Post-144さあ、八重山離島巡り
最後の島となりました

当初この島は行く予定ではありませんでした

旅を延長することにした時
その時は、宮古島へフェリーで行こうと考えてました
ですが、石垣にとどまることになり
ならば鳩間へ行こう!と決まりました

予定は2泊 宿も予約し
朝準備をしていると携帯に着信が!
電話の相手は予約した宿の「オバァ」でした

「船 欠航だね~」
と穏やかな口調で言われました…

予想はしてたんです
鳩間行き(西表島 上原港行きも)冬の間は
波があると ほとんど欠航になる
とは、短い滞在中にも耳に入っていました

でも もう春だから と安心しきってました
行けない物はしょうがない!
明日船が出る事を祈って待つしかありません

翌日は船もでて 無事鳩間へ行くことができました!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて
鳩間島とは 
今回私が訪れた島の中で
最も人が少ない島でした

島民60人くらいって言ったかな?
台風シーズンや冬の船が来ない時などは
かなり大変みたいです

立派な小学校がありますが
子供の姿はほとんど見当たりませんでした



そう 子供
この島のひとつのキーワードのようです

皆さんはTVドラマ「瑠璃の島」をご覧になったことがありますか?
~島に子供がいなくなり 廃校の危機にある小学校を守るため
 内地から里子を迎え入れ・・・・・
そんなテーマで始まったと思います

この話は鳩間島がモデルなのです
撮影も もちろん鳩間で行われました

八重山の島は 最近ドラマや映画の
撮影の舞台となることが多いですよね?
その中でも 最も寂しさを感じるテーマな気がします


島の集落はホントに小さく素朴です



港近くはキレイに整備されていますが
「島1周道路」と教えてもらった道を進むと
未知の世界に迷い込んだような
もう人と会えないのでは?と不安になるような
鬱蒼と木々が生い茂る獣道・・・




不安になった頃 不意にビーチへの案内標識が!





鳩間のビーチ というか「浜」は、岩が目立ちます
下も結構ゴツゴツしていて、「泳ぐ」にはちょっと難しいですね





でもこの浜を見て 私の冒険心が疼きます
 『陸の道路で島を1周するよりも、この浜伝いに1周できるんじゃね?』

途中で潮が満ちて来たらどうしよう という不安もありましたが
おっかなびっくり進みます

足もとは滑りやすかったりゴツゴツだし
たまに「何か」がカサっと動いたりして
ビビリの私は心臓が縮み上がります

ちょっと開けた場所に出たとき「カサっ」どころではない
「ザザザっ」という大きな音が・・・

怖いながらも音の正体を探ると
大きな蟹が岩の間に!





そんなこんなで島を半周ほどしたところで
大きな浜に到着し 陸に上がりました~

普段は無茶したりしないのに
旅は人を変えるな~
でも1人での行動だし、自然の知識も全くないのに
あまり無茶してはいけないですよね



ここでの宿泊は 3人しかお客さんがいなくて
ちょっと寂しかったけど
一緒になった同年代のご夫婦は
旅の達人で いつも旅行は1ヶ月くらい滞在するそう!
今回は8日の休みで 短すぎてどうしたらよいかわからない
なんて言ってました
なんとも羨ましい

そのご夫婦 モルジブやフィジーなど
色んな海を見てきたらしいですが
沖縄が一番キレイだとおっしゃっていたのが印象的

(ちなみにハワイへは行ったことないけど
 言ってみたいと仰ってましたので めちゃくちゃプッシュしておきました!)


鳩間は結局1泊になってしまったけど
行く事ができて良かったです
なんか観光客がフラフラしてるのが
申し訳ない気になったりしましたが、何年か後にまた行ってみたい


これで八重山離島めぐり
私が行った全ての島を紹介し終わりました
長くてごめんなさいよ

次はもっと短くまとめた
その他のことを紹介しますね!