モーハワイ☆コム

カテゴリー:闘病記

どんでん返し


P1040107


あと2回寝ると・・・待ちに待ったハワイです。

今日先日の検査結果の説明を聞いてきました。
ダンナも娘も一緒に。。。
昨日の夜から心臓バクバクで、夜中3時半頃目が覚めてしまって、それからはなかなか寝られませんでした。
朝起きても不安だらけで、それは私だけでなく、ダンナも娘も同じ。
まるでお通夜のようにシーン。

12時の予約でしたが、呼ばれたのは12時半過ぎてから。

やっと呼ばれ診察室に入り、ダンナと娘の椅子も用意してくれました。

先生の第一声「ご主人様にも今日は込み入ったお話をしなければならなくなりました・・・」って。

ここで私は「夢であってくれ」「もうこれ以上ガンが見つかったなんて言わないで」って心の中で叫びました。
きっと子宮体がんの他に、MRやCTで別の場所の病巣が見つかって、先生的に悩んでるって顔でした。

実は、最初の細胞診の結果は体腺がんが陽性となりましたが、今回の組織診の結果からは異常が認められなかったのです。
最初の細胞診もさら詳しく見ても、これは正常値でいいのではないのかって結論になりました。
さらにMRもCTも血液検査でも基準値内であり、自分の所見でもがんと診られるものはなかったんです。

って説明されました。

先生的にも私の陽性反応には疑問を持っていたのかもしれません。
腑に落ちない感じだったのかもしれません。

今回の組織診は細胞診を判断した先生とは別の先生が見立ててくれ、判断に至ったようです。

まさかの展開に、私もダンナも娘も腑抜け状態。

でももう一度念のために検査させてくださいとなり、18日にしてきます。
もしこの時にまた陽性となったとしても、時間的には全然間に合う段階なので、早期の早期で済むからって言ってくださいました。

先生も言いにくかった事でしょう。
病理の先生の見解違いだったのかも。

誤診と云えば誤診かもしれないけど、こうやって詳しく調べてもらってるのかと思うと、とってもありがたいです。

がんと云われてから、ず~っと暗い我が家でした。

でも今日こうやって晴れ晴れした気持ちになって、あえて検査結果がこうであってよかったかな・・・なんて思ってます。
MRでもCTでも、異常はないって言われた事、何よりも嬉しいです。
たとえば乳がんとかがあったら、CTでも映ったりするんでしょうか?

今回のきっかけを作ってくれた出血にしても、子宮体がんを判断された事も、すべて神様からのお導きなのではって思ってるんです。
ちょっと辛い時期もあったりもしたけど、いい時間を与えてくれたと思っています。

これで心置きなく、ハワイの準備に入れます。

ここへきてダンナが突然『スターオブホノルル』に乗ろうかって言い出しました。
今模索中。。。

本当にお騒がせしました。

信頼できるドクター&韓国初日ランチ


 

P1080572

今日は昨日の続き的は話です。

最初診ていただいた、M先生の「何かあったらいつでも言ってきて・・・」ってことば。
この言葉が頭から離れずに、子宮体がんとわかったその日の夜、思い切って電話してしまいました。

留守電に急患時の電話番号がアナウンスされていたので、急患ではない私は悩みました。
かけていいのか、どうなのか。。。って。
でもここでかけなければ絶対に後悔すると思って、かけてみたら電話の向こうは奥様かどなたかの女性の声。
しっかりとわかるように説明をしたら「今先生に話して、先生がお話できるようであったら、こちらからかけなおします」って。

すぐかかってきました。
でも先生ではなく先ほどの女性からです。
これはやっぱりダメだったなぁ・・・って思ったらその方が「先生に変わりますね」って。

久しぶりに聞いて先生の声。
ちゃんと憶えていてくださいました。

今までの経緯を説明しました。
大丈夫だよって言葉も言ってくださいました。

そして病院選びの事も聞いてみました。

県内のがんセンターがいいか、大学病院がいいか、それとも日赤がいいか・・・って。

そしたら、今の様子ならばK先生に任せて大丈夫だと思うよって。
そしてまた何かあったら、いつでも電話しておいでって。

本当にこのM先生、大好きです。

そして先日K先生にM先生にも話、こう言われたとも伝えました。
そしたら「恐縮です」って。

M先生はK先生を信頼し、ご自分の患者さんは、K先生にお任せしていたようです。

明日の説明がどうなのか、ものすごく不安です。
心臓が飛び出てしまうほど、ドキドキしています。

私もドキドキしてるけど、明るく装っているダンナも不安なんだろうなぁって思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。

ノーレイン、ノーレインボー


   韓国の続きです。

金浦空港に着いてまずは腹ごしらえ。

P1080576


トップの写真のお店ですが、ここが一体どくにあるのか、全然わからず。

P1080577

P1080582
P1080581

おいしいビビンパでした。

お茶は日本で云う、そば茶。

マカロニサラダに一人ハワイを感じてました。

あと三日・・・今日は成田までのバスのチケット購入完了。

 

 

子宮体がんまでの経緯&羽田⇒金浦空港(NH1161便)


P1080568 - コピー


ハワイまで4日となりました。

ワクワクしながら、スーツケースだして準備開始したけど、動いてるうちは何の問題ないんだけど、ちょっと息抜いてみると、考えなくてもいい事を色々考えてしまって、恐怖感に陥ったり。。。

機内からの日本のどこかの山々・・・きれいだねぇ~。

ANAの国際線は湾岸戦争の年のバンコク線以来だから、一体何年ぶり???

P1080570 - コピー


お蕎麦美味しかったです。
でもソウル便でのドリンクサービスや食事サービスって、時間との闘いですね。
しっかりと私たちの列は、ドリンク抜かされちゃいました(゚Д゚;)

さてさて私の子宮体がんですが、ここまでくるには長い年月を経て、色々経験しこうなりました。

市の子宮がん検診を受けた、個人病院から突然電話がありました。
がんではないけど、正常ではなかったので、大きい病院に紹介するからきてくださいって。。。
この時はまだ子宮がんに対して無知だったから、ただ驚くだけでした。

そして今でもお世話になってる病院に紹介され、M先生と出会いました。

見た目は怖そうな先生だけど、とっても親身になってくださる大好きなM先生。
何年か診てもらった時、突然病院を辞めて開院されるとの事。
でも遠い場所。
先生の所でお世話になりたいって言ったら、何かあった時はここで診てもらっていた方がいいよって言ってくれ、
さらに何かあった時は連絡してって言葉の付け加えてくれで、とっても心強かったです。

辞めるにあたってM先生からはK先生の受診を仰ぐようにと云われ、次のK先生の受信日に行ったら、
学会で休診となっていました。
でも自分の中で今日受けるって思ったら受けないと気が済まないので、この日の先生Y先生に検査していただきました。

その後は女医さんのO先生。

O先生の時にⅢになる事が多く、口癖のように「思い切って取っちゃったら?」って円錐切除術を薦められました。
そんな時にLSILとなり、今のK先生に検査してもらう事となりました。

O先生は何度も検査にひっかかって、そのたびに嫌な検査するなら思い切ってとっちゃった方がいいって・・・って簡単に
言っていたけど、それがいいのかどうなのか悩んだ時もありました。

K先生はむやみに取らなくてもいいって派。

そんなK先生にこの時からお世話になったわけです。

女性の方へ&宝物です


大切な手紙


温かいコメント、ほんとうにありがとうございます。

そしてメールをくださった方々へ、お返事せずに申し訳ありません。
しっかりと拝読させていただいてます。
ある方からのメールで、共感したことがあったので、今日はそのお話をちょこっとさせていただきます。

ここ日本では20歳以上の女性に子宮がん検診のお知らせなるものが届いていると思います。
20歳以上と云っても、20代と4,50代が受ける子宮がん検診が一緒って、ちょっと?って感じます。

特に40代からの検診は、この子宮がん検診だけで済ませてはいけないと思うんです。
あくまでもこのこの検診は子宮頸がん検診の事だから。

40代になったら、頸がんだけでなく体がん検診の必要性があるんです。
それを日本ではなぜか頸がんだけに力入れてるっておかしいと思いませんか?

このブログを読んでくださってる方で、体がん検診もされてるって方どのくらいいらっしゃるのでしょうか。

頸がん検診で異常なしと云われてホッとしてはいけません。

私の中では体がんの罹患者ってものすごく少ないってイメージがありました。
ところが、今はものすごく増えてきてるようです。

でも未だに信じられません・・・自分ががん患者になるって。。。

今日、娘はゼミの合宿で、尾瀬に行きました。
駅に送って行ったら「これ後で読んで・・・」って手紙を渡されました。
それがこの写真です。

今日は何度泣いたことか。。。

大切な貴女のために、ママはがんばります。

  
10441981_640490946044071_8124022524470342249_n


もうすぐこれに乗れます

子宮体癌とのお付き合い


造影剤



たくさんの方のご訪問、そして温かいコメント、本当に感謝しています。

特に「初めまして」とご挨拶させていただく方々には、思い切ってご報告させていただいてよかったって思っています。

ブログをやっていてよかったと思える時です。

今日は造影剤を使ってのCT検査に行って来ました。
途中で造影剤を入れる時に「体が熱くなってきますけど、心配しなくて大丈夫ですからねぇ」って言われたとたん、喉の奥の方から
変な感じに熱くなってきました。
それがそのうち全身に。
看護師さんが脈を確認しながらやってるんですけど「かなり緊張していますね」って。
私、血圧測るってだけでも、ダメなのにそれが造影剤でCTなんて、もう私の中ではあり得ない。

先日のMRの造影剤ではこんな感じにならなかったけど、種類の違う薬品なんでしょうね。

これでひと通りの検査は終了かな。
あとは火曜日を待つのみ。。。

私は自分では頸癌になるタイプだと思ってはいましたが、正直体癌への恐れも感じてはいました。

なぜならば、不妊治療をしたから・・・。

ホルモン治療をすると、リスクが高くなるってわかっていたから、気にはしていました。
でも毎回の検査で体癌はセーフ。

不妊治療も辛かった。
でもありがたい事に、その時も神様から娘と云う素敵な贈り物をいただきました。

命がけで産んだ娘・・・そう、本当に命がけだった。。。

母親にとって子供は自分の分身でもあるって聞いた事あったけど、今ははっきりその意味が理解できます。

あの宣告の時から娘と見るたびに、命がけで産んだ大事な私の分身である娘・・・命がけでこれからも守っていかなくてはって思っています。

ユニクロ


今日のユニクロのチラシです。

このルームパンツ、入院の時に重宝しそうなので、2枚買ってきました。
って買ったのはいいけど、開腹手術した後のお腹ってどんな風にしてあるのかしら。。。

ESTA切れ&勇気出しての報告です


01b45dec518a25802a9b44bb49824a615881a6afa1


来週の今頃は成田空港いると思います。

慌ただしくしていて肝心なESTAの事、気にしていませんでした。切れていないだろう・・・って勝手な思い込みでいたけど、念のため有効期限を確認する意味で調べていたら、なんと私とダンナのが切れていました。
よかったぁ。
2年ってあっと云う間です。

今日はJALOALOカードが届きました。
今回は赤ではなかったぁ。




ここからは私にとってかなりの勇気を持っての報告です。

ここでこういう形で報告するかしないか、報告していいのか悪いのか色々と悩みました。
でもいつも私が口癖のように云ってるブログは私の中では日記。
日記となったら、妄想ではなく日々の徒然を書いていくのが当然の事。
なので思い切ってご報告させていただきます。
ただ取りとめもなくて、ダラダラ書いてしまいそうなので、その点はご了承ください。

実は私、ピーチリボンとなりました。
ピンクリボンは乳がん、ピーチリボンは子宮体癌です。
まさか自分が子宮体癌になるとは思ってもみなかった。
なるとしたら子宮頸癌だと思っていました。

私の事、古くからご存知の方でしたら、きっと気づいていたと思いますが、子宮頸癌検診を定期的に受診していました。
軽度異形成でひっかかってから、かれこれ10年位経つのかなぁ。
3か月、もしくは半年毎に検査していました。
その中で1年に一度は体癌検査もしていました。
でもいつも軽度異形成が出るのは決まって頸癌の方。
体癌でひっかかった事は一度もなかったです。

今年の3月に頸癌と体癌の検査をして、どちらも異常なしの真っ白状態で、次が9月4日に予約が入っていましたが、ちょうど渡ハの日だったので、
日にちを変えてもらおうと思っていたところに、出血したのが先週の水曜日。
韓国直前だったので、興奮して久々に生理になったんだろうと思ったけど、何かこの時だけは病院行ってみようかと思ったんです。
いつもなら生理だってそのままスルーしていたけど、この時だけは何かに呼ばれた気がする。
ちょうど婦人科の主治医の外来日でもあったから、思い切って行ってみました。

先生に話したら前倒しで検査しようとなって、頸癌と体癌の検査をしました。

検査後、先生の顔がいつもと違っていました。
でも髭も生えていたから、当直明けで疲れていたんだろうなぁ・・・っていつも思わない事を思った私。
家に帰ってからも、その話をしてました。

検査の翌日から私は韓国へ。

その韓国へ行ってる時に、先生が自ら私の席まで足を運んで会いに来てくれたようです(私の職場なので)
月曜日に来ますと同僚が云ってくれて、月曜日に職場に行ったとたん、婦人科外来に連絡してって言われその通りにしました。
その先生の外来日ではないのに先生が来てくれて、説明を受けました。

「子宮体腺癌が陽性となってる」って。

まさかの体癌。
頸癌だと思っていたのに。

その時はショックだったけど、かなり冷静な自分がいました。
上司にも来てもらって、一緒に先生の説明を聞いてもらいました。

一日仕事をするつもりでいたけど、上司に「大丈夫かい、午後帰った方がいいよ」って言われ、採血して早退させてもらいました。

職場の中でも私をわかってくれてる先輩に話を聞いてもらったら、こらえきれなくなってしまいました。

一人車に乗ったとたん、もう我慢の限界を達してしまって。。。

一番傍にいてもらいたいダンナ様は仕事中で、なかなかつかまらず、家に帰ってからやっと連絡が取れ、報告しました。
でも冷静にちゃんと報告は出来なかった気がする。
ダンナはこの日は泊り勤務だし、娘は友だちと遠くまで出かけていて、私は母と二人。
母がショックを受けるのはわかってはいても、騙しの効かない母なので、ちゃんと本当の事を言いました。
母は悲劇のヒロインになったようになるし、辛いのはわかるけど、私の事考えてよって叫びたかったけど、92歳相手にそんな事は無理。。。

翌日ダンナは早めに帰ってきてくれたけど、顔見たとたんこらえてこらえていたものがあふれてきてしまいました。

こんな私でただただ申し訳ない気持ちでいっぱいで。。。

その日はMRと、組織検査。

MRは初めての経験です。
ヘッドフォンから流れてくる音楽が、ハワイアンだったらもっとリラックスできたなぁ~。

組織検査は辛かったぁ。

本当はこの日は先生からの説明はないはずだったけど、ダンナが一緒だったのを先生が見て説明してくれました。

その時点でのMR撮ったモノを見ての説明。

正常の写真と、私の写真比べてみたら、ほとんど変わりないんです。
腫瘍マーカーも今のところ正常のまま。
ちなみにCA125は10、CA19-9は4
これがこれから上がっていくのかなぁ・・・。

組織検査の結果と明日のCTの結果でまたどう変わるかわからないけど、MRの感じからだと内膜も薄いので、
初期の初期ではないかって言ってました。
これなら治るからとも言っていたと思う。。。たぶん。

でも今回の私の出血は神様からのプレゼントだと思っています。

この出血がなかったら、9月4日の検査を日にち変えたにしても頸癌検査だけで済ませたはず。
3月に体癌検査したから、次は1年後だったし。

それに生理だと思いながらも、思い切って受診した自分の決断にも我ながらあっぱれです。
行かないで、ハワイから帰ってからの検査が頸癌検査だけだったらと思うと、怖かったぁ。

夢のような素敵な韓国旅行など、このところオイシイ思いをさせていただいて、神様からちょっと意地悪された?なんて思ったりもしたけど、
反対に私は神様からものすごいプレゼントをいただいたと信じてやみません。

こんなにタイミングよく発覚して、本当に本当に神様に感謝しています。

これから辛い治療等が待ってると思います。
まずは子宮と卵巣、卵管の全摘をする予定です。
その後はどうなるかわからないけど、こうなったら辛くてもやるっきゃない。
絶対に負けたくない。
絶対に生きてやる。

こんな私ですが、これからもよろしく末永くお付きあい願えたら嬉しいです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

お見苦しいですが。。。


10565016_678459555580543_8222893998081377726_n

ちょっと、いやかなりお見苦しいので、小さ目の画像で(笑)

昨日の夜は朝より痛みは少し落ち着いていたけど、腫れていました。
自分の足じゃないみたいで、見るのが辛かったぁ

シャワー浴びた後には、シップをして寝ました。

で、今朝は嘘のように痛みがものす~く軽くなっていました。

10629613_678697365556762_3832594176093095002_n


シップしてあって見にくいですが、腫れもだいぶ違うと思いませんか?

今が仕事して帰ってきたからか、朝よりちょっとだけ腫れはあるかな。
でも痛みはMaxが100だったとしたら、今は10以下って感じ。
幅ったさがあるけど、足をひきずりながら歩かなくても済んでます。

明後日は羽田のホテルに泊まって、金曜日韓国に飛びます

歩き回る予定だったけど、おとなしく旅を楽しもうと思ってます。
ハワイの本を読みながら。。。爆

 

病気なんかに負けないぞー


IMG_1522 - コピー

この眩しい太陽が待っていてくれるから、がんばります

長期戦になるかもしれない・・・でも自分を信じて、焦らずに病と闘います。