モーハワイ☆コム

カテゴリー:図書室

【 かんたん絶品タイごはん 】



先日のタイフェスティバルで妹が買ったレシピ本です。

著者は味澤ペンシーさんという、タイ料理コーディネーターの方です。
ちょうどご本人がいらして、サインをしてもらってました。

・・・くるんくるんしたタイ語(?)で、何書いてあるのかさっぱりでしたけど(^_^;)


見るからにおいしそうで、私でも簡単に作れそうなタイ料理がいっぱい紹介されてます。
スイーツも魅力的なのばかりで、妹に『これ作って♪あっこっちも!』とお願いしときました(笑)


その時はまだ発売前だということでしたが、今日発売みたいですね。


この本があれば、おうちで本格タイ料理も夢じゃない!?



そうそう、ちょっと前なんですけど、実家近くのスーパーでパッタイ(タイ風焼きそば)を買ったんです。
ソース焼きそばによくある、生麺とソースがセットになってて、好きな具と一緒に炒めれば完成する、あれです。
これが予想以上にタイっぽくておいしかったので、妹に教えてあげたところ、さっそく買ったらしく、やぱりおいしかったと。

が・・・
それ以来、手に入らないのです。
あちこちのスーパーで探してるのですが、置いてないんですよね〜。
シマダヤのなんですけど。
なので、もし大手スーパーで見かけたら、教えて頂けると嬉しいです。
ってか、一度食べてみて下さい。
何気においしいから〜(^_-)


☆今日の写真☆
ホントは【味澤ペンシーのかんたん絶品タイごはん―お店の味がおうちでできた! (旬の料理はこの人から。) 】という長〜いタイトル。
左側の小皿は、現地で食べたココナッツのスイーツの器(おまけ)。
奥の小瓶は調味料・・・だったかな?


ポチッと応援、MAHALOです♪
 ↓↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ
にほんブログ村

モーハワイ☆ブログランキングにも参加してま〜す♪

【 おいで、一緒に行こう 】



文藝春秋オール讀物3月号に掲載された、森絵都さん著の『女たちのペットレスキュー』が、本になりました。

レスキューに同行された時の様子を、見たまま、感じたまま、淡々と綴っているのですが・・・
そんな文章だからこそ、レスキュー班の素の部分を忠実に描けているように思います。
その反面、これを読んでも今日本で実際に起きていることとは思えないんじゃないかという、どこか非現実的な、フィクションっぽい作品にもなっているので、読み物としても十分楽しめるのではないかと思います。


文藝春秋の《 本の話WEB 》に、特設サイト▼が開設されています。
こちらもぜひご覧頂き(特にガリガリくんのBefore→Afterは必見です)、よし!読もう!と思った方は書店、もしくはこちら↓へ、GO〜!
【送料無料】おいで、一緒に行こう

【送料無料】おいで、一緒に行こう
価格:1,208円(税込、送料別)





で・・・



一人でも多くの方に読んで、知って頂きたいのですが・・・

心からそう思うのですが・・・

詳しい内容は、内緒の方向でお願いします(^_^;)

現在進行形の話、まだまだ終わりの見えない活動なので、オトナの事情があるのです。

ご理解の程、よろしくお願い致しますm(__)m


ちなみに・・・昨日の福島は、桜が満開だったようです。

 (くぅさん撮影)

誰も見る人がいなくたって、春になれば桜が咲く。

確実に、季節は巡る。

フクシマは、生きてます。


☆今日の写真☆
『おいで、一緒に東京に行こう!』と連れ帰った、ラスティさん


ポチッと応援、MAHALOです♪
 ↓↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ
にほんブログ村

モーハワイ☆ブログランキングにも参加してま〜す♪

【 Neko-Mon 2012/03 】〜命をあきらめない〜



先週発売された、Neko-Mon (ネコモン) という雑誌で、にゃんこはうす▼が紹介されているということで、さっそく買ってきました。

基本、猫雑貨の雑誌らしいのですが、その中に5ページ分もにゃんこはうすの記事が掲載されてます。
しかも、その内2ページには、現在の保護猫の写真がずら〜っと並べられているんです!

先月からうちでお預かり中のサラちゃん▼の写真も載ってます♪




飼い主様からお預かりしている子もいれば、まだ飼い主様が見つかっていない子、そして、苦渋の決断で今後の飼育を断念され里親募集を依頼された子もいます。

そんなこんなで、にゃんこはうすは定員オーバー。
もう、新たな子を保護してくることができない状態です。
でも、例え1頭でもどこかのご家庭で受け入れてもらえれば、その分、圏内に残された子を保護してくることができます。

ご興味のある方は(ない方もw)、ぜひ Neko-Mon を読んでみて下さい。

で・・・

もし、気になる子がいたら・・・

ご紹介します(笑)


・・・じゃなくって、記事中に記載されているにゃんこはうすもしくはありこさんまでご連絡を!

☆今日の写真☆

表紙は、にゃんこはうすのももこちゃん。
まだ一緒に暮らすことができない飼主様からお預かり中、だそうです。


ポチッと応援、MAHALOです♪
 ↓↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ
にほんブログ村

モーハワイ☆ブログランキングにも参加してま〜す♪

【 Chi's Sweet Home 】



『トモちゃん、これ読むかなぁ〜?』
と、妹が貸してくれた本です。
ハワイで買って、ビーチでのんびり読んでたんだそうで・・・うらやましい限りです。

【 チーズスイートホーム 】はモーニングに連載されてる人気マンガですね。
確かテレビでも放映されてるんですよね?
それの英語版です。

トモがお友達から借りてきたのを私も読んだのですが、かな〜りおもしろいですよね〜。
元々セリフが短くて簡単なので、英語習いたてのトモでもなんとか読めそうです。
英語の勉強にはもってこい、かな(^^)

中身はこんな。


日本語なら、

JUMP=ピョンッ!
CLASP=ガシッ!
SSL=ズル・・・
SLIP=ズルズルズル・・・
KRASH=グヮッシャーン!!

てな感じでしょうか。
英語を始めとする外国語には、日本語ほどの擬音語・擬態語はないらしいですね。
特に『フワフワ』とか『グルグル』みたいな、2つの音を重ねる言葉がかわいいと、外国人の方に人気なんだそうです。
やっぱり、日本語ってすごいな〜と思います。
いや、日本語じゃなくて、それを作った日本人の感性がスゴイのか。

☆今日の写真☆
【送料無料】Chi's Sweet Home, Volume 1

【送料無料】Chi's Sweet Home, Volume 1
価格:1,764円(税込、送料別)





ポチッと応援、MAHALOです♪
 ↓↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ
にほんブログ村

モーハワイ☆ブログランキングにも参加してま〜す♪

そそっかしいにも程がある



1.目が点になる
2.開いた口が塞がらない
3.呆れてものも言えない
4.バカは死ななきゃ治らない

今日の記事のタイトルに相応しいのはどれでしょうね。
もう泣けるぐらいアホなことをやらかしてしまいました。

ブックオフの105円コーナーで、前から読みたかった宮部みゆきさんの【クロスファイア】を見つけたんです。
上下巻合わせても210円ですからね。ウハウハで買ってきましたよ。
で、さっそく読み始めたら、予想通りのおもしろさ。
あっという間に上巻を読み終わり、カバーを掛け替えて、さぁ、と開いてみたら・・・上巻が入ってる(*_*)
あれ?掛け間違えたのかな?と、外した本を確認してみると、やっぱり上巻


??????? (→思考回路停止)


なんで?

なんで上巻が2冊ある?




なんでな〜ん???


(それはアナタが買い間違えたからです。)


☆今日の写真☆




『BOOKS TO THE PEOPLE』プロジェクト



最近利用している駐輪場の近くに、BOOK-OFFがあります。
で、たまに寄っては1冊105円の文庫本を買ったりしてます(^_^;)

最近は文庫本でも千円近くするものが多いので、はずさないようにじっくり選ばなきゃって思っちゃうんですよね。
そうすると、ある程度時間がある時でないと買いに行けないってことになっちゃうんですが・・・
この値段なら、はずしても許せるって感じなので、ちょこっとの時間さえあれば買いに行けちゃうんです。

で、一昨日行った時に、このチラシをもらいました。


あなたの本、
捨てる前に会いにきてください。

人には本がいる。
BOOKS TO THE PEOPLE プロジェクト

8月1日〜8月31日



期間中に買い取った本・CD・DVD・ゲーム・洋服などの数量に応じて、本の足りない国に図書館を建設するのだそうです。
実際には、開発途上国の子どもたちに教育支援を行うNGO、『Room to Read』への寄付という形になるようです。

本を読むことって、ものすごく大切だと思うんです。
想像力を育てるのはもちろん、なんといっても世界が広がりますよね。
あと、夢も広がります。
このブログを読んでる皆さんなら、モーハの動画を観たり、いろんなブログの写真を見たり記事を読んだりすると、『あ〜、ここに行ってみたい!』とか、『次回はこれを食べてみよう!』とかって思いますよね?

それと同じで、生きていくことに精一杯で、自分の将来の姿を思い描くこともできないような環境に置かれた子どもでも、本の中で見た世界に憧れ、なんとか今の生活から抜け出すことを考えられるようになるかもしれない、と思うんです。
テレビなどで劣悪な環境に生きる子どもたちのドキュメントなどを見たとき、何が一番胸に突き刺さるかというと、『諦め』の表情を浮かべた子どもたちの顔です。
このプロジェクトを知って、識字率を上げることも大事ですけど、それだけではダメなんだなと気づきました。
せっかく字が読めるようになっても、それを活かせる環境がなければ、なんにもならない。
それも、毎日の生活のためだけでなく、もっと先の未来のための環境が。


ということで、さっそく本を売ろうと思ったワタシですが・・・
これしかなかった(:_;)


これじゃあ、取りに来てもらえないなぁ・・・。

考えてみたら、駐輪場の場所が変わったおかげで、途中に図書館もあるし、ブックオフもあるしで、新しい本はほとんど買ってないんですよね・・・(^_^;)

ちなみに・・・ブックオフで買った本も、また買い取ってもらえるのかな?

ブックオフオンライン

☆今日の写真☆
この夏、ブックオフで本を売る。

すると、開発途上国に図書館ができる。

おうちに本とかが余ってる皆様、お小遣い稼ぎがてらに協力してみてはいかがですか?

【 アイシテル〜海容〜 】



いやいやいや、久し振りにマンガを読んで号泣してしまいました。

中学生の時にはまっていた【 はみだしっこ 】以来か?
(花とゆめ派でした。)
はたまた、【 生徒諸君! 】で沖田君が死んじゃった時以来か?
って感じです(^_^;)


【 アイシテル 】は、つい最近ドラマ化されてた作品ですよね。
見てなかったので全然知らなかったんですけど、どこの書店でも売り切れてて全く手に入らなかったんだそうです。
それをようやく買うことができたからと、貸してもらいました。

11才の子どもが、7才の子どもを殺してしまう。
なんともいたたまれない事件の背景に、ぞっとしました。
あまりにも、自分の身にも起こりうる内容だったという意味で。

何と言うか、『良い母親でありたい』とか『良い子だと思われたい』というような思いが強ければ強いほど、どこかに歪を作ってしまうのではないでしょうか。

もちろん、良い親でいようと努力することは大事だと思います。
でも、自分のイメージする良い親像と、子どもの求めるものとがずれてしまっていたのでは、意味がないですよね。

つい最近、トモに『いつも家にいるお母さんのほうが良かった?』と聞いてみたら、『やだ。気持ち悪い。』と言われてしまいました。
まぁ、生後4ヶ月から保育園通いだったトモならではの感覚かもしれませんが、子どもなんてこんなもんです。
母親なんて、必要な時に思いっきり近くにいてくれればそれでいいのかもしれません。


う〜ん、この題材に関しては、書きたいことがいっぱいあるのですが、今からトモの個人面談に行かなくてはいけないので、このへんで終了。


☆今日の写真☆

未完の大作【グイン・サーガ】



私が高校1年生の時から読み続けていた【グイン・サーガ】の作者、栗本薫さんが亡くなりました。

だいぶ前から闘病生活を続けていらしたことは知っていました。
でもやはり、『まさか』という思いが強いです。
結末を読むことができなかった読者よりも、結末を書けなかったご本人がどれだけ心残りであったかと思うと、残念で残念で仕方ありません。

今年出版される予定の原稿はすでに書きあがっていたそうですから・・・あと4冊でしょうか。
普通の小説で4冊となると結構な大作に思えますが、グイン・サーガの場合は126冊に続く4冊ですから・・・
たったの4冊です。
もう、グインやイシュトに会えないのかと思うと、とても寂しいです。


ちなみに、今までに発刊された126巻と外伝数冊、全て持っています。
1巻から読むとなると、毎日読んでも1年以上かかりますよね。
ホントに、大作でした。
未完の、大作でした。





多すぎるので個別のリンクはナシで・・・。


☆今日の写真☆
グイン・サーガ
 第125巻 ヤーンの選択
 第126巻 黒衣の女王

気になる雑誌【Coyote】&【TRANSIT】



書店で見かけたこの雑誌、とっても気になります。



元々、【Coyote】は、なんとな〜く好きなんですよね。
自分の興味がある記事が載ってるとかそういうことでなく、使われてる写真とか雰囲気が。
なので、書店に行くとパラパラとめくってみたりするのですが・・・買ったことはありません(^^ゞ
でも、今回の特集は『海は学校 いまだ知られざる水の島、ハワイへ』ですからね〜。
時間がなかったのでチラ見しかできなかったんですけど、内野加奈子さんのエッセイ(?)もあるし、なにより写真がグ〜!でした。
今度こそ、買おうかな。


それと、以前どなたかのブログで見かけた、【TRANSIT】



こちらの特集も、『美しきハワイ 楽園のイブを探して』ですからね〜、ホント気になります。

どちらもいいお値段なので、ちょっと考えちゃいますが・・・
でも、ほしい。


☆今日の写真☆
雑誌はまだ買ってないので・・・
マウイ島アヒヒ・ベイから見た、モロキニ島。
後ろにうっすら見えるのは、カホオラヴェ島。

【 肩胛骨は翼のなごり 】



以前ご紹介した、【 くらやみの速さはどれくらい 】という本と一緒に、eliiさんに貸していた本です。

昨日、ランチのついでに返してもらったはずだったのですが・・・
夜になって、eliiさんからメールが来ました。

『あたし、違う本、返したみたいです。 何を、入れたのかなぁ。』
 ・
 ・
 ・
そういえば、中身を見ないまま受け取ったんだった(^_^;)
しかも、そのまま会社に置いてきちゃったので、今朝確認してみたら・・・
一冊しか入ってませんでした。
つっこみどころ満載の本が入ってるんじゃないかと楽しみにしていたのですが、違う本は入ってませんでした(笑)


そんなこんなで、今日も一緒にランチ♪
こうして返ってきたのが、【 肩胛骨は翼のなごり 】という本です。
あらすじを読んだ感じでは、どうかな〜ぐらいだったのですが、いかにもその本屋さんのオススメ的な場所に山のように積んであったし、『宮崎駿氏推薦』なんて書いてあったので、思わず買ってしまいました。
内容は、おもしろいといえばおもしろいんだけど、児童書なので・・・。

ワタシ的には、【 くらやみの速さはどれくらい 】のほうが、断然おもしろかったです。

でも、ネタ的におもろかったので、ついでに紹介してみました☆


☆今日の写真☆