オアフ島内の規制強化へ


ハワイ州では、8月に入ってからの新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が、3〜7月までの合計症例数を上回る約3000件も発生したことを伴い、9月1日からの実施を予定していた、州外からの渡航者で事前検査を受け陰性を証明できる人に対する14日の自己隔離義務免除の実施を、10月1日まで延期することをハワイ州のイゲ知事より発表されました。



また、ホノルル市のカーク・コードウェル市長からは“Act Now Honolulu: No Social Gatherings”を発表し、 8月20日より少なくとも28日間はオアフ島内で下記の規制を強化することを発表しました。

・屋内と屋外で行われる「あらゆるタイプの社交的集会」は9月16日まで禁止(自宅であっても、同居家族以外との面会は禁止)
・美術館、映画館、屋外アトラクション(動物園やウォーターパークなど)のグループは最大5人まで。
・モールやスーパーマーケットなどショッピング時のマスク着用。
・自宅勤務の推奨
・レストランのグループは最大5人まで。

この命令により、オアフ島のビーチ、公園、ハイキングトレイル、バーの閉鎖も延長されています。また、ハワイ州隣島間の移動に伴う14日間の自己検疫も継続して行われます。

参考:
KHON NEWS
https://www.khon2.com/coronavirus/all-social-gatherings-banned-on-oahu/
Honolulu Star-Advertiser
https://www.staradvertiser.com/2020/08/19/hawaii-news/act-now-honolulu/
Hawaii News Now
https://www.hawaiinewsnow.com/2020/08/18/governor-hold-news-conference-after-pledging-new-restrictions-aimed-reining-covid-/