いよいよ待望のチェックイン。

アメリカ本土からの宿泊客が多いそうですが、珍しく「日本語専用フロントデスク」が別に設けられています。
これは安心。
画像は撮り忘れましたが、フロントデスクがお留守の時は、確かガラリの扉が閉まっていたと記憶しています。

我々もそちらでチェックイン。
プリ父とプリンセスと三人を見るや
「お泊まりはお二人では?」とお聞きになる。
事前に三人に変更したはずですが??
話が通っていませんでした。
アレレ〰
その人数の変更の際に日本語HPへ電話をしたところ、予約の変更はアリゾナのホテルへ、なんてとんでもない事(私にしては)を言われたけど、危うくたらい回しにあうとこでした。
そう言えば聞いておきたいことがあったのでした。
1月19日のブログの記事で不思議に思ったこと。
HPによって宿泊代が違うこと。
ホテル間の連絡もそうですが、宿泊代はどうなってるのか伺うと。
「私は予約係じゃないから分からない」のだそう。
日本語は話せても中身はやっぱり。
日本のホテルならこんな時・・・お待ちくださいとあの手この手で解決してくれるかも。
諦めました。

「それでは後からエキストラベッドとアメニティ類は持っていかせます」と、鍵を頂く。

部屋に移動中
チャットで、両親の「記念の旅」って、伝えたはずなのに…何にも「おめでとう!」も、無いんだねと、プリンセス。
これも伝達されてなかったのね。

こちらのホテル、ビーチに近いオーシャンタワー棟とエントランスのエンバシー側のパシフィックタワー棟と、ロビーから別々のエレベーターで上がります。
昔泊まったときはエンバシー側のビーチから遠いパシフィックタワー棟でした。
今回は…少し期待してオーシャンタワー棟かしらと、思っていたのだけど、またもやエンバシー側のエレベーターを案内されガッカリ。
更に、部屋はもっとエンバシーに近くビーチは遠くなりにけり。
あんなに、「オーシャンタワー棟の部屋OK!」って、約束したのにと、プリンセスは口約束を残念がっていました。
こんなご立派(我が家にしてみれば)なホテルでも伝達が曖昧なんですね。

大袈裟ですが、
何だか楽しみにしていたことが一気に無くなっちゃった感じ。
それだけお宿に期待していたんだけどな。

こちらはキャンペーンの「ハワイのヒルトンご招待」でに期待!
DSC_0225
久々のデザートブッフェです。
テーマは【ハワイ】だそうですからこちらの期待も大きかったけど。
DSC_0226え~っと、この中でハワイっぽいものはスパムむすびかな?
フラショーもあると事前に情報を得ていたのでさらに期待。
ヒルトンあたりだったら、ハワイのダンサーをよんで欲しかったし、生バンドも期待しちゃったのですが、お食事もどちらも残念でした♡