シーソルト・オブ・ハワイ
ハワイ島コナの自社ソルトファームでナチュラル・シーソルト作り開始


ハワイ島沖の深海から汲み上げた海水から生まれたナチュラル・シーソルトの「シーソルトオブハワイ」。
この海洋深層水は、900年以上も前の北極圏で、強風と低温により凍った海水が氷山となり海底に沈んだものが900年もの年月をかけて少しずつ海底を移動し環太平洋の海底に流れ着いたもので、1987年に、ハワイ島コナにあるナチュラル・エネルギー・ラボラトリー・オブ・ハワイとハワイ・オーシャン・サイエンス・テクノロジーが、ハワイ島沖の水深約2200フィート(約670メートル)に海水汲み上げ用のパイプを設置することに成功して採取されたものです。





パイプで汲み上げた海洋深層水をソルトファームに運び、5 ミクロンのインライン・フィルターで濾過し池に放出。ハワイの太陽熱で3週間かけて自然蒸発させて塩を採取しています。現在の環境汚染の影響を受けていない海洋深層水から採取したナチュラルソルトには、マグネシウムやカリウム、カルシウム、鉄分、亜鉛など、各種ミネラルが豊富に含まれており、塩分は食塩より約 33%少ないのが特徴です。



シーソルト・オブ・ハワイでは、このナチュラルソルトを使用して、ピュア・コナ・ディープシーソルトを始め、マウイオニオンやファーム・フレッシュハーブ、ホット・ハワイアンチリペッパーなど12種類ものミネラル豊富なハワイらしいフレーバーのシーソルトを製造販売しています。



また、シーソルト・オブ・ハワイでは、世界最大級の海洋保護区の1つであるハワイ州の世界遺産、パパハナウモクアケアに売り上げの一部を寄付するなど、海を守る活動に参加しています。

シーソルト・オブ・ハワイのシーソルトは自社ウェブサイトを始め、Amazonウエブサイト、KCC ファーマーズ・マーケット(現在は一時閉鎖中)、ホールフーズマーケット、ダウントゥアース、アイランド・ヴィンテージ・コーヒーなどで購入可能です。

Sea Salts of Hawaii シーソルト・オブ・ハワイ
https://www.seasaltsofhawaii.com