民の暮らしが垣間見られるような街並みでした。
DSC00254昼間はまだ良いのですが、日が暮れたら来ないほうが良いって、後から知りました☆

☆お任せヨーロッパ~教科書再確認☆


スペインにて、行動を開始した日があいにくの日曜日。
お店と言うお店はどこもお休みでした。
開いているのは観光相手の所とレストランンのみ。
この日は朝から地下鉄でアントニ・ガウディが1882年に着工して、いまだ未完成の聖堂「サグラダ・ファミリア」へ向かいました。
大昔学生の頃教科書で見た景色。
DSC_0156クレーンがあちらこちらにニョキニョキ見えました。
DSC_0151まだまだ建築中でしたが、職人さんはお休み。

塔の上へは行きはエレベーター、帰りは目の回りそうな螺旋階段を下ります。
DSC00179ブログ
中はステンドグラスに色を付け始めたのでとってもカラフル!
DSC00134burogu事前に入場の予約をしていったので、スムーズに入れましたが、当日券の窓口は行列でした。

また地下鉄に乗って、こちらもガウディーの集合住宅「カザ・ミラ」へ。
DSC_0160
歩いてすぐの所に、ガウディがバトリョの為に建てた邸宅「カザ・バトリョ」
DSC_0170
グラシア通りには立ち寄ってみたいお店と建築物が立ち並んでいます。
お店はすべてお休みなので、残念ですが出直すことにしました。

ガウディに始まりガウディに終わる一日の締めくくりは「グエル公園」です。
こちらへも地下鉄で。
DSC_0182
こちらは事前に予約をしてなかったので入園まで1時間半も待ちました。
タイルに囲まれたテラスや
DSC00322ブログ
トカゲ君は有名ですね。
DSC_0203
公園を一回りする頃には日も暮れ始めました。
DSC_0211
スペインのサンセットは7時半過ぎ。
あ~良く歩いた一日でした。

教科書を読み返しているようなガウディの建築物も見る価値がありますが、プリママ家にはこちらの方が合っていたような・・・ハワイが恋しくなった所へも行ってみたのです☆

☆お任せヨーロッパ~重いパンケーキはもう買わない&ピンチョス☆


先日久しぶりにコストコへ。
いつから売っていたのでしょう?
重い思いをしてハワイから買って帰ったパンケーキMIX もう買ってこなくて良くなりましたね。
お値段だって、少し高いだけ。
41AX4c4UCSL                              (画像は拝借しました)
シンプルが一番!自宅用にはこちらが一番だと思ってます。

ヘルシンキから4時間弱でスペインに到着。
成田や羽田もかないませんよ、ショッピングモールのような空港内に寄り道したくなってしまいます。
P1030425
ヘルシンキの空港でICパスポートでの入国審査をされたので、荷物を受け取ったらそのまま何のチェックもなく外に出られます。
なんだか拍子抜け。
これから話題のカタルーニャ地方のバルセロナに三泊します。

空港からはホテルの近くのカタルーニャ広場まで、リムジンバスのような空港専用のバスで移動しました。
スペインの歩道はレンガやタイル敷きなのでスーツケースが転がしにくい。
タイヤが取れてしまわないか心配でした。

その夜は遅かったため軽くお腹を満たしに近くのお店へ。
こちらの「iRATi」はピンチョスの有名店です。
DSC_0107外にも小さなテーブルが出ていて人が群がっています。

DSC_0105中も地元の人で混んでました。
小さなプリママたちの入るところがあるのか!

椅子なんてありません。
皆立ったまま食べて飲んで、また食べて。

カウンターの中の男性に、出来上がってお皿に並べられてるピンチョスの中から欲しいピンチョスをリクエストします。
DSC_0103オーダーはプリンセスの係り~

時々店内をウエイトレスが出来上がったピンチョスをたくさんお皿に盛って「いらんかねぇ~」と、配って歩く。

ホンモノのピンチョスは初めて!
デザートのようなものまでありました。
DSC_0101
スペインのビールは美味しいそうです。
DSC_0104下戸のプリママは一口もらってみたけど、どれも一緒、分からない・・・

お会計はピンチョスを留めている楊枝の数でするんですって!
DSC_0106一本二本、楊枝をくすねちゃう人はいないのかしら?
床には一本も落ちていませんでした(笑)みんな正直。

ホテルまでの道は、まるでお祭りの真っただ中みたいです。
DSC_0112夕飯が遅いスペインの夜はこんな状態が深夜まで続くのが普通のようです。
明日の仕事や学校に差支えないのかしら?

到着したそうそう、日本の恋しい方々にそれぞれハガキを書くと言って真剣に選んでました。
DSC_0113「母も父に出せば~」と、すすめられましたが今更なので断ると、プリンセスが代筆してくれました♡
そのハガキ、帰国して4日後位に着きました☆

☆お任せヨーロッパ~こんな人にイケナイもの☆


機内でいただくお飲み物は何になさいますか?
下戸のプリママ一家はジュースかお茶をいただきます。
そのジュース、ある人は控えた方が良いってご存知でしたか?
ある人って、実はパイプリママの事なのですが・・・

ヨーロッパへ出発の数日前から咳がひどくて内科にかかっていました。
シルバーウィークに入ってしまうこともあり、抗生物質やら咳止めやらたくさんいただくついでに先生に相談してみたのです。

じつは・・・時々なのですが、日本からのハワイ便に乗るとお腹にガスが溜まってホノルルに着くころには苦しくて仕方がない時があるのです。
それは徹夜状態なので、ごく当たり前のことのようでした。
ずっと気圧のせいかなと思っていたのですが、違いました。
どうりで帰国の便は大丈夫でした。

そこで、内科の先生にそのことをお話ししてお薬を出していただいたのは良いのですが、家に帰ってよくよく薬を調べたらお腹にガスを貯めない薬、ガスを出しやすくする薬だそうです。
P1030522
出しやすくって、いったいどこへ~
先生何考えているんでしょうか!(怒)プリンセスは〇〇先生は「やぶ」だと、常日頃から言ってます。
やっぱり、そうかも。

とりあえず予行演習に家で二回ほど飲んでみたけれど、何の変化もナシ。
当日も長時間飛行機になるので心配でしたが、昼間の便だったので恐れていたことは起きませんでした。

でも用心に越したことはありません。
お腹が張りやすい人にオレンジジュースは禁物なんですって。
なのでオレンジ好きですが、リンゴジュースにしておきました。
P1030391
何処の航空会社も似たり寄ったりのアラレですが、
P1030392
マリメッコのナプキンでポイント高し!色とりどりの紙コップにナプキンに。
毛布だってマリメッコ☆

☆お任せヨーロッパ~ハワイの夢は砕かれ、機内は地獄☆


年明けにプリ父とのハワイ行きのツアーを予約しています。
一つ旅が終わっても、次の予定が決まっているなんて、なんて嬉しい事でしょう。
チャンスがあった時は逃さないように。
西へ東へ訪れてみたいものです。
ところがその予定のハワイ行きが危うい・・・(汗)

今回のヨーロッパでは初めにスペインを訪れました。
4日目にイタリアに移動したころ、行きに利用したフィンエアーはワンワールドなのでマイルがJALのマイルに加算されていることを確認しました。
DSC_0521
提携航空会社のマイル加算は時間がかかると聞いていたので早い加算に驚きました。
ところが、帰国後一週間経っても帰りの便のマイルが加算されないのです。
何だか嫌~な予感。

実はEチケットをプリントしていても誰も気が付かなかったのですが、行きと帰りと航空券のクラスが違うのです。
P1030520
行きの準備の段階で受託荷物はいくつまででしょう、とチェックしたのはワタシ。
約二名は国際線だからトーゼン23Kg2個でしょ!なんて、のんきなことを言ってました。
行きは2個で良かったのですが、帰りの便は23Kg1個ですって!!!
ええっ!!!行きが2個で、帰りが1個?!なんで~と、なったのですが。
航空券を頼んだ時にどうして確認しなかったの!と、今言ったところであとの祭りでした。
すべてお任せは信用ならん(怒)

もう二度と行かないかもしれない国々です。
心置きなくお土産を買いたいなんて思っていた予定は砕かれました。
受託荷物の件が分かった段階で、クラスが違う=マイルは付かない・・・何だか嫌~な予感がしていたのですが。
帰りの便は1マイルも付きませんでした(泣)
そうそう、フィンエアーは機内持ち込みの荷物制限も厳しいです。

もしも、もしも往復マイルが付いたなら。
JALのビジネスにアップグレードでハワイへ往復半、すなわち一人は往復。
もう一人は行きか帰りのどちらかアップグレードできたはず。
そうしたら、今予約しているツアーをキャンセルしてチケットを取りなおそう!って、考えていたのです。
もちろん、往復アップグレードはプリ父に。
車の運転するでしょう?ゆっくり休んで頂きたい。
そしたらプリママは行きは一緒にアップグレードで、帰りは一人旅風にエコノミーだってかまわない。
取らぬ狸は考えていたのですが、ガガガ~~~ンと崩れ去りました。
そんなこんなで、今日は一日パソコンとにらめっこ。
にらめっこした結果少し灯りが見えてきた。
それについては追々に。

そんなフィンエアーのお話しです。
ヘルシンキで国内線に乗り換えたのですが、それが地獄と先日書きました。
行きは三人並び席。
こちらは日本のフィンエアーさん、並ばせてくれたのですね。
帰国の国内線はバラバラでした。
フィンエアーの国内線の座席指定は有料なんですって。
運を天に任せました。
帰りお隣になった方は日本の大手ツアーで来ていましたが、25名の団体さんみ~んなバラバラの席でした。
並び席確約のツアーじゃないとこういうコトになるのかも。
バラバラの座席が地獄なんじゃありません。

席に着いたら何処から臭って来るのでしょうか。
とっても臭くてたまりませんでした。
トイレが近いせいでしょうか?原因はそれじゃなさそうです。
頭を動かせない位、じっとしてても漂ってくる。
先に機内食が出ないと書きましたが正解です。
ブルーベリージュースとコーヒーを鼻を詰まらせて飲んだ後は着陸までこんな感じ。
DSC00070
持っていたパーカのフードを頭から被って息をなるべくしないように、できっこないけど、大きく息を吸わないで。
プリ姉の隣のツルンとしたのがパイプリママでした。
プリ姉は何で余裕の笑顔なんでしょう?
彼女は乗り物に乗ったら鼻で息をしない癖を持っているのでした←それが正解!

TVも無ければ何もない機内です。
それでなくても退屈なのに匂い攻撃とは、地獄☆

☆お任せヨーロッパ~天国と地獄?☆


初夏に訪れたハワイはマイルでアップグレードのビジネスでした。
帰りの機内食、初めて、生まれて初めて機内食の肉料理を完食した記念のお膳です。
DSC_0427ステーキだったのですが、所詮肉嫌い。
勿体ないので一口だけと口に入れたら、あら美味しい!キッチリ焼いてあるのが好みでした。
お肉好きサンには不評かもしれませんが・・・
フレッシュパパイヤの蟹サラダのせもさることながら、お肉苦手の自分にビックリ!

デザートにはアイスクリーム。
DSC_0433こちらもカロリーを気にしながらも嬉しく完食。

最近はエコノミーでもアイスクリームが出るのですね。
この度のフィンエアーでは行きも帰りもデザートはアイスクリームでした。

行きのお食事はお魚料理を選択
DSC_0079メインはフーフーしなくてはいただけないくらい熱々でした。
熱々だと美味しさもアップします。
でも、残念なことにパンが冷たい。
そこで、プリ姉が閃きました。
メインのケースの下にしばらくパンを挟んでおくのです。
少し経つと、おかずもパンも食べごろになりました。
日本発のフィンエアーの機内食は◎
マリメッコの紙ナプキンも可愛い♡

そして、デザートのアイスクリームはスーパーカップ。
P1030409手にした時にクスッと笑ってしまいましたなぜって、アイスクリームにお砂糖が付いているんですよ、初めて!

チョコケーキもコーヒータイムにピッタリ。
P1030394

到着前は焼うどん
P1030410これでしばらく和食とお別れと思うと、ついつい美味しく完食。

一時期話題になって店頭から買い占められたブラックサンダーも美味しかった~
P1030411

ついでに帰りの便ですが、
メインはやはり熱々でしたが、フィンランド製のご飯は完食できませんでした。
DSC_0531ソーセージとポテトのランチ。

マトンのミートボールか、
kinai

豚肉の生姜焼き風だったのですが、
DSC_0525ミートボールの方が、まだ〇シと、両方を食べ比べてみたプリンセスのコメントです。
二つの肉料理を選択だなんて、がっかりでした。

アイスクリームはハーゲンダッツ。
DSC_0527
これは、日本のものより内容量も多く甘味が少なく感じられましたが、
DSC_0528
高カロリーでした。

ヘルシンキでフィンエアーの国内線に乗り換えたのですが、こちらでは機内食は出ませんでした。
スカイビストロ」と言う機内食が用意されていて、そちらは全て有料でした。
無料で提供されるのはコーヒー、紅茶と、ブルーベリージュースのみでした。
P1030422
この機内食「スカイビストロ」はバラエティ豊かでした。
おつまみから麺類まで種類も豊富、お値段が高いのではと思ったら空港で購入するより少し安かったです。
食べようかどうしようか迷っているうちにチャンスを逃してしまったものがアジアン風のヌードルでした。
次にチャンスがあったらぜひいただいてみたいものです。
でも、スープの匂いが機内中に充満しちゃいそう。

ワゴンが回ってくると、皆さんおやつを買い始めました。
P1030423
中でも人気なのはチョコレート。
フィンランド製のチョコなのですが、これが美味しそうでした。
機内でではありませんが、帰りの乗り継ぎの際に気になっていたので買ってみましたので機会があればご紹介したいと思います。

ヘルシンキからスペインまでの機内は地獄でした☆

☆お任せヨーロッパ~長距離飛行が苦にならなかった訳は☆


フィンエアーに初めて乗って、座席の狭さにこの先が思いやられると思っていたけれど。
なんのなんの~~~

これのおかげかも!って。
その1は「ネックピロー」なんです。
今までは風船の様に膨らませる枕を長い事使っておりました。
ここ何年か、ニューヨークやパリに行っているプリンセスが、絶対絶対おススメと言うので、騙されたと思ってプリ姉と二人で買ってみました。
それも成田空港で、入国の少し前にGET!

「無印」のネックピローです。
P1030501ジャージ素材がよろしい!
肌触りがとっても良い!
ファスナーもコンシールになっていて、肌に触りません。
P1030502
プリ達は飛行機の乗り継ぎの時も肌身離さず。
P1030388
さすがに私は手荷物にぶら下げておきました。
これは本当に絶対おススメ!
重い頭をしっかり、支え尚且つ圧迫感が全くなし!

その2は映画。
d0175590_6433536                                  (画像はお借りしました

アメリカで上映された時は酷評だったそう。
ありえない設定ばかりだったと言うのです。

題名につられて見始めたら、懐かしい~
P1030398
主人公のブラッドリー・クーパーが滞在するホテルが「ブレイカーズ」・・・でしょ?
外観で、もしやと。
P1030401
室内で、やっぱり~
P1030404
食事のシーンは、懐かしい「ワイオリ・ティールーム」
この部屋で友人とアフタヌーンティを楽しみました。
wa
家族と過去に何度か訪れたうちには、こちらのテーブルでお食事をした思い出がありました。
P1030407

ブラッドリー・クーパーが、昔の彼女の娘が自分の実の娘だと分かった時、女の子と心通わせるシーンは、きっとチャイナタウンのフラスタジオでしょう。

内容もラブコメディで良いんじゃないでしょうか~?
巻き戻したり止めてみたり。
一本観終わるのに時間がかかったこと。
一人でなんか楽しみませんよ。
隣りの二人に気になる都度に声を掛け。
たっぷり楽しみました。

こんなですもの、成田→ヘルシンキはあっという間でした☆