先週土曜日、メイが亡くなりました。▼

会社は休みだったのですが、仕事が溜まってるので行こうかどうしようか迷ってて・・・
でも、メイの通院もあるしと思って家にいたんです。

お昼頃、突然呼吸困難になったメイをキャリーに入れて病院へ走り・・・
先生もすぐに蘇生を試みてくれましたが、『戻ってきませんね』と。
もうこれ以上苦しませるのがいやで、手を止めてもらいました。

ニッキーがそうだったように、ずっと一緒に暮らしてた子との別れは、楽しかった思い出がたくさんあるから乗り越えられます。
すべてを忘れるわけではなく、楽しかった思い出だけ残して、最後の辛かった思い出は忘れる。
忘れるようにする。
今まではそうやって乗り越えてきました。

でもメイは・・・
たったの42日間。
それだけしか一緒にいられませんでした。

私が、メイを失った悲しみだけでなく、、
大変な思いをして助け出してくれたレスキュー班の思い、
最期を看取ってあげられなかった飼い主さんの思い、
なにより、大好きな家族の元で逝けなかったメイの思い・・・
すべてがごちゃまぜになって、苦しくて・・・

それでも、
ケージフリーにした翌朝、姿が見えなくて慌てたら、トモの布団の中から顔だけ出して寝てたこととか、
うちのニャンズと一緒にごはん待ちの列にちゃっかり並んでたこととか、
珍しくごはんを完食してくれてすごく嬉しかったこととか、
最後の10日間は私の枕の上で一緒に寝てくれたこととか、
病院で『きれいだし、穏やかでいい子だね』と褒められたこととか、
いろんな思い出をかき集めて、なんとか落ち着きを取り戻しました。

そして、日曜日には妹と一緒にペット葬儀場へ行き、最後のお別れを済ませました。



メイのために流す涙は、飼い主さんに再会できた時の嬉し涙だけにしたかったのに。
なんでメイは家族と離ればなれになって、福島から遠く離れた土地で死ななくていけなかったのか。
私の中にあるのは悲しみだけでなく、やり場のない悔しさや怒り、そんなものもたくさんある。

でも、ぶつける先がないから・・・

そして、助けを待っている子がまだたくさんいるから・・・

これからもレスキュー班の後方支援として、できるだけのことをしたい。
心からそう思います。



☆今日の写真☆
メイを応援してくれた皆様、ありがとうございました。

ポチッと応援、MAHALOです♪
 ↓↓↓

にほんブログ村 雑貨ブログ ハワイアン雑貨へ
にほんブログ村

モーハワイ☆ブログランキングにも参加してま〜す♪