私が今の家に引っ越して来た最初の夏に、感動したのが庭にあったプルメリアの木だった。たくさん花をつけて、開けっ放しの家の中にすんごく良い香りがいつも漂ってきてた。とても古い木で、ここんとこ葉っぱや花が着くと、重みで枝が折れるので、剪定してあげたいな〜と思い続けて、早数年…。去年も、「いつのタイミングで枝を切ったら、次の年にも咲いてくれるのか」と、考えているうちに新しい葉っぱが出てきて、またタイミングの逃す。

さすがに今年こそはしないとな〜。
だって、木が伸び過ぎてプルメリアの花達なんて、もう雨樋よりも高くなってる。香りが家の中に入って来るはずないじゃん。こんな高い所のプルチャン達を、誰が楽しんでるんだよ。ついでに言ったら、私達が家から見えるのは、木の真ん中辺りの枝だけ…。

昨日は、腕を伸ばしてプルメリアのブーケを寄せて、写真撮ってみた。
やっぱりかわいいよね。
よし、今年こそは思い切って前提しよう。(誰がやるんだろ…)