Post-913羽田から飛び立ったシンガポール航空の機内では、深夜発ですから軽食が出されます。

他社も消化に良いお粥など工夫を凝らしていますね。



立派な冊子になったメニューです。


エコノミーのランクで、表紙のような豪華なお料理が出てくるのかしら?


あるわけない!と、天の声。。。


そう言われても期待が膨らみます。


どれどれ、メニューをめくると。

リフレッシュメント、だそうです。


トルティーヤか巻きずしです。

どっちにしましょう?メキシカンも捨てがたいけど、夜食だし巻きずしにしておきました。
天の声は夜食拒否ひたすら眠る。

巻きずしは日本出発便だからか中身もしっかり、おいしかった!



二食め、到着の少し前には朝食が出てきます。

深夜にご飯を食べたのにお腹に入るかな・・・
ハワイの時はしっかり食べますが、羽田からシンガポールまでは6時間とちょっとなので食事の間隔がせまい。

断って寝ていようと思ったのですが、このメニューの内容じゃやっぱり食べたくなっちゃいます。


フレンチトーストに目玉焼き、ウインナー添えだそうです。



フレンチトースト→メープルシロップ→パンケーキ→ワッフル・・・が想像されて、頭の中はエッグスンか、ブーキモカエラかなんて想像がだんだん膨れてくる。

食べるしかないでしょう。


出てきた機内食のトレーには温かパンがちょこんと乗ってます。


たしか、フレンチトースト!なはず。
フレンチトーストをおかずに、パンを・・・でしょうか?


蓋をあけて納得でした。


三角形のフレンチトーストが一枚ですもの、男性だったら足りませんよね?って言いながらバターが美味しかったので、ついついパンも完食してしまいました。



お腹もいっぱいになったところで、もうひと寝入りです。

シンガポールエアラインはエコノミーの席にもフットレストが完備されています。
脚が楽ちん、長旅には嬉しい限りです。


そして、テーブルの裏側にカップホルダーも、ポイント高し。


飲み物だけでわざわざテーブルを出す必要がない。


TVはパーソナルTVだし、座席幅も気持ち広いかな?



あたたかな大判の毛布に包まって、快適にチャンギ空港到着です。

そういえば、覚悟していた機内の寒さは全くありませんでした。
時によりけりなのでしょうか。



パンケーキだワッフルだと記事を書いていたら、もう我慢が出来なくなりました。

本日のランチはパンケーキ、カエラ風。

ブルーベリーやイチゴの用意が出来なかったので、桃とバナナとピンクグレープフルーツをのせてみます。

ホイップクリームはサワークリームと半々に混ぜてさっぱりと。
おしゃれに粉砂糖もふってみました。

カエラの売りの、リンゴのカラメリゼも作りました。

いかがでしょう?

彩りが地味目ですが今どきパンケーキになったでしょうか。


旬のフルーツ盛りだくさんで美味しかった!

I miss you Hawaii


いつものように甘いものを食べたら…甘辛コンビでね。

しょっぱい系はスモークサーモンとポテトのガレットです。


目玉焼きをのせたら出来上がり。



本日は、ハワイと、フランスのコラボランチで大満足☆