モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年10月

リサイクルセンターの工作コーナー



この前行った[(1094.html|地区祭)]は、区民センターとお隣のリサイクルセンターの2つの建物が会場になってました。

このリサイクルセンターでは、普段から区民を対象にした手芸や工作の講座が開かれているんです。
大人向けには、布ぞうり・さき織り・トールペイントなど。
子ども向けには、牛乳パックやペットボトルを使った工作など。

普段はなかなか参加するチャンスがないのですが、今回は↑のビーズのブローチの作り方を教えてもらえるということだったので、トモと一緒に作ってきました。

好きな色のビーズを選んで、安全ピンに順番に通すだけなのですが、女の子が3人並んでるみたいで結構かわいいでしょ♪

この洋服の部分のビーズと丸いビーズはうちにもあるので、帽子(?)型のビーズを買ってくれば同じものが作れそうです。

ちなみに、料金は80円でした。


こちらは、子ども向けの木工コーナーでトモが作った**レターラック**。
材料を切るのも、釘を打つのも、全部子ども。
でも、係りの人が2〜3人に1人ずつついてくれるので、親は何にもしないで見てるだけ!
しかも**無料**ですから、うれしい限りです♪
//


こちらもトモが作った牛乳パックの**けんだま**とコマ。
いかにもリサイクルセンターらしい作品です(笑)
//

あと、プラバンも作ったんですけど・・・昨夜現在、行方不明・・・です(^_^;)

地球にもお財布にもやさしい、工作三昧なイベントでした。

☆今日の写真☆
ビーズのブローチ

豚肉の味噌漬け、おいしくできました♪



数日前に、[(http://hawaii-muchu.blog.mo-hawaii.com/122.html|a clear dayさんのブログ)]で紹介されていた、**豚肉の味噌漬け**。

元々私も子どもたちもお味噌大好きで、生協の味噌漬けの豚肉・鶏肉をよく買っているのですが、自分で漬けるのは面倒で作ったことがありません。
それが、こんなに簡単に作る方法があったなんて、カンゲキ〜♪
ということで、さっそく作ったんです。

普通の味噌漬けに比べると、ヨーグルトの酸味があるように思ったのですが、私以外は誰も気付かなかったみたい。
特にカツは気に入ったようで、**『おいしい♪』**パクパク・・・**『もうひとつ!』**パクパク・・・と、切ったところからつまみ食いしてました(^_^;)

a clear dayさんからは**2時間ぐらい漬けた**と聞いていたのですが、平日は帰宅してから30分以内を目標に夕飯を作るので、ちょっとムリ・・・。
なので、朝お味噌とヨーグルトを混ぜ混ぜして豚肉を漬け込んでおき、夜焼いて食べたのですが、やはりちょっと漬け過ぎだったようです。
豚肉1切れでごはん3口・・・状態でした(^^ゞ

とっても簡単においしくできたので、次は鶏肉に挑戦したいと思います。
その次は、シャケかな〜♪

a clear dayさん、そして、情報提供者の**あわもりさん**、Mahaloです〜♪♪

☆今日の写真☆
脱・スーパーのお惣菜!
を、目指してます。

治療費、請求させて頂きます。



金曜日の夜の話・・・
私とトモが先に寝ていたところへ、カツがきました。
そして、なぜかベッドの上にあったクッションを投げつけてきて、あろうことか私の右目に直撃(ーー;)
そのクッションは恐竜の足型で爪の部分が飛び出ているので、それがちょうど当たったのかもしれません。
すんごい痛くて涙がボロボロ出てきました。

**『あぁ、ゴメン。』**と気のない謝り方のカツに、**『人が寝てるのになんで投げるんだよ!!』**と聞くと、**『だって、あったから。』**とわけのわからん返事が返ってきました。

・・・この男、一体何を考えてるんだか。

ヒリヒリと痛いものの傷にはなっていないようだったので、そのまま就寝。
朝起きると多少痛みは引いてたし、充血もしていなかったので、大丈夫だろうとそのまま出社したのですが・・・
午後になってから、なぜかチリチリとした痛みと痒みが襲ってきました。
しかも、下瞼の淵がデコボコしてる・・・
そして昨日の朝、鏡を見てびっくり。
目は真っ赤だし、下瞼は腫れてるし、おまけに水泡ができてる!!!

これはまず間違いなく**ヘルペス**だろうと思い、だったら慌てなくてもいいかと、今朝になってから会社の近くの行きつけの(?)眼科に行きました。

やっぱり、ヘルペスでした。
でも、クッションとヘルペスの因果関係については、先生も???でした。

昨日カツには、
**1**.人がいる方に向かって物を投げるなんて、言語道断。
**2**.いつも寝てる人を起こさないように静かに部屋に入るように言っているのに、全然できてない。
**3**.大体からして、周りにいる人に対する気配りがゼロ。
**4**.自分が悪くてもきちんと謝れない。
と話した上で、
**『アンタのせいでこうなったんだから、治療費払ってもらうからね!!』**
とドサクサ紛れに言っておいたのですが・・・
診察結果がヘルペスとなると、なんだかビミョーな感じ・・・。

でも、金の亡者のカツにはコレが一番応える筈なので、やっぱり払わせよう。

診察代¥1,940
薬代 ¥1,600
合計 ¥3,540
//

この金額を見た時の、カツの顔が楽しみだわ。

ついでに、**『おかぁさんは当分安静にしてなきゃいけないから。』**とか言って、家事も手伝わせるかな。
うひひっ♪

☆今日の写真☆
点眼薬&塗り薬

おいしい、市原味噌



地元の区民センターのお祭りに行ってきました。
フリマや模擬店、子ども向けの工作コーナー、作品展、演芸大会などなど、いろいろなコーナーがちょっとずつあって子どもでも楽しめるので、毎年遊びに行く催しなんです。

で、私の一番のお目当てだったのが、このお味噌。
以前買ってみたらすごくおいしかったんです。
しかも、1.5Kgで**400円!**
安いでしょ〜♪


実はコレ、市原刑務所で作られているんです。
//

更生保護女性会という団体のおばちゃん達が毎年出店していて、お味噌・お醤油の他に、石鹸や手作りの小物類を販売しています。

今日、一緒に行った友人2人にもおすすめしたら、2人ともお買い上げ(^_-)
3人で1.5Kgのお味噌を**『結構、重いよね〜。』**と言いながら持って帰りました。

☆今日の写真☆
おいしいお味噌〜♪

【ワーキングプア】&【ネグレクト】



【 ワーキングプア 日本を蝕む病 】

昨年、NHKで放映された同名番組を書籍化したもの。
図書館で予約して、10人待ちでようやく読むことができました。

現代社会に広がり始めた新たな形の貧困・・・とでも言うのでしょうか。
働きたくても働けない、どんなに働いても生きていくのに最低限必要な収入さえ得ることができない・・・
そんな方たちの生の声に、これから先、日本はどうなっていくのかと恐怖を感じます。




【 育児放棄 ネグレクト 真奈ちゃんはなぜ死んだか 】

7年前に起こった、3歳の女の子がダンボール箱の中で餓死した事件。
その当事者(両親)や関係者に取材した内容をまとめたルポルタージュです。

この事件の発生当時は、世間から孤立した若い夫婦(特に母親)が、誰からの援助も受けることができずにこういった結果を引き起こしてしまったのではないかと想像していました。
でも・・・実際は、父・母両方の祖父母との付き合いもあったし(あまり良好な関係とは言い難かったようですが)、福祉機関からも万全とは言えないまでも一応の働きかけはあったのだそうです。
それなのに、なぜ最悪の結果を招いてしまったのか、不思議というかやりきれない気持ちでいっぱいになりました。

ただ、あまりにも無責任というか、子どもの死を『いい勉強になった』程度にしか捉えていないこの両親を理解し許すなどということは、私にはできそうもないです。


この2冊の本に共通するキーワードが存在するとすれば・・・
それは、『負の連鎖』 でしょうか。

家族を養う為に過酷な労働を続けた結果、病に倒れた父親。
その父親の介護をするため進学をあきらめた娘。
資格も持たず、介護が必要な家族を抱えていては正社員として雇ってくれる会社もなく、アルバイトで得る収入では食べていくのがやっとという現実。

親から十分な愛情も食事も与えてもらうことができなかったため、自分の子どもに対しても、どこまで手をかけてやれば良いのかわからず、育児放棄や虐待に走る母親。

だからといって、それを理由にすればなんでも許されるというものではないのですが、そういった負の要素が絡み合った結果が貧困や犯罪といった形で現れるケースが多いのではないでしょうか。

もちろん、逆境をバネにしてそこから這い上がることができる人もいるでしょう。
でも・・・人間なんて、そんなに強いものでもないんですよね。


☆今日の写真☆



懐かしい〜デニーズのキッズメニュー



おもちゃ箱の中から、こんなものが出てきました。

2001年、初めて子連れで行ったハワイで、カラカウア通りとカパフル通りの交差点あたりの2階にあったデニーズに入りました。
その時子どもたちに、このメニューと色鉛筆をくれたんです。

//
いかにも子どもが喜びそうなメニュー。
右ページ上から3番目のチキンナゲットは、恐竜の形です。
左ページのフレンチトースト、今食べたい♪
//

//
待っている間も退屈しないように、ゲームとか塗り絵のページもあります。

いやぁ、懐かしいですなぁ。
このデニーズ、まだあるんでしょうか?
//

この時、カツは5才、トモは2才でベビーカーに乗ってて、おむつもまだ取れきってなかったな〜。

ちなみに、トモは1才半まで歩きませんでした(^_^;)
あの頃からオシリ重かったのよね・・・。

このホヌのお砂場セットもまだあります。
//


あと何回、子どもたちと一緒にハワイに行けるんでしょうね。
カツはすでに**『あの頃の君はかわいかった・・・』**状態になってきてるし。

なんか、ちょっと寂しいな・・・。

☆今日の写真☆
Denny's
Kids' Menu & Activity Book

ホトトギス



この時期、日陰に地味〜に咲いているのが、ホトトギスの花。

薄紫に小豆色の斑点・・・なんだかごちゃごちゃした感じですが、この模様が鳥の不如帰(ホトトギス)に似ているんだとか。


~~green|**鳴かぬなら 鳴くまで待とう ほととぎす** By徳川家康~~

~~red|**鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす** By織田信長~~

~~blue|**鳴かぬなら 鳴かしてみよう ほととぎす** By豊臣秀吉~~


さて、あなたはどのタイプ?


ワタシは・・・

**『そっかぁ、鳴かないんだ〜、ふ〜ん・・・』**

と、右から左へ受け流すタイプ。


☆今日の写真☆
この模様・・・何回撮ってもどこにピントが合ったんだかわかりません・・・。

【サウスバウンド】



映画にもなって、公開中ですね。
奥田英朗さん著の、両親が元過激派!という家族のお話。

奥の深い題材ではあるのですが、小学6年生の長男の視点で描かれているため、過激でありながら上手い具合にフィルターを通したような軽さのある小説です。

おもしろいです。
おとうさん、かっちょいいです。

特に、最後の数ページにこの両親のかっこ良さが凝縮されてる感じ。

『立場で生きるような大人にはなるな。』

『人と違っていてもいい。孤独を恐れるな。理解者は必ずいる。』

ハイ、がんばります。


☆今日の写真☆



直線縫いで、ポーチです。



[(1084.html|ティッシュボックスカバー)]と同じ生地で、ポーチを作ってみました。

もちろん、直線縫い**のみ**で完成です(^_-)

14cm × 20cm で、マチが2cmほど。
サイドポケットも付けちゃったりなんかして。
いつも持ち歩いている手帳や子どもたちの医療証・カード類など、紙系のものを入れるためのしっかりしたポーチがほしかったので、さっそく使ってます。

この生地、ユザワヤで切り売りしてたのを衝動買いしたんですけど、買って正解でした。
まだ残っているので、今度こそバッグにしようかな。
もう1枚、白地に紺色の柄の同じような生地も買ってあるので、夢が膨らみます♪
仕事も主婦も母親業もリタイヤして、ずーっと家にこもってミシンかけてたいです。


そうそう、ついでに・・・じゃなくて、こっちが本命だったんですけど、

[(1058.html|マウイで買ってきた)]のに和風な生地で、トモの給食用テーブルクロスも作りました。
//


☆今日の写真☆
ハワイアンなポーチ

道とん堀に行ってみた



1ヶ月ほど前のある日・・・突然カツが**『もんじゃ食べてみたい!』**と言い出しました。
どうやら、仲良しの友達が食べに行って、おいしかったと話てたらしいのです。

実はうちの子どもたち、もんじゃはもちろん、お好み焼きも、カツがバブちゃんだった頃に家で1〜2回作ったことがある程度で、ほとんど食べたことがありません。
別に私が好きじゃないわけではなく、カツが野菜嫌いで特に葉っぱ系を食べないため、敬遠していたんです。

なので、今回の発言を真に受けていいものかどうか迷いました。
作ってるところを見たら、キャベツが入ってるのがバレバレですからねぇ。
わざわざ食べに行って一口しか食べなかったらシャレになんないし・・・
逆に、もしかしたらこれを機に野菜も食べるようになるかもしれない・・・
ということで、ダンナにその話をしたら、**『道とん堀、行ってみる?』**と。

もちろん、大阪の道頓堀ではなく、お好み焼きの[(http://www.dohtonbori.co.jp/index2.html|道とん堀)]です。
ダンナは何度か行ったことがあるらしく、さっそくネットで調べてみたら、意外と近くにあることが判明。
しかも、[(1086.html|丸源ラーメン)]と同じ道路沿い(^_^;)

で、昨夜意を決して(?)行ってきました。


まずはお好み焼き。
オリジナルミックス
牛すじ(Sサイズ)
お餅とチーズが入ったの(Sサイズ)
の3枚を食べました。
//


そして、お待ちかねの**もんじゃ**。
なぜかダンナが張り切って作ってます(笑)
カツのために、具がいろいろ入った**デラックス**に、さらにスナックラーメンをトッピング!
//


でも、このもんじゃ・・・
なんだか水分(生地)が少なくて、オトナ的にはイマイチでした。
//


最後に、ダンナとトモが食べたデザート、**濃厚たっぷりプリン**。

これはおいしかったよ♪
//

で、お好み焼き&もんじゃ初体験のカツの感想はというと・・・

&size(18){~~red|**うめぇっ!!!**~~};

でした。

キャベツもまったく気にせず、バクバク食べてました♪
いつもだったら、焼きそばのキャベツも全部残すのに、です!
**かーちゃん、うれしいよっ**(感涙)

**『よし!今度はもっとおいしいヤツ食べに行こうなっ!』**
と、ダンナも上機嫌。


がしかーし!
家に向かう車の中で、カツが**『お好み焼きってどんな味だったっけ?』**と一言
(ーー;)
食べたばっかりでしょーが!


☆今日の写真☆
ベビースターラーメンもどきby道とん堀