Post-316パイプリママプリ姉ソウルに行っている間にプリンセスは代々木公園でお花見パーティだったとか。
うかれてお池に・・・なんでしょうか?お土産だそうです。
帰国そうそう赤ちゃんのお守りをさせられています。

おたまちゃんを生かすも殺すも母しだい!だと。


韓国に出発前に過大な期待を寄せていたキンパプ、本場モンに出会ってまいりました!!!
先ずは、かの有名なキムガネさん

お店のお隣の列は、こちらはお粥で有名な味加本さん。


ガラス張りの調理台におデコをつけて覗いて見ました。

美味しそうでした。
これは絶対に買って帰るぞ!

帰国の当日の朝はまっしぐらにキムガネさんへ。

開店同時でもお客さんが次々に入ってきました。


女性がささっと巻いてくれます。

サラダキンパプと                       キムガネキンパプを注文しました。
 
それぞれ2500ウォン(250円弱)

豪華な具で、一ケース250円ですよ!!!具がはみ出た端っこは最高でした。


お次はホテルの近くのキンパプ天国さんへ。


こちらも顔をみただけで、のり巻きね?と。


こちらは、キムガネさんに比べると細巻きで150ウォン。

小ぶりですが具はしっかり、美味しかったですよ。

ご飯時は満員だそうです。
椅子の数が物語っていますよね。
時間をずらしていけばこんなに空いてます。



最後はコレデモカの空港で。
帰宅時に家に大勢いては足りませんからね、それに飛行機を待っている間につまみ食いしちゃったので。。。

~空港は450ウォンでこれですよ。

すでに出来上がってホイルに包んであるものをホィっと渡してくれてね。

本当はどこも注文するとすぐその場でクルクルッと巻いてくれるんです。
それもマキス無しでです。
具はお店によって様々ですが、必ず卵焼きとたくあんとスパムのようなものは必須のようでした。


お次はスイーツ系。
韓菓子ヨンカフェです。


こちらもウインドー美味しそう。


誘われて中にご入店。


もち米がまぶしてあるお菓子と餅菓子とを買いました。

餅菓子の方は甘くない草もちIn胡桃。ほとんどパイプリママ責任をとりました

もうひとつ。
想像が膨らんでいたけど、きっとこういうものかも~が当たったシンガポール生まれのロティボーイパン


焼き立てを5つお持ち帰り、


道々パクリでマイナス一個にて、

日本には4個お持ち帰りです。

しっかり、大事にお持ち帰りしたので中にバターが入った空洞のパンなのですが、ほーらこのとおり

綺麗なお姿のまんま家族の元へ。

小さなお店の中ではドンドン焼いていていい香り。


こちらもお外から作業が見えるんです。

こんな風にトグロを巻いてるモンブランみたいなコーヒークリームが焼かれるとメロンパンのようにね。

中には塩味のバターがとろり。


パイプリママ家では、メロンパンをオーブントースターでコンガリ焼いて、バターを塗っていただくのが定番のいただき方。
それと全く同じお味。
甘さにバターの塩気。
あらっ、これも究極でした!


仁寺洞のメインストリートの中ほどでひときわいい香りを放っているお店があったんです。
ホドゥグァジャのお店でした。

12個で、300ウォン。

一つひとつ丁寧に紙に包まれて。

ほどくと中からこんな可愛らしい胡桃の形をしたカステラが。。。

カステラの中には大きな胡桃が一つとこしあんが入っています。

出来立てを抱えて、そばのスタバに入りました。
もちろん、カフェオレと持込のホドゥグァジャで、お茶タイムにしました。

仁寺洞スタバは表の看板がハングルになっていて、街の景観を損ねないようにしているんですって。

本日はまことに長~い事お読みいただきましてありがとうございます。

明日は、お持ち帰りのお料理材料編です☆