モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年7月

可愛いアニマル・ゲスト



   朝 散歩をしようと思いB&Bから出てみると 茶色い物体がゆっくり歩いているので じ〜っと見てみると...シカの様な動物が〜           
 私は『エルク』と思い主人に『し〜っ エ、エ、エルクがいるよ〜』と話し 恐る恐る少し近寄ってみました。後で調べて見ると この動物はエルク(200cm〜250cm 平均体重200〜300?)ではなく おそらく『ミュールジカ』と言う 体調150cm〜200cm 体重平均200?のシカでした。

ロッキーのお宿 バンフィーB&B 



  今日は私達が宿泊したB&Bの紹介です。名前はBanffy B&Bです

バンフで唯一日本人が経営する宿です。オーナーのジョージは日系人で奥様は日本人です。ジョージは古城のホテルバンフ・スプリングホテルの元副支配人だった方です。そしてお子様達と可愛い愛犬エルザちゃんも家族の一員です。


13歳 エルザちゃん♪

 Banffyは正規のお部屋として貸し出しされているのは1部屋です。フル朝食付きでハイシーズン(7〜9月)だと1部屋CND139(1カナダ?=106円くらい)です。税金はなし。玄関からリビングまですべて独立していて貸切です。朝食はオーナー自慢のサンルームで食べれるらしいです...なぜ 『らしい...』かと言うと... 
  

バテバテのあなた!涼んで下さい〜カナダ コロンビア大氷原〜



 毎日熱風で肌が痛いくらいの暑さですね  夏バテしている皆さん ここで涼んで行きませんか?





 
 
  カナディアンロッキーは世界遺産の4つの国立公園と3つの州立公園から成ります。私達の滞在する街 バンフのあるアルバータ州には そのうちの2つ バンフ・ジャスパー国立公園があります。



 ロッキーと言っても めちゃくちゃ広いんですね。今回は初めてなので現地ツアーに参加しましたが 自力でレンタカーを運転するには かなりの覚悟が必要です

 1日目は ロッキーを縦断するアイスフィールドパークウェイを観光するコースに参加しました。最終目的地はコロンビア大氷原 そこから紹介しちゃいます
 
 

ホノルルマラソンに行く? かも...



  今日は友達夫婦とランチを共にしました。場所は西宮の『ACQUA IN BOCCA』   写真とハワイは関係なけど悪しからず〜。 彼らは6月にハワイにお出かけ  私達はカナダに出かけたので情報交換会です。いつも ハワイで合流する事が多いので ハワイの話を聞いているうちに 何だかうずうずして来ました。

 そして主人達はマラソン仲間でもあるので 自然にホノルルマラソンの話になりました  そうなれば話は一気にハワイモード  行きたい気分まっしぐら〜でも 旅行帰りの私達は今は極貧状態...の話で一気に盛り下がる


最初はお土産話を聞くだけのつもり♪ スープの頃には盛り上がる♪


パスタの頃には マラソン話♪


ピザを食べながら 身が乗り出す♪


デザートの頃には 『安いツアーでも探して〜』♪

 でも『泊まる所はどこでもいいから 安いツアーでもいいからetc.….』と何とか安い物を探すことになったけど...さて どうなる事やら...あっ ランチはとても美味しゅうございました
 

機内でのお食事 一覧♪



  三連休 そして夏休みです  私達は過ぎ去った旅行を振り返り早くも夏は半分終っちゃった感じです  本日はエア・カナダの機内食を召し上がれ〜




関空→バンクーバー

離陸が3時間遅れたので なんと ドリンクサービスは無し いきなり食事となるけど食事までは搭乗してから普通に時間がたっていたよ 

夕食

 
ビーフのトマト煮込み                鶏肉のあんかけちょっと和風 


朝食

洋食(オムレツ・ハッシュポテトetc
.…) 和風(魚塩焼き・切り干し大根・卵焼き)

バンクーバー→関空

ドリンクサービス

もちろんビールはカナディアン ジャパンはありませんでした♪

昼食

天丼 なんと後方席にしていたので もう一種類は無くなる  
     恐れていた事が...

夕食

ビーフ グレイビーソース煮込み            鶏そぼろ&鮭そぼろ
 
 まあ 機内食ですから しかもエコノミー  そんなに美味しい物でもありませんよね。エア・カナダは初めてですが いつもハワイで愛用していたUAと比べると
どっちも同じくらい? けど 私はちょっとだけUAにポイントを入れます  UAの方がちょっとだけ サービスがいい事と 食後のコーヒーはスタバだから 普通よりはちょっとだけ美味しいかな〜。

 それと 食器類がとても軽量化されていると言う事を感じました。これも燃料節約の為ですかねぇ(もとから これだったりして...)  JALもスプーンを何グラムか軽くしたり 機内誌のページ数を減らすと言う事ですし...

機内の様子 



  関西空港も燃料高騰のあおりを受けて どんどん就航路線が減便されるそうです  私達が去年まで利用していたホノルル行きの UAとANAの共同便路線はすでに廃止 今ではNWかJALウェズのみになりました。今回利用した エア・カナダの関空→バンクーバー路線も10月26日から運休が決まっていますので 成田からの路線のみになります。関空は着陸料がめちゃくちゃ高いんだって 

   関空からはB767が就航   機内アナウンスは カナダの母国語 英語→フランス語→日本語の順番です。機体は新しくて綺麗でした 内装も綺麗です。もちろん私達はエコノミーですが 気のせいか座った感じはクッションの部分に厚みがあって少しフワフワ感があったので お尻もちょっと楽そうです。

 初めてだったのが... 

もう いいかげんにして...〜カナダトラブル編?〜



  乗り継ぎ便キャンセル待ちの為 トボトボと手荷物検査を受けゲートに向かう  ゲートには出発まで2時間以上あるが 15人位が椅子に座っていた。この人たち全員キャンセル待ちなのね...  もう絶対無理だと思い 椅子に座って待つ。

 しばらくすると 東洋人らしきACの2人組男女が出て来て カウンターに座った。待つこと30分くらい。この間 誰も呼び出しなし

 AC 『〇〇さ〜ん』
  『えっ 今呼ばれた? 呼ばれたよね』
  『うおっ〜一番 一番や〜 これで今日中にたどり着ける〜』

 どうせ日本人じゃないと思い 声をかけなかったけど その人達は日本人スタッフで確かに日本語で名前を呼ばれた。なんだ 色々聞けばよかった  どうやら日本からの便がかなりの延着の為 私達の順番が優遇されたみたいだ 

 これで晴れて安心。自由の身になったよ〜。歓声をあげたが この喜びも2時間後には又 地獄に落ちる事になるのだ
                                                                  
 

乗り継ぎ時間に間に合うか〜? 〜カナダトラブル編?〜



目が覚めると アンカレッジも通り過ぎ そろそろカナダに入ってくる頃だった 目の前のフライトマップで確認すると...





  『あっれ〜到着時間が遅れてる 乗り継ぎ時間に1時間しかないで〜』

と驚きの主人。1時間で入国審査を済ませ 国内線のカウンターでチェックインをしなければならないのです。せっかく次の便にしたのに 結局乗れないのか いえ まだ大丈夫 乗ってみせるよ。パイロットさん頑張って

着陸しゲートに着くまでイライラします。しかも今回に限って いつもは前方の席をキープするのに 写真を撮るのに羽が邪魔にならない様に後方をキープしていた  降りるまでの時間がかかります

波乱の出発はハプニングの予兆〜カナダトラブル編?〜



  6月28日(土)の出発日。今回の旅では ロッキーの玄関口バンフが最初の目的地です。 関空 バンクーバー9時間半 乗り継ぎカルガリーへ1時間 で1時間半走りバンフ着の長い道のりでロッキーに たどり着く予定でした。朝一番にPCでフライト情報を確認する夫(夫以下   のんた
  
  『うわっ〜遅れてる〜 こりゃあかん乗り継ぎ便に乗られへん〜』
  『えっ2時間も遅れてるん? そしたら早く次の便に変更しよう。』
  『よっしゃ チケット取れなくなると困るからすぐACに電話するわ』

こんな言葉から この旅行のハプニングは始まりました。すぐに電話した夫 ACの人に確認すると やはり乗り継ぎは無理なので バンクーバー到着後2時間の乗り継ぎ時間があった PM1:00バンクーバー発カルガリー行きの乗り継ぎ便を 2時間遅れのPM3:00発の便に変更する事を勧められた。

  『大丈夫かな? これ以上遅れへんかな?』
  『知らずに空港に行けばパニックや〜。先に変更できてラッキー』   

と安堵の私達。空港でのチエックインは予定通りの時間との事で遅れていても 予定通り出発しました ところが空港に到着すると なんと2時間45分の送れになってるではないか〜。どうしよう〜。乗り継ぎ時間1時間15分。入国審査もあるよ。心配〜


17時25分の出発が バンクーバーからの到着便が19時16分♪


当然出発も遅れてる〜♪ 汚くてすみません...

  『大丈夫ですか? 次の便の方がいい事ないですか?』
 AC『乗り継ぎ時間1時間15分なら たぶん大丈夫ですよ』と笑顔 

かなり乗り継ぎ便の振り替え客も多かったので チケットが取れただけでも安心してしまった私達...お詫びの印とACから2人で2000円の食事券を頂きました。

 『ラッキー 何食べようかな〜』 


もらった時は なんか嬉しかった...遅れを忘れそうだった♪

いえいえ こんな券に騙されてはいけませんよ...これから更なる 困難が待っているんですから...関空で6時間以上も待った私達。リラックスルームに行ったり 食事もしたけど もう出発前にお尻が痛い状態〜 そして3時間遅れの PM8:10過ぎ ようやく搭乗。PM8:30位に離陸 不安を抱えながらのフライトです。 


すみません 一瞬だけ。もちろん人の来ない壁際で迷惑かけない様に♪

  『大丈夫 パイロットがぶっ飛ばすから...』とおかしな発言。

とにかく心配しても どうしようもないので ここは信じるのみ。しか〜し悲劇はまだ始まったばかりでした...長いので明日に続きます〜


教訓その1 出発前にフライト状況の確認をしよう〜

                                    
                 

ただいま〜帰国しました♪



  日曜日の夕方 無事帰国しました  9日間はあっと言う間でしたがロッキーの自然やバンクーバーでの観光やお買い物も満喫し楽しい思い出になりました

 が...出発時は最悪で 飛行機は遅れるし 乗り継ぎ便には乗れなくなるし スーツケースは無くなるし ハプニングの連続となりました  無事発見されたのですが カメラの充電コードもスーツケースに入れていたので 充電ができず 初日のロッキー観光には最高のお天気なのに電池切れで インスタントカメラを買う羽目になりました これって ブローガーで無くても最悪の自体ですよね〜

 何はともあれ 満喫できた事には 変わりないので これから少しの間 カナダねたに なるかも知れませんが お付き合いの程 よろしくお願いします