ロイヤル・ハワイアン・センター
一部を除く全店が営業再開


ワイキキのカラカウア通り沿いに高級ブランドのフラッグシップからローカルブランドまで、個性豊かなショップやレストラン、フードコートが揃う「ロイヤル・ハワイアン・センター」が一部を除くほとんどのショップとレストランが営業を再開したと発表しました。



センターの副社長兼ゼネラルマネージャーのマーリーン・アカウさんは「この数か月間、多くのカマアイナ(地元)のお客様がセンターをご利用になり、ワイキキの魅力を再発見いただく機会となっていることを嬉しく思います。10月13日より、センターのほぼ全店が営業を再開しました。お客様をお迎えするにあたり、各店におけるスタッフのトレーニングをはじめ、健康と安全のための新しい手順や対策を徹底するなど、営業再開のために入念な準備を整えてまいりました。これまでとショッピングとダイニングの形態は変わっても、私どものアロハのおもてなしの精神は変わりません」とコメントしています。



3月以降営業を見合わせていたアイランドスリッパやハーレー・ダヴィッドソン・ワイキキをはじめ、新店のリモワやキラxミッフィーなども営業を再開しています。またレストランでは、新たに道楽寿司が10月15日より店内の飲食サービスを再開します。


ティム・ホー・ワンは10月13日よりテイクアウトサービスを開始し、店内での飲食も近々再開する予定です。すでに店内での営業を再開しているイルルピーノ・トラットリア&ワインバー、アイランド・ヴィンテージ・コーヒー、アイランド・ヴィンテージ・ワインバー、ノイタイ・キュイジーヌ、ザ・チーズケーキファクトリー、レストラン燦鳥、ウルフギャングステーキハウス、そしてテイクアウトと宅配サービスを再開したつるとんたんも引き続き営業しています。各店、ホノルル市長の発表したガイドラインに従い、店内全員のマスク着用、スタッフの健康管理と店内の衛生管理を徹底し、テーブルの間隔をあけ定員の50%までの入店人数規制といった安全対策を継続しています。センターのカルチャーレッスンやエンターテインメントは当面の間、お休みとなります。

ロイヤル・ハワイアン・センターでは、2020年12月31日まで、センター内のショップまたはレストランのご利用で3時間まで無料のパーキングプロモーションを実施。テイクアウトや商品受け取りなどの短時間利用には、ショップやレストランへのアクセスに便利な「Park & Go」駐車スペースも利用できます。
バリデーションは各店舗にて発行され、利用最低金額はありません。

センターは現在、毎日午前10時から午後10時まで営業していますが、各店の営業状況と営業時間は店舗によって異なります。

ロイヤル・ハワイアン・センター
JP.RoyalHawaiianCenter.com