10月15日よりPCR陰性証明で自己隔離免除へ


9月16日(水)、ハワイ州のイゲ知事は10月15日(木)より「新型コロナウイルス事前PCR検査プログラム」を導入することを発表しました。
現在、州外から訪れるハワイ訪問者に関してはハワイ到着後14日間の自主隔離措置がとられていますが、10月15日から始まるこのプログラムでは、ハワイ到着の72時間前までに受診したPCR検査の陰性結果があれば、14日間の自主隔離が免除されるというものです。



詳細は下記の通り
・全ての訪問者は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の核酸増幅検査(PCR検査を含む)を行い、陰性であることの証明を提示する、もしくは到着後14日間の自己隔離が必須です
・全ての訪問者は、到着時の検温並びにハワイ州トラベル&ヘルスフォームへの記入が必須です
・出発の72時間以内に臨床検査室改善法(CLIA)に認定されているCOVID-19の核酸増幅検査(PCR検査を含む)を行い、陰性であることの証明を提示すれば14日間の自己隔離が免除となります
・オアフ島以外の隣島からの移動者の自己隔離要請は、9月30日まで続行となります
・現在ハワイ州で認められている事前検査は、臨床検査室改善法(CLIA)に認定されている検査所が認める、アメリカ食品医薬品局(FDA)により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(NAAT)のみとなります

ハワイ州のグリーン副知事は、陰性を証明するために必要な新型コロナウイルスのPCR検査は、アメリカ国内の薬局チェーンのCVSや医療グループであるカイザー・パーマネンテで受診可能になる見込みで、PCR検査料は$140程度になるとコメントしています。

尚、日本で受けたPCR検査でハワイへ行けるかという問題に関しては、現在ハワイ州で認められている事前検査の条件をクリアするPCR検査所や、検査内容などが日本国内で受診するのが困難なため依然厳しい状況であるといえます。

参考:
Governor of the State of Hawaiʻi
https://governor.hawaii.gov/newsroom/latest-news/hawaii-covid-19-joint-information-center-daily-news-digest-sept-16-2020/

Hawaii News Now
https://www.hawaiinewsnow.com/2020/09/16/live-governor-discuss-states-covid-response-new-infections-slowly-decline/