Post-707前回波照間へ行った時の天気は曇りでした。果たして今回は・・・残念ながら同じく曇り空でした。でも自転車で走り回るには都合が良いのです。しかし私は南国の紫外線をまたしても甘く見ていました。曇りだし、パーカーを羽織るから日焼け止めをしなかったんです。でも、動いているうちに暑くなってパーカーを脱ぎ、腕はむきだしに。その日の夜から異変が始まりました。両腕が痛いのです。ジンジンするよ~(泣)そして真っ赤に!私は地黒なので、一気に黒く焼けて痛くもかゆくもならないパターンだったのですが、今回は違いました。痛みは3日ほど続き、その後猛烈なかゆみへ移行。1週間たった現在は皮がポロポロ剥けています。見事な半袖焼けゆえ、腕が動物の「バク」状態になっているニィニです。こんにちは。しばらく半袖にはなれないよ・・・


実は、今日の記事は数日前にアップする予定でしたが
操作を誤って冒頭の文章以外すべて消えてしまい、
すっかりやる気をなくしてしまいました(涙)

冒頭の追記として、今はガムテープで皮を剥ぐという無謀なことをして
夜な夜な楽しんでおります。

さて、詳しく書く気が失せてしまいましたので
島の想い出写真一挙公開!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トップ画像と下の画像は
波照間で一番有名なビーチ。
ニシハマです。



実際目の前にすると
青さにビックリします。
写真じゃ全然伝わらない!

コチラは夕暮れ時のニシハマ。



前回同様、今回も滞在中は天気は曇り・・・
ハテルマブルーといわれる本当の青さを見る為に
また行かなきゃなりませぬ!!


ーーーーーーーーーーーー

次は風力発電の風車なのですが
ちょっと変った機能を持っているらしい。



台風などの強風に「耐える」のではなく
自らを倒す事で被害を回避するようです。



ちなみにこの風車は2機ありまして、
ニックネームもついているのですよ。
その名も「ベスマスィカラ」(波照間の力)と「あったらさやー」(もったいない)
だそうです。

ーーーーーーーーーーーーーー

次は沖縄で良く目にする「石敢當」
過去にも触れています→ :emojion:



様々あるなかでも、これは可愛らしい。


ーーーーーーーーーー

波照間は最南端の有人島。
もちろん最南端の碑があります。



ここへ行くと必ず観光客数人に出くわします。
でも皆さんこの碑の近くだけ見て引き返されて行きますが
私はちょっと下って断崖絶壁を覗いてきました。



波がぶつかってアワアワになる部分が
クリームソーダみたいな色でキレイなの!
でも覗きこむのはちょいと怖いです。

そうそう、最南端と言えば
こちらは最南端の駐在所



日本地図には
ちゃーんと八重山の島々も描かれていますね!



ーーーーーーーーーーーーーー

島をふらつくと、かなりの確率でヤギに出逢えます。


ヤギときどきネコ

ちょっとした小道の傍らで横になったヤギと急に遭遇すると
結構ビックリします。

そんな中でも彼は私が会った中で
一番のイケメンヤギでした!




そして彼らにもいっぱい会いました。



私は牛の匂いが大好きなので
プ~ンと臭ってくると嬉しくなってしまいました。(変態)

ーーーーーーーーーーーーーーー

匂いの後に食事の話。

島での食事は主に宿で出してくれるのですが(宿泊施設によりけり)
お昼だけは付いていません。

今回行ってみたお店は「花HANA食堂」
外観は殺風景なつくりでしたが
中は可愛く装飾されています。
注文したのはゴーヤのトマトパスタ。



失礼なはなし、あまり味は期待していなかったのですが
予想に反して美味しいの!
ゴーヤっておいしいよね!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひたすらのどかな景色の広がる島風景。





人によっては「何が楽しいの?」と思うかもしれませんが
私は大好きな場所。

余計な物が何もないからか、
視覚・聴覚・嗅覚・味覚
どれもが研ぎすまされる感じがわかるのです。

今回サトウキビの葉が風に揺られて出す音が
なんとも心地よいことに気付きました。
ザワワ ザワワ ザワワ ~ と唄にもなっているくらいですもんね!


さて、私はまたこの場所へ行くのか?行けるのか?
1時間の高速船。
それだけがネックなのであります
(今回かなり揺れて玉砕...)