ハワイ州事前検査プログラム
カウアイ島は一時適用外に


ハワイ時間11月27日(金曜日)に、デイビット・イゲ州知事は、デレック・カワカミ カウアイ郡長からの要請で、カウアイ島内での新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在施行されているハワイ州事前検査プログラムをカウアイ島のみ一時適用外にすることを発表しました。



ハワイ現地時間12月2日(午前零時)以降にカウアイ島へ来島する訪問者は、出発前に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の核酸増幅検査(PCR検査を含む)を行い、陰性であることの証明が提示できたとしても、14日間自己隔離が義務化されます。

イゲ州知事は「カウアイ島内での市中感染が増加している中、我々はカウアイ島の住民、そして訪問者を守る義務があります。そして、カウアイ島医療機関で提供できるICUベッド数はハワイ州内で最も低く、この状況を回復させること必要です。」とコメントしています。

この事前検査プログラムの一時中断はカウアイ島のみに適用され、他の島ではハワイ州規定の事前検査プログラムによる14日間自己隔離免除は可能となっています。

●ハワイ州知事オフィスからのリリース
https://governor.hawaii.gov/newsroom/office-of-the-governor-news-release-kauai-mayor-to-impose-temporary-moratorium-on-its-participation-in-states-pre-travel-testing-program-%EF%85%A5-lc/


●ハワイ州観光局 新型コロナウイルス情報サイト
https://www.allhawaii.jp/covid19/news/201128/