Post-536オリンピックやってますね。しかし全くついていけないニィニです。こんにちは。何の競技が終わって、これからの注目競技は何なのか?さっぱり把握しとりません。自分自身がスポーツに興味がないので、観戦することにも興味がないんですよね・・・。自分と同世代で頑張っている選手なんかは、感心する気持ちもあって応援したくなるのですが、年々そういう人も減って来て、「若い子が頑張ってるな~」くらいのすごく遠巻きな視線になっています。

ーーーーーーーーーーーー

2009年12月30日
旅行最終日

ーーーーーーーーーーーー

さて、とうとうこの旅行も最後の日となりました。
昼過ぎには空港へ向かわなくてはならないので時間がありません。
早起きして朝食を済ませ、早速観光に出かけます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヘルシンキはトラムという路面電車が走っています。
大抵のところならこのトラムで向かう事ができるのです。
停留所も至る所に見かけました。
もちろん電車やバスも走っていますが
観光するならトラムだけで十分なのではないかな?

乗り方も簡単、ハワイでバスに乗る感覚と一緒です。
↓これがトラムの停留所です。



その停留所で停車するトラムの番号や行き先が書かれています。



トラム自体にも番号が表示されているので
自分の乗りたいトラムを待ちます。
路線図などはガイドブックやネットで手に入るので
前もって用意した方が良いです。

料金は
トラムの中で運転手から購入すると2.5ユーロ、
町中などにある自動券売機から購入すると2ユーロ、
トラム専用自動券売機から購入すると1.8ユーロ。(2009年1月現在)
こんな感じだったかな。
とにかく、買い方によって料金が微妙に違うのです。

他にもツーリストカードとかヘルシンキカードとかありまして
○日間乗り降り自由だったり、地下鉄もOKだったり、
美術館も無料になったりするカードもあります。
滞在期間が長かったりする人は、
自分の旅行プランに合わせて選んだ方がお得かな?


私は券売機を探す時間がもったいなかったので(停留所にないのが不思議)
トラム内で運転手さんから購入しました。
ちなみにぴったりの小銭がなかったのですが
おつりもちゃんとくれました。

↓トラム内


トラムに乗って最初にびっくりしたのは
運転手さんが囲いの中にいたことでした。(意味通じてるかな?下の写真参照)
バスのように、普通にいるのかと思ったら違ったので
最初、料金をどうやって払ったら良いのかわからずとまどいましたが
小窓が開くようになっていて、そこからお金を渡せるようになっていました。
そしてレシートのような乗車券をもらいます。
トラム内で買ったチケットは数時間以内なら乗り換えできます。
(時間は忘れました。すみません)

※なぜ戸惑ったかというと
乗客は乗り込む時に特に乗車券を見せたりしないのです。
普通に乗り込むだけ。それじゃタダで誰でも乗れちゃうじゃん!と思うかもしれませんが
たまに乗車券を確認する人が乗り込んで来てチェックするそうです。
そこで無賃乗車がわかると、罰金などありますから
ちゃんと料金は払いましょうね!



トラム内はゆったりとしていてなかなか快適です。
車内には次に停車する停留所の案内も表示されます。



しかし慣れない言葉の地名なので
自分の下りる停留所の名前を必死に覚えても
すぐに「あれ?○▲◇★だっけ?なんだっけ?」とわからなくなります。
手にはずっとガイドブックを握りしめ、本と電光表示を見比べて確認していました。
(しかし、乗り物に酔いやすい私は車内でガイドブックを見ると、酔ってしまいました)

そして、またまた驚いた事が。
なんと、途中でワンコが乗って来たのです。
キャリーバッグに入っているわけでも、飼い主に抱かれているわけでもなく
リードはもちろん着けていますが、普通に自分の足で歩いて乗り込んできました。
しかも結構大きな犬2匹です。

私の横を通り過ぎて後方に行ったので
振り返ってみたら



↑どこに犬がいるかわかるかな?
ちゃんとおすわりして乗っています。
この写真ではわかりにくいですがよく見ればわかるはず。
もう一匹は、飼い主さんの横の座席におすわりして乗っていました。
白い犬が見えるかな?
これはカルチャーショックというか、
私は犬好きなので、動物も分け隔てないのがなんか良いな~と思いました。
犬が苦手な方にとっては、ちょっとビクビクものかもしれないですけどね。


さて、そうこうしている内に車内の表示に
自分の降りたい停留所が表示されました。
そうしたら、日本のバスのようにボタンを押して降りる意思を伝え、
トラムが停車したら自分でドアを押して降りれば良いのです。



実は最初の乗車時は勝手がわからずドキドキしたのですが
なんてことはなく、すごく簡単でした。
このトラム、観光名所をぐるっと回る路線などもあるので
手軽に市内観光できそうです。次回はトラムで色々巡りたいな~。

今回このトラムで向かった先は・・・
このまま書き続けようと思ったけど
長くなったので、また次回!

フィンランド旅日記【21】へつづく