「ウルフ・ギャング」で食べてみたい!とのリクエストで、プリ下兄の誕生日ディナーに選びました。

大きなテーブルだったので、運ばれて来るお料理の写真が撮りにくい。
席を立って向こう側まで行かなくてはならないときもあり。
自分のその様を想像したら、着席が良かろうと。
そこまでして・・・
と、言うことで、画像が極端に少ないのをHP等でお借りした画像でカバーさせて頂きましたことを先にお断りさせていただきます。

シーザーサラダとパンでほぼお腹が充たされてしまったのは失敗でした。
まさか、これでfinishなんてね、ありえませんよね。

子供たちが楽しみにしていたお肉は意外と早く運ばれました。
IMG_0635
おう、これが有吉のハワイで観たお肉か!
みんな嬉しそうでした。
プリママとプリ父は端っこのこんがり焼けたところを少~しご相伴。
「オ・イ・シ・イ!」お肉は好みではありませんが、素直に美味しかった!

次にキハダマグロのソテー(画像がありません)
レアでとリクエストをしました。
お肉の後では何だか物足りない。。。複雑なめんどくさいお肉嫌いのプリママ。

子供たちも満足そうにみえましたが、何度も骨の部分にナイフを当てていたのがもの悲しかった。。。
後から聞いたら、プリ上兄が「三人前ならペロットだな」だったそう。
あら~やっぱり満足じゃなかったのね、可哀相な事をしました。
子供ながら遠慮してたんだね。

このあとから二品来るのよねぇ~プリ姉に食べる余裕がお腹にあるか聞いてみる。
やっぱり女性はもうギブアップ寸前と。

一つはマッシュルームの炒め物。
もう一つはポテト。
このポテトが曲者でした。
ウェイターさんが、他のテーブルに山盛りのポテトを運んでいるのを何度もチラ見していました。
あれが来たらおしまいだわ・・・

そんな心配をしている内にマッシュルームが運ばれて、続いてポテトも。
PhotoGrid_1497866188094良かったぁ~うちで頼んだポテトはフライドポテトじゃなかったんだった!
ポテトのお皿を見たら、ホッとしたけど。

まだ不安な話は続きます♡