54
2006年の里帰りの時、いつもとは違ったハワイを感じてきました。
そこへ行ってよかったのか、悪かったのか・・・悩んだりもしましたが、やはり日本人として一度は訪れておくべき場所だったって我が家では結論がでました。

2008年に出版された『モーハワイ星★コムのハワイの旅本』の中でも紹介されてましたが、パールハーバーに停泊中の戦艦を攻撃し、真珠湾攻撃、日米開戦。

本当のところ私自身も詳しくはわかりません。

でもね、このアリゾナメモリアル戦艦ミズーリー博物館を見学して色々感じとれました。
現に攻撃された戦艦アリゾナが沈んでる(弔っている)のを見ると、戦争を知らない私もさらに娘も何か言葉にならない物を感じました。

戦争に詳しい旦那様はもっともっと色々と感じ取っていたようです。

そうそう
記念碑に行く前に、短い映画を見せられます。
その後に船でアリゾナの方へ行くのですが、この映画のすごさに参りました。
この本かの抜粋ですが・・・ムービーは勧善懲悪、日本は極悪人扱いです。日本は卑怯者だ!みたいな内容なので、これを見たアメリカ本土からの観光客が日本人を思わずののしる、なんてこともあります。と編集長が書かれていました。

その通りです。
この映画の後ボートで沈んだアリゾナの真上に造られた記念碑に行き色々と見学しました。


その時ある年配のアメリカ人観光客(男性)が旦那様に向かって何か意見してるんです。
英語で怒ってる様子。。。よく聞くと「脱帽しろ!」って事のようです。
他にもたくさんの方が帽子かぶってたのに、たまたまその男性の目の前にいた旦那様に白羽の矢が当たってしまったみたいです。
脱帽しなかった旦那様もいけなかったかもしれないけど、そんな規則はどこにもない・・・なんて云ったらその男性は納得いかなかったでしょうね。

編集長が書かれた通りでした。


でも帰りのボートの中では、別のアメリカ人の方々から笑顔で接してもらえて、すべてのアメリカ人があの男性のように思ってるわけではない・・・ってわかり心が晴れ、ミズーリー号へと向かいました。

ミズーリー号は日系人の方がつきっきりで案内してくれ、色々知る事もでき有意義な時間を過ごす事ができました。
←ヘルメットにライフベスト着て、ちょっと不恰好ですね :emojisweat:

普段とは違ったハワイ・・・一度はここを訪ねて、色々なものを感じ取ってほしいなぁなんて思ったりもしています。

現在の日本人、現在のアメリカ人、現在の日本にアメリカ、そして大好きな現在のハワイ・・・まずは原点に戻ってみるのもお薦めです。